1770

1: 砂漠のマスカレード ★
 視線を落としながら東京スタジアムのピッチを後にする姿が、23歳のMF三笘薫(川崎フロンターレ)の胸中に渦巻く不完全燃焼の思いを物語っていた。放ったシュートが0本のまま後半21分にベンチへ下がった瞬間に、19歳のMF久保建英(ヘタフェ)との初共演は“不発”で幕を閉じた。
 南米予選を1位で突破して東京五輪に乗り込んでくる金メダル候補国、U-24アルゼンチン代表に0-1で苦杯をなめさせられた26日の国際親善試合。フル代表に専念している森保一監督に代わり、東京五輪世代となるU-24日本代表の指揮を執る横内昭展監督(フル代表コーチ)は、主戦システムの[3-4-2-1]ではなく[4-2-3-1]を採用して選手たちを送り出した。
 アルゼンチン戦を前にして、横内監督は「選手たちの特長が生きる布陣にしたい」と話していた。昨シーズンからJ1の舞台で活躍を続ける三笘を念頭に置いたシステム変更であることは、川崎で務める左ウイングと役割がほぼ一致する左サイドハーフでの起用が端的に物語っていた。
 その上でトップ下にすえた久保と、同じピッチ上で初めて共存させた。アルゼンチン戦へ向けたトレーニングのなかで、横内監督の目には三笘と久保の関係が日本の新たな武器になると映っていた。
「2人ともそれぞれのプレーを尊重し合っている面が強い。そうした意味ではコミュニケーションというか、あうんの呼吸というものが彼らにはある感じがします」
 しかし、ゴールキーパーにオーバーエイジの選手を起用するなど、本番を見すえた陣容で臨んできたアルゼンチンの球際での強さやセカンドボールに対する反応の速さ、そして狡猾さに日本のすべてが封じ込められた。特に期待を込めていた三笘と久保の連携に対して、指揮官はこう言及した。
「それが効果的に、数多く発揮できたかというと、アルゼンチンになかなかやらせてもらえなかったというところでしょうか」
 本来は攻撃的MFながら川崎のチーム事情で左サイドバックを担い、三笘と縦関係を組んでいる旗手怜央を、U-24代表でも初めて左サイドバックとして先発させた。三笘がプレーしやすい環境がさらに整えられたなかで、左サイドにドリブラーが集まるあまりに、攻撃そのものが左サイドに偏った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f8ca119bd776c62faffed607d99c61e13024bdb
3/27(土) 6:06配信
2: 名無しさん@恐縮です
当然ながらアルゼンチンもすぐに見抜き、三笘と旗手の対面となる右サイドの守備を厚くしてきた。攻撃に生じたアンバランスさを解消できなかったと、右サイドハーフで先発した三好康児(アントワープ)は「自分にパスを出してほしいシーンもありました」と振り返りながら課題をあげた。
「カオル(三笘)の特長はチームの強みにもなっているし、そこを使っていく意識はいいと思う。カオルとレオ(旗手)は川崎でも狭いエリアを崩しているし、自信をもっていたはずですけど、これだけ帰陣が早い南米レベルの相手だと難しいと試合のなかで全員が感じないといけない。逆に1対1なら確実に勝てるわけですから、チーム全体で幅を使っていこうと早めに共有できればよかった」
 幅を使うとは、要はアルゼンチンの守備網を左右に広げさせ、三笘がドリブルを仕掛けるスペースを生じさせること。三好に思いをシンクロさせるように、久保も「幅」という言葉を口にした。
「負けている時間帯のプレーが勝っているチームのようだったというか、あまり連動性がなく、同じエリアでボールをつないでしまうシーンが何回かあった。もっと動きを増やして、もっと幅も作って、速いテンポでどんどんパスを回すのが日本のアドバンテージ。相手を気持ちよく守らせるのではなく、もっと相手を困らせるような攻撃をしたいし、できると思っています」
 年齢こそ4つ離れ、小学生年代となる川崎のジュニアで一緒にプレーしたことはなかったが、強豪アルゼンチンを招く今回の連戦でともに招集されて以来、三笘は共演を心待ちにしてきた。
「久保選手が小学生のときに一度、ジュニアユースとジュニアでプレーしたことがあります。すごく小さくて上手いな、という記憶がちょっとあります。一緒にトレーニングをしたことはあるので、そういったところでコミュニケーションはすごく取りやすいですし、前線の選手同士なので、上手く連携していけばチームの力になれると思っています」

