918

1: 砂漠のマスカレード ★
リーガに挑んだ日本人(4)

2000年前後は、ヨーロッパが日本人サッカー選手を受け入れ始めた時代だった。欧州のクラブにとって、年齢が若ければ若いほど選手を"転売"して稼ぐことができる。青田買いも始まっていた。

1999年には、玉乃淳が15歳で、リーガ・エスパニョーラのトップ3の一角、アトレティコ・マドリードの下部組織に入団している。

きっかけは、「1999年ナイキ・プレミアカップ」だった。東京ヴェルディジュニアユースの一員だった玉乃は、バルセロナで行なわれたこの大会で、レアル・マドリードのジュニアユースと一戦を交えている。
カンプ・ノウの横にあったミニ・エスタディで、5000人近い観衆の声援を受けた。地元の人々にとって、宿敵マドリードと戦うチームの玉乃は"味方"だったのだ。

玉乃はレアル・マドリードの選手たちをあざ笑うようなドリブルを見せた。東洋人を見下していたディフェンダーが、勝手の違いに慌てふためく姿がたまらなかった。
アディショナルタイムには、わざとボールをキープし、力の違いを見せつけた。スタンドが地響きを起こすように湧きかえり、玉乃のアドレナリンで気分はハイになった。

「スペインは試合が盛り上がるし、"ここでやりたい"と思いました」

玉乃はそう振り返っている。

この試合で、彼はいくつかのオファーを受けた。そして、環境のよさそうなアトレティコとの契約を決めている。久保建英(マジョルカ)がバルセロナに見初められたように、そのプレーが認められたのだ。

玉乃は1年目から、攻撃の中心としてプレーした。8得点11アシスト。その後、欧州最高のストライカーのひとりになったフェルナンド・トーレスと2トップを組んだ試合もある。

「ジュン(玉乃)のことを忘れるはずがないよ! トーレスはユースやトップに召集されることが多かったから、僕がジュンと2トップを組んでいたのさ。あいつのアシストでたくさん点を取った」

当時のメンバーで、スペイン代表にもなったFWマヌ・デル・モラルはそう証言していた。1984、85年生まれの選手で構成されたチームは、無敵の強さを誇ったという。
招待大会は連戦連勝で、中田英寿がローマにいた時代のユースに5-0で勝ったこともあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00894310-sportiva-socc
5/21(木) 6:20配信

no title

no title

no title

no title

2: 砂漠のマスカレード ★
「ジュンは海外暮らしで、言葉や生活の違いは大変だったはずだ。けど、オープンな性格で、すぐにみんなと仲良くなったよ。
寮でも学校でもよくつるんでいた。なにより、選手として光るものを持っていたね。テクニックセンスは抜群。
レアル・マドリードに勝ってリーグ優勝したんだけど、ジュンはびっくりするほどきれいなオーバーヘッドを決めてね。あれは、しばらくチーム内で話題だった」(マヌ)

当時のチームは、精鋭ぞろいだった。飛び級でトップにも召集されたトーレスは別格にしても、マヌだけでなく1部で活躍することになる選手ばかり。
MFガビは、アトレティコの永遠のキャプテンとして、数々の名勝負を繰り広げている。

しかし、将来を嘱望された玉乃は、ユースからトップに昇格することができなかった。

多くのスペイン人選手は、まずアトレティコBというセカンドチームに昇格する。そこをプロ選手の登竜門として、経験を重ね、実力をつけていった。
ステップアップが必要で、トーレスのようにトップでいきなりエースというケースは例外的だ。

一方、玉乃はアトレティコBには昇格できなかった。そのシーズン、アトレティコBは2部B(実質3部)に降格。外国人枠の問題で、日本人である彼はプレーが許されなかったのだ。

