最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 三笘薫

    1773

    1: 砂漠のマスカレード ★
    サッカー東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表が26日、五輪南米予選1位通過のアルゼンチン代表との親善試合(東京ス)に0-1で敗戦。Jリーグで売り出し中のMF三笘薫(23)=J1川崎=は“内弁慶”ぶりを露呈した。

     左サイドで先発した三笘は、トップ下に入ったMF久保建英(19)=スペイン1部ヘタフェ=との“初共演”に期待が集まったが、得意のドリブルで魅せたのは前半27分だけ。その後は完全に封じられた。

     球離れも悪く、相手の鋭い攻撃をファウルで止めるのが精一杯。1点を追う後半21分に交代となった。チームの指揮を執った横内昭展監督(53)は「薫の交代は決めていたものではありません。試合を見て判断しました」と明言。「自分がどれぐらいにいるか測る機会」と臨んだ三笘に、ショッキングな現実が突きつけられた格好だ。

     今夏の五輪金メダル候補のアルゼンチンは、A代表のGKレデスマをオーバーエージ(OA)枠で招集して先発起用するなどガチンコの布陣。バティスタ監督は「U-20(20歳以下)の選手も起用できた。いい準備ができた」と余裕の試合運びで、スコア以上のレベル差を見せつけた。

     対する日本は、金メダル獲りへのジョーカーと期待された三笘が不発に終わり、点取り屋も不在のまま。守備陣も心もとなく、強化は明らかに遅れている。現状では金メダルなど夢のまた夢。OA枠を含めた緊急対策が急務だ。(編集委員・久保武司)

    【【動画あり】J1無双の三笘は“内弁慶” 五輪代表でアルゼンチン相手に歯が立たず】の続きを読む

    1534

    1: 砂漠のマスカレード ★
     東京五輪を目指すチーム(日本U-24)が、今月26日と29日にアルゼンチンを招いて親善試合を行う。欧州組(久保建英、中山雄太、堂安律、三好康児、板倉滉など)を招集することは難しそうなので、国内組にとってはまたとないアピールの場となる。

     Jリーグで活躍している選手がその中核を成すのは当然ながら、五輪を目指すチームの活動は1年2ヶ月ぶりで、その間、森保監督をはじめとするチーム首脳陣の評価も、少なからず変化しているはずだ。評価を上げた選手もいれば、下げた選手もいる。

     評価を上げた選手の筆頭は三笘薫で間違いないだろう。五輪チームとして最後の活動となった2010年1月のU-23アジア選手権では招集外。23人のメンバーに三笘の名前はなかった。そのメンバー選考を兼ねたジャマイカ戦(2019年12月)でも、出場したのは後半の途中からで、さらに、その1ヶ月前に行われたコロンビア戦は招集外だった。同年6月に行われたトゥーロン国際(フランス)でも5試合中、先発を飾ったのは、わずか1試合に止まっている。昨年の夏、予定通りに東京五輪が行われていれば、三笘は五輪代表チームから外れていた可能性が高い。

     一方、昨年7月に再開されたJリーグで、三笘は大活躍。ベスト11に選ばれた。皮肉な結果とはこのことだ。もし、三笘のいない日本五輪チームが、五輪を戦っていたら、なぜ彼を選ばなかったのかと、大きな問題になっていただろう。三笘の腕が突如、上がったのか。森保監督に見る目がなかったのか。答えは分かりやすい。

     三笘と森保監督の関係を語る上で、布陣及びポジションも見逃せない点になる。川崎フロンターレでは4-3-3の左ウイングでプレーする三笘だが、森保監督の五輪チームは3-4-2-1だ。左ウイングが存在しない布陣である。三笘はそこで2シャドーの一角としてプレーしていた。サイドか真ん中かと言えば、真ん中で、だ。ドリブラーには不向きなポジションである。森保監督の下で三笘が輝けなかった大きな理由だ。川崎の監督が森保氏だったら、三笘はここまでブレイクしていないだろう。五輪チームでの使われ方を見れば、これまた答えは分かりやすい話になる。

     自分自身が関与していない場所で一躍、ブレイクした三笘を、森保監督はこれからどう使おうとしているのか。布陣は従来通り3-4-2-1の2シャードーなのか。4-3-3や4-2-3-1に変更し、左ウイングとして起用するのか。森保監督と三笘の関係は見物だ。

     東京五輪が予定通り開催されるなら、サッカー競技の決勝は8月7日だ。その直後には欧州の新シーズン(2021-22)が控えている。欧州組の本音はどうなのだろうか。東京五輪が開催され、日本チームが目標に掲げる金メダル獲得を目指せば、欧州組の所属クラブへの合流は遅れる。ポジション争いに支障をきたす可能性が高い。彼らは、五輪出場に高いリスクを抱えて臨むことになる。

