319
強豪オランダを相手に1ゴール2アシストの西川 海外メディアも「アジアで最も前途有望な存在の1人」と太鼓判
U-17日本代表は現地時間27日、ブラジルで開催されているU-17ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でオランダ代表と対戦。強豪国を相手に3-0の快勝を収め、世界を驚かせた。海外メディアは、1ゴール2アシストと殊勲の活躍を披露したFW西川潤(桐光学園高)に注目し、「アジアで最も前途有望な存在の1人」と、その才能に太鼓判を押している。

日本は優勝候補である欧州王者オランダとの初戦を迎えたが、前半36分にドリブルで高い位置まで運んだ西川が絶妙なスルーパスを供給すると、ペナルティーエリア右で受けたFW若月大和(桐生第一高)がゴール右隅に流し込んで先制点を奪った。さらに後半24分、ピッチ中央でボールを受けた西川が再び鋭いロングスルーパスを送ると、若月が正確なトラップから追加点。同32分には西川がPKを決め切った。

1ゴール2アシストと全ゴールに絡んだ西川のパフォーマンスに、海外も反応。海外サッカーサイト「BeSoccer」は、「バルサが目を光らせる新星たち」と見出しを打って報じ、「バルセロナはU-17W杯の期間を無駄にすることはない」と、大会に参加するU-17エクアドル代表FWヨハン・ミナ(CSエメレクU-20)、U-17フランス代表MFルシアン・アグメ(インテル)、U-17ブラジル代表FWガブリエル・ベロン(パルメイラスU-17)、そして西川の4人のプレーをバルセロナが注視していることを伝えている。

 そのなかでも熱視線を送っているのはアグメと西川だと言及しており、「日本の西川は、何カ月間も注目されている選手であり、アジアで最も前途有望な存在の1人だ。バルセロナはすでに彼が(18歳の)年齢を満たす2020年の獲得に向け、徹底調査を敢行している」と取り上げている。来季からの加入が内定しているセレッソ大阪で、今年3月に特別指定選手としてトップデビューを果たしている西川だが、その壮大なポテンシャルはバルセロナの目にも留まっているのかもしれない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00226114-soccermzw-socc