1758

1: 久太郎 ★
 ブンデスリーガ第26節が20日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属する4位フランクフルトは、MF遠藤渓太が所属する7位ウニオン・ベルリンをホームに迎えた。長谷部は15試合連続の先発起用となり、センターバックとしてフル出場。前節に今季4点目を挙げたものの負傷交代していた鎌田は、トップ下として後半アディショナルタイム1分までプレーした。遠藤は2試合ぶりのベンチスタートとなり、61分から出場した。

 試合は立ち上がりの2分にフランクフルトが先制する。ジブリル・ソウを左から追い越したフィリップ・コスティッチがDFとGKの間にグラウンダーのクロスを通すと、アンドレ・シウヴァが押し込んだ。それでも、ウニオン・ベルリンは7分に試合を振り出しに戻す。後方からのロングフィードに反応したユリアン・リエルソンが長谷部とのマッチアップを制して折り返すと、マックス・クルーゼが折り返した。長谷部はこの場面でリエリソンのスパイクの裏が左の太ももに入り、出血もしたが、ファウルとはみなされずに得点が認められた。

 その後は一進一退の攻防が続くなか、フランクフルトが35分に意外な形で勝ち越しに成功する。鎌田のプレスを受けたロベルト・アンドリッヒがGKのポジションを確認せずにバックパスを送ると、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。さらに39分、フランクフルトはカウンターをコスティッチが仕上げて追加点を獲得する。

 41分には鎌田のスルーパスに抜け出したアンドレ・シウヴァが自身2点目を挙げ、フランクフルトがリードを広げる。鎌田は今季9アシスト目を記録した。対するウニオン・ベルリンは前半終了間際、右からマルヴィン・フリードリッヒが供給したクロスにファーサイドのクルーゼが頭で合わせて1点を返す。前半はフランクフルトの2点リードで折り返した。

 ウニオン・ベルリンは69分、途中出場の遠藤に決定機が訪れる。右からのクロスにヘディングで合わせたが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。72分には狭い中でドリブルを仕掛けた遠藤が長谷部に倒され、ペナルティエリアの手前でフリーキックを獲得。しかし、ウニオン・ベルリンはこのチャンスを生かすことができない。なお、長谷部にはイエローカードが提示され、次節は警告の累積で出場停止となった。

 フランクフルトは後半アディショナルタイム2分にダメ押しの5点目を獲得。相手ペナルティエリアの中で相手DFロビン・クノッヘを囲い込んでボールを奪うと、最後はシュテフェン・ツバーの折り返しをティモシー・チャンドラーが押し込んだ。

 試合はこのまま終了。フランクフルトは4試合ぶりの白星で今季12勝目となり、勝ち点を「47」に伸ばして4位の座を守った。ウニオン・ベルリンは6試合ぶりの黒星で今季6敗目となり、フランクフルトとの勝ち点差は「9」に広がった。次節は代表ウィーク明けに行われ、フランクフルトは4月3日にアウェイでドルトムントと、ウニオン・ベルリンは同月4日にホームでヘルタ・ベルリンと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 5-2 ウニオン・ベルリン

【得点者】
1-0 2分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
1-1 7分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
2-1 35分 オウンゴール/ロベルト・アンドリッヒ(フランクフルト)
3-1 39分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
4-1 41分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
4-2 45+3分 マックス・クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
5-2 90+2分 ティモシー・チャンドラー(フランクフルト)

14: 名無しさん@恐縮です
>>1
それでもフランクフルトファンの7割以上が鎌田アンチだぞ(笑)

やる気のない姿が気に食わんらしい(笑)

17: 名無しさん@恐縮です
>>14
それはわかる。俺もずっとあいつやる気ないだろとしか思えんかった
クラブだとあまりに消えてる時間多過ぎるらしいな

42: 名無しさん@恐縮です
>>17
それ久保くんだから

25: 名無しさん@恐縮です
>>14
まぁ無理もないw
あぁいうタイプがいてもいいけど、自分の応援するチームだとファイトしろや。とは思うよ。

鎌田ももうちょっとうまくファイトする(格好だけでも...)ポイント作って、
アピールしてもいいと思うけどなぁ。興行なんだし。
長谷部からもアドバイスされてるだろうけど。

