最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    1352

    1: 首都圏の虎 ★
     ブラジル1部・ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)が、ポルトガル1部のポルティモネンセからオファーを受けたことが4日、分かった。移籍が実現すればプロデビューしたJ1名古屋から計9クラブ目で、ポルトガルでのプレーは初で海外7か国目となる。来年の東京五輪へオーバーエージ(OA)枠での出場も狙う本田が、ポルトガルで“欧州再上陸”を果たす可能性が出てきた。

     世界中を渡り歩き、唯一無二のキャリアを歩み続ける本田に、ポルトガルという新たな地からオファーが届いた。欧州サッカー関係者によると、かつて浦和で活躍したポルティモネンセのロブソン・ポンテ副社長(44)、磐田などでプレーしたロドリゴ・グラウスポーツダイレクター(43)が本田の実力を高く評価。背番号10を用意し、来年1月の移籍市場での獲得を目指しているという。

     本田は今季、初めて南米でのプレーとなるブラジル・ボタフォゴへ加入。現地では低迷する名門クラブの救世主として歓迎され、1部リーグに当たる全国選手権で15試合に出場し、2得点を挙げている。だが、ボタフォゴは本田加入後も迷走し、次々と監督が交代。かつて横浜Mでプレーした元アルゼンチン代表FWのラモン・ディアス監督(61)が1試合も指揮を執らずに解任されるなど、4度の監督交代を繰り返し、2部降格圏の19位と低迷している。混乱を極める現状に、本田は11月末に自身のSNSで「数日以内に僕を納得させないと退団について考え始める」と投稿していた。

     ポルティモネンセは現在も日本代表GK権田、DF安西が所属するなど、日本人選手を積極的に獲得してきた。昨季は18クラブ中17位と2部降格圏に沈んだが、プロライセンスの剥奪(はくだつ)で他クラブが降格したため1部残留。今季も17位と低迷し、残留争いに巻き込まれている。ポルトガルでのプレー経験はない本田だが、イタリアなど欧州での経験は豊富で、適応への障害は大きくないとみられる。

     本田は来夏に延期された東京五輪の出場を目指し「この挑戦は最後までやりきりたい」とこだわりを見せる。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れたブラジルの全国選手権は来年2月に閉幕予定。しかし、1月にポルトガル移籍が実現すれば、五輪代表も兼任する森保一監督(52)に現シーズンが終了する来年5月までアピールするチャンスが続く。他にスペイン、イタリアのクラブも獲得に興味を示しているとの情報もあるが、ポルティモネンセは獲得を熱望しているもよう。自らを「チャレンジャー」と称する本田が、ポルトガルに渡る可能性が出てきた。

     ◆東京五輪OA枠の現状

     森保監督は五輪でOA(1996年12月31日以前生まれ)3枠の使用を決めている。A代表候補から人選し、大会前のメンバー発表まで見極めることが基本方針。現状の五輪代表はFW、ボランチが手薄なポジションとして挙げられ、OAで補う公算が大きい。

     ◆本田 圭佑(ほんだ・けいすけ)1986年6月13日、大阪・摂津市生まれ。34歳。G大阪ジュニアユース、石川・星稜高を経て2005年に名古屋入団。08年1月にオランダ1部VVVへ移籍。2部降格も08~09年シーズンはMVPで優勝と1部復帰に貢献。10年1月にCSKAモスクワに移籍。14年1月にACミランに加入。その後はパチューカ、メルボルンV、フィテッセを経て、20年1月にボタフォゴ。日本代表は08年6月22日のバーレーン戦でデビュー。代表通算98試合37得点。182センチ、74キロ。

     ◆ポルトガル1部リーグ 1934年創立。MF中島翔哉(26)の所属するポルト、ベンフィカ、スポルティングが3強で、昨季はポルトが29度目の優勝。イングランドやスペインといった欧州トップリーグと比べると、レベルはやや落ちるとみられている。欧州チャンピオンズリーグでは、モウリーニョ監督が率いたポルトが優勝した2003~04年シーズンを最後に決勝に進んでいない。現在、日本人選手は中島、ポルティモネンセにGK権田修一(31)、DF安西幸輝(25)、リオ・アベにMF食野亮太郎(22)、ジル・ビセンテにMF藤本寛也(21)が所属している。

     ◆ポルティモネンセ 1914年設立。ポルトガル南部の都市ポルティモンが拠点。本拠地のスタジアム、エスタディオ・ミュニサポル・デ・ポルティモは収容9544人。これまで多くの日本人選手がプレーし、かつてはFW金崎夢生=現名古屋=、MF中島翔哉=現ポルトガル1部ポルト=も所属した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe48aad227fd55cc62c4e0ce24a94c4352c82797
    no title

