最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: マイケル・オルンガ

    1458

    1: 砂漠のマスカレード ★
     アル・ドゥハイルに所属するケニア代表FWオルンガは、25日のアル・アハリ戦で移籍後初ゴールを含む3ゴールを達成した。

     アル・ドゥハイルは25日、カタールの国内カップ戦であるアミール・カップでアル・アハリと対戦。先発出場を果たしたオルンガは、開始6分にチームがさっそくPKを獲得すると、そのキッカーを任される。これを左足でしっかりと決め、待望のカタール移籍後初ゴールを記録する。

     序盤の得点で勢いに乗ったチームは、続く22分にも追加点を奪うと、43分には右からのCKにまたしてもオルンガ。一瞬の動きでマークを外すと、ヘディングでゴールネットを揺らした。さらに後半に入って69分には、カウンターからアル・ドゥハイルが右サイドを攻略すると、折り返しを受けたオルンガがこれを落ち着いて仕上げ、ハットトリックを達成した。

     チームはその後2点を加え、最終的には6-0で圧勝。先制弾を含む3ゴールをあげその得点力を見せつけたオルンガは、これを柏時代のような爆発のきっかけとすることができるだろうか。

    https://youtu.be/JmxFmwxLKgM

    【【動画あり】オルンガがカタール移籍後初ゴール!…PK弾を皮切りにハットトリックまで達成】の続きを読む

    1413

    1: Egg ★
    今季J1得点王でリーグMVPの柏、マイケル・オルンガ(26)がカタール1部アルドハイルから正式オファーを受けたことが4日、分かった。すでに移籍金推定約600万ユーロ(約7億5600万円)を提示されており、クラブ間では大筋で合意。あとは、本人の決断に委ねられることになった。

     オルンガは18年夏に柏へ加入。同年はJ2降格を経験するも、翌年就任したネルシーニョ監督の下で開花した。昨年7月18日の湘南戦を皮切りに7試合連続得点をマーク。得点ランク2位のFWエヴェラウド(鹿島)に10点差をつける28得点を挙げ、クラブ初の得点王に輝いた。

     現在カタール1部で2位のアルドハイルは、かつて日本代表FW中島翔哉(26=ポルト)が所属していた。昨年オルンガの元へオファーが届くも、本人の柏愛が強く一度は破談。しかし、交渉は水面下で進められていた。今後はケニア代表としての活動も念頭に熟考するとみられるが、Jリーグの歴史に名を刻んだ“怪物FW”の去就に注目が集まる。

    1/5(火) 5:20 スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/35fb3e15850f6d204daa69eb0d64cdcf9ac82925

    写真
    no title

    【<オルンガ(柏レイソル)>カタール1部から正式オファー!移籍金約7億5600万円を提示..クラブ間大筋合意。あとは本人次第】の続きを読む

    1393

    1: 首都圏の虎 ★
    「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」

    興味深い情報が舞い込んできた。

     現地時間12月25日、イタリアの移籍専門メディア『Calciomercato』が、柏レイソルに所属するケニア代表FWのマイケル・オルンガが、来る1月に開く欧州の移籍市場でJリーグを離れる可能性を指摘した。

    そのパワフルさは、まさに大砲だ。2018年の8月に柏へ移籍したオルンガは、チームがJ2に降格した入団2年目にシーズン27ゴールをマーク。大きな期待を背負った今シーズンは、開幕からコンスタントに得点を量産。32試合で28ゴールを挙げ、J1得点王になるとともに、アフリカ人選手では史上初となるJリーグMVPを受賞していた。

     ライバルたちを圧倒する力強いプレーで一躍ブレイクを果たした26歳は、欧州でも注目の的だ。『Calciomercato』によれば、セリエAクラブからの関心が寄せられているという。

     同メディアは、「誰もが記憶しているカレッカも来た柏の黄色いユニホームを身に纏って日本を征服した」とオルンガを称えたうえで、「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」と続けた。

    「26歳のオルンガは野心を捨ててはいない。彼はヨーロッパに戻りたいと思っている。そして彼のもとには、イタリアのセリエAからの勧誘もあるようだ」

     さらに同メディアは、「イタリアのクラブは、『たかが日本だろう』という偏見を捨てるべきだ」とオルンガへの太鼓判を押してもいる。

    「イタリアのクラブは彼の経歴を踏まえて獲得を熟考していることだろう。そして、地球の隅々には、優れたプレーヤーがいると驚いているはずだ。いまやイタリアのクラブが必要とするのは、彼を獲得するための少しの勇気だけだ」

