最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    948

    1: Egg ★

    <本田圭佑の言葉~(1)>

    日本代表として3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場した本田圭佑(33=ボタフォゴ)は、強烈なリーダーシップを発揮しながら世界の頂点を目指してきました。時には言葉で仲間や、世論を動かしながら「W杯優勝」を公言。日刊スポーツでは密着取材を続けてきた元担当記者が「本田の名言 トップ10」を独断と偏見で選出。その発言の背景を振り返ります。第1回は10位から。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    「オレの守備のことばかり言うのが日本らしい。それより、オレがシュートを1本も打っていないことを指摘してほしい」

    2009年9月6日、ドイツとの国境に近いオランダのエンスヘーデ。木漏れ日が降り注ぐグラウンドの横で、本田は何人かの記者に囲まれた。その前日の親善試合、日本は0-3でオランダに完敗。後半から途中出場した本田はFKの際、中村俊輔に「俺に蹴らせてください」と直訴した。

    まだ代表入りしたばかり。連動性を重視する岡田ジャパンで、その強烈な個性は、まだ受け入れられていなかった。得点にこだわり、1人だけ前掛かりになることが多かった。周囲の選手から漏れ聞こえる守備の不安に対し、本田は「俺の守備のことばかり-」と、そう訴えかけたのだった。

    それでも、代表に定着するために、自我を抑える姿も垣間見えた。3日後にオランダ・ユトレヒトであったガーナ戦(同年9月9日)。後半途中から入ると、不安の声を払拭(ふっしょく)しようと、必死に守備に戻った。その試合、日本は4-3で競り勝つ。それでも、歓喜に包まれたロッカー室から出てきた本田は、取材エリアで一切、笑顔はなかった。

    「今日はオレの日じゃなかったです。物足りなかった。自分は何もしていない」

    当時所属していたオランダのVVVフェンローで得点を重ね、自信をつけつつあった。代表でも結果を残し、不動の地位を奪い取ろうとする思惑があっただろう。だが、その欧州遠征で2戦無得点。不完全燃焼との思いが、そんな言葉につながった。

    その後も信念はブレることはなかった。10年W杯南アフリカ大会を目前に控えた5月、成田空港で開かれた会見でこう言い放った。

    「守備をするために試合に出ているわけではない。自分の特徴は攻撃。できれば守備はしたくない」

    代表で定位置をつかむのは、この後になってからのこと。岡田ジャパンの下馬評も低かった。だが、本田の強気すぎる発言から、日本は世界16強入りを果たすことになる。

    当時はまだ誰も、南アフリカでの日本の躍進を想像する人はいなかった。


    10年6月、W杯南アフリカ大会1次リーグのカメルーン戦の前半39分、先制ゴールを決めイレブンに抱きついて喜ぶ本田

    <本田圭佑の言葉~(2)>

    日本代表として3大会連続でワールドカップ(W杯)に出場した本田圭佑(33=ボタフォゴ)は、強烈なリーダーシップを発揮しながら世界の頂点を目指してきました。時には言葉で仲間や、世論を動かしながら「W杯優勝」を公言。日刊スポーツでは密着取材を続けてきた元担当記者が「本田の名言 トップ10」を独断と偏見で選出。その発言の背景を振り返ります。第2回は9位、CMにもなった、あのフレーズです。


    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    「昨日が(24歳の)誕生日だったので(運を)持ってるなと」

    2010年6月、W杯南アフリカ大会の1次リーグ初戦、カメルーン戦で得点し、チームは白星発進。まさに、岡田ジャパンの救世主となった試合後の発言。

    大会直前に岡田監督の抜てきを受け、ほとんど経験のない1トップで起用された。すると、自身のW杯初戦でまさに“1発回答”。決勝弾で、チームに勢いをつけた。

    その後もデンマークとの第3戦で長距離無回転FK弾を決めるなど、大ブレークで日本は決勝トーナメントに進出。帰国時の丸いサングラス、金髪とその強気な発言、頼りになるここ一番での活躍ぶりで、完全にサッカー界の新たな象徴となり、ここから本田の時代が始まった。

    しかし、本田もまだまだだったのか、その強烈なキャラクターが災いしたのか、この「持ってる」は、同年末に意外な形で“持っていかれて”!? しまう。

    この年の新語・流行語大賞は早大斎藤佑樹投手(現日本ハム)の「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているかを確信しました…それは仲間です」だった…。