「スペインにいた頃の自分はわがままで、すぐにふてくされていました。悪ぶっていましたが、本当はビビりだったと思いますよ」

玉乃は正直に明かす。

「アトレティコで3年目ですかね。身長が170㎝手前で伸びなくなった。今まで通用していたドリブルが、(リーチ差で)長い足に遮られるようになりました。

外国人選手は骨格も太くて、体を当てられると勝負にならないので、パス主体のプレーに切り替えました。もちろん、体質を改善しようとしましたよ。

寮食ではなく、近くのレストランと月契約して特別メニューを作ってもらっていました。牛乳は1日2リットル飲んで、ヨーグルトもたくさん食べて。

でも、下痢するだけでしたね。何をしても変わらなくて、周りはどんどん大きくなるのに、相当悩みました」

その焦りはプレーを蝕んだ。

3: 砂漠のマスカレード ★
監督と意見が合わず、衝突することが多くなっていた。」

ある日、練習をさぼって、無断でバルセロナに出かけたことがある。

一度だけ対決したことのあるアンドレス・イニエスタのプレーに、進むべき答えを求めた。

自分と同じ体形のイニエスタは、プロ選手とも渡り合っていた。

「結局、実力が足りなかったんだと思います」

玉乃は言う。

「当時、自分もアトレティコBに上がっていれば......と思ったことはありました。

でも、実際には上がっていないし、スペイン人だったとしても、上がれたかは怪しいですよ。自分は監督に口答えしていたし、いい子じゃなかったですから」

真剣に戦った年月に、彼は言い訳をしなかった。

この時代、同じように「ナイキ・プレミアカップ」でスカウトされ、エスパニョールに2人の日本人選手が入団している。しかし彼らもトップ昇格は遠かった。

育成組織を経て、プロデビューする、その門戸が開くには、久保の出現まで20年近く待たなければならなかったのだ。(つづく)

4: 名無しさん@恐縮です
玉乃は身長伸びてればなあ

6: 名無しさん@恐縮です
結局ダメだったってか

7: 名無しさん@恐縮です
へえー知らなかったわあ

8: 名無しさん@恐縮です
龍時は今見ても面白い

9: 名無しさん@恐縮です
玉乃
家長

もう一人誰かいたよな?

76: 名無しさん@恐縮です
>>9
西澤

86: 名無しさん@恐縮です
>>9
財前か

100: 名無しさん@恐縮です
>>86
財前はイタリア

10: 名無しさん@恐縮です
玉乃にはびっくりした
スペイン帰りとしてスカパー解説陣に期待されてたけど、ものすごいひ弱な選手でしたね
テクニックが有っても簡単に潰されるようでは駄目でした
Jリーグでも通用せず消えていきました

11: 名無しさん@恐縮です
玉乃て東京帰ってからもそこまで通用しなかったような
久保くんは日本では別格だったけど

12: 名無しさん@恐縮です
今レアルの中井くんも日本帰ったら通用するのかな

27: 名無しさん@恐縮です
>>12
中井くんデカくなったからなあ

30: 名無しさん@恐縮です
>>27
背が高いだけでプレーが平凡になってしまったのは悲しいな

49: 名無しさん@恐縮です
>>12
180台のボランチだぞ

14: 名無しさん@恐縮です
フィジカルトレーニングを軽視してJでもレギュラーになれなかった

16: 名無しさん@恐縮です
フィジカルがいかに重要かわかる
身長じゃないんだよね

17: 名無しさん@恐縮です
イニエスタなんかもかなり鍛えてるからな

18: 名無しさん@恐縮です
若いうちに海外に行った方がいい選手もいれば日本にとどまった方がいい選手もいる、正解があるわけじゃないから難しい

19: 名無しさん@恐縮です
>>18
宮市はどっちですか?

26: 名無しさん@恐縮です
>>19
あれは体の限界以上の動きさせてるから日本に居てもスペってたと思う

20: 名無しさん@恐縮です
玉乃 淳1984年6月19日生まれ、久保と同じ双子座。
あと双子座のスポーツ選手は、国民栄養賞レベルで
野球では松井秀喜、柔道、山下泰裕、相撲は大鵬、千代の富士、
女子アマレス伊調 馨。あと、江川卓、掛布
サッカー本田圭佑、日本ハムに入った清宮 --- プロレスの三沢光晴。
前回の冬季五輪でもメダルを取った小平選手(5月26日生まれ)
高木美帆5月22日葛西紀明6月6日、カーリング藤澤五月5月24日
と他の星座に比べて明らかに多い。

