449
左足が火を噴いた。浦和レッズMF山中亮輔が放った強烈な無回転シュートが先制点を呼び込んだ。


 勝利すれば自力で残留を決める浦和だったが、逆転での優勝を狙うFC東京に序盤から押し込まれる時間帯が続く。左アウトサイドに入った山中も守備に回る時間が長くなり、同サイドを突破しようとする相手の対応に追われた。

 幾度となくフィニッシュまで持ち込まれようとも、決して得点は許さず。「我慢できたという表現が正しいか分からないけど、あそこを無失点で切り抜けられたのが大きかった」。すると、前半39分に浦和がワンチャンスをモノにして試合を動かす。

 MF柏木陽介がショートコーナーをMFエヴェルトンに預け、エヴェルトンは後方で待ち構える山中へ。「練習してきた形だった」とトラップしてボールを落ち着けると、「フリーになれると分かっていたし、時間があったので枠に蹴ることだけを意識してシュートした」と狙いすまして左足を振り抜く。無回転で飛び出したシュートは不規則に変化してGK林彰洋の逆を突き、林が辛うじて弾いたボールをMFマルティノスが左足で蹴り込んだ。

「あそこまでフリーだったら自信がある。でも、マルちゃん(マルティノス)がよく詰めてくれた」

 後半24分に追い付かれて1-1で試合を終えたが、勝ち点1を上積みさせたチームは残留をほぼ確定させた。「残留に向けて非常に大きな勝ち点1だったと思う。そこだけは評価できるけど、勝ち点1を3にできるようにしたい」と勝ち切れなかったことに唇を噛みつつ、残留に向けて大きく前進したことに納得の表情を見せた。



引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-43474593-gekisaka-socc