    ただ、その後の活躍もあってか2012年にはサングラスをかけ、真っ白なスーツ姿の本田を起用したアサヒフードアンドヘルスケアのタブレット「ミンティア」のCMが大々的に展開され「俺は持ってる」のフレーズは、お茶の間にも浸透していった。

    CMそのままの姿で登場し、本田のものまねでブレークしたお笑い芸人、じゅんいちダビッドソンの活躍にもつながるという、予期せぬ相乗効果? もあった。

    いちサッカー選手から圧倒的な知名度を得てスターへと立場をかえていく、ターニングポイントになった発言ともいえる。

    無類の勝負強さを表現するような「持ってる」は、その後もW杯のたびに発揮され続ける。14年ブラジル大会、18年ロシア大会まで、W杯3大会連続で得点とアシストを記録するという偉業を成し遂げた。

    本人は全く興味を示さないが、4度目のW杯、22年カタール大会でもやっぱり「持ってる」となる可能性も、ゼロとは言いきれない。(続く)

    6/2(火) 16:00 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/590adf1efe5c15ceb84537a4e2549eb6ac98c2b6

    写真
    no title

    【<本田圭佑>名言トップ10選出!9位は「持ってるな」】の続きを読む

    917

    1: Egg ★
    サッカーの長い歴史の中では、4年に一度の大舞台であるワールドカップ(W杯)でインパクトを残し、一躍スーパースターへと飛躍した選手が数多くいる。英メディア「GIVE ME SPORT」は、「W杯の記憶に刻まれる26人のカルトヒーロー」と見出しを打ち、日本代表で長く活躍したMF本田圭佑(ボタフォゴ)の名前も挙げている。

    【動画】「C・ロナウドに変身」と世界衝撃! 元日本代表MF本田圭佑、2010年W杯デンマーク戦で決めた“30m無回転FK弾”


     2018年のロシアW杯ではフランスが優勝を収め、22年にはカタールで開催予定のW杯が控えている。これまでの大会でも数多くのスター選手が誕生してきたが、「GIVE ME SPORT」は「W杯の記憶に刻まれる26人のカルトヒーロー」と見出しを打って特集している。

     取り上げられたのは、いずれもW杯で強烈なインパクトを残し、母国に歓喜をもたらした選手ばかりだ。1990年大会で6ゴールを奪って得点王となり、その後Jリーグのジュビロ磐田でも活躍した元イタリア代表FWサルバトーレ・スキラッチ、元鹿島アントラーズで94年大会のブラジル代表優勝に貢献したFWベベット、2002年日韓W杯でアジア勢初の4強進出に貢献し、Jリーグでもプレーした元韓国代表FWアン・ジョンファン、10年大会で得点王に輝きセレッソ大阪にも在籍した元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン、そして14年大会で日本戦を含めて6ゴールを奪って得点王に輝き、この大会をきっかけにレアル・マドリード移籍を勝ち取ったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスなど、日本とも縁の深い選手も取り上げられている。

     そんな錚々たる26人のリストに、本田も名を連ねた。

    「日本のスターは3度の大会でゴールを記録しているため、本田にとってはフェアな選出だろう。彼がこのリストの座を勝ち取ったのは、2010年でのパフォーマンスだ。本田は南アフリカで、魔法の足によって世界を立ち上がらせた。デンマーク戦で披露したナックルボールのFKで得点し、クリスティアーノ・ロナウドに変身した」

     本田は2010年に行われた南アフリカW杯のグループリーグ第3戦、デンマーク戦で約30メートルの距離から無回転のブレ球FKを叩き込み、3-1の勝利に貢献していた。あれから約10年の月日が経過したが、W杯での一撃は海外メディアにも確かなインパクトを与えているようだ。

    5/18(月) 7:20 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f978620808f2cbf63ad3a736018cef1cbdfc643

    写真
    no title

    【<本田圭佑>「C・ロナウドに変身」“W杯26人のカルトヒーロー”に選出!「魔法の足によって…」】の続きを読む

    907

    1: アブナイおっさん ★
    サッカー元日本代表MF本田圭佑(ボタフォゴ)とFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が、
    ツイッター上で学校の宿題を巡って激しく意見を主張し合っている。

    新型コロナウイルスの影響でリーグが中断となって以降は、様々なメッセージを発信してきた。
    本田は16日にツイッターで、
    「学校の宿題は嫌ならやらんでいいと思う。あのやってない奴があかんみたいな空気が辛すぎる」と社会情勢について見解を示した。

