最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ドルトムント

    909

    1: 久太郎 ★
     ブンデスリーガ第26節が16日に行われ、ドルトムントとシャルケが対戦した。

     約2カ月ぶりにブンデスリーガが再開された。新型コロナウイルス感染拡大により、1部と2部ともに3月13日から中断していたが、5月16日から欧州主要リーグで最も早いリスタートを果たした。

     再開初日でさっそくドルトムントとシャルケによる“ルール・ダービー”が実現した。ホームのドルトムントは、主将のマルコ・ロイスら主力を負傷で欠き、ジェイドン・サンチョはベンチスタート。17歳MFジョヴァンニ・レイナはスタメンに入っていたが、試合前のアップ中にケガをして先発デビューはお預けに。代わりにトルガン・アザールが先発出場した。

     一方のシャルケは、中断前に負傷離脱していたサリフ・サネ、ダニエル・カリジュリ、スアト・セルダルらがスタメンに復帰した。なお、両チームのベンチには監督やコーチなどが距離をとって座り、両チームの控えメンバーは本来ならば客席エリアである場所に一定の距離を取って設置された特設ベンチで試合を見守った。

     無観客で行われた試合は、ドルトムントが29分に先制に成功した。ユリアン・ブラントのヒールパスでアザールが右サイドに抜け出し、DFとGKの間に鋭いクロスを供給。走り込んだアーリング・ハーランドが左足で合わせて先制点を挙げた。再開後のブンデスリーガ第1号を決めたハーランドは体を揺らすようなゴールパフォーマンスを披露。チームメイトもちゃんと距離を取って祝福していた。

     ドルトムントは45分、ラファエル・ゲレイロがブラントのスルーパスでペナルティエリア左に抜け出し、落ち着いてシュートをゴール右隅に沈めて追加点。後半立ち上がりの48分にはカウンターを仕掛けると、ブラントのパスを受けたアザールがエリア前から右足シュートを突き刺してリードを3点に広げた。

     さらにドルトムントは63分、左サイドから切り込んだゲレイロが、エリア前のハーランドとのワンツーでエリア内に抜け出すと、左足で押し込んで4点目。一方のシャルケは最大5人となった交代枠を全部使ったが、反撃は実らず。試合はこのまま終了し、ドルトムントが完勝でシャルケとのダービーを制した。

     次節、ドルトムントは23日にアウェイでヴォルフスブルクと、シャルケは24日にホームでアウクスブルクと対戦する。

    【スコア】
    ドルトムント 4-0 シャルケ

    【得点者】
    1-0 29分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
    2-0 45分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
    3-0 48分 トルガン・アザール(ドルトムント)
    4-0 63分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)

    【スターティングメンバー】
    ドルトムント(3-4-3)
    ビュルキ;ピシュチェク、フンメルス、アカンジ;ハキミ、ダフード(87分 ゲッツェ)、デラネイ(68分 バレルディ)、ゲレイロ(87分 シュメルツァー);アザール(79分 サンチョ)、ハーランド、ブラント

    シャルケ(3-4-3)
    シューベルト;トディボ(46分 ブルクスタラー)、サネ、ナスタシッチ;ケニー(87分 ベッカー)、マケニー、セルダル(73分 シェプフ)、オツィプカ;カリジュリ(76分 ミランダ)、ラマン(46分 マトンド)、アリ 


    【【動画あり】ハーランドがブンデス再開第1号!ドルトムントが4発完勝】の続きを読む

    683

    1: 久太郎 ★
    【ボルシア・ドルトムント 4-0 フランクフルト ブンデスリーガ第22節】

     ブンデスリーガ第22節のボルシア・ドルトムント対フランクフルトが現地時間14日に行われた。試合は4-0でホームのドルトムントが勝利を収めている。フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地はベンチ入りしたが、出番はなかった。

     シーズン後半戦に入って無敗を維持するフランクフルトと、失点の多さが気になるドルトムントの対戦。主導権を握ったのはホームチームで、33分に左右の揺さぶりからベテランのピシュチェクが決めて先制する。

     1点リードで折り返すと、後半はドルトムントの攻撃が爆発。49分にサンチョが決めて2点差とすると、その5分後にはハキミのクロスにハーランドが飛び込んで3点目。19歳のハーランドはブンデスリーガデビューからわずか5試合で8得点を挙げている。

     さらにラファエル・ゲレイロのゴールで4点目を奪ったドルトムントは、守備でも相手にチャンスをほぼつくらせず、無失点で勝利を収めた。

     『Opta』によると、第22節終了時点で63得点というのは、1973/74シーズンのバイエルン・ミュンヘン、1981/82シーズンのハンブルガーSVに並ぶリーグタイ記録。圧倒的な得点力を見せつけているドルトムントが、暫定で2位に浮上した。

    【得点者】
    33分 1-0 ピシュチェク(ドルトムント)
    49分 2-0 サンチョ(ドルトムント)
    54分 3-0 ハーランド(ドルトムント)
    74分 4-0 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント) 


    【【動画あり】19歳怪物ハーランドがヤバすぎる!5試合で8発。ドルトムントがフランクフルトを粉砕。】の続きを読む

    634

    1: 久太郎 ★
    暫定3位に浮上
    ブンデスリーガ第20節が1日に行われ、ドルトムントとウニオン・ベルリンが対戦した。

    シーズン前半戦ではウニオン・ベルリンにアップセットを許したドルトムント。加入から2試合で5ゴールを奪うアーリング・ハーランドがついに先発メンバー入り。マルコ・ロイスやジェイドン・サンチョと前線でユニットを組んだ。

    試合は12分にドルトムントが先制。サンチョが左サイドから仕掛けると、カットインしてシュート。これがDFに当たりながら、ゴールへ吸い込まれた。直後の18分には右サイドのクロスをGKが弾いたところをハーランドが押し込み、あっという間に2-0に。ハーランドは加入から3試合連続ゴールとなった。

    ドルトムントが前半を2点リードで終えると、68分にはPKをロイスが沈めて3点差に。70分にもアクセル・ヴィツェルが追加点。76分には、ゴール前で細かく回し、最後はハーランドが左足を振り抜き2試合連続のドッペルパックを達成。5-0と大勝を収め、3連勝を飾った。

    ドルトムントは後半戦3試合でいずれも5得点を記録。新加入ハーランドはすべての試合でゴールを挙げ、チームをけん引している。

    https://youtu.be/qUF3qN_Vnh4

    https://youtu.be/Vm23f6QJ4RE

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010000-goal-socc

    【【動画あり】驚異のハーランド、またも2ゴールで3戦連発!ドルトムントは3試合15ゴールで3連勝】の続きを読む

    このページのトップヘ