最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    680

    1: 砂漠のマスカレード ★
     2月7日、ボタフォゴに移籍した本田圭佑がブラジルに上陸した。
    本拠地リオデジャネイロの国際空港に到着した際には3000人のサポーターが熱狂的に出迎え、翌8日の本拠地「ニウトン・サントス・スタジアム」でのお披露目には1万3000人が集まった。

    #本田さんボタフォゴに来て
     日本でも報道されている通り、そもそも今回の移籍を実現させたのはボタフォゴサポーターの力が大きかったと言える。
    彼らは移籍の可能性が浮上してからというもの、ソーシャルネットワークを生かして大きなムーブメントを起こしてきた。

     「#本田さんボタフォゴに来て」という日本語のハッシュタグを使ってTwitterに投稿すると、このハッシュタグがTwitterで世界のトレンド3位、ブラジルでは1位になる勢いを見せた。

     本田自身、ボタフォゴに来ることに関して入団会見で「簡単な決断ではなかった」としながら、「なぜここに来ようと思ったか。それはここのサポーターたちによるところが大きい。
    ソーシャルメディアやあらゆる方法でアクションを起こし、僕にコンタクトし、僕を待っていてくれた。(中略)サポーターの情熱が、僕にここでプレーすることを決めさせてくれたんだ」と、率直な思いと感動を語った。

    フラメンゴ躍進の陰で苦悩の日々
     では、なぜボタフォゴのサポーターはこれほどまでに本田の加入を熱望したのか。まだ彼が移籍を決断する前、数人のサポーターに聞いた時の言葉が印象深い。

     「もっとボタフォゴとともに歓喜したい。ボタフォゴはもっと素晴らしいものであり、もっと熱狂できるものであるはずなんだ。もっとボタフォゴに注目してほしい。僕らはここにいる。
    僕らがボタフォゴを支える。それを見せたい。だから本田に来てほしい。夢に向けて一緒に戦ってほしい。みんなで戦うシンボルになってほしい」

     口々に出てくるそのような思いが、大きなムーブメントに発展した原動力だと思えた。

     ボタフォゴはここ数年、ブラジル全国選手権で中位に甘んじている。昨年は2部降格の危機に瀕し、最終的に20チーム中15位で1部に留まることができた状況だ。

     かたや、リオ4大クラブのライバルであるフラメンゴは昨年、リオ州選手権、ブラジル全国選手権、コパ・リベルタドーレスの3冠を達成し、クラブW杯にも出場した。
    連日、フラメンゴのゴールシーンや選手たちの力強いインタビューがメディアを賑わせる中、ボタフォゴ関連のニュースといえば、給料遅配が2カ月、3カ月……というネガティブなものが目立った。

     フラメンゴサポーターは、リベルタドーレス杯決勝に向かう日、優勝した日、そして凱旋帰国と、毎回、数百mにも渡って路上を埋め尽くし、メディアはW杯級の扱いで報道した。
    試合のたびに歓喜し、学校で、職場で、街のバールで、病院の待合室で、スーパーのレジの順番待ちで、ともかく至るところで賑やかに愛する選手たちのことを話していた。」

    本田は親しみのあるスター

    そんな中で何カ月も過ごし、サポーターはフラストレーションの溜まるシーズンを終えた。
    そこに登場したのが本田の移籍の可能性を伝えるニュースだった。本田の名前は、日本サッカーに特に興味のないブラジル人でも知っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-00010000-fballista-socc
    2/14(金) 11:12配信

    https://www.youtube.com/watch?v=2KXJD6hTqnw


    アツ過ぎる!本田圭佑を迎えるボタフォゴサポーター

    https://www.youtube.com/watch?v=CcboX6ejU6Y


    本田圭佑がボタフォゴで初トレーニング。テストの経過は素晴らしい!

    https://www.youtube.com/watch?v=iVA4zDpc8G0&t=16s


    【熱狂】本田圭佑に対するボタフォゴサポーターの歓迎ぶりがヤバすぎるww

    no title

    no title

    no title

    no title

    【本田圭佑、ボタフォゴ移籍が決定。サポーターは果てなき夢を見る「本田が来たからには、やってやるぜ」】の続きを読む

    677

    1: Egg ★
    クラブ副会長が新加入の本田圭佑に言及 「これからファンに多くの喜びを与えてくれる」

     ブラジル1部ボタフォゴに入団した元日本代表MF本田圭佑はすでにチームの全体練習に参加し、チーム内外から活躍を期待されている。クラブのリカルド・ロテンベルグ副会長は「彼に対抗できるのはダニエウ・アウベスだけ」と日本人アタッカーを称賛している。ブラジル紙「ジョルナル・メイア・オラ」が伝えた。