3: 名無しさん@恐縮です
 久保も2019年夏からプレーするスペインの地でJリーグの動きをチェックしながら、昨シーズンの川崎で13ゴール12アシストをマークし、川崎のJ1リーグと天皇杯の二冠獲得に貢献するとともに、ルーキーながらベストイレブンに選出された三笘の存在を気にかけていた。
「Jリーグでもちょっと(頭ひとつ)抜けているというか、自分がこんなことを言える立場ではないですけど、見ていてすごく楽しい選手という印象があるので、早く一緒にプレーしてみたい、というのが率直な気持ちです」

 お互いを尊重し合っても実戦のなかで化学反応を起こせなかったのは、それだけアルゼンチンのレベルが高かった証となる。クロスバーのわずかに上を越えた、利き足とは逆の右足で放った後半35分のボレーを含めて、チーム最多の3本のシュートを放った久保は言う。

「どのカテゴリーでも世界でも一緒ですけど、ゴールを決めたチームと決めていないチームとでは、天と地ほどの差が開いてしまう。決めないと勝てないし、決められたら負ける。課題ははっきりしているので、次は自分たちが笑って終われるようにしたい」

5: 名無しさん@恐縮です
 国際親善試合の目的でもある強化を図っていく上で最高の教訓を与えてくれた強豪国と、舞台を北九州スタジアムに変えて29日に再び顔を合わせられる。そして、試合後の久保が最後に残した言葉は、そのまま次戦で周囲を生かすヒントにもつながっていく。
キャプテンのDFネウエン・ペレス(グラナダ)をはじめ、GKヘレミアス・レデスマ(カディス)、決勝点をアシストしたMFマティアス・バルガス(エスパニョール)が同じラ・リーガでプレーしている状況を受けて、久保は「自分がどういう選手かはばれている」とこう語っている。

「自分がボールを受けやすくて、なおかつ相手の嫌なところにいたつもりですけど、そうなると相手も馬鹿じゃないので自分を消しにくる。それで外が空いたりするので、自分がボールを受けられなくても2人目、3人目の動きを意識しながら今日はやっていました」
 自分がおとりになってトップ下の位置で複数の選手を引きつければ、その分だけサイドにスペースができて味方を生かせる。続けてコンビネーションを発動させて、自分も加わっていけばいい。
新型コロナウイルスの防疫措置として、ヨーロッパ組と国内組は宿泊しているホテル内のフロアも、食事会場も、移動のバスも、練習時のロッカールームもすべて別々になっている。コミュニケーションを取る時間が極めて限られているからこそ、触れ合える貴重な場所となる練習のピッチで思いをぶつけ合い、意識を擦り合わせ、課題を克服するための方策を共有していく。
久保が先発フル出場した関係で、第2戦でどのように起用されるのかは現時点で未定だ。それでも初共演が不完全燃焼に終わったからこそ、横内監督も期待する三笘と久保のあうんの呼吸は悔しさを糧にして、母国開催のヒノキ舞台でメダル監督を目指す日本の武器になる可能性を膨らませていく。

6: 名無しさん@恐縮です
レベルが低いんだよ日本の

9: 名無しさん@恐縮です
話なげー

10: 名無しさん@恐縮です
三苫好きだし期待してるけど
この試合に関しては三苫が良くなかった
クラブとの違いに終始戸惑いながらプレーしてたように見えた
完全に経験値不足

12: 名無しさん@恐縮です
アタッカーばかり揃えてパサーがいない
近場でボール回して最後は見え見えの個人突破に頼りきり
止められたらそこで攻撃終了

各駅停車の横パスだけじゃ相手は崩せんよ

13: 名無しさん@恐縮です
なぜ久保のいるチームは勝てないのか 碌なことにならないのか
真面目に考えた方がいい

127: 名無しさん@恐縮です
>>13
守備しない決定力もない
単なる「持ちたがり」だからだろ!

15: 名無しさん@恐縮です
ろくに練習してないし相手が強いよ
A代表でも難しい相手

16: 名無しさん@恐縮です
縦に通せるダブルボランチ
収まるワントップ
ゴールに向かおうとする2列目
韓国戦はこれで攻撃に一切の無駄がなかった

2列目がどうしようって探すスタイルは
現代のサッカーには合わないんだろう

18: 名無しさん@恐縮です
久保見てると偽物だなコイツとしか思わん サイドからちょっと入って来てゴールから遠い方へボールちょっとずらして甘いコースにシュート打って外して悔しそうな顔して終わり。こればっか。

