最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: イブラヒモヴィッチ

    1266

    1: 砂漠のマスカレード ★
    最後まで1点差守り切ったミランがダービー制してリーグ通算1400勝目

    セリエA第4節が17日に行われ、インテルがミランとの“ミラノ・ダービー”を戦った。

     ミランは11分、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエリア内で倒されPKを獲得。キッカーを務めたイブラヒモヴィッチのシュートはGKサミール・ハンダノヴィッチに弾かれるが、イブラヒモヴィッチがこぼれ球をもう一度押し込んでゴールネットを揺らした。

     さらにミランは16分、ラファエル・レオンのクロスにイブラヒモヴィッチがピタリと合わせて追加点を挙げる。圧倒的な存在感を放ったイブラヒモヴィッチがあっという間に2点を積み重ねた。

     対するインテルは29分、アレクサンダル・コラロフのスルーパスに反応したイヴァン・ペリシッチが左サイドの深い位置まで侵入して鋭いクロスを供給。ファーサイドで構えていたロメル・ルカクのシュートはゴールに突き刺さりインテルが1点を返した。

     60分代に入るとミランはラデ・クルニッチとサム・カスティジェホを投入。一方のインテルはマルセロ・ブロゾヴィッチに変えてクリスティアン・エリクセンが途中出場を果たした。

     73分、エリア内に侵入したルカクがGKジャンルイジ・ドンナルンマと接触すると一旦はPKの判定に。しかしVARの介入の結果ノーファールでインテルは同点のチャンスとはならなかった。

     試合終盤には1点を追うインテルが猛攻を仕掛ける。90+3分にはラウタロ・マルティネスの絶妙なパスにルカクが反応し、足を伸ばすが惜しくもミートせず。試合終了間際にもルカクがヒールシュートで相手ゴールに迫るが、GKジャンルイジ・ドンナルンマが立ちはだかりゴールネットを揺らすことはできなかった。

     結局そのまま試合は終了し、前半のリードを守り切ったミランが2-1でミラノ・ダービーを制した。ミランはこの勝利でセリエA通算1400勝目。史上3クラブ目の快挙を成し遂げた。

    【スコア】
    インテル 1-2 ミラン

    【得点者】
    0-1 13分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
    0-2 16分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
    1-2 29分 ロメル・ルカク(インテル)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/465d18ac6da38cf86e3fde9d23eeffecd9bc067a
    10/18(日) 3:06配信

    no title


    https://youtu.be/bhlXMoRqxoU

    https://www.youtube.com/watch?v=yq76UWmbduY


    Inter Milan vs AC Milan 1-2 - All Goals & Highlights - 2020

    【【動画あり】セリエA第4節 イブラヒモヴィッチ2発!ミランがダービー制してリーグ通算1400勝目 2試合4得点  [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    1087

    1: 久太郎 ★
    ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチが、また新たな偉業を達成した。『Opta』が伝えている。

     ミランは現地時間1日、セリエA最終節でカリアリと対戦し、3-0の勝利を収めた。この一戦でPKを失敗してしまったイブラヒモビッチだが、1ゴールを挙げて勝利に貢献している。

     この日の得点で、イブラヒモビッチは今季セリエA10得点に到達。38歳302日でのシーズン2桁得点達成は、セリエA史上最年長とのことだ。

     イブラヒモビッチは、冬にミランと契約。ピッチに立てる時間は限られたものの、史上最年長記録を更新した形である。

     ステファノ・ピオリ監督の続投決定でミラン残留の可能性が高まっている様子のイブラヒモビッチ。さらなる記録更新もあるかもしれない。

    https://youtu.be/mbFlabAMwIc

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2b8458ab1a2635ab2e10bee2444649c324a377c3

    【【動画あり】イブラヒモビッチ、冬加入で2桁ゴール達成!セリエA最年長記録更新】の続きを読む

    1078

    1: 久太郎 ★
    【サンプドリア 1-4 ミラン セリエA第37節】
     
     セリエA第37節、15位サンプドリアと6位ミランの試合が現地時間29日に行われた。ミランが4-1の勝利をおさめている。

     サンプドリアに所属する吉田麻也は先発出場を果たした。4分、アンテ・レビッチのクロスにズラタン・イブラヒモビッチが頭で合わせてミランに先制点が入る。続けて52分、イブラヒモビッチが折り返したボールにハカン・チャルハノールが飛び込み追加点。

     さらに58分、カウンターからイブラヒモビッチがチーム3点目を決めた。しかし、87分にサンプドリアのクリストファー・アスキルドセンに1点を返されてしまう。それでも後半アディショナルタイム、ラファエル・レオンも得点しミランが4-1の勝利をおさめた。

    【得点者】
    4分 0-1 イブラヒモビッチ(ミラン)
    52分 0-2 チャルハノール(ミラン)
    58分 0-3 イブラヒモビッチ(ミラン)
    87分 1-3 アスキルドセン(サンプドリア)
    90分+2分 1-4 レオン(ミラン) 

    【【動画あり】イブラヒモビッチが2得点1アシストの活躍! ミラン、吉田麻也がフル出場のサンプドリアに4-1快勝 [久太郎★]】の続きを読む

    664

    1: Egg ★
    [2.9 セリエA第23節 インテル4-2ミラン] 

     セリエAは9日に第23節を行い、リーグ戦では172回目となるミラノダービーが行われた。インテルが勝利したものの、ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチが圧巻の1ゴール1アシストを挙げ、新たな記録を打ち立てた。

     ミランは今冬獲得の“イブラヒモビッチ効果”で好調を維持。38歳のベテランストライカーはまったく錆びないその力をミラノダービーでも発揮する。前半40分にはゴール前でDFディエゴ・ゴディンに競り勝ち、ヘディングで落とすと、FWアンテ・レビッチの先制点をお膳立て。さらに前半アディショナルタイム、右CKをファーサイドから頭で押し込み、追加点を奪った。

     データサイト『opta』によると、38歳129日でゴールを決めたイブラヒモビッチは、ニルス・リードホルム氏(38歳43日)やフィリッポ・インザーギ氏(34歳268日)の記録を更新し、セリエAでのミラノダービー史上最年長得点となった。

     試合は後半4失点で敗れたミランだが、前半はイブラヒモビッチ以外の選手たちも躍動。偉大な“神様”の存在が少しずつチームに変化をもたらし始めている。

    【【動画あり】<“神様”すぎる1G1A>イブラヒモビッチが凄すぎると話題に!】の続きを読む

    556
    ズラタン・イブラヒモビッチは、サッカー選手としてまだ“期限切れ”ではないことを示した。

    ACミランの選手として5日に再デビューを果たしたスウェーデン人ストライカーは、11日のカリアリ戦で先発出場し、ロッソネロの勝利を決定付けるゴールを決めた。(0-2)

    後半開始早々にラファエル・レオンのゴールで先制したミラン。
    待望の瞬間は64分に訪れた。イブラヒモビッチは自身のポストワークから左サイドのテオ・エルナンデスに展開。ペナルティボックス内でポジションを取ったズラタンは、テオのグラウンダーの折り返しを左足で蹴り込み、ミラン加入2戦目で初ゴールを記録した。

    このゴールはイブラヒモビッチの2,806日ぶりとなるミランでの得点であった。

    イブラヒモビッチは82分にも左サイドからのクロスボールを頭で叩き込みネットを揺らしたが、ズラタンの位置がオフサイドポジションだった為、2点目とはならなかった。

    38歳のストライカーは年齢など関係ないことをいきなり証明している。


    イブラヒモビッチゴール 6:48~



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00010011-sportes-socc 

    このページのトップヘ