最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 内田篤人

    1785

    1: 砂漠のマスカレード ★
    佐藤寿人氏も三笘と久保のパフォーマンスを比較

     元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNの冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』のなかで、U-24アルゼンチン代表と2試合を戦ったU-24日本代表について言及した。

     東京五輪でのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、3月26日に行なわれた初戦を0-1で落したものの、北九州で行なわれた3日後の第2戦では林大地(サガン鳥栖)の先制ゴールと板倉滉(フローニンヘン)のヘッド弾2発で3-0の快勝。南米の強豪を相手にリベンジを果たしている。

     内田氏はまず初戦について、「アルゼンチンが南米っぽいなぁ、と。シンプルに裏をとってきて、ゴリゴリ前に出て、球際でガシャガシャやって…それで終わっちゃった」と分析。続く2戦目は「(日本が)改善されて、逃げずに下がらずに前へ出て、守備も安定していた。点が入れば落ち着くよね」と評価した。
     
     今回の2連戦で注目を集めたのが、Jリーグで“無双状態”にある三笘薫(川崎フロンターレ)と19歳にして五輪代表の主軸を担う久保建英(ヘタフェ)の初共演だ。

     内田氏から、「三笘選手と久保くんはどうでした?」と問われたゲストの元日本代表FW佐藤寿人氏は、次のように印象を語った。

    「Jリーグでほとんど止められることがない三笘選手が、あれだけボールを奪われた。逆にこれで彼がどう進化していくのかすごく楽しみ。久保選手はボールを取られることは少ないですし、仕掛けたらほぼほぼ外せる」

     すると、内田氏はその理由について「慣れだと思うんですよね」と切り出し、こう続けている。

    「久保くんは外国人慣れしているから、南米だろうがヨーロッパだろうか、(ボールを奪いに)来たら、こんな感じねってパパーンと(抜ける)。三笘くんの場合は…Jリーグでやるのと海外の外人とやるのは違うから。どっちが上とかじゃなくて質が違う」

     そして、佐藤氏に同調し、「(この試合を受けての)リアクションが大事ですよね」と締めくくった。

     アルゼンチン戦を経て、三笘がどんな成長を見せるのか。再開後のJリーグでのプレーにますます注目が集まる。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部


    https://news.yahoo.co.jp/articles/44d3e311ad79ff8635d5c38eeb5eadf28ca53746
    4/2(金) 17:46配信

    【なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」】の続きを読む

    1772

    1: 爆笑ゴリラ ★
    3/28(日) 5:00配信
    オリコン

    スポーツキャスターに挑戦する内田篤人氏 (C)テレビ朝日

     元サッカー日本代表の内田篤人氏(33)が、テレビ朝日系『報道ステーション』(月~金 後9:54~11:10)のスポーツキャスター(毎週水曜出演)に就任した。

     第2のキャリアをスタートさせる内田は「『報道ステーション』に出演できるのが非常にうれしくて、『僕でいいならぜひ!』と即答しました」と感激しきり。「緊張感もありますし、最初は分からないことやできないことだらけだと思います」と謙虚に自己分析しつつも「“とりあえずやってみよう精神”で取り組みたい」と意欲を燃やす。

     今後、サッカーのみならず、他競技の取材も積極的に行っていく。「僕自身サッカー以外のことについても勉強したいとちょうど思っていた」といい、「仕事としていろんなことにチャレンジできる場をいただけて、すごくありがたいです。現役を引退した選手が誰でもいただけるような話ではないですし、今後に生かせるように頑張ります」。内田はただ客観的に取材するだけでなく、33歳という若さを生かして“実際に競技を体験するロケ”にも挑戦する予定だ。

     目標とするスポーツキャスターに松岡修造氏を挙げた内田は「修造さんからは熱が伝わるじゃないですか。スポーツの根本はそこだと思っているので、あそこまで激しくできるか分からないですけど、スポーツの良さやアスリートの人間性、競技の素晴らしさを伝えていきたい。僕らしくやりたいと思います」と決意新たに語っていた。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/88614bf289d28437f52b5ca1518543da0196e626

    【<内田篤人>『報ステ』で“スポーツキャスター”デビュー 目標は「松岡修造さん」】の続きを読む

    1507

    1: 砂漠のマスカレード ★
    上手いから活躍できるわけではない

    内田篤人氏(C)DAZN

    元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで毎週木曜に配信している冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』に出演。ヘタフェで出番が減っているMF、久保建英の現状について「厳しい」と率直な印象を述べた。

    野村明弘アナウンサーから「2戦連続でスタメン落ち…」と振られると、「厳しい。正直、厳しい」と回答。手で下り坂になっている様子を示しながら「こうなってるよね。サッカー選手ってこうなったら、結構行くのよ、下まで。僕も怪我を含め、ありましたけど。こっからグって(上に)持っていくのは本当に大変」と話した。

    また、久保がなかなか活躍できない理由について、独自の見解を示している。

    「久保くんって、上手いじゃない。上手いって、選手としての一要素でしかない。速いとか、強いとか(と同じ)。日本人ってどうしても上手いから活躍できるって思っているけど、そういうわけではない。それ一本でいくのはなかなか難しい。全体的な、五角形なり六角形なり、選手としての幅を広げていかないと。やっぱりある程度のレベルのところまでしかいけないよね」

