最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 三笘薫

    1785

    1: 砂漠のマスカレード ★
    佐藤寿人氏も三笘と久保のパフォーマンスを比較

     元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNの冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』のなかで、U-24アルゼンチン代表と2試合を戦ったU-24日本代表について言及した。

     東京五輪でのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、3月26日に行なわれた初戦を0-1で落したものの、北九州で行なわれた3日後の第2戦では林大地(サガン鳥栖)の先制ゴールと板倉滉(フローニンヘン)のヘッド弾2発で3-0の快勝。南米の強豪を相手にリベンジを果たしている。

     内田氏はまず初戦について、「アルゼンチンが南米っぽいなぁ、と。シンプルに裏をとってきて、ゴリゴリ前に出て、球際でガシャガシャやって…それで終わっちゃった」と分析。続く2戦目は「(日本が)改善されて、逃げずに下がらずに前へ出て、守備も安定していた。点が入れば落ち着くよね」と評価した。
     
     今回の2連戦で注目を集めたのが、Jリーグで“無双状態”にある三笘薫(川崎フロンターレ)と19歳にして五輪代表の主軸を担う久保建英(ヘタフェ)の初共演だ。

     内田氏から、「三笘選手と久保くんはどうでした?」と問われたゲストの元日本代表FW佐藤寿人氏は、次のように印象を語った。

    「Jリーグでほとんど止められることがない三笘選手が、あれだけボールを奪われた。逆にこれで彼がどう進化していくのかすごく楽しみ。久保選手はボールを取られることは少ないですし、仕掛けたらほぼほぼ外せる」

     すると、内田氏はその理由について「慣れだと思うんですよね」と切り出し、こう続けている。

    「久保くんは外国人慣れしているから、南米だろうがヨーロッパだろうか、(ボールを奪いに)来たら、こんな感じねってパパーンと(抜ける)。三笘くんの場合は…Jリーグでやるのと海外の外人とやるのは違うから。どっちが上とかじゃなくて質が違う」

     そして、佐藤氏に同調し、「(この試合を受けての)リアクションが大事ですよね」と締めくくった。

     アルゼンチン戦を経て、三笘がどんな成長を見せるのか。再開後のJリーグでのプレーにますます注目が集まる。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部


    https://news.yahoo.co.jp/articles/44d3e311ad79ff8635d5c38eeb5eadf28ca53746
    4/2(金) 17:46配信

    【なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」】の続きを読む

    1770

    1: 砂漠のマスカレード ★
     視線を落としながら東京スタジアムのピッチを後にする姿が、23歳のMF三笘薫(川崎フロンターレ)の胸中に渦巻く不完全燃焼の思いを物語っていた。放ったシュートが0本のまま後半21分にベンチへ下がった瞬間に、19歳のMF久保建英(ヘタフェ)との初共演は“不発”で幕を閉じた。
     南米予選を1位で突破して東京五輪に乗り込んでくる金メダル候補国、U-24アルゼンチン代表に0-1で苦杯をなめさせられた26日の国際親善試合。フル代表に専念している森保一監督に代わり、東京五輪世代となるU-24日本代表の指揮を執る横内昭展監督(フル代表コーチ)は、主戦システムの[3-4-2-1]ではなく[4-2-3-1]を採用して選手たちを送り出した。
     アルゼンチン戦を前にして、横内監督は「選手たちの特長が生きる布陣にしたい」と話していた。昨シーズンからJ1の舞台で活躍を続ける三笘を念頭に置いたシステム変更であることは、川崎で務める左ウイングと役割がほぼ一致する左サイドハーフでの起用が端的に物語っていた。
     その上でトップ下にすえた久保と、同じピッチ上で初めて共存させた。アルゼンチン戦へ向けたトレーニングのなかで、横内監督の目には三笘と久保の関係が日本の新たな武器になると映っていた。
    「2人ともそれぞれのプレーを尊重し合っている面が強い。そうした意味ではコミュニケーションというか、あうんの呼吸というものが彼らにはある感じがします」
     しかし、ゴールキーパーにオーバーエイジの選手を起用するなど、本番を見すえた陣容で臨んできたアルゼンチンの球際での強さやセカンドボールに対する反応の速さ、そして狡猾さに日本のすべてが封じ込められた。特に期待を込めていた三笘と久保の連携に対して、指揮官はこう言及した。
    「それが効果的に、数多く発揮できたかというと、アルゼンチンになかなかやらせてもらえなかったというところでしょうか」
     本来は攻撃的MFながら川崎のチーム事情で左サイドバックを担い、三笘と縦関係を組んでいる旗手怜央を、U-24代表でも初めて左サイドバックとして先発させた。三笘がプレーしやすい環境がさらに整えられたなかで、左サイドにドリブラーが集まるあまりに、攻撃そのものが左サイドに偏った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f8ca119bd776c62faffed607d99c61e13024bdb
    3/27(土) 6:06配信 【【動画あり】なぜ久保建英と三笘薫の初共演は不発に終わったのか…Uー24代表がアルゼンチンに0-1惜敗の理由】の続きを読む