     これに反応したのが、慶應義塾大学出身の武藤だった。
    「時と場合で宿題の必要性は全く違うからなー。まず、好きで宿題をやる子供ってほぼいないと思う」と前置きしたうえで、
    「一つだけ言えるのは、圭佑くんの発言力でこれを言ってしまうと子供たちは
    『本田選手がこう言ってるんだから、宿題はやらなくていいんだ』と飲み込む子供が確実に増加するということ。
    それは非常に危険」と意見を述べた。その後、本田が再び意見を投稿するなど、ヒートアップしている。

    本田圭佑
    「俺の極端な意見へは意見はやりやすいやろう? これをキッカケに武藤節を今後期待してるよ。
    ツイートに関しては俺は逆で、『嫌なら宿題はやらんくていいんや』って考える子が増えてようやく本当の意味での人生の宿題と
    向き合えるようになる思ってるから、危険どころか良い流れ」

    武藤嘉紀
    「圭佑くんの的を得た極端な意見は好きですよ。けど子供は物事の必要性だったり自己なんてのは、
    色んな事を経験しながら確立させていくもので、最初から嫌なものしなくていいという考えを植え付けるのは危険だと感じました。
    まず、大人でも理解できない人生の宿題とやらと子供が向き合うのは厳しいかと」

    本田圭佑
    「んー俺らが人生の宿題を理解できないのは、考える力が身に付かない教育を小さい頃から常識として植え付けられてるからなのよね。
    無意識に創造性に限界を設定してしまってるのよ」(本田)

     本田は自分の主張が“極端な意見”だと理解しているようだが、大人にとっても難しい“人生の宿題”と向き合うのは難しいと
    武藤は真っ向から主張していた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18271208/

    【【元日本代表】武藤嘉紀vs本田圭佑 ツイッターで激しいバトル】の続きを読む

    897

    1: Egg ★
    サッカーのブラジル1部、ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑(33)は12日、自身のツイッターを更新。寄付に対する「売名」「偽善」といったお決まりの批判に物申した。

     新型コロナウイルスの影響で困窮するひとり親家庭を支援している日本代表DF長友佑都(33)=ガラタサライ=が「寄付とか公表すると、売名だとか偽善者だとか言う人いるけど、批判ばかりして何もしない人より、行動できる偽善者の方がよっぽど世の中に影響与えるし、かっこいいと思うぜ!」と意見したツイートを貼り付け、

    本田は「売名でいいやん。偽善でいいやん。その寄付で困ってる誰かが救われるって事実は変わらんよ。ちゃいまっかー?」と関西弁交じりで援護射撃した。

    5/12(火) 10:26 中日スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/253fab4e6ab8b1edaa23270ea4382d27df3c61ce

    写真
    no title

    【<本田圭佑>長友を援護「売名でいいやん。偽善でいいやん。困ってる誰かが救われる事実は変わらん」】の続きを読む

    880

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ボタフォゴのMF本田圭佑は3日、自身のツイッター(@kskgroup2017)で日本代表への熱い思いを伝えた。

    本田は自身のツイッターで「Japan Times」の記事を投稿。「元日本代表の本田圭佑が国内の著名アスリートとともに新しいデジタルメディアベンチャーを立ち上げた」という記事内容の“元日本代表”という部分を取り上げ、「“元”と書かないでください。それは嫌だ。“ナショナル・チャレンジャー”と書いてほしいです!」と英文で伝えた。

    日本代表の選手として2010年の南アフリカワールドカップ、14年のブラジルワールドカップ、18年のロシアワールドカップに出場した本田。アジア人初となる3大会すべてでのアシストを記録し、さらに日本人初となる3大会連続ゴールも挙げた。ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(●2-3)で敗れた後には「僕の実力を出し切ったということに関しては悔いはない」とコメント。常に掲げていたW杯優勝という目標について「その意志を次の若手に引き継いでもらいたい」と次世代に託していた。

    その後は東京オリンピックのオーバーエイジ入りを目指すことを公言していた。今回の発言の本気度は計り知れないが、その飽くなき向上心を垣間見せた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0ba48cac682a0df7affaf29315e5e722ab60b73
    5/3(日) 18:04配信

    【<本田圭佑>向上心はいまだ健在「“元日本代表”と書かれるのは嫌」】の続きを読む

    このページのトップヘ