     Jリーグで圧倒的な存在感を放った点取り屋は、はたして今冬にイタリアでの挑戦を決断するのか。仮にそうなれば、柏にとって小さくない痛手となることは必至だ。 


    【「セリエAからの勧誘が…」JリーグMVPのオルンガ、今冬にイタリア移籍も!? 伊メディアが去就情報を報道】の続きを読む

    1386

    1: Egg ★
    Jリーグは22日、「2020 Jリーグアウォーズ」を開催し、ベストイレブンなど各賞を表彰した。

     川崎フロンターレからはGKチョン・ソンリョン、DFジェジエウ、DF谷口彰悟、DF登里享平、DF山根視来、MF家長昭博、MF田中碧、MF三笘薫(川崎F)、MF守田英正が選出され、同一チームから史上最多となる9選手がベストイレブンを受賞した。

     各賞の受賞者は以下の通り(数字は受賞回数。フェアプレー賞は反則ポイントが少ない順)

    < ベストイレブン >
    GKチョン・ソンリョン(川崎F) 2
    DFジェジエウ(川崎F) 初
    DF谷口彰悟(川崎F) 2
    DF登里享平(川崎F) 初
    DF山根視来(川崎F) 初
    MF家長昭博(川崎F)2
    MF田中碧(川崎F) 初
    MF三笘薫(川崎F) 初
    MF守田英正(川崎F) 初
    FWオルンガ(柏) 初
    FWエヴェラウド(鹿島) 初

    < 得点王 >
    FWオルンガ(柏) 初

    < ベストヤングプレイヤー賞 >
    DF瀬古歩夢(C大阪)

    < フェアプレー賞 高円宮杯 >
    大分 初

    < フェアプレー賞(J1) >
    川崎F、G大阪、C大阪、鳥栖、横浜FC、広島、仙台、湘南、清水、名古屋

    < フェアプレー賞(J2) >
    北九州、大宮、山形、徳島、金沢、岡山、群馬、琉球、愛媛、松本、東京V、京都、長崎、甲府、栃木、千葉、磐田、水戸、新潟

    < フェアプレー賞(J3) >
    秋田、長野、八戸、鳥取、C大阪U-23、岐阜、熊本、G大阪U-23、讃岐、藤枝、沼津、鹿児島、福島、富山

    < フェアプレー個人賞 >
    MF山口蛍(神戸) 初

    < 優勝監督賞(J1) >
    鬼木達(川崎F) 3

    < 優勝監督賞(J2) >
    リカルド・ロドリゲス(徳島)初

    < 優勝監督賞(J3) >
    吉田謙(秋田) 初

    < 優秀監督賞(J1) >
    宮本恒靖(G大阪) 初

    < 優秀監督賞(J2) >
    小林伸二(北九州) 初

    < 優秀監督賞(J3) >
    三浦文丈(相模原) 初

    < 優秀主審賞 >
    西村雄一 11

    < 最優秀副審賞 >
    武部陽介 初

    < 最優秀育成クラブ賞 >
    東京ヴェルディ 3

    < 最優秀ゴール賞 >
    MF齊藤未月(湘南) 初 ※J1第27節・神戸戦(ノエスタ)84分

    < 功労選手賞 >
    佐藤勇人
    那須大亮
    明神智和

    12/22(火) 21:10 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d241d56ad4049a1a1b07b424e96ba58cdc562e08

    【【オルンガぜんゴール動画】<Jリーグ>最優秀選手は柏FWオルンガ!得点王とW受賞...ベストイレブンは、王者川崎フロンターレから史上最多9人...】の続きを読む

    1383

    1: 爆笑ゴリラ ★
    12/14(月) 14:21
    スポニチアネックス

    柏・オルンガ「ゴールだけを意識」 大台30点到達へあと4
    柏・オルンガ
     J1柏の怪物FWオルンガ(26)が、昨季J2最終節の“再現”を狙う。チームは次節16日のアウェー広島戦に向けて調整。今季は2試合を残し、26得点で得点ランクトップを独走中の点取り屋は「サッカーは予測不可能なスポーツ。試合中は何があるか分からない。私自身はゴールだけを意識したい」と大暴れを誓った。

     J2優勝を決めて迎えた昨季最終節の京都戦。オルンガは重圧から解放されたかのように、これまでの1試合個人最多得点(5得点)を大幅に塗り替える8得点を記録した。今季は年明けのルヴァン杯決勝(国立競技場)を残すが、すでにリーグ戦での3位以内は消滅。昨季同様に精神的負荷のかからない状態で迎える一戦で、得点量産が期待される。

     2005年J1得点王のアラウージョ(G大阪)が33得点を記録して以降、14年間現れていない大台の30点到達まであと4点と迫る。「消化試合と言われても、レイソルのエンブレムに恥じないサッカーをしないといけない。ゴールに関してはハードワークの結果生まれるもの。あとは時間の問題です」と、オルンガは意気込んだ。 

    【【全ゴール集動画あり】柏・オルンガ「ゴールだけを意識」 大台30点到達へあと4】の続きを読む

    このページのトップヘ