最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    061

    1: 幻の右 ★
    9月2日の移籍期限に左右されないとしても…

     先週末にイタリア・セリエAが開幕し、欧州全土が新シーズンのフットボール熱に沸き返っている。9月2日にはほとんどの国で移籍市場がクローズされ、いよいよ各チームの陣容が定まるタイミングだ。

     そんななか、いまだ新天地が決まっていない大物プレーヤーが少なくない。2018-19シーズンいっぱい(6月末日)で所属クラブとの契約が満了となった、いわゆる“移籍金ゼロ”組で、例年になくお馴染みの名手たちが名を連ねているのだ。

     日本人選手で気になるのはやはり、本田圭佑の行き先だろう。1年間プレーしたメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を退団し、現在はフリーの身。古巣VVVフェンロ(オランダ)の施設でトレーニングに励み、コンディション維持に努めているが、いまだ朗報は届いていないようだ。さらにJリーグ復帰も噂された日本代表MF小林祐希も、ヘーレンフェーン(オランダ)退団後の新天地が現時点で発表されていない。

     ほかにも元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオや、アテム・ベン・アルファ、ヨアン・キャバイエ、ヨアン・グルキュフら元フランス代表MFトリオに、元ポルトガル代表DFファビオ・コエントラン、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ、元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンなど実力と実績を兼備する30代が居並ぶ。

     無所属選手は移籍期限に左右されず、クラブは自由に契約することができる。とはいえ、9月2日を経てシーズンを戦うスカッドが固まってしまえば、なかなか食い込むのは難しいか。やはりこれからの1週間が勝負となるだろう。

     以下が、8月26日時点でフリートランスファーの主なプレーヤーたちだ(右端の数値は推定市場価格)。

    アテム・ベン・アルファ(元フランス代表/32歳) 600万ユーロ
    マルケル・スサエタ(元スペイン代表/31歳) 600万ユーロ
    ウィルフリード・ボリ(コートジボワール代表/30歳) 550万ユーロ
    フレディ・グアリン(元コロンビア代表/33歳) 450万ユーロ
    ラザル・マルコビッチ(セルビア代表/25歳) 400万ユーロ
    フェルナンド・ジョレンテ(元スペイン代表/34歳) 350万ユーロ
    本田圭佑(元日本代表/33歳) 350万ユーロ
    ジョー・レドリー(ウェールズ代表/32歳) 300万ユーロ
    クラウディオ・マルキージオ(元イタリア代表/33歳) 300万ユーロ
    ファビオ・コエントラン(元ポルトガル代表/31歳) 250万ユーロ
    ヨアン・キャバイエ(元フランス代表/33歳) 200万ユーロ
    ヨアン・グルキュフ(元フランス代表/33歳) 200万ユーロ
    小林祐希(日本代表/27歳) 175万ユーロ
    ルイス・ホルトビー(元ドイツ代表/28歳) 150万ユーロ
    マイル・ジェディナク(元オーストラリア代表/35歳) 150万ユーロ
    セイドゥ・ドゥンビア(元コートジボワール代表/31歳) 150万ユーロ
    アリ・アル=ハブシ(オマーン代表/37歳) 110万ユーロ
    オバフェミ・マルティンス(元ナイジェリア代表/34歳) 100万ユーロ
    ダレン・フレッチャー(元スコットランド代表/35歳) 100万ユーロ
    ジュゼッペ・ロッシ(元イタリア代表/32歳) 100万ユーロ

    ※年齢と推定市場価格は2019年8月26日時点。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    8/27(火) 5:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010000-sdigestw-socc

    【本田圭佑の新天地はどこに!? 移籍金ゼロで獲れる“無所属”の大物プレーヤーを一挙総覧! 】の続きを読む

    037


    1: 豆次郎 ★
    KeisukeHonda(本田圭佑)
    @kskgroup2017

    AI(人工知能)を使う側ではなく、作る側になりたい。というよりなる!

    午後8:03 · 2019年8月20日·Twitter for iPhone

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1163768616443097089?s=21


    【<本田圭佑>「AI(人工知能)を使う側ではなく、作る側になりたい。というよりなる!」 】の続きを読む

    002



    1: ひかり ★
     テクノロジーソリューションカンパニーのAnyMind Groupは、プロサッカー選手の本田圭佑と、「YouTubeをはじめとしたSNS(Facebook・Instagram)上での活動における
    サポートに関する契約」を締結。公式YouTubeチャンネル“Keisuke Honda”を開設した。

     動画の概要欄には「本田圭佑に挑戦してほしい企画をコメント欄に書き込もう。あなたからの挑戦が選ばれるかどうかはあなたの熱量次第」と書かれており、広く企画を募集・実施するという意味では
    ただの公式チャンネルというより、様々なことに挑戦するYouTuberデビューともとれる。

     今回の活動とあわせ、本田はAnyMind Groupのアドバイザーにも就任し、AnyMind Groupは本契約に伴い、本田が手がける個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」を引受先とした
    第三者割当増資を実施した。

     今回のアドバイザー就任、公式YouTubeチャンネルの開設、SNS上でのサポート、資本業務提携に伴い、ティザー映像も公開に。同社のインフルエンサーマネジメント事業である
    CastingAsia Creators Networkを主とした協業を通して、本田のグローバルな知見を活用し、相互の成長を目指しながら、クリエイター・インフルエンサーのマネジメント、育成、
    コンサルティングを強化していくという。

    ・本田圭佑からのコメント
    “本田圭佑に限界なし。”というのをYouTubeを通じて、挑戦していければと思っています。自分自身が“挑戦者”として様々なことに本気で取り組んでいくことで、世の中に良い影響を
    与えていくことが最大の目的になります!

    代表の十河さんと意気投合したことが出資をさせて頂こうと思った主な理由です。インフルエンサーへのコンサルティングや育成という幅広い領域を、しかもグローバルでやっていくという
    挑戦をするということを聞いて、僕も近くで応援したいという気持ちになりました。

    ・AnyMind Group CEO 十河宏輔からのコメント
    スマートフォンが普及し、ソーシャルメディアが普及した事で、誰もが手軽に“クリエイターとして情報発信ができる”世界となりました。
    私たちは“Anyone can be a creator and go global”をスローガンに掲げ、全てのクリエイターがグローバルで輝ける世界を創りたいと考えています。本田圭佑氏のようにサッカー選手が
    海外リーグに挑戦するように、バスケットボール選手がNBAを目指すように。今回の本田圭佑氏との取り組みを一つの大きなきっかけに、今後もAnyMind Groupとしてこれまで
    グローバルで築き上げてきたネットワーク、テクノロジー、チームを駆使し、才能溢れるクリエイター達がより個人の力を最大化し、グローバルで活躍しやすい世界の創出を実現していきます。

    リアルサウンド編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00010015-realsound-ent
    (左から)本田圭佑、AnyMind Group十河宏輔氏
    no title


    https://youtube.com/watch?v=bqc6X5-D7OM


    【【サッカー】本田圭佑がYouTuberに? 公式チャンネル開設 】の続きを読む

    このページのトップヘ