最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: イブラヒモヴィッチ

    1462

    1: 久太郎 ★
     毎回のように激しいバトルが繰り広げられる「ミラノ・ダービー」で、両軍のエースが“激突”した。

     大きな話題となっているのは、現地時間1月26日に開催されたコッパ・イタリアの準々決勝、ミランとインテルによるダービーマッチでの一幕だ。31分にズラタン・イブラヒモビッチのゴールでミランが先手を取って迎えた前半終了間際のことである。

     43分、相手CBアレッシオ・ロマニョーリの激しいチャージで倒されたインテルのロメル・ルカクがフラストレーションを露わにする振る舞いを見せると、そこにイブラヒモビッチが詰め寄り、お互いに頭をぶつけあっての睨み合いに発展した。

     そこから一気に両エースはヒートアップし、ルカクが「お前とお前の嫁はクソッタレだよ」「あいつは俺の母さんの話をしやがったんだ。クソ野郎だ」と罵れば、一方のイブラヒモビッチも「あとでトンネル(控室に続く入場口)で待ってろよ。チビののろま」「いくらでも母親の話をしてやる」と反撃。これを見かねたパオロ・ヴァレリ主審は両者に警告を提示した。

     その後、試合は58分にイブラヒモビッチは2度目の警告を受けて退場となると、数的優位となったインテルが反撃を開始。71分にルカクがPKを決めて同点とすると、後半アディショナルタイム6分にクリスティアン・エリクセンのFKでのゴールで逆転した。

     結局、試合は2-1でインテルが勝利したものの、その結果以上に両エースの“バトル”は小さくない波紋を広げている。ミラノに拠点を構える日刊紙『il Giornale』は、次のように伝えた。

    「ルカクとイブラヒモビッチが熱い火花を散らした。ロマニョーリに苛立ったことを小ばかにし、笑みを浮かべたスウェーデン人ストライカーの言葉に、我を失ったかのように激昂したベルギー人FWは、いつまで挑発を続ける相手に真っ向から立ち向かった。二人はチームメイトやスタッフ、主審の笛でさえも抑えることができないほどに緊張感が高まっていた」

     チームメイトだったマンチェスター・ユナイテッド時代から関係性が問題視されていた両雄。ライバルチームのエース同士ということもあり、このいざこざがさらに遺恨を深める結果になるかもしれない。

    【動画】ルカクとイブラヒモビッチが大口論! ミラノダービーで起きた問題のシーンはこちら 





    https://youtu.be/qjW0KYvvNsI


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8f5276e2c038663a9a717201559c5880cf65c9e7

    画像
    no title


    インテル 2-1 ミラン
    [得点者]
    31'イブラヒモビッチ(ミラン)
    71'ロメル・ルカク (インテル)PK
    90+7'エリクセン  (インテル)

    58'イブラヒモビッチ退場

    【【動画あり】ルカクとイブラヒモビッチがミラノ・ダービーで激しく衝突! 一体何が!?「クソッタレだ」「あとで待ってろ。のろま!」】の続きを読む

    1444

    1: 久太郎 ★
     セリエA第18節が18日に行われ、首位ミランはアウェイでカリアリと対戦した。

     17試合を終え勝ち点40で首位に立つミラン。第16節にユヴェントスに敗れ今季初黒星を喫したものの、その後のトリノ戦を着実に制して敵地カリアリに乗り込んだ。

     ミランは試合開始5分、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエリア内で倒されPKを獲得。自らがキッカーを務めると、GKの逆を突いて先制点を挙げた。イブラヒモヴィッチにとって実に昨年11月のナポリ戦以来のゴールとなった。25分にはダヴィデ・カラブリアがミドルシュートを放つがこれはGKの好セーブで追加点とはならない。

     36分には再びカラブリアがエリア内でシュートを放つ。しかしこれは惜しくもゴールポストに嫌われてしまう。

     後半に入って52分、カラブリアがアーリークロスを上げるとDF裏に走り出していたイブラヒモヴィッチがそのまま流し込んで追加点。スコアを2点差とした。

     64分、カリアリはジョアン・ペドロからジョバンニ・シメオネへ巧みなスルーパスが送られ、シメオネがゴールを狙う。しかしここにGKジャンルイジ・ドンナルンマが立ちはだかり、ミランは難を逃れた。

