最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    1445

    1: ひかり ★
     ブラジル1部ボタフォゴを退団して欧州復帰を模索中の元日本代表MF本田圭佑(34)が19日、新型コロナ禍の深刻なブラジルで大人数での会食開催が批判を浴びていることに猛反論を展開した。

     本田はパーソナリティーを務めるニッポン放送の「本田圭佑『NowVoice』」(毎週火曜午後7~9時)に出演し、冒頭に今回の騒動について口を開いた。

    「考えは一貫して変わっていない。謝るようなことがあるとしたら、ランチに来てくれた選手が巻き添えを食らっていて申し訳ない」と改めて会食の開催は間違っていないと強調。その上で「日本では緊急事態宣言が出ていて、実際に経済的にも健康的にもダメージを食らっている人がいるという事実がある。その人たちの気を悪くさせたようなら、それはごめんという気持ちもある」とコロナ禍で被害を受けている人々に対しては謝罪した。

     今回批判を浴びた原因は、新型コロナ禍での会食よりもボタフォゴでの不振と退団の経緯にあると指摘。「実際にコロナで僕がああだこうだ言われているのも、チームで彼ら(批判する人)が期待していたほどの結果を僕が出せなかったことと、その難しい状況でチームを出て行った、見捨てていったと悪く言う人はそういう解釈をしている。そのタイミングで、この送別会は揚げ足を取られた形になった」と主張した。

     さらに持論を展開し「ブラジルって毎日ビーチに出たらわんさか人がいて、全員マスクしていない。日本ではマスクしていないと言われる方がいるけど、ブラジルに住んでいた僕の肌感覚としてはサッカー選手としての本質がベースに来て、揚げ足を取られた。それは僕自身の問題であり、あのイベントを開いたかどうかは別に本質ではない」と重ねて熱弁した。

     あくまでも新型コロナ禍でのパーティー開催の非を認めるつもりはない様子の本田。今後新天地が決まった際にはどんな〝歓迎会〟が開かれるのだろうか。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6264296c323cd5c9010911ea7c9a9dda40aaa0d

    【<本田圭佑>「ブラジルはビーチにわんさか人がいて、全員マスクしていない」ラジオで会食批判に猛反論】の続きを読む

    1430

    1: 砂漠のマスカレード ★
    「Despedida de Honda(本田の送別会)」――そんなタイトルの動画が今、ブラジルでとんでもない物議を巻き起こしている。

     場所はどこかのレストラン。黒いTシャツに短パン姿の本田圭佑が、椅子の上にマイクを握って立っている。脇にはもうひとりの選手が立っていて、やはりマイクを持ち、本田と会話をかわす。他の数人の選手たちが彼に野次を飛ばしている。

     その後、場面が変わり、パゴージ(サンバの一種)を演奏するバンドに合わせて、選手たちが踊っている。本田も腰を落として足を動かしノリノリの様子だ。テーブルの上にはアルコールとアラブ風の水煙草が見える。

     最初にこの動画アップしたのはボタフォゴファンのジャーナリストのブログ「Boletim do C.E.」だった。そして動画がボタフォゴのニュースサイト「FOGAONET」に転載されるやいなや、またたくまに拡散した。

    ※ボタフォゴのニュースサイト「FOGAONET」に転載された実際の動画→()

     解説によると、これは12月30日にリオデジャネイロ西部地区のとあるレストラン(店の営業妨害になる可能性もあるので名前は伏せられている)で開かれた、本田の送別会だという。

     参加しているのは本田の他にボタフォゴの5人の選手マルセロ・ベネベヌート、ラファエル・フォルスター、カイオ・アレシャンドレ、コロンビア人のカルロス・レンテリア、マテウス・バビ。5人はふだんの練習の時から本田の近くにいるメンバーだ。撮影した人物は秘密にされているが、どうやらパーティーに参加していたひとりのようだ。

     ボタフォゴは今、窮地にある。ここまでの成績は4勝14敗11引き分け。順位は下から2番目で、セリエB落ちが現実味を帯びてきた。12月30日といえば、ちょうど正月休暇に入ったところだが、ボタフォゴは27日のコリンチャンス戦に負け、事態はより悪い方へと向かっていた(ちなみに次の1月6日のアトレティコ・パラナエンセ戦でも負けている)。そんな状況でパーティーを開くのか?