     昨年12月にオランダのフィテッセを退団した本田は、1月31日にブラジル1部のボタフォゴへ移籍。現地時間8日に行われた入団発表では約1万3000人の観客を集め、その期待の高さを伺わせている。

    クラブのコマーシャル部門とマーケティング部門を統括するリカルド・ロテンベルグ副会長も本田に期待を寄せる1人で、地元ラジオ局のインタビューで日本から来たレジェンドに触れている。

    「本田の体脂肪率は、わずか4.5%。33歳となった今でも毎日欠かさずにトレーニングしており、すでに調子を整えています。彼は、これからボタフォゴのファンに多くの喜びを与えてくれることでしょう。彼は多くの国際的な経験を持ち、今日のブラジルサッカーにおいて最も重要な選手の1人と言えます。彼に対抗できるのはダニエウ・アウベスだけでしょう」

     本田はクラブの副会長から、バルセロナやパリ・サンジェルマンで活躍したブラジル代表のレジェンドであるサンパウロ所属DFダニエウ・アウベスと比較されている。

     11日からチームの全体練習に参加した本田は、3月1日に予定されているリオデジャネイロ州選手権のボアビスタ戦でのデビューが見込まれる。副会長をはじめ、ファンの期待に応える活躍を見せられるか注目だ。(Football ZONE web編集部)

    2020.02.14
    https://www.football-zone.net/archives/246477

    写真
    no title

    【本田圭佑の体脂肪率がヤバすぎる!】の続きを読む

    676

    1: 久太郎 ★
     ブラジルのボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑は、自身の設立した東京の新クラブ「ONE TOKYO」の初代監督に元陸上競技選手でありタレントの武井壮氏の就任が決定したことを公式ツイッターアカウントで13日に発表した。

     サポーターによる参加型のクラブ経営を標榜しているONE TOKYOでは、監督も投票により決定。13日15時を締め切りとしてオンラインサロンで初代監督決定に向けた投票を行っていることが告知されていた。

     立候補者として明らかにされた7人の中には武井氏のほか、2ちゃんねる開設者である西村博之氏の名前も。本田自身の名前も含まれていたが「辞退」と添えられていた。その中から、投票により武井氏の監督就任が決定したとのことだ。本田は「百獣の王」の愛称とともに同氏の選出を発表している。

     武井氏は初代監督選出を受け、自身のツイッターアカウントで「サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームにエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです!!」と抱負を述べた。本田は「サッカー経験者じゃないけど、サッカーが好きな人にとっては大きな希望ですよね。これで成功したらJ1のクラブからオファー来たりして」とコメントしている。

     ONE TOKYOはクラブ経営のあらゆる面において全員参加型を目指し、月額会員がサロンや選挙に参加できる形を取っている。先日にはユニフォーム決定の選挙も行われていたほか、選手を選ぶトライアウトも実施されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00362381-footballc-socc
    no title

    【本田圭佑の“リアルサカつく”クラブ、初代監督は百獣の王・武井壮氏に決定】の続きを読む

    675

    1: Egg ★
    大きな注目を浴びる形で始まった本田圭佑とボタフォゴのストーリー。しかし、この物語は、明日、いや今日にでも終わってしまう可能性もある。

     なぜならリオに来てそろそろ一週間が経とうとしているのに、なんと本田はまだボタフォゴとの正式な契約を交わしていないのだ。選手もチームも、互いに契約書にはサインをしていない。つまり、本田はまだボタフォゴの選手ではないということだ。

     鳴り物入りでやってきた元日本代表MFは、ブラジルの滞在ビザも労働ビザも持っていない。ブラジルの法律に照らし合わせれば、彼はただの観光客である。日本人がビザなしでブラジルに滞在できるのは90日間だ。

     一般的に労働ビザを取得するには少なくとも2、3週間はかかる。そしてこの滞在ビザと労働ビザがない限り、本田は正式にボタフォゴと契約を結ぶことができない。当然、試合にできることはできない。今のところ、ゲストとして練習することしかできないのだ。
     
     契約をしていないので、もし本田が明日ブラジルを旅立っても、ボタフォゴは文句も言えないし、逆にクラブが本田のホテル代の支払いをストップしても、法的に何の問題もない。