     74分にはミランのアレクシス・サレマーカーズが2枚目のイエローカードで退場処分となるが、2点リードを守り切りそのまま試合は終了。順当に勝ち点3を積み上げて堂々と首位をキープした。

    【スコア】
    カリアリ 0-2 ミラン

    【得点者】
    0-1 7分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(PK/ミラン)
    0-2 52分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン) 

    【【動画あり】イブラヒモヴィッチ2発!ミランが敵地でカリアリ下して首位キープ】の続きを読む

    1364

    1: 伝説の田中c ★
     サッカー界で最も影響力のある代理人の1人として知られるミノ・ライオラ氏が、歴史上最も完成された選手としてミランFWズラタン・イブラヒモビッチの名前を挙げた。スペイン『カデナ・セール』が伝えている。

     バルセロナのFWリオネル・メッシとユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが8日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループG第6節で2018年5月のエル・クラシコ以来、約2年半ぶりの直接対決を迎え、大きな注目を集めた。試合はC・ロナウドの2ゴールなどでアウェーのユベントスが3-0の完勝。ユベントスが首位、バルセロナが2位での決勝トーナメント進出となっている。

     ライオラ氏は同日、イタリア『トゥット・スポルト』のインタビューで2大スターの偉大さを認めた上で、自身の顧客でもあるイブラヒモビッチは別格だと主張した。

    「私は大ファンであるクリスティアーノ・ロナウドとメッシの間で、いつもポルトガル人に魅力を感じている。しかし、ズラタン(イブラヒモビッチ)は別の惑星の選手だ。サッカー史上最も完成度の高い選手といえる。彼はメッシの才能とクリスティアーノの意志を持っているんだ」

    「ズラタンはズラタンだ。もう何も付け加える必要はない。事実が全てを物語っている」

     イブラヒモビッチは今季セリエAで6試合に出場し、得点ランキング首位の10ゴールを記録。39歳とは思えない異次元のパフォーマンスを見せ、首位を快走するミランをけん引している。メッシとC・ロナウドがしのぎを削ったラ・リーガでもプレー経験があり、バルセロナ時代の2009–10シーズンに公式戦45試合で21ゴールを挙げた。

     ライオラ氏は「(当時インテルを退団した)彼の夢はバルセロナに行くことだった。その後、ペップ・グアルディオラとの問題があったが、それは事前に誰も想像ができなかったんだ」と、わずか1年で終わりを迎えたスペイン時代を振り返っている。

    https://youtu.be/4FvGa5WMb0I


    https://news.yahoo.co.jp/articles/acb2c1ff3c92663d2f4648a3f0030b34cef16785

    【【動画あり】「彼にはメッシの才能とC・ロナウドの意志がある」敏腕代理人が史上最も完成された現役選手を挙げる】の続きを読む

    1330

    1: 砂漠のマスカレード ★
    首位ミランをエースとして牽引、徹底した食事制限と格闘技でコンディション維持
     今年39歳を迎えたミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、現地時間22日のナポリ戦(3-1)で負傷交代したものの、セリエAで6試合10得点を叩き出しており、今がキャリア最盛期とも呼べる活躍を披露している。膝の大怪我を乗り越え、トップコンディションを維持する秘訣はグラム単位で徹底された食事管理や格闘技にあるようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

     イブラヒモビッチは今年10月に39歳を迎えたが、昨季復帰したミランで健在ぶりを示している。今季は新型コロナウイルス感染での離脱がありながらも、6試合出場10得点で得点ランキングトップに立ち、6勝2分の無敗で首位を走るチームを力強く牽引している。

     マンチェスター・ユナイテッド時代の2017年には右膝前十字じん帯損傷の大怪我を負ったが、約7カ月という驚異的なスピードで復帰を果たした。

     この年齢まで強靭なフィジカルやパフォーマンスを維持しているその秘訣の一つは、徹底された食事管理にあるようだ。カルチャー誌「GQ」イタリア版によると、イブラヒモビッチは自身が口にするものはすべてグラム単位で計測し、管理しているという。

