1765

3月26日(東京スタジアム)と29日(北九州スタジアム)にU-24アルゼンチン代表と親善試合を戦うU-24日本代表は24日、千葉県内で3日目の練習を行なった。
 この日は、別メニューで調整する選手はなく、23人の招集メンバー全員が同じトレーニングをこなした。  2チームに分けての実戦形式のフォーメーション練習も行なわれ、主力組と思われるほうは4―2―3―1を採用。注目の久保建英(ヘタフェ)がトップ下、三笘薫(川崎フロンターレ)が左サイドハーフに入った。2人が絡む場面はわずかだったが、短いパス交換から密集地帯を突破するシーンも見られた。  このチームは、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、最終ラインは右から菅原由勢(AZ)、渡辺剛(FC東京)、板倉滉(フローニンヘン)、旗手怜央(川崎)、ダブルボランチが田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)と中山雄太(ズウォーレ)、2列目が右から三好康児(アントワープ)、久保、三笘、1トップ田川亨介(FC東京)という布陣となった。  26日の初戦では、このメンバーを中心にスタメン11人が組まれる可能性が高い。明日の前日練習で、連携を高められるか。


引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6671fda722525bc3b003b5d8bc63321e23509a4e