1307

1: 久太郎 ★
7日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第12節が行われ、シント=トロイデンvsヘンクの一戦は、1-2でヘンクが勝利した。

この試合では日本人対決が実現。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。また、FW鈴木優磨も先発フル出場し1ゴールを記録。MF伊藤達哉も68分から途中出場を果たした。


一方、ヘンクの日本代表MF伊東純也も先発フル出場。先制ゴールをアシストした。

立ち上がりからヘンクのペースで進んだ試合は、4分にスローインから伊東がボックス内右でヒールパス。これをボンゴンダがしっかり蹴り込み、ヘンクが先制する。

23分にもヘンクがチャンス。相手のビルドアップをカットするとメーレがボックス内に侵入しシュート。しかし、前に出たGKシュミット・ダニエルが体に当ててセーブする。

1点ビハインドのシント=トロイデンは28分、右CKから低いクロスが上がると、ボックス中央で待ち構えた鈴木がダイレクトシュート。これが右隅に決まり同点に。鈴木はシーズン4点目を記録した。

同点に追いついて勢いに乗りたいシント=トロイデンだったが、31分に失点。味方のクリアボールに伊東が競りに行くも触れずにルーズボールとなるご、これをボンゴンダがロングシュート。前にポジションを取っていたシュミット・ダニエルの頭上を越えたシュートがネットを揺らし。

後半はシント=トロイデンも盛り返したものの、最後までゴールは奪えず。そのまま1-2でヘンクが勝利を収めた。

シント=トロイデン 1-2 ヘンク

04分 0-1:テオ・ボンゴンダ(ヘンク)
28分 1-1:鈴木優磨(シント=トロイデン)
31分 1-2:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 


16: 名無しさん@恐縮です
>>1
サッカーではホームかアウェーか大事な情報だと思うんだけど
そこ省く野球脳スポーツ記者多いよね

3: 名無しさん@恐縮です
シュミットやらかすし
UMAは試合後キレてるし

11: 名無しさん@恐縮です
絶不調ゲンクに負けるとか…
>>3
シュミット・ダニエルは動きが鈍いし
足元の怪我を良くしているから
どう見てもスポーツ向きの人じゃないのに
ポリコレ枠のせいで代表入りしてしまったある意味可哀相な奴よな

13: 名無しさん@恐縮です
>>11
いつもの病気の人か

4: 名無しさん@恐縮です
世界のIJや

5: 名無しさん@恐縮です
グルノーブルと同じ運命辿りそうだな
地元サポがキレて日本企業撤退

8: 名無しさん@恐縮です
>>5
地元サポったって一枚岩じゃないぞ
支持してるサポもおおい
DMMがくる前の惨状しってたらこの程度でキレてなんかいられない

6: 名無しさん@恐縮です
鈴木また決めたんだ

7: 名無しさん@恐縮です
ベルギーリーグの話題なんてどうでもいい

9: 名無しさん@恐縮です
つかまず監督替えるのでは

12: 名無しさん@恐縮です
鈴木はサッカーが上手いな

15: 名無しさん@恐縮です
日本人対決?なら豪快弾決めた方が勝ちだろ
なんだよ絶妙アシストて

17: 名無しさん@恐縮です
DAZNで見られるのに見てないような人が平気で意見する芸スポ

19: 名無しさん@恐縮です
やばいジブリが萌えてる。

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1604797442/