最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ルイス・スアレス

    1299

    1: 久太郎 ★
    アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが珍しい形でイエローカードを貰った。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。

    アトレティコは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でロコモティフ・モスクワとアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。

    この試合に先発で出場したスアレスは前半24分にイエローカードを提示されているが、その理由は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を“覗き見”したことだった。

    21分、相手のクロスボールをクリアにかかったボックス内のエクトル・エレーラが不可抗力で手にボールを当ててしまい、VARによるチェックが入った。

    主審がフィールド外に設置されたモニターで映像をチェックしていると、おもむろに近づいたスアレスが主審の肩越しに覗き見。白線が引かれたレフェリーレビューエリアには踏み入らなかったものの、直後に「スポーツマンシップに反する行為」としてイエローカードを提示されていた。

    なお、VARの末に、エレーラのプレーはPK判定となり、アトレティコはこのPKをアントン・ミランチュクに決められ同点とされ、試合はそのまま1-1で終了していた。

    【問題のシーン】VARを”のぞく”スアレス 


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2b658f8dfd2f4816300f1ac43941ae745b15fc3 
    【【サッカー】#スアレス、VARをのぞき見 スポーツマンシップに反してイエローカード #はと [久太郎★]】の続きを読む

    1210

    1: 豆次郎 ★
    9/24(木) 7:21
    配信
    GOAL
    スアレスのアトレティコ・マドリー移籍が決定…バルセロナ公式が「6年間ありがとう」

    ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、正式にバルセロナから退団することになった。23日、バルセロナが公式発表している。

    ロナルド・クーマン新体制では構想外となっていたスアレス。当初はユヴェントスへの移籍が取りざたされていたものの、パスポートの問題でユヴェントス行きの話は頓挫。その後アトレティコ・マドリー行きが近づいていると報じられていた。

    そして現地時間23日夜、バルセロナは公式メディアを通じて「スアレスのこの6年間の貢献に感謝を申し上げたい。彼はカンプ・ノウで木曜現地時間12:30に会見を開き、別れの挨拶をする予定。移籍についてアトレティコ・マドリーとすでに合意している」と公表した。

    また、クラブ側と契約解消に向けて動いているとの報道もあったが、バルセロナによると今回の移籍で600万ユーロ(約7億2000万円)の移籍金が発生することが明らかになっている。

    バルセロナからアトレティコ・マドリー行きが決定したスアレス。現地時間木曜昼の会見では、スアレス本人の口から今回の動きについて説明される見通し。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d60fb98fe336f3fa0d4d7dedad610f85c9d73dd1
    no title

    【スアレスのアトレティコ・マドリー移籍が決定 バルセロナ公式が「6年間ありがとう」移籍金は600万ユーロ(約7億2000万円)】の続きを読む

    1159

    1: Egg ★
    バルセロナに所属しているウルグアイ代表FWルイス・スアレスがユヴェントスへの移籍で合意に達した模様だ。イギリスメディア『BBC』が4日に報じている。

     以前からユヴェントスへの移籍が噂されてきたスアレスは、遂に条件面で同クラブと合意に至ったという。スアレスとバルセロナの契約は2021年夏まで残っており、2020-21シーズンの公式戦60%以上に出場した場合はもう1年間の契約が更新されることとなっている。スアレスのユヴェントス行きの鍵を握るのは今後のバルセロナとの交渉と見られており、契約解除によるフリートランスファー、または少額の移籍金という条件をバルセロナが受け入れるならば移籍が実現する見通しのようだ。

     2019-20シーズン、スアレスは負傷離脱の影響でフル稼働することはできなかったものの、リーガ・エスパニョーラ28試合出場16得点、チャンピオンズリーグ(CL)7試合出場5得点という成績を残していた。しかし、ロナルド・クーマン新監督のもとでは構想外となっており、今夏の退団が確実視されていた。

     ユヴェントスはアンドレア・ピルロ氏を新監督に迎え、新シーズンに向けた戦力刷新を実施している。元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの退団が決定的となっており、当初はローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコやナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクがリストアップされていた。

    しかし、現在はスアレスの獲得を画策していると報道されている。果たして、バルセロナで構想外となったストライカーは新シーズンからユヴェントスのユニフォームを身に纏うことになるのだろうか。去就に注目が集まっている。

    9/4(金) 21:54 サッカーキング
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a28bcf4e7548f6151002c18c7c2c0cabdc659aac

    写真
    no title

    【<スアレス>ユーヴェ移籍で合意と報道!残すはバルサとの交渉のみに..】の続きを読む

    608

    バルセロナの点取り屋として活躍し、ウルグアイ代表のエースでもあるFWルイス・スアレスが現地時間24日に33歳の誕生日を迎えた。

    ウルグアイのナシオナル・モンテビデオでプロキャリアをスタートさせると、2006年7月にオランダのフローニンゲンへ移籍する。2007年8月にオランダの強豪チームであるアヤックスに移ると才能が開花。加入初年度でリーグ戦33試合に出場し17得点14アシストを記録した。その翌年も、リーグ戦31試合出場で22得点15アシストの大活躍。

    アヤックスの主力として活躍した後、2011年1月にリバプールへ移籍する。2012/13シーズンはプレミアリーグで23ゴールを決める活躍を見せ得点王争いを演じた。2014年7月にバルセロナへ移り、リーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇など様々なタイトル獲得に貢献している。

    ウルグアイ代表としては通算113試合出場で59得点を記録。2010年、2014年、2018年の3回にわたってワールドカップでプレーしている。国際サッカー連盟(FIFA)の公式ツイッターは、ウルグアイ代表の選手としてゴールを決めるスアレスのプレーを動画付きで紹介している。

    【動画】これは圧巻! ルイス・スアレスのゴール



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200125-00010004-footballc-socc 

    このページのトップヘ