72: 名無しさん@恐縮です
>>18
的確

19: 名無しさん@恐縮です
もっと練習しないと連携は難しいんだろうな
全然合ってなかった

21: 名無しさん@恐縮です
三苫は酷かったな
家長のタイプだな代表や海外では駄目駄目

23: 名無しさん@恐縮です
攻撃陣はセンスで世界に行けるけど守備陣は簡単に海外に出れないから結果0-1は良い方だろう

24: 名無しさん@恐縮です
お前ら何を読んでるんだ
幅を使えというのは「久保のアホが逆サイドに展開すれば良かった」
と言っている

25: 名無しさん@恐縮です
なんかアイツに期待過剰なんじゃないの

26: 名無しさん@恐縮です
久保は悪くなかっただろ
持ってなかっただけで

28: 名無しさん@恐縮です
やはり代表には中田や本田みたいな強烈な我を持つ選手が必要だな

29: 名無しさん@恐縮です
いやいやいやいや
SBとの1対1で負けっぱなしだっただろ
なんで1対1なら確実に勝てたと嘘ばっかりつくの

49: 名無しさん@恐縮です
>>29
パサーがいれば違ったよ
代表のメッシを見てるようだった
A代表みたいにCBが組み立て出来ればいいけど違うしボランチにパス出せる柴崎が必要なんじゃないか

30: 名無しさん@恐縮です
相馬は良かったな
板倉は今日はあかんかたな

33: 名無しさん@恐縮です
三笘はJ専、井の中の蛙なだけ

34: 名無しさん@恐縮です
南米1位と対戦したらこんなものだろう
久保と三苫だけでどうこうできるものではない
自分たちのレベルを知る上で最高の練習相手だったと思う

35: 名無しさん@恐縮です
むしろ惨敗しなかっただけよかっただろ

40: 名無しさん@恐縮です
格上相手なんだから別に驚く様な話じゃないだろう

44: 名無しさん@恐縮です
ヒント
南米王者
ロシアW杯準優勝国

逆に通用してたら超一流選手

46: 名無しさん@恐縮です
アルゼンチンの補欠より
こいつらは下手くそ

56: 名無しさん@恐縮です
>>46
補欠という言い方がやきう脳だな
普通サブだろ

50: 名無しさん@恐縮です
久保って足が遅いのが致命的。ドリブルでかわしても追いつかれてしまう。メッシとそこが違う。

51: 名無しさん@恐縮です
こいつらA代表に全く必要ない
来ても足引っ張るだけ

52: 名無しさん@恐縮です
久保君はU-20でやるべきだよ

54: 名無しさん@恐縮です
そもそも何一つ活躍してない久保はいらねえ
いい加減にしろよ電通とアディダスジャパン

58: 名無しさん@恐縮です
アルゼンチン相手に1対0じゃ上出来じゃないんか?

61: 名無しさん@恐縮です
久保なんてシュートが毎回キーパーやポストに弾かれてるゴミじゃん

63: 名無しさん@恐縮です
久保がいると弱くなる

64: 名無しさん@恐縮です
下手に1失点でおさえたとかって勘違いしてそう
昨日の逆でコテンパンにやられたほうが目が覚めるわ
あまりに勝負になってない、話にならん前線3人は

65: 名無しさん@恐縮です
久保はフィジカルがないから結局潰される。三苫は論外。

66: 名無しさん@恐縮です
冨安吉田の偉大さが分かりました

70: 名無しさん@恐縮です
三苫は論外だけど久保も無駄にドリブルしてるだけやん
堂安が不可欠

73: 名無しさん@恐縮です
相手が強かった

75: 名無しさん@恐縮です
久保は体が小さすぎ。小学生と大人ぐらいガタイが違う。

77: 名無しさん@恐縮です
現状三苫は川崎専用機だな
仮に浦和とか鹿島所属だとしたら、ここまで台頭してないと思うわ

79: 名無しさん@恐縮です
久保はシュート下手くそで得点能力ないのに点取れますみたい顔してるうちはダメだ

80: 名無しさん@恐縮です
個人の問題と言うよりも戦術や組織の問題に見えたけど
なんで同じ事をずっと遣っているのか?上手く行ってねえのに

84: 名無しさん@恐縮です
久保を外してトップ下は南野。三苫は相馬と天秤にかけて争わせる。

87: 名無しさん@恐縮です
昨夜の目玉は憲剛のマシンガン解説だから

88: 名無しさん@恐縮です
久保はヘタフェでもベンチ要員や

89: 名無しさん@恐縮です
まあ何事も経験よ
中2日でまた対戦出来るからその時どう修正しているかが大切になってくる

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1616799743/