     だが、五輪のサッカー競技は、基本的にはアンダーカテゴリーの大会だ。それに、オーバーエイジ枠なる客寄せパンダ的な特例が設けられているため、コンセプトが分かりにくい、真のチャンピオンシップにはほど遠いイベントと化している。自国開催の五輪で金メダルに輝いても、他国から特段、羨ましがられることはない。

    https://youtu.be/NHDFZtUHPqs
    no title

    【久保建英を超えた(?)三笘薫に、即刻Jリーグ卒業証書を渡したい [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    1532

    1: 砂漠のマスカレード ★
    C大阪戦で相手瞬殺のフェイントから決勝ゴール、Jリーグ公式SNSも美技に注目し反響

     “J1王者”川崎フロンターレは3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦による先行開催となった第11節セレッソ大阪とのホームゲームに臨み、3-2で勝利した。この試合で圧巻の決勝ゴールを決めたのが、プロ2年目のMF三笘薫だ。今季リーグ戦初ゴールが値千金の一撃となったなか、シュート直前に見せた超絶タッチに「吸いつきが半端ない」「えげつないフェイント」など多くのファンが驚愕している。

    昨季リーグ戦でJ1ルーキー最多得点タイ記録となる13ゴールを決め、ベストイレブンも受賞した三笘だが、その勢いはプロ2年目の今季も止まらない。2月20日に行われた富士ゼロックス。スーパーカップのガンバ大阪戦(3-2)で2ゴールを奪うと、26日のJ1開幕戦の横浜F・マリノス戦(2-0)では得点にこそ絡まなかったものの、後半26分に見せた超絶トラップが話題を呼んでいた。

     そしてこの日、ホームの等々力陸上競技場にC大阪を迎えた一戦でも、23歳のアタッカーが魅せた。川崎が2-2の同点に追いついて迎えた後半17分、敵陣左サイドでボールを受けると対峙したMF坂元達裕に向かってドリブルを開始。ペナルティーエリア手前の位置で両者の距離が詰まると、三笘は左にボディフェイントを入れて右足アウトでボールを足に吸い付くようにコントロール。その流れのままダブルタッチで前に押し出して坂元を置き去りにすると、ペナルティーエリア内にポジションを取ったFWレアンドロ・ダミアンとのワンツーでゴール前に侵入すると、最後は絶妙なトラップから右足インサイドで逆サイドネットにシュートを突き刺した。

     三笘の卓越したテクニックと華麗な連係から生まれた決勝ゴールに、Jリーグ公式ツイッターも注目。ゴール速報のほか、「ボールが足に吸い付くとはこのこと。#川崎フロンターレ #三笘薫 選手が華麗すぎるアウトインで抜き去る」と綴り、超絶タッチで抜き去るシーンにフォーカスした映像も投稿した。ファンからは多くの反響が寄せられており、「漫画みたい」「惚れる」「吸いつきが半端ない」「えげつないフェイント」「バケモンだ」「おしゃれすぎる」など相手を瞬殺した超絶タッチに対する驚愕の声のほか、L・ダミアンからのリターンをもらった後の「シュート前のワンタッチがエグい」と称える声や、「マジで日本のネイマール」とシュートまでの一連の流れが、ブラジル代表エースのプレーに似ているとの声も上がっていた。

     開幕2試合目にして、すでに昨季を上回るような異次元のパフォーマンスを披露している三笘。今やJリーグを代表するアタッカーとして、観る者すべてを魅了している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c86d9526995d0c7a6ff4e1e7d893b1e402e76cb0

    3/4(木) 6:40配信

    no title







    三笘 薫
    ミトマ カオル

    18

    MF

    出身地
    神奈川
    生年月日(満年齢)
    1997年5月20日(23歳)
    身長
    178cm
    体重
    71kg
    血液型
    O
    所属チーム名
    さぎぬまSC-川崎フロンターレU-12-川崎フロンターレU-15-川崎フロンターレU-18-筑波大
    主な経歴
    -
    個人タイトル
    20Jリーグベストイレブン


    エラシコ→レアンドロ ダミアンとのワンツーで三笘 薫(川崎F)が今季初ゴール!【第11節のピックアップゴール】

    【【動画あり】「マジで日本のネイマール」 川崎MF三笘、“超絶タッチ”からの芸術弾に騒然「惚れる」】の続きを読む

    このページのトップヘ