最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 本田圭佑

    872

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が29日、日本テレビ系「news zero」に出演し、東京五輪出場への意欲を改めて語った。

    新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、本田はブラジル・リオデジャネイロの自宅で自粛生活を送っている。ブラジルでは7万3235人の感染者、5083人の死者が出ており、「僕はひきこもりで、基本的にトレーニングするときしか外に出ない」と現状を明かした。

    オーバーエイジ(OA)枠での東京五輪出場を目標に掲げてきた本田。「やはり本田選手はまだ目指しているんでしょうか?」と聞かれると、「はい。Yes,I doです」と頷いた。続けて「何を若い五輪チームにもたらせると思っていますか?」と質問されると、次のように語った。

    「勝負の勝ち負けをギリギリで制するところの厳しさというのは、僕も熟知しているわけじゃないですけど、若い選手たちよりは僕の方があるので。東京五輪って国内でやるのでかなりプレッシャーがかかると思うんです。ホストなんだからいい結果を出して当たり前だろうというプレッシャーの中でプレーしないといけない」

    「そんな中、いつも通りのプレーができないと、いい選手たちも全くパフォーマンスを発揮できずに終わってしまう可能性があるのがサッカーなんです。そういうところで精神面、勝負強さみたいなものを東京五輪では、チームに僕は何か影響力をもたらすことができると思っている」。そう力を込めた本田は「そこの枠に入っていけるように引き続きパフォーマンスを高めていきたいなと思います」と意気込んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-43479944-gekisaka-socc
    4/30(木) 1:09配信

    【本田圭佑(33)「zero」生出演、東京五輪OA枠出場へ意欲「影響力をもたらせる」 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    800

    1: Egg ★
    ■HKT48坂本愛玲菜、ツイッターで本田のフォロー報告…ファン熱狂「すげぇ!」

    ブラジル1部ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑が、ツイッター上でHKT48所属の女性アイドル・坂本愛玲菜をフォローし、本人も「ええ!?」と驚きを露わにした。
    ファンの間で「すげぇ!」「ワールドクラス」と反響が広がっている。

    HKT48の坂本愛玲菜が31日にツイッターを更新し、泣き笑いや驚いた表情の絵文字とともに「ええええええ!?!?!」と発信。
    「KeisukeHonda(本田圭佑)さんにフォローされました」という画像を添えて、本田からフォローされたことを報告している。

    本田は昨年11月、オランダ1部フィテッセに加入。しかし、CSKAモスクワ時代の恩師でもあるレオニード・スルツキー監督の解任を受け、自身も12月に退団した。
    その後も複数クラブとの接触が噂されていたなか、1月31日にボタフォゴへの移籍が決まった。

    今月15日のリオデジャネイロ州選手権バングー・アトレティコ・クルーベ戦に先発出場し、ついに新天地デビューを果たした本田は、前半30分にPKからゴール。
    試合は1-1に終わったが、デビュー戦ゴールは海外でも話題となっていた。

    現在は新型コロナウイルスの影響を受けて、ブラジルでも試合が中断されているなか、
    本田は様々なメッセージをツイッター上で発信。新型コロナウイルス関連のニュースなどにも反応していた。

    19歳の女性アイドルも突然のフォローに驚いた様子を露わにし、多くのファンが反応。「すげぇ!」「伸びしろですね」「ワールドクラス」「ビックリ」「サッカーネタもツイートしないと」
    「本人?」「世界の坂本」などのメッセージが続々と届いており、反響は今も広がっている。(Football ZONE web編集部)

    2020年3月31日 20時50分 Football ZONE web
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_254671/

    写真
    https://pbs.twimg.com/media/EUZ05TwUEAEhQW8?format=jpg&name=small
    no title
    no title

    【<本田圭佑>19歳HKT48坂本愛玲菜・・・女性アイドルを“フォロー”本人も驚愕「ええ!?!?!」…証拠画像に大反響】の続きを読む

    780

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ボタフォゴ(ブラジル)に所属するMF本田圭佑が自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。新型コロナウイルスに関するメディアの報道の仕方に物申した。

    本田は自身のツイッターで「イタリアのニュースをよく目にするけど、死者が『5000人突破』的な書き方どうなん?」と目を引く見出しの書き方に苦言する。
    また、イタリア政府が出しているデータとして「犠牲者の平均年齢が80.5歳、感染者の平均年齢が63歳」と高齢者の被害が大きいことに言及。
    「ホンマに事実をちゃんと報道して!」と伝えつつ、ハッシュタグで「#個人的にはアフリカが心配」とさらなる被害拡大を懸念した。

    イタリアは22日までに新型コロナウイルス感染による死者が5476人に。感染者は5万9138人となっている。
    イタリアの衛生研究所の発表によると、感染者の平均年齢は60歳以上、死者の平均年齢も79歳と高年齢となっており、また死者については高血圧や糖尿病を始め、何らかの疾患を抱えている人に集中している。

    本田が所属するボタフォゴも現在、新型コロナウイルスの影響で活動が停止している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-43479151-gekisaka-socc
    3/23(月) 9:31配信

