最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 中田英寿

    904

    1: Egg ★
    日本選手の欧州移籍やビッグクラブでのプレーが当たり前のようになった日本サッカー界だが、以前は夢物語だった。世界を目指して海を渡り、道を切り開いた先駆者4人の功績を振り返る。

     ◇衝撃のデビュー

     1998年9月13日。21歳にして当時世界最高峰のイタリア1部リーグ(セリエA)、ペルージャに移籍した中田英寿は、開幕戦のピッチに立った。ジダンらを擁す王者ユベントスをホームに迎え、鮮烈の2ゴール。昇格直後のチームは3―4で敗れたが、目の肥えたファンの日本人への評価を一変させる活躍だった。

     この3カ月前。日本の初出場となったワールドカップ(W杯)フランス大会で、中田はスカウトの目を意識し、金髪にして戦った。屈強な相手にも倒れない球際の強さと、非凡なパスセンスは、全敗したチームの中でも際立っていた。

     欧州各国から複数オファーが届いた中で、弱小のペルージャを選んだ。その理由を昨年、ネットテレビ番組で明かした。「試合に出られる可能性が高いから」。定めた目標へ、いかに早くたどり着けるか。プレー同様、常に逆算できる中田らしい決断だった。

     2年目のシーズン半ばには、名門ローマへ。外国人枠の兼ね合いもあり出場機会は激減したが、2000~01年シーズンのユベントスとの首位攻防戦で再び強烈な印象を残す。2点を追う後半途中にエースのトッティと代わると、約25メートルのミドルシュートを突き刺した。「よっしゃー」と叫んだ場面は、今も語り草。ロスタイムにもミドルから同点弾を演出し、18季ぶり制覇に大きく貢献。日本選手初のセリエA優勝メンバーとなった。

     日本史上最高の選手との呼び声もある中田は、29歳の若さで電撃引退した。06年W杯ドイツ大会のブラジル戦後にピッチに倒れ込んだのが最後の姿。16強入りした10年南アフリカ大会でも33歳。もしその場所に中田がいたらと、考えたファンは少なくない。 

    5/15(金) 7:33 時事通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94cc707dca3700cfb093e262c269c2f739a7feff

    写真
    no title

    【<中田英寿>日本人の低評価覆した21歳!1年で弱小ペルージャから名門ローマへ...29歳の若さで電撃引退】の続きを読む

    859

    1: Egg ★
    この4月から、立教大学経営学部の客員教授に就任した、元サッカー日本代表選手の中田英寿氏。3、4年生を対象に、新科目となる「伝統産業マーケティング」なる授業を秋から担当するという。

     中田氏といえば、日本文化を再発見するコンセプトのプロジェクトとサイト「にほんのもの」を立ち上げ、4月18日、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)に、日本の伝統文化を伝える“先生”として出演。約10年間にわたって日本国内を旅行する中で伝統工芸などに魅せられ、それらを伝える役を担いたいと語っている。

     そんな中田氏は先日、ひょんなところで週刊誌にその名前が登場し、世間をザワつかせた。

    「『週刊新潮』(4月16日号)で、女優の杏と実母との“骨肉裁判”を伝えた記事の中で突如登場しましたね。夫・東出昌大との離婚問題を抱える杏は、一方でかつて所属していた実母が会長を務める個人事務所からの退職を巡って係争中との内容でしたが、その訴状や実母の陳述書で、中田氏が出てきたんです」(芸能記者)

     それら書面の中には、かつて杏がモデル事務所に所属していた際、〈前事務所のマネージャー〉は以前から杏に性的ハラスメントや〈パワハラをし、〉としたうえで唐突に〈元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく〉との表現があったと同誌は報じているのだ。ここに、ネット上では杏の過去にはもちろん、中田氏についても驚きの声が上がった。

    「中田氏については《事実であれば杏を断ったヒデは確かに紳士》《迷惑な話だが株は上がった》と称賛の見方が大半を占めていましたが、中には《やっぱりアノ噂は本当なの?》との疑惑の指摘もありました。中田氏はかつて女優の柴咲コウと交際が囁かれるなど、報じられている女性遍歴は豊富ですが、いまだ未婚。男性を性の対象とする男性御用達の海外ファッション誌の表紙も飾ったこともあることから“実はソッチなのでは?”とネット上を中心に囁かれ続けていますからね」(ネットウオッチャー)

     やはり今回の件は、とんだ大トバッチリだったようだ。

    2020年4月24日 09:58 アサ芸
    https://www.asagei.com/148058

    写真
    no title

    【<中田英寿>杏と実母の“骨肉裁判”報道で思わぬ“大トバッチリ”「迷惑な話だが株は上がった」と称賛の見方が大半】の続きを読む

    737

    1: Egg ★
    「ローマでのユベントス戦は忘れない」
    サッカー元日本代表の中田英寿氏は、3月5日に自身の公式インスタグラムを更新し、世界的なミュージシャンとの2ショット写真を投稿した。

    「レニークラヴィッツとドンペリニョン•レニー企画展」と題し、昨年10月に原宿で開催されていたレニー・クラヴィッツと世界でも有名なシャンパン「ドン・ペリニヨン」のコラボレーション写真展で撮影された、クラヴィッツ本人との2ショット写真を公開した。

     この意外な組み合わせの2ショットにファンも歓喜し、以下のようなコメントが寄せられた。
    写真 
    no title 
    「最高の2ショット」
    「いつまでも変わらぬカリスマ性!」
    「グランデ、ヒデ」
    「ローマでの戦は忘れない」
    「英寿、あなたは私の仲間だ」

     現在は、日本の伝統的なものづくりや食産業の現場を回り、「クラフト・サケ・ウイーク」という日本酒のイベントも主催している中田氏。そのカリスマ性は今も失われていないようだ。




    3/5(木) 17:39配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00070532-sdigestw-socc

    【【画像あり】<中田英寿>世界的ミュージシャンとの2ショット写真を投稿!意外な組み合わせにファン歓喜「変わらぬカリスマ性!」】の続きを読む

    このページのトップヘ