    1398

    1: Egg ★
    今年のサッカー・J1を席巻した川崎のルーキーMF三笘薫(23)は、新人最多に並ぶ13得点で2年ぶり3度目のJ1優勝に貢献し、ベストイレブンに輝いた。最優秀選手賞(MVP)に推す声も多かったドリブラーの特徴、さらには日本代表入りの可能性を、かつてドリブルで鳴らした元代表MF前園真聖さん(47)に聞いた。

     ◇ブラジル代表エースと類似

     「僕とは全然違うタイプだけど、面白い。僕はあのドリブルはできない。日本人にはあまりいない、独特のリズムがある。切れ味はないけれどスルスル抜けていく。ネイマール(パリ・サンジェルマン)っぽい。メッシ(バルセロナ)とかではない」と、前園さんはブラジル代表のエースとの類似点を挙げた。

     177センチの三笘は背筋をピンと張り、スピードを落とさないドリブルをする。切り返しは多用せず、上体の小さなフェイントで相手を動かしつつ、右足の外にボールを置き、長いストライドでボールを離さない懐の深さが特徴だ。現役時代、小刻みなドリブルにブレーキの利いたフェイントや切り返しをまじえて相手を幻惑した前園さんは「僕はそんなに大きくなかった(170センチ)ので、もっとグッと緩急をつけた。マラドーナをまねて、ステップ、アジリティー(敏しょう性)を使った」と振り返る。

     横浜フリューゲルス加入2年目の1993年から活躍し、96年アトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」を成し遂げた前園さんはスター街道をひた走った。ファンの語り草となっているのが、95年4月15日のセ大阪戦でのゴールだ。ボールを奪い、中央左から進入したペナルティーエリア内を右へ右へとDF2人を続けざまにフェイントで置き去りにし、最後は抱きつくように止めようとしたブラジル代表GKジルマールもかわしてシュートを決めた。

     「あの頃(の横浜フ)は前にMFジーニョ、FWエバイール(ともにブラジル代表)がいた。周りの環境が良く、自分がイメージするプレーができた。今の(川崎)フロンターレもそうだと思う」

     今季のベストイレブンは川崎勢が9人を占めた。川崎の育成部門出身で筑波大を経て今季加入した三笘は、特に左サイドを切り裂くドリブルで相手の脅威となったが、左サイドバックの登里享平、中央のFW小林悠ら足元の技術に優れる選手が周囲にいる。

     ◇世界での活躍は別

     三笘がフル代表に入り、ワールドカップ(W杯)で活躍するには何が必要か。「うまいし結果を出している。代表でぜひ見たい。でも世界の舞台でどうかというと、それは少し違う問題」と指摘する。欧州でプレーする左のアタッカーには原口元気(ハノーバー)、伊東純也(ゲンク)、中島翔哉(ポルト)らがおり、層は厚い。

     93年冬にアルゼンチンのクラブに2カ月間留学した前園さんは、海外経験の重要性を説く。「僕が海外にいた時は練習が試合と同じ強度で、一つ一つのプレーが勝負だった。外国人である日本人に求められるものは当然高く、ちょっとまずいプレーをしたらたたかれる。練習から殺気がある中でプレーすると選手は変わっていくと思う」。能力の高い相手と競い、厳しい環境で精神面も鍛える機会をどれだけ得られるかが鍵とみている。【大谷津統一】 


    【【三笘薫2020全ゴール動画】<前園真聖さん>三笘薫(川崎フロンターレ)のドリブルを分析!「ネイマールに近い」 世界へ必要な要素とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