    降格圏に勝ち点3差の14位に低迷し、現在5戦連続で未勝利と大苦戦しているヘタフェ。その中で出番が減った久保について、現地紙『マルカ』のフアン・カストロ編集長は「ホセ・ボルダラス監督が守備的な戦術を採用しており、これが久保の出場機会が減った要因」と説明している。

    チームも自身も波に乗れない中、久保はどんなプレーを見せるのか。ヘタフェは20日5時(日本時間)、アウェーで7位ベティスと対戦する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f1567b963c7831e63f54517e61b0b0bfe0194bf
    2/19(金) 11:50配信
    no title

    【内田篤人氏が考える久保建英に足りないもの「上手いだけではある程度のレベルまでしか…」|】の続きを読む

    1351

    1: 首都圏の虎 ★
    今シーズン限りで現役を引退する川崎フロンターレMF中村憲剛が、かつてPSV(エールディビジ)からオファーがあったことを明かした。『内田篤人のFOOTBALL TIME #8』で口にしている。

    圧倒的なペースで勝利を重ね、4試合を残して明治安田生命J1リーグ優勝を決めた川崎F。勝ち点もすでに史上最多記録を更新しており、歴史的なシーズンとしている。

    そして、川崎Fにとって今シーズンをさらに特別にしているのは、クラブのバンディエラである中村が代表引退を表明したという点だ。2003年に当時J2だった川崎Fでプロキャリアをスタートさせた中村は、同クラブ一筋を貫き、ここ4年でJ1リーグを3度制すほどになるまでチームを牽引し続けた。

    そんな中村だが、海外クラブからの打診を受けたこともあったという。2010年夏頃に接触があったことを、「南アフリカ(ワールドカップ)が終わった時に、いくつか打診みたいなのは…」とほのめかし、MCの内田氏の追及を受けて以下のようにクラブ名をぶっちゃけた。

    「PSVっていうチームからはこっちが良ければ本当にもっと前のめりになるよというのは、代理人を通して。俺、オランダの家庭教師雇ってたもん」

    これを聞いた内田氏が「PSVの中村憲剛見てえ」と率直な感想を述べると、中村は移籍を躊躇した理由についても言及した。

    「けどその時もう30歳になる歳だったから…。今の海外の移籍事情を照らし合わせると30歳の日本人選手にそういう話ってなかなかないので、ありがたかったなと思いますけどね」

    とはいえ、「とりたかったんだったらオファーが来るはずなんだけど、打診っていうレベルだからそんなに大げさな話にしてほしくない(笑)」と実現性は判然としないものであったことも強調している。

    一方で「国内で移籍するつもりは微塵もなかった」とも語った中村。番組内でC級コーチライセンスの取得を進めている途中であることも明かしたが、来年以降も様々な形で川崎F、日本サッカーの発展に貢献していくことになりそうだ。

    なお、『内田篤人のFOOTBALL TIME #8』では、このほかにも2人のレジェンドが互いの暴露話を応酬。今だからこそできる話題が盛りだくさんとなっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44785ed96620e4634fcd31bc89d9156065906705
    no title

    【内田篤人の追及に中村憲剛がぶっちゃける!オランダの名門PSVから獲得打診の過去】の続きを読む

    1203

    1: 少考さん ★
    『ぬるい』って言ったら…内田篤人氏がぶっちゃけた「日本と世界の差は広がっている」発言の真意 「ワイドナショー」で前園氏から直撃:中日スポーツ・東京中日スポーツ
    https://www.chunichi.co.jp/article/124068

    2020年9月20日 11時43分

    元日本代表DFで8月20日に現役引退を発表した元鹿島の内田篤人氏(32)が20日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。同番組にレギュラー出演する元日本代表FWでサッカー解説者の前園真聖氏(46)から独占直撃された。

    内田氏は引退会見で周囲を驚かせた「日本と世界の差は広がっている」という発言に関してその真意に言及。「引退したんで、そのJリーグがどうとか、世界がどうとか言われても僕、関係ないし、言っちゃおうと思って」と笑みを浮かべて前置きすると、こう言葉を続けた。

    「日本のサッカーですごくグッと上がったと思うんですけど、世界のサッカーもグーンと上がっているなというイメージです」。右膝の故障と戦いながら、ドイツの強豪シャルケで右サイドバックのレギュラーとして奮闘した内田氏。「ドイツって部活ないんですよ。クラブチームができていて、その中で寄せ集めのいい選手が集まって、どんどん削られてって。競争率が高いんですよ。日本だと、なんなら月謝払ってサッカー行ってるんで、クビにされることもないし、ぬるい、って言ったらあれですけど、競争の意識という部分では海外とは差があるなと」とサッカーに関する日独の環境の違いを指摘した。 
    【『ぬるい』って言ったら…内田篤人氏がぶっちゃけた「日本と世界の差は広がっている」発言の真意】の続きを読む

    このページのトップヘ