     よく食べるものは鶏肉などの白身肉やブレザオラ(塩漬けの肉)、生野菜。反対に冷凍食品やアイスクリーム、イタリア料理の代表的なパスタ類は一切食べず、必要な炭水化物は主に穀物類から摂取しているという。

     イブラヒモビッチはこうした食事制限をユベントス時代から徹底してきたが、過去にはクラブのシェフと対立したこともあったという。2012年から18年まで所属していたパリ・サンジェルマンでは、練習場に新鮮な果物や野菜がないことを理由にシェフとの口論に。シェフは予算的に余裕がないと主張したものの、イブラヒモビッチにその言い訳は通用せず、地元の食品市場へ買い出しに行くことになったとのエピソードも紹介されている。

     そして、もう一つの秘訣は格闘技を取り入れたトレーニングだ。ジムでのワークを好まないイブラヒモビッチは、テコンドーの専門家であるニルソン・ダマセナ氏の下でトレーニングやコンディショニングを行っている。ジムで筋肉を増やすよりも、テコンドーで筋肉の柔軟性を高める方法が年齢的にも合っていると感じているという。

     大怪我やコロナ感染も乗り越え、39歳でも衰え知らずのパフォーマンスを見せられる背景には、徹底した食生活と格闘技を取り入れたトレーニングがあったようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfa89e45f6f83d6c1cda449f510e8d738f05b41
    11/25(水) 8:40配信

    【【動画あり】驚異の39歳イブラヒモビッチ 今季6戦10得点…“衰え知らずの肉体”を維持する秘訣とは?】の続きを読む

    1266

    1: 砂漠のマスカレード ★
    最後まで1点差守り切ったミランがダービー制してリーグ通算1400勝目

    セリエA第4節が17日に行われ、インテルがミランとの“ミラノ・ダービー”を戦った。

     ミランは11分、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエリア内で倒されPKを獲得。キッカーを務めたイブラヒモヴィッチのシュートはGKサミール・ハンダノヴィッチに弾かれるが、イブラヒモヴィッチがこぼれ球をもう一度押し込んでゴールネットを揺らした。

     さらにミランは16分、ラファエル・レオンのクロスにイブラヒモヴィッチがピタリと合わせて追加点を挙げる。圧倒的な存在感を放ったイブラヒモヴィッチがあっという間に2点を積み重ねた。

     対するインテルは29分、アレクサンダル・コラロフのスルーパスに反応したイヴァン・ペリシッチが左サイドの深い位置まで侵入して鋭いクロスを供給。ファーサイドで構えていたロメル・ルカクのシュートはゴールに突き刺さりインテルが1点を返した。

     60分代に入るとミランはラデ・クルニッチとサム・カスティジェホを投入。一方のインテルはマルセロ・ブロゾヴィッチに変えてクリスティアン・エリクセンが途中出場を果たした。

     73分、エリア内に侵入したルカクがGKジャンルイジ・ドンナルンマと接触すると一旦はPKの判定に。しかしVARの介入の結果ノーファールでインテルは同点のチャンスとはならなかった。

     試合終盤には1点を追うインテルが猛攻を仕掛ける。90+3分にはラウタロ・マルティネスの絶妙なパスにルカクが反応し、足を伸ばすが惜しくもミートせず。試合終了間際にもルカクがヒールシュートで相手ゴールに迫るが、GKジャンルイジ・ドンナルンマが立ちはだかりゴールネットを揺らすことはできなかった。

     結局そのまま試合は終了し、前半のリードを守り切ったミランが2-1でミラノ・ダービーを制した。ミランはこの勝利でセリエA通算1400勝目。史上3クラブ目の快挙を成し遂げた。

    【スコア】
    インテル 1-2 ミラン

    【得点者】
    0-1 13分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
    0-2 16分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
    1-2 29分 ロメル・ルカク(インテル)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/465d18ac6da38cf86e3fde9d23eeffecd9bc067a
    10/18(日) 3:06配信

    no title


    https://youtu.be/bhlXMoRqxoU

    https://www.youtube.com/watch?v=yq76UWmbduY


    Inter Milan vs AC Milan 1-2 - All Goals & Highlights - 2020

    【【動画あり】セリエA第4節 イブラヒモヴィッチ2発!ミランがダービー制してリーグ通算1400勝目 2試合4得点  [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    このページのトップヘ