最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 原口元気

    1796

    1: 伝説の田中c ★
     ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気がブンデスリーガ2部第27節ハンブルガーSV(HSV)戦におけるチームのマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。クラブ公式サイトが5日に発表した。

     原口は4日に行われたHSV戦にフル出場し、ドッペルパック(1試合2ゴール)達成の活躍でチームを劇的なドローに導いた。ハノーファーはHSVをホームに迎えた一戦で3点を追いかける苦しい展開となったが、56分に原口が強烈なミドルシュートを沈めて反撃の狼煙を上げる。68分には、原口の落としを受けたDF室屋成のクロスからFWマルヴィン・ドゥクシュが追加点を挙げて1点差。すると、84分には原口がゴール前で倒れ込んだ状態ながら、こぼれ球を押し込で同点ゴールを決め、3-3の引き分けに持ち込んだ。

     全3点に絡んで勝ち点1獲得に貢献した原口は、ファン投票で圧倒的な92.2パーセントを獲得し、断トツでMOMに選ばれた。今季6点目となったミドルシュートについて、本人は試合後、「約20~25メートルぐらいの距離で、僕が得意の距離でした」と振り返り、「僕の典型的なゴールと言えると思います」とコメントしている。

     また、地元メディア『SportBuzzer』は同試合の採点で、原口にチーム最高タイの「2」(最高点1、最低点6)をつける高評価。「倒れ込んだ状態での同点ゴールはセンセーショナルだった。最初は6番のポジションでプレーし、後半からは8番のポジションに変更。1-3とする素晴らしいゴールで反撃の狼煙を上げた」と記した。

     ハノーファーはHSV戦で引き分けに持ち込んだものの、現在3試合連続ドローを含む5試合未勝利で9位。次戦は、8日にブンデスリーガ第25節(延期分)でヴュルツブルガー・キッカーズをホームに迎える。

    【【動画あり】2ゴールで大活躍の原口元気がチームMOMに選出!…ファン投票で断トツの92%獲得】の続きを読む

    1477

    ブンデスリーガ2部第19節が2月1日に行われ、MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーはオスナブリュックと対戦した。原口と室屋はそろってスタメン入りし、ともにフル出場を果たした。

     暫定8位のハノーファーが同13位のオスナブリュックをホームに迎えての一戦。試合は後半の55分にハノーファーが先制に成功した。左CKのシュートコーナーから原口が絶妙なクロスを送ると、ゴール前のティモ・ヒューバスが頭で合わせて先制のゴールネットを揺らした。

     さらにハノーファーは83分、キングスレイ・シンドラーのスルーパスでヘンドリク・ヴァイダントが抜け出し、豪快なシュートでゴールネットを揺らす。だが、これはオフサイドの判定で得点は認められなかった。86分にはカウンターで原口のスルーパスからシンドラーが抜け出したが、これも得点には結びつかなかった。

     オスナブリュックは90分、エリア中央の味方の落としをブライアン・ヘンイングが押し込んでネットを揺らしたが、直前にオフサイドがあったため、ノーゴールとなった。試合はこのまま終了し、ハノーファーが完封勝利で7位に浮上。敗れたオスナブリュックは5連敗を喫した。

     次節、ハノーファーは6日にアウェイでブラウンシュヴァイクと、オスナブリュックは同日にホームでボーフムと対戦する。

    【スコア】
    ハノーファー 1-0 オスナブリュック

    【得点者】
    1-0 55分 ティモ・ヒューバス(ハノーファー)


    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/40f306bc32f3353617226cef0283ca1c88788884

    989

    1: 伝説の田中c ★
    ハノーファーは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ2部第32節ザンクト・パウリ戦に4-0と圧勝。途中出場しながら1ゴール1アシストをマークした日本代表MF原口元気は、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

    前節ダルムシュタット戦(2-3)で股関節を痛め、終盤に負傷交代を強いられた原口。離脱中の宮市亮を欠くザンクト・パウリとのホームマッチでは、ベンチスタートとなっていた。それでも2点リードで迎えた後半開始から途中出場すると、1ゴール1アシストとインパクト残し、4-0の勝利に大きく貢献している。

    原口は61分、ペナルティーアーク前でFWヘンドリク・ワイダントからの折り返しを胸で落とすと、相手選手を交わしながら左足を振り抜き、シュートはゴール左のクロスバー下側をたたき、ネットを揺らした。スーパーゴールを決めた原口はさらに80分、FWセドリック・トイヒャートによるチーム4点目もアシストし、後半のみの出場ながら強い印象を残した。

    ハノーファーのチーム全体のパフォーマンスを高く評価した『キッカー』は、その中でも原口のプレーが際立っていたと評価。チーム単独最高の「1.5」が与えられ、「投入されたことにより攻撃が活性化。1ゴールとチーム4点目のアシストを記録した彼は、このホームでの勝利に導く決定的な存在となった」と称賛している。

    なお、同誌は日本代表MFを第32節の暫定ベストイレブンにも選出。18日にまだ2試合が行われるため、それらでのパフォーマンス次第で入れ替えられる可能性がある。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低) 

    【【動画あり】スーパーゴールの原口元気、途中出場ながら最高評価&MOM選出!「決定的な存在となった」】の続きを読む

    940

    ◇ドイツ2部リーグ・第29節 ザントハウゼン3―1ハノーバー(2020年5月30日 ザントハウゼン)

    ドイツ2部ハノーバーの日本代表MF原口元気(29)が今季2アシスト目をマークした。

    30日、アウェーのザントハウゼン戦にトップ下で先発し、2試合連続のフル出場。0―2の後半13分、味方の得点をアシストした。アシストは昨年12月21日のシュツットガルト戦以来、今季2つ目。再開後3試合で1得点1アシストをマークしている。チームは1―3で敗れた。

    FW宮市亮(27)が所属するザンクトパウリはアウェーでカールスルーエと1―1で引き分け。練習で膝を負傷したと報じられていた宮市はベンチ外だった。

    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5d25e5945d29c8c1164a69cb149121e5ee42377b

    922

    1: 久太郎 ★
    [5.23 ブンデスリーガ2部第27節 オスナブリュック2-4ハノーファー]

     ブンデスリーガ2部は23日、各地で第27節を行い、MF原口元気が所属するハノーファーはアウェーでオスナブリュックと対戦し、4-2で逆転勝利をおさめた。先発出場した原口は今季5点目をマークした。

     ブンデス2部再開初戦は17日のディナモ・ドレスデン戦のはずだったが、対戦チームの選手2人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、一週間遅れての再開初戦となった。原口は左サイドハーフの位置で先発し、ボランチ、トップ下とポジションを変え、90分まで出場した。前半は見せ場が少なかったが、終盤にかけて大暴れした。

     まずは後半29分、後方からフィードが送られると、快速を飛ばして前線に抜け出した原口が倒され、PKのチャンスを獲得。これをキッカーのFWマーヴィン・ドゥクシュがきっちりと決め、2-2に追いついた。ドゥクシュは後半35分にも逆転ゴールを挙げ、ドッペルパック(1試合2得点)を達成。

     さらに5分後の後半40分だった。原口は勢いのあるドリブルで仕掛けると、PA左手前の位置で右足を振り抜き、グランダーのシュートを突き刺した。原口のミドル弾は今季5点目。ハノーファーに4-2の逆転勝利をもたらした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-43480461-gekisaka-socc

    【【動画あり】原口元気が今季5点目ミドル弾など大暴れ! ハノーファーに逆転勝利呼ぶ [久太郎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