    【<本田圭佑>欧州再挑戦も…ポルトガル・ポルティモネンセからオファー、元浦和ポンテ副社長ら評価】の続きを読む

    1338

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ブラジルのボタフォゴに所属するMF本田圭佑は、クラブが混乱した状況に陥る中で退団を検討する可能性もあると表明した。自身の公式ツイッターアカウントでメッセージを投稿している。

    ボタフォゴは現地時間27日にラモン・ディアス監督の退任を発表。Jリーグ初代得点王でもあるディアス氏は健康上の問題もあり、ボタフォゴ監督就任発表から1試合も指揮を執ることなく退任することになった。


     後任監督にはエドゥアルド・バホーカ氏が就任することが発表された。今年2月に本田が加入してからすでに5人目の指揮官となる。

     またしても監督が交代するという状況に、本田は「信じられない」と英語でツイート。「今後数日で納得させてもらえなければ退団することを考え始める」と続けた。

     ボタフォゴと今季末までの契約を交わしている本田は、来年に延期された東京五輪への出場を目指すためにも2021シーズン末まで契約を延長することが濃厚とみられていた。だがチームが低迷し、監督交代を繰り返す中、去就について迷い始めていることを明確にした。

     この本田の発言に対し、元ブラジル代表MFであり柏レイソルやボタフォゴなどでプレーしたドゥドゥ・セアレンセ氏は残留を訴えている。「今のクラブには君が必要だ。なぜ退団を考えるんだ? 去るのはベストな道じゃない。選手たちに呼びかけて真のリーダーとして振る舞ってくれ」と本田にメッセージを返信した

    no title

    11/28(土) 13:39
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201128-00399799-footballc-socc

    【<本田圭佑>混乱に陥るボタフォゴを退団も。「今後数日で納得できなければ考える」】の続きを読む

    1293

    1: 幻の右 ★
    ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が、31日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル全国選手権1部)の第19節のシアラー戦で今シーズン2ゴール目を記録した。

     公式戦3試合連続で先発出場を果たした本田は、0-0で迎えた16分に味方FWが獲得したPKのキッカーを務める。本田はゴール右にPKを決めて先制点を記録。10月11日に行われた第15節のスポルチ・レシフェ戦に続いて今シーズン2ゴール目となった。

     本田は77分までプレーして、試合は2-2のドローで終了。ブラジル全国選手権で18試合消化のボタフォゴは3勝11分4敗で14位に位置している。
    no title

    【【動画あり】3試合連続先発の本田圭佑が先制点を記録! PK決めて今季2ゴール目】の続きを読む

    1272

    1: 砂漠のマスカレード ★
     元ブラジル代表のエジムンド氏は、ボタフォゴが大物外国人選手として今季チームに加えたMF本田圭佑とFWサロモン・カルーの2人を批判している。ブラジル『FOXスポーツ』でのコメントを同国複数メディアが伝えた。

     本田は現地時間7日に行われたパルメイラス戦で負傷から4試合ぶりの復帰を果たし、チームにとってリーグ戦11試合ぶりとなる白星に貢献。現地メディアから高い評価も受けたが、エジムンド氏はその試合後に厳しいコメントを述べている。


    「経営上の困難もあり、(ボタフォゴは)マーケティング面のチャンスだけに目を向け、欧州で市場価値を失っている選手たちと契約することになった。この場合はカルーと本田だ」とエジムンド氏は語る。「(本田は)東京五輪に出場したいということでブラジルに来た。他にオファーはなかったんだ」と続けている。

     両者ともに欧州での実績ある選手として期待は大きいが、実際にはそのネームバリューほどの貢献ができていないと同氏は主張。「2人の選手はプレー面ではあまり大きなプラスになっていない。ビッグネームであり素晴らしい実績があるのでファンは加入に熱狂したが、プレーに厚みを加えているのはボタフォゴが他に獲得した若手選手や下部組織出身の選手たちだ」

     現役時代に問題児としても知られたエジムンド氏は、欧州ではフィオレンティーナとナポリでプレー。Jリーグでも2001~2002年に東京ヴェルディで活躍したほか、浦和レッズにも在籍した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ddae231743eac332dabcb88bbeae8fc02b58b78
    10/10(土) 14:37
    配信

    no title

    no title

    no title

    【エジムンド氏が本田圭佑に痛烈批判。「プレー面では大きなプラスにならない」】の続きを読む

    1250

    1: ネギうどん ★
     【リオデジャネイロ共同】サッカーのブラジル全国選手権で11日、ボタフォゴの本田圭佑はアウェーのスポルチ戦にフル出場し、前半に左足ミドルシュートで先制点を挙げた。本田は全国選手権初ゴール。試合は2―1で競り勝ち、今季初の連勝となった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/87f98048057b089c3747169442a6c6b46c982123

    【【動画あり】ボタフォゴの本田圭佑、初ゴール ブラジル全国選手権】の続きを読む

    このページのトップヘ