     長くサッカージャーナリストをしているが、このように契約を交わす前に選手がやってくるのを見たのは初めてだ。通常はブラジルに来る前に、大使館などを通じて、ビザを申請し、取得するものだ。しかし、彼らはそのビザの発給を待てなかった。「正式な契約を結ぶより早く、とにかく既成事実をつくりたかったのである。

     そこには双方の思惑が見え隠れする。クラブ側は本田の獲得で、低迷するチームに不満を募らせているサポーターの気持ちを盛り上げたかったのだ。そして選手側は、おそらく東京オリンピックを見据えてコンディションを上げるために、一日も早くチームに入って練習をしたかったのだろう。
     
     もうひとつ「カネ」の問題もある。ボタフォゴが財政面で問題があるのは周知の事実。少なくとも8億レアル(約200億円)の借金があるとも言われている。

    2/13(木) 19:24サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00069658-sdigestw-socc

    【<本田圭佑>いまだに正式契約を結んでいない理由がヤバい!】の続きを読む

    673

    1: Egg ★
    東京五輪まで半年を切った。U23(23歳以下)のチームで争うサッカー男子は、開会式に先駆けて7月23日から1次リーグが始まる。そこで注目されるのが、年齢制限のないオーバーエイジ(OA)枠に誰が選ばれるかだ。五輪の最終登録メンバーは、ワールドカップ(W杯)より5人少ない18人で、OA枠は最大3人まで使うことができる。U23日本代表を率いる森保一監督は、ともに五輪出場を決めている南アフリカ、コートジボワールと対戦する3月の国際親善試合でOA枠候補の選手招集を含め、ベストメンバーで臨む可能性を示唆している。

    ■東京五輪への想い

    かねてから東京五輪出場に並々ならぬ意欲を見せているのが元日本代表の本田圭佑だ。昨年12月にわずか1カ月半だけ在籍したフィテッセ(オランダ)を退団。一部ファンからは「失礼だ」「逃げ出した」などと批判が噴出したが、自身のツイッターで「フィテッセから逃げ出したと言っている人達。五輪に選ばれるわけないと言ってる人達。ボタフォゴのオファーも客寄せパンダと言ってる人達。本田圭佑の上から目線で自信満々な感じが嫌いな人達。本当にありがとう。心からあなた達に感謝してます。そして愛してます」と独特の言い回しで対応してみせた。五輪イヤーに入って、海外では7クラブ目となるブラジルの古豪ボタフォゴと契約。本田にとって初めて南米大陸のクラブでプレーすることとなった。

    本田は、本気でW杯優勝を目指していた。だが、自身3度目のW杯となった2018年ロシア大会は16強止まり。「W杯は僕自身最後になる。やれることはやった」。ベルギーとの死闘に敗れた後、W杯に別れを告げた。再び追う夢が見つかったのは、その年の8月。「東京で(五輪が)あることが一つと、世界一を懸ける必要があり、W杯の代わりになるのは五輪しかなかった」。昨年、所属先が見つからない苦しい時間を過ごす中でも、五輪への思いが本田を突き動かし続けた。

    問題は森保監督が、本田を必要としているかだ。指揮官が本田に関して直近で言及したのは、昨年12月4日。当時のフィテッセでの活躍ぶりを問われ、「プレーのコメントは、控えさせていただく。出場している試合は全てチェックしている。東京五輪を目指してプレーしてくれている選手であれば、全ての選手が選考の対象だと考えている」。期待を寄せているようで、当たり障りのない答えでかわしたとも取れた。だが、本田の心は折れない。その数日後。「何が必要なのか、アドバイスなど連絡してほしい」。メディアを通じ、森保監督へ自らメッセージを送った。

    本田は6月で34歳になる。その経験値は言うまでもないが、選手としてはもう下り坂に入っている。中2、3日の厳しい日程で戦う五輪で、十分な戦力となれるのか。一方で、W杯ロシア大会では3試合全てに途中出場ながら1得点1アシスト。日本人初のW杯3大会連続ゴールを記録し、周囲を黙らせるのに十分な実績を残してみせた。

    「見返したろ、マジで。全員、何回俺に見返されたら気が済むんか、分かってないみたいやから」。昨年11月、自身のインスタグラムで東京五輪への思いを英語で伝えた後、興奮した口調でこう叫んだ。果たして今夏に「見返す」舞台が、本田に訪れているだろうか-。

    2/12(水) 7:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00010000-victory-socc

    【<本田圭佑は必要?>どうなるサッカー男子オーバーエイジ枠「見返したろマジで。全員、何回俺に見返されたら気が済むんか」】の続きを読む

    このページのトップヘ