     最初は誰もこの動画が本物とは思わなかったほどだ。1年前に加入した時の歓迎会など、昔の映像なのではないかという見方もあった。しかし、それが2020年12月30日のものだとわかって大騒ぎになった。

    パーティーを開くことが禁止されているわけではない。しかし、チームのことを心より憂いているサポーター、そして本田のチームを捨てていくような形の突然の移籍を快く思っていない者の怒りの火に油を注ぐ形となった。

     本田は12月19日のコリチーバ戦で左太ももの筋肉を痛め、全治一カ月と診断された。しかしケガから10日しか経っていないこのパーティーで、本田は椅子の上に乗ったり、踊ったりしている。これを見たボタフォゴのドクターのひとりは私にこう漏らした。

    「正直、驚いている。筋肉を痛めているというのに、まだ大事にしなければいけない時期なのに、彼は何をしているんだ。本当にプロなのか?」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a51ac0a8e18152c829dc1a672c04492407ffbae5
    1/13(水) 16:55配信


    https://youtu.be/UfUHQ4JH1fE


     

    【【動画あり】本田圭佑の「送別会動画」がブラジルで大問題に。新天地にも影響か】の続きを読む

    1414

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)が、ポルトガル1部ポルティモネンセ移籍に向けて現地入りした。

     ポルトガル紙「アボラ」は「ホンダは月曜日に到着しており、すでに新型コロナウイルスの検査を受けている。5日にメディカルチェックを行い、6か月間の契約にサインする。来シーズンの契約はオプションになりそうだ」と報じ、まもなく入団が発表される見通しだ。

     本田は昨年12月30日に、自身の公式ツイッターでポルトガル語で「結果を出せなかったとの批判はすべて受け入れる。言い訳はしない。私も失望しているし、申し訳ない」とボタフォゴ退団を謝罪したうえで「私は個人的かつプロフェッショナルとしてこの決断をした」とシーズン途中での電撃退団の理由を説明していた。

     2019年12月にオランダ1部フィテッセを退団して以来約1年ぶりの欧州復帰で、今夏の東京五輪へ向けて最後のアピールをすることになりそうだ。

    1/5(火) 22:02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210105-02589111-tospoweb-socc

    【本田圭佑がポルトガル到着 ポルティモネンセ入団で約1年ぶり欧州復帰 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む


    1406

    1: 幻の右 ★
    「皆が奴に言いたかったことを言ってくれて…」

     ボタフォゴのGK、ジエゴ・カバリエリはリバプール、チェゼーナ、クリスタル・パレスでもプレーし、ブラジル代表経験もある。

     その守護神がインスタグラムのストーリーに、こんな投稿をした。日本語(と思っている)文字が書かれたキャップを被る自らのアップ、手でバツを作ったスタンプ、そしてバックにはこんな歌詞の歌が流れる。

    「逃げるのは簡単だ
    でも俺は逃げない
    俺は誰も裏切らない
    俺自身も
    俺の周りの奴も」

     明らかにボタフォゴから逃げていくある選手、そう本田圭佑に当てられたものである。

     カバリエリはもともと第2GKだったが、正GKのガッティート・フェルナンデスが怪我をしたため、レギュラーとしてA残留のために戦っている。1週間前に、2021年の12月までボタフォゴとの契約を延長した38歳の守護神の投稿はすぐにSNS上で拡散され、多くの人が反応した。

    「まさにその通りだ! カバリエリに拍手」
    「皆が奴に言いたかったことを言ってくれてありがとう」

     カバリエリの投稿は、チームメイトたちがロッカールームで話していることをそのまま反映しているのではないだろうか。本田は俺たちのことなんてこれっぽっちも考えてやいなかった、チームを大切に思っていなかった、と。


     次の日曜日までに、本田はポルトガルに飛んでポルティモネンセと契約を交わす予定だ。フィジカルチェックで問題がなければ、このポルトガルのクラブが1月の移籍市場で狙っている3人のうちの最初の獲得選手となるはずだ。契約は6月までの半年で、もう1シーズン延長のオプション付きになる予定だ。

     ちなみに2人目は柏レイソルのGK中村航輔、あと一人は35歳のアルゼンチン人アタッカー、エルナン・バルコスだ。今はイタリアのセリエD(4部)のメッシーナでプレーしている。25歳の中村の獲得は納得できるが、あとの二人に関してはどちらもキャリアの終わりを迎えている。かなり奇妙な補強だ。

     奇妙といえば、怪我をして出場できない状態の本田が、3日にポルトガルに行ってメディカルチェックをするというのもまた不思議な話だ。

     巷では、本当は怪我をしていなかったのではないか、すべてはボタフォゴから逃げ出すための方便ではないのか、という声まで挙がるようになった。

    「仲間を置いて出て行ったことは誰も忘れない」
     あるラジオのパーソナリティはこう言った。

    「ボタフォゴから逃げてそんな小さなチームに半年の契約のために何しに行く? 本田はブラジルでやるべきこともできなかったんだ。ヨーロッパでも何もできないだろう。客寄せパンダにもなれない」

     また別なラジオでは「本田は俺たちをだましたように、ヨーロッパでもだますのだろう」という批判の声もあった。

     なかでも、一番きつい言葉を放ったのは、ブラジルで最も影響力のある『グルーボTV』だ。解説のカイオ・リベイロはナポリやインテル、グレミオなどでプレーし、最後はボタフォゴで引退した選手である。

