最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: イブラヒモヴィッチ

    454

    1: 砂漠のマスカレード ★
    今冬の移籍マーケットでACミラン復帰が噂されているズラタン・イブラヒモビッチは、『GQ Italia』のインタビューでクリスティアーノ・ロナウドを批判し、イタリア・フットボール界を炎上させている。

    「本物のロナウドは、ブラジル人の方だ。クリスティアーノ・ロナウドに天賦の際はなく、ハードワークによって出来上がったものだ」とイブラヒモビッチは語っている。

    20年の自身のキャリアにおいてマルメ、アヤックス、ユヴェントス、インテル・ミラノ、FCバルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン(PSG)、
    マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーというクラブを渡り歩くイブラヒモビッチは、セリエAでライバルになるかもしれないロナウドを次のように批判している。

    「もし自分がチャレンジがしたいのであれば、ユヴェントスがセリエBのときに加入し、セリエAに昇格させるべきだった」と2009年にユヴェントスが降格した際にチームを離れたズウェーデン人FWは語っている。

    さらに、「セリエAを7連覇しているチームに加入することは、チャレンジでもなんでもない」と皮肉を込めて言い放った。


    no title


    no title

    no title

    no title

    no title


    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=NkSNdI7g__A


    【限界突破していた頃の怪物ロナウド】神業スーパープレイ集

    https://www.youtube.com/watch?v=SofvifQuoBA


    【ロナウド】怪物の全盛期!メッシより凄い? Ronaldo

    no title

    【イブラヒモビッチがC・ロナウドを批判「本物はブラジル人の方」「彼に天賦の才はない。ハードワークによって出来上がったものだ」 ★2 】の続きを読む

    355

    自身と同じ大きさほどある“釣果ショット”を公式ツイッターに投稿
    元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、年内で米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーとの契約が満了を迎える。去就が注目されるなか、公式ツイッターで自身と同じ大きさほどの巨大カジキとの“2ショット”を投稿。「海の神ズラタン」「ズラタンは神だから魚のほうから来る」などと反響を呼んでいる。


    2018年にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、LAギャラクシーへと渡ったイブラヒモビッチ。アメリカで2シーズンを過ごし、今年いっぱいでクラブとの満了を迎えようとしている。MLSでは通算56試合で52得点を挙げるなど、38歳を迎えてもなお衰えない決定力を見せつけた。

    イタリアのナポリ移籍の噂が浮上し、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)上では「オラ、エスパーニャ」とスペイン語で切り出すと、「なんだか分かるかい? 私はカムバックする」と意味深なコメントを残していたが、2日には公式ツイッターで釣りに興じた様子をアップ。「俺のギターを持っている」と船上で抱えているのは巨大なカジキだ。

    自身と同じ大きさほどある魚との珍2ショットに、アルゼンチン紙「Ole」公式インスタグラムは「イブラヒモビッチが“魚のイブラヒモビッチ”とポーズ」と反応。イブラヒモビッチのツイートにも数多くのコメントが寄せられている。

    「ズラタンは神だから魚のほうから来る」
    「スーパーキャッチ」
    「ライオンvsカジキ」
    「世界で最も幸せな魚」
    「海の神ズラタン」

     自らを百獣の王「ライオン」や「神」と称するイビラヒモビッチだが、海でのショットだけにギリシャ神話の海神「ポセイドン」のように崇められていた。

    【写真】「ライオンvsカジキ」と海外注目 元スウェーデン代表FWイブラヒモビッチ、巨大カジキとの“船上2ショット”




    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00226997-soccermzw-socc 

    307

    ズラタン・イブラヒモビッチは、彼の最近の行為で再び世界中のメディアにおける一面をカバーした。

    アレニャとパートナーが妊娠を発表! バルサのベビーブームの仲間入り

    スウェーデン出身の同選手はその素晴らしいプレーだけでなく、彼の優越した語学力もあり、世界で最も経済力のあるプロサッカー選手の一人である。 そのため、元FCバルセロナの同選手は常に自分が誰よりも優れていると考えており、自分の宣言した言葉に自信を持っている。

    イブラヒモビッチの最新のエピソードは、彼のクラブ、LAギャラクシーにとって“真のライバル”であるロサンゼルスFCに敗れた(5-3)ウェスタン・カンファレンス準決勝でのことである。

    25日に行われたこのチャンピオンシップでの敗北後、相手チームのサポーターから野次を飛ばされたズラタンは彼らに向けて反応した。
    ロッカールームへ帰る途中、相手サポーターから何かを言われたズラタンは、自身のプライベートな部分に手をやり、それを相手に向けたのだ。

    敗北の無力感から生まれたこのわいせつ行為の一件は、SNS上で一気に広がった。

    しかし、イブラヒモビッチはこの問題を深刻にとらえておらず、自身の行動を正当化している。
    「やつらは何かを言った。無礼なものではなかったが、俺への挑発のようなものだった。俺にとってあのスタジアム(バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム)は小さすぎる。スアジアムは俺を邪魔するほどデカくなければならない。俺は8万人の前でプレーするのに慣れているからな。あれでは公園の散歩みたいだ」と彼は述べている。

    308

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010013-sportes-socc 

    001




    1: 久太郎 ★ 2019/07/08(月) 23:22:39.38 ID:UBagj8Pu9
    ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが選んだキャリア最高のお気に入りイレブンが話題となっている。

    これまでにアヤックス、ユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドなど数々のビッグクラブでプレーしてきたイブラヒモヴィッチ。そのキャリアにおいては、アレッサンドロ・デル・ピエーロやパヴェル・ネドヴェド、ルイス・フィーゴ、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、チャビ、アレッサンドロ・ネスタなどのビッグネームとプレーしてきた。

    そのイブラヒモヴィッチは8日、唐突に自身の『ツイッター』で、「俺のキャリアにおけるお気に入りのチームだ」とツイート。自身の選ぶベストイレブン企画のような形で画像を張り付けた。しかし、注目のメンバーは、それぞれのクラブのユニフォームを着たイブラヒモヴィッチのみ。これを見たフォロワーからは、「彼は神である」など多くのコメントが付いて大反響となっている。

    指揮官のみを選択していなかったイブラヒモヴィッチは、「俺が決めなければならないのは唯一、監督だな。だが、多分それもズラタンだろう」と、自信満々につぶやいている。

    現在37歳となったイブラヒモヴィッチだが、昨シーズンはメジャーリーグサッカー(MLS)で公式戦34試合23得点7アシストをマーク。今シーズンもリーグ戦15試合で13得点を記録する怪物は、アクロバティックなプレーで沸かすピッチ内だけでなく、ピッチ外でもフットボールファンを楽しませている。

    ◆イブラヒモヴィッチのお気に入りベスト11
    【4-3-3】
    GK
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    DF
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    MF
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    FW
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ
    ズラタン・イブラヒモヴィッチ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00010030-goal-socc

    画像
    no title

    引用元: ・【サッカー】イブラヒモヴィッチ、理想のベスト11を発表…驚きのイレブンが話題に

    【【サッカー】イブラヒモヴィッチ、理想のベスト11を発表…驚きのイレブンが話題に 】の続きを読む

    このページのトップヘ