世界のホームラン王、王貞治(5月20日生まれは)牡牛座と双子座の
キャプス(境界線)なので、双子座の可能性あり。

21: 名無しさん@恐縮です
よみうりランドの全国大会懐かしい
邑楽に負けたわ

22: 名無しさん@恐縮です
1の写真見ただけで通用しなかった理由がわかる
体格が一般人やんけ
引退してもゴリラみたいなプロ選手多いのに

24: 名無しさん@恐縮です
久保くんもフィジカル鍛えてからJで無双するようになったからね
玉乃の経歴も無駄ではなくて次へと繋がってる

28: 名無しさん@恐縮です
イニエスタって体ぶつけて吹っ飛ばそうとしても負けないな どういうことになってんだか

29: 名無しさん@恐縮です
大空翼かな?

32: 名無しさん@恐縮です
全然関係ないけど数年前(もしかしたら10数年前かも)に市船にいた小柄だけどめちゃくちゃ足の速い坊主頭の選手はどうなったんだろうか

33: 名無しさん@恐縮です
アトレティコに日本人の女性が指導者かなんかでいなかったっけ?今どうなってるのかな?

34: 名無しさん@恐縮です
玉乃はJでも通用しなかったからなぁ
久保も似たようなコースかと思ったけど一昨年オフからの伸びが尋常じゃない
またコロナ明けでゴツくなってたし

41: 名無しさん@恐縮です
>>34
久保は頑固な部分もあるが、失敗したらそこに固執しないで改善するのが早いからな
普通だったら意地やプライドが邪魔してなかなか考えを変えられないもんだが

35: 名無しさん@恐縮です
2年前まで玉乃と同レベルという人もいた
1年前までは宇佐美と同レベルという人もいた

36: 名無しさん@恐縮です
サッカーの天才少年はだいたい雑魚だよな

37: 名無しさん@恐縮です
玉乃→家長→宇佐美
芸スポの都市伝説だったな
みんな代表のレギュラークラスにはなれなかった
玉乃に至ってはJFLでも通用しなかった

38: 名無しさん@恐縮です
エスパニョールに宮川と高野っていなかったっけ?
当時numberとかで取り上げられてた記憶

39: 名無しさん@恐縮です
玉乃はたしかヴェルディのとき李なんとかって監督のときレギュラーだったような。
Jで通用しなかったというよりは、フィジカル重視の思い込みで通用してないと勘違いさせられたイメージ。無理にフィジカル鍛えないでスピード重視でアジリティ鍛えたらよかったのに。

55: 名無しさん@恐縮です
>>39
玉乃は選手としてはヴェルディユース上がりによくいるそれなりに上手い選手くらいで特別な感じは無かった

42: 名無しさん@恐縮です
昔の選手は過剰評価されすぎてる部分はあるよな
フィジカル足りなかったから厳しいのは仕方ない
それを含めて才能だろう

47: 名無しさん@恐縮です
白人や黒人は10代後半になれば背が伸びて筋肉がつき体幹太くなるけど黄色人種はそれについていけないからなあ
マラドーラやメッシは身長低いけど筋肉や体幹はきっちりあるんだよ
人間の元は黒人白人の体格体型で東洋人は寒冷地適応のため今みたいな体に進化したんだけどいまツンドラに住んでるわけじゃないから残念な特質

50: 名無しさん@恐縮です
トーレスって凄かったんだな
めちゃくちゃ下手扱いされてたが

52: 名無しさん@恐縮です
日本は小手先のテクニックあると天才ともてはやされるが
そういうのは試合で使えない

56: 名無しさん@恐縮です
足が相手の方が長いから遮られるとか
メッシというドリブル神みたいなの見てると結局言い訳やねって感じ

58: 名無しさん@恐縮です
玉乃はフィジカルと言ってもパワーよりスピード不足が問題だった気がするけどな

62: 名無しさん@恐縮です
そういやいたな程度

64: 名無しさん@恐縮です
玉乃は身長もだけど、以前解説で筋肉が付かなかったって言ってたわ
まぁ体質もあるからなぁ

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590031974/