    「本田は間違った、大きな間違いだ。ブラジルでプレーするのは生易しいことではないと、ボタフォゴと契約する時に考えるべきだった。しかし一度その話を受けたならば、その責任を全うしなければならない。それがプロというものだ。彼は逃げるべきではない。

     キャリアが終わりの選手を獲得したのはボタフォゴの過ちだ。しかし、本田は頭のいい選手だから、彼ならそれを変えられるかもと期待した。しかし無理だった。彼はかなり苦しんだだろう。ただ、シーズン終了まではほんの11試合だ。彼は勇気を見せるべきだった。最後の最後までプレーし彼のすべきことをしてほしかった。私だったらそんなことはしない。彼の決断を支持することはできない。私は彼をよく知らないが、このように晩節を汚すのは残念である」
     
     レバークーゼンやインテルなどで活躍した元セレソンのMFゼ・エリアスはさらに辛辣だった。 

    「俺はいま44歳だが、本田より早く走れる。本田は良い選手だと思っていたが鈍くて、ただそばにいる選手に無意味なパスをちょこちょこ出すだけだった。チームには必要ないね。

     ボタフォゴもマーケティングのために獲得するなら、ピッチで違いを出せる選手、皆の手本となる選手にすべきだった。本田はボタフォゴに何ももたらさなかった。彼が活躍できなかったことも鈍かったことも、いつかみんな忘れるだろう。ただし仲間を置いて出て行ったことだけは、誰も忘れないね」

    2021年01月01日
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=84210

    【「44歳の私より遅かった」ボタフォゴ退団の本田圭佑を元ブラジル代表MFがバッサリ! 同僚やOBなどからも厳しい声「俺たちを騙した」】の続きを読む

    1405

    1: Egg ★
    契約は2月まで。早期退団する理由は?

    12月28日、ボタフォゴはホームでコリンチャンスに0-2で敗れ、19位となった。1部残留の可能性は試合ごとに少なくなっている。
    これまでは「共にチームを救おう」などと言っていた最もお人よしの部類のサポーターでさえ、今はチームに怒りを覚えている。

    エドゥアルド・バロッカ監督の言う「毎試合をワールドカップの決勝のような気持ちで戦っている」というのも、今ではむなしく響くだけだ。
    ブラジルでは「悪いニュースは一人ではやってこない」というが、まさにその通りだ。

    試合当日の夜、チームの二人の選手がリオのナイトクラブで遊んでいるのを目撃されて非難される(ブラジルは再びロックダウン状態に入っている)。しかし決定打は21時、ブラジルの『ラジオTUPI』で放送されたニュースだった。
    「本田の代理人マルコス・レイテがボタフォゴの新幹部(来年の1月1日から交代)のところに話に行き、本田の契約解除を依頼したようだ」

    パーソナリティのクラウディオ・トゥピはその理由を「家族の問題」と「ヨーロッパのチームからのオファーがある」からだとした。このニュースはその後『FOX』や『ESPN』でも取り上げられているので、どうやら信ぴょう性は高そうだ。
    次のボタフォゴの試合は1月6日のアトレティコ・パラナエンセ戦だが、本田は今怪我をしており、あと15日から20日くらい治療にかかる。もしこのニュースが本当だとしたら、もうプレーするところをブラジルで見ることはないだろう。
    彼が最後に公の場に姿を現わしたのは3日前、難病の子供を助けるために自分のサイン入りのユニホームを寄付した時である。
     
    とにかくこのニュースにボタフォゴのサポーターは今怒り心頭だ。ボタフォゴのオフィシャルサイトには「本田でていけ」「日本人の恥」「期待して損した」などのコメントが次々に寄せられている。
    10月までに契約を2月までに延ばしたのは本田側からの申し出だった。また12月の頭に「僕はチームを離れない。この状況を変えるために最大の努力を尽くす」と言っていたのは本心ではなかったのか。

    私はがっかりしている。本田は何でもできたはずだった。大変な状況であるのはわかるが、それでも契約が終わる2月末まで、黙ってボタフォゴのために戦ってほしかった。それでこそ真のプロというものだ。そんな姿にブラジル人も拍手を送ったはずだ。
    かつてイタリアのユベントスがセリエBに落ちた時、ジャンルイジ・ブッフォンはそのまま2部でプレーしたではないか。大変な状態のチームを見捨ててさっさと出て行ってしまう本田は、ボタフォゴに本当の愛着を持ったことは一度もなかったのだろう。

    もしこの先、翻意して移籍を取りやめても、もう遅い。ブラジル人の心はすっかり本田から離れてしまった。

    文●リカルド・セティオン
    翻訳●利根川晶子

    【著者プロフィール】
    リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。
    現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

    2/29(火) 17:18配信 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9f1b3434b3dbd4e08a5e92553149479258a56f

    写真
    no title

    【<本田圭佑(ボタフォゴ)>電撃退団報道にブラジル人記者が苦言!サポーターからも嘆きの声が殺到【現地発】】の続きを読む

    このページのトップヘ