1384

現地時間12月20日に開催されたラ・リーガ第13節で、武藤嘉紀と乾貴士が所属するエイバルは、王者レアル・マドリーとホームで対戦。1-3で敗れた。

 両サムライ戦士がスタメンを飾ったこの試合で、物議を醸しているのが1-2で迎えた82分のシーンだ。左サイドからのクロスに対し、敵ペナルティエリア内で武藤がヘッドで折り返したボールが空いてDFセルヒオ・ラモスの右肘に直撃。だが、VAR検証の結果、ムヌエラ・モンテーラ主審はPKを取らなかった。

 試合後、エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、不満を露わにした。

「今週もいくつかハンドかどういう場面があった。いつ笛が鳴るのか、鳴らないのかわからない。様々なカメラから、スロー映像や速い映像の2つ3つあるはずだが、今日は20秒で決定が下された」と語り、こう続けている。


9:03~ 武藤のヘッド

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/19416528/