2: 名無しさん@恐縮です
上行けるんとちゃう

6: 名無しさん@恐縮です

20: 名無しさん@恐縮です
>>6
一瞬でスペース見つけて出したな
やっぱり上手いわ

28: 名無しさん@恐縮です
>>6
見えてるね~

10: 名無しさん@恐縮です
長谷部はアピールしすぎないで痛がってれば
valでゴール取り消ししてもらえたかもな

11: 名無しさん@恐縮です
それ比べ遠藤は数的有利なのにバイエルンにボコられるボランチでパス回せないって致命的
やる気ないシャルケ戦で活躍したが代表クラスがいると対処出来ない

47: 名無しさん@恐縮です
>>11
遠藤はなんちゃってサッカー選手だから

49: 名無しさん@恐縮です
>>11
過大評価やべえよな

19: 名無しさん@恐縮です
流れからアシスト出来るのは評価大

23: 名無しさん@恐縮です
鎌田はフランクフルトでちょうどいい
それ以上は無謀だし
ちょっとでも気を抜いたら出られなくなるくらいには強い
内田シャルケのよう

26: 名無しさん@恐縮です
キング鎌田やるじゃん

31: 名無しさん@恐縮です
日本のエースにはこれぐらいして貰わんと

36: 名無しさん@恐縮です
ブンデスリーガ所属の日本人選手
市場価値(Transfermarkt 2月10日更新)

1位 鎌田大地 (フランクフルト) 1600万ユーロ (約20億円)

2位 遠藤航 (シュツットガルト) 800万ユーロ (約10億円)

3位 堂安律 (ビーレフェルト) 700万ユーロ (約8億8000万円)

4位 奥川雅也 (ビーレフェルト) 350万ユーロ (約4億4000万円)

5位 大迫勇也 (ブレーメン) 150万ユーロ (約1億9000万円)

6位 遠藤渓太 (ウニオン・ベルリン) 130万ユーロ (約1億6000万円)

7位 長谷部誠 (フランクフルト) 80万ユーロ (約1億円)

37: 名無しさん@恐縮です
顔が川島だったらまた違ったろうな
日本人から見てもなんかやる気のない顔にみえる
 

39: 名無しさん@恐縮です
バイエルンの前半見てからフランクフルトに移ったから鎌田のアシストした得点の流れを見ても「ふ〜ん」って感じだった

45: 名無しさん@恐縮です
昔の選手と比べるならキッカーな
そこなら鎌田12アシストな
てかブンデス公式サイト作ってアシスト数がめちゃくちゃになって邪魔

48: 名無しさん@恐縮です
顔がちょっとね

57: 名無しさん@恐縮です
ケイタは通用してるとはいえないだろw
このままだとシーズン後レンタル終了で帰国だろう

62: 名無しさん@恐縮です
ドルトムントと勝ち点離したいのに次節の直接対決は長谷部欠場か。

63: 名無しさん@恐縮です
>>62
鎌田も代表後やけど出れるんか?

65: 名無しさん@恐縮です
遠藤はデュエル強いと言っても、日本人的な強さだな
相手がちょっと強豪になると途端に通用しなくなる

67: 名無しさん@恐縮です
鎌田のピッチ俯瞰力すげーな
もうこれは中田超えただろ

世界的に見てもこの点だけなら
鎌田レベルの選手は思いつかない
バイエルンすらついていけてなかったしな

72: 名無しさん@恐縮です
俺のフランクフルトが

73: 名無しさん@恐縮です
コスティッチとアンドレ・シウバが良いな。

74: 名無しさん@恐縮です
シウバはまた上のクラブ行くんだろうな

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1616261618/