713

マケドニア1部でまさかの一発レッド、相手のドリブルにDFが予備ボールを投げつけ…
海外サッカーでまさかの反則があった。23日のマケドニア1部リーグ、マケドニア・ジョルチェ・ペトロフ(GjP)―アカデミヤ・パンデフの一戦。アカデミア・パンデフDFのとったドリブルの妨害行為について、英紙が「信じられない瞬間」と報じるなど話題となっている。

まさかの光景が広がったのは、0-0の後半19分だった。左サイドのスローインからドリブルで攻めあがるマケドニアGjPの選手。並走して対応したのがアカデミヤ・パンデフのCBステファン・コストフだった。なんでもない試合中のプレー。と思いきや、なぜか守るコストフは手にボールを持っている。すると、手にしたボールを地面に転がるボールに投げつけたのだ。

正規のボールは前方へ押し出されて無人のスペースへと転がっていく。ドリブル中だった攻撃の選手は、何が起きたのかわからなかったのか、コストフが投げつけたボールをドリブルし始めた。たまらず審判はプレーを止めて、コストフにレッドカードで一発退場。しかし、味方選手たちは食ってかかるように猛抗議をしている。

一連の珍事に英紙「デイリーメール」は、「マケドニア1部リーグの信じられない瞬間。相手選手の足元に予備のボールを投げつけたディフェンダーが退場処分」の見出しで報道。「相手選手を止めるための信じられない方法が目撃された。なんと試合中、ディフェンダーの選手が相手選手の足元に向けて予備のボールを投げつけたのだ」と説明している。

海外メディアも放っておけない、まさかのプレー。数的優位となったマケドニアGjPは後半ロスタイムにゴールを決め、1-0で勝利したようだ。

【動画】「信じられない瞬間」と英紙驚き! ドリブル中の相手に予備ボールを…マケドニアで起きたまさかの一発退場の一部始終



引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00106020-theanswer-socc.view-000