1795

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが圧巻のアシストをマークした。

PSGは7日に行われたCL準々決勝1stレグで昨季王者のバイエルンと敵地で対戦。季節外れの雪が降りしきる中、攻撃陣がクオリティを見せた。

まずは試合開始早々の3分にネイマールがルーズボールを拾って中央を持ち上がりスルーパス。ボックス右で受けたFWキリアン・ムバッペが相手GKマヌエル・ノイアー強襲のシュートを浴びせてゴールを割った。

さらに失点を受けて前がかっていたバイエルンにネイマールが襲い掛かる。28分、CKを一度はバイエルンがクリアするも、ボールは右サイドのネイマールのもとへ転がる。

すると、ネイマールは一度ゴール前を確認しながら、逆足の左足でダイレクトでクロスを入れる。ラインを上げようとしていたバイエルンの選手たちが完全に逆を突かれる中、狙っていたDFマルキーニョスがディフェンスライン裏を取り、GKとの一対一を制した。

逆足で完璧なタイミング、コースに蹴り込んだネイマールのアシストは、アメリカ『Bleacher Report』が「ネイマールのアシストは良すぎた」と伝えたほか、イギリス『SPORTBIBLE』も「ワンタッチの横断クロスで究極のプレーメイカーになった」と絶賛している。

PSGは2-3で勝利したものの、シュート数で比較するとバイエルンが31本でPSGが6本。ネイマールらPSGオフェンスのクオリティの高さが試合を決めた。

4:52~ ネイマールの逆足“ドンピシャ”アシスト

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/649c3c8ef3f4e95f89e5f43dfae57e8d029dac5c