1361

久々にスタメンに抜擢されたサムライ戦士のプレーが小さくない物議を醸している。

現地時間12月9日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節(D組)で、敵地に乗り込んで最下位のミッティランと対戦したリバプールは1-1で引き分けた。大会史上最速となる開始55秒でモハメド・サラーが先制ゴールを決めたものの、劣勢となった後半にVARの介入の末に与えたPKで追いつかれた。

この試合で物議を醸したのが、試合終盤にリバプールの南野拓実が得た決定的シーンだ。

公式戦では2試合ぶりにスタメンで抜擢され、前半から絶好機を演出するなど存在感を示していた日本代表FWに最大の見せ場がやって来たのは、88分だった。敵エリア内でサディオ・マネの落としを受けると、右足で落ち着いてフィニッシュ。決勝弾となるゴールを決めたかに思われたが、主審はVARによるチェックでマネのハンドを取り、ゴールを取り消したのだ。

試合の結果を左右することになった南野のゴール取り消しに地元メディアからも疑問の声が噴出している。贔屓紙として知られる『Liverpool Echo』は、「オフサイドにも見えなければ、リバプールの選手のハンドでもなかった」と訴えている。

「ミナミノに同情する。我々は何度もVARに悩まされてきたが、これも不可解な決定だ。ミナミノがエリア内でシュートを押し込む前にマネのハンドを取られたようだが、それはどちらかと言えば、ミッティランのディフェンダーの手に当たっているように見える。本当に残念でならない」

試合後にユルゲン・クロップ監督も「今では私もVARを信用できなくなりつつある」と語った際どい判定によって、およそ3か月ぶりのゴールが幻となった南野。出場機会を得られない現状を打破するためにも目に見える結果が欲しかっただけに悔しい判定となってしまった。


引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/14e4b5ba2749f12c12301344f5f9bec6814462e5