370
CLでスラビア・プラハと0-0ドロー、メッシもシュートを決めきれず
バルセロナは現地時間5日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でスラビア・プラハ(チェコ)と本拠地カンプ・ノウで対戦し、0-0の引き分けに終わった。バルサにとってはグループ最下位を相手に不本意な結果となったが、この試合のあるシーンが注目を集めている。

話題を呼んでいるのは、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、前半35分にドリブル突破からカットインし左足でシュートを放つも、クロスバーを直撃しゴールとはならなかった場面。映像で確認してみると、後方からのボールにハーフウェーライン付近で抜け出したメッシは、右サイドを猛ダッシュしながら縦へとドリブル。ペナルティーエリア手前で中央へと切り込むと、目の前には3人の相手DFがついていた。この時、左サイドにはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが完全にフリーとなって駆け上がっていたが、メッシはパスを出さず、マーカーとの間合いを図りながら左足を振り抜くと、シュートはゴール左上のクロスバーを叩いて相手GKがキャッチした。

この決定的なチャンスでグリーズマンにパスを出さず自らシュートを放ったメッシのプレーについて、様々な声が上がっている。

スペイン紙「マルカ」は、グリーズマンが素晴らしいポジションにいたことに触れたうえで、「メッシはバーに当てた。グリーズマンを見なかった?」と報道。英メディア「スポーツ・バイブル」は、「バルセロナのファンはリオネル・メッシがアントワーヌ・グリーズマンを信頼していないと考えている」と見出しを打ち、「もしグリーズマンがスアレスだったら、私たちはメッシが何をするか知っている」「正直なところ、なぜあの場面でメッシがグリーズマンにパスをしなかったのか、理解できない」など、SNS上でのファンの声を拾って紹介している。

これまで数々のスーパーゴールを叩き込むと同時に、華麗なアシストでチームメートの得点を演出してきたメッシだからこそ、ファンの間では賛否両論が巻き起こっているようだ。

【動画】左には“フリー”のグリーズマンがいたが…


【動画】左には“フリー”のグリーズマンがいたが… メッシがカットインから左足一閃、クロスバー直撃弾で得点チャンスを潰した瞬間

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00227503-soccermzw-socc