    【<本田圭佑>メディアに警鐘「ホンマに事実をちゃんと報道して!」】の続きを読む

    778

    1: Egg ★
    「シンジは今まで私がプレイしてきた中で最高の選手の1人。本物の名手だった」

    元日本代表MF小野伸二についてこう語ったのは、オランダ・フェイエノールトで小野とチームメイトだったパトリック・パーウベだ。

    今回パーウベはオランダ『Algemeen Dagblad』にて「過去のチームメイトから選ぶベストイレブン」を紹介しているのだが、そのイレブンに2人の日本人選手を含めているのだ。その1人が小野というわけだ。

    2人は2001-02シーズンにUEFA杯を制覇しており、当時の小野は世界的に高い評価を得ていた。パーウベも小野を真のボールマスターと評価していたようで、ドレッシングルームでもよくトリックを披露していたと振り返っている。

    また今回のベストイレブンにて中盤には同じくフェイエノールトからジャン・ポール・ファン・ハステル、ポール・ボスフェルトを選んでおり、パーウベにとってフェイエノールトでの思い出が特別なものだと分かってくる。

    そしてもう1人、パーウベはVVVフェンロ時代のチームメイトから本田圭佑を右のウイングで選出している。

    「本田とはフェンロで本当に素晴らしい時間を過ごした。最終的に彼はCSKAモスクワへの移籍を選択したが、最良のステップではなかったと思う。より良いルートを歩んでいれば、彼はもっと多くのものを得たかもしれない。それでも、彼のクオリティには敬意を払っているよ」

    パーウベはこのように本田を評しているが、何より凄いのは前線3トップの面子だ。パーウベは右に本田、左にフェイエノールトから元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、そして最前線にPSV時代から元ブラジル代表FWロナウドを選んでいる。本田、ファン・ペルシー、ロナウドと、日本のサッカーファンにとっては夢のような3トップだ。

    ・パーウベの選んだイレブン

    GK
    ハンス・ファン・ブロイケレン

    DF
    フィリップ・デームス
    ダンテ
    ウルリッヒ・ファン・ホッベル
    キース・ファン・ウォンデレン

    MF
    小野伸二
    ジャン・ポール・ファン・ハステル
    ポール・ボスフェルト

    FW
    本田圭佑
    ロナウド
    ロビン・ファン・ペルシー

    no title

    the WORLD
    2020年3月21日 21時40分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18000476/

    【<元仲間が語る2人の才能 >小野伸二は「名手」本田圭佑は「CSKAに行かなければ、もっと多くのものを得たかもしれない」】の続きを読む

    768

    1: Egg ★
    日本の元エースが本領発揮だ。デビュー戦でPK弾を決めたブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(33)は国内外での評価が急上昇。日本サッカー界から「無謀な挑戦」とまで言われていた東京五輪メンバー入りの機運も高まってきた。低空飛行を続ける森保ジャパンの“切り札”となれるか。

     ブラジル大手メディアの「グローボ」は、リオデジャネイロ州選手権バングー戦(15日=日本時間16日)でPKを決めた本田について「試合をコントロールし、完璧なキック(PK)を決めた」と大絶賛。新型コロナウイルスの影響から無観客で行われた試合後、クラブの方針で取材対応こそなかったが、充実感を漂わせながら引き揚げた。

     ようやく再スタートした本田だが、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で狙う東京五輪参戦の可能性はあるのか。J1クラブの強化担当者は「さすがに五輪は無理だって思っていたけど(選出は)あるかもしれない。大事なPKを決めたように重圧のかかる場面での強心臓はさすがだし、PK、FKキッカーとして貴重な戦力だから。それに欧州クラブが(五輪に)選手を出さなそうなので本田の序列も上がってくるでしょう」と指摘した。

     2018年ロシアW杯後に「OAで東京五輪出場を目指す」と公言したが、昨年6月にオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーを退団。それ以降、所属チームが決まらず、昨年11月に加入したオランダ1部フィテッセもわずか4試合出場でチームを去った。今季はプレー機会が少ないこともあって五輪への「挑戦」は無謀とも言われていた。

     しかし、今回のデビュー戦でブランクを感じさせないパフォーマンスを披露。さらに持ち味の強靱なメンタルと勝負強さを見せつけたことで、本田に対する周囲の評価も激変した。特に今五輪は普段よりも重圧のかかる自国開催とあって、さらに国際経験も兼ね備えている本田のような人材が必要不可欠なわけだ。

     同強化担当は「森保(一)監督(51)が欧州視察で(前日本代表主将の)長谷部(誠=36、Eフランクフルト)に声をかけたことが話題になったけど、OAに強力なリーダーシップを求めているってことでしょう。本田にも求心力があるし、どこのポジションにOAを使うか次第だけど(メンバーに)入る可能性もあるんじゃないか」。

     ブラジルでも新型コロナウイルス感染拡大の影響で今後の公式戦が中断されそうなのは気になるところ。だが、すでに森保監督は本田について「試合はチェックしている」とOA候補リスト入りを明言している。このまま活躍を続ければ、大逆転での五輪出場も見えてくるはずだ。 

     東京五輪に臨む森保ジャパンのOA候補は欧州組を中心にリストアップされている。最大の補強ポイントである1トップにFW大迫勇也(29=ブレーメン)やFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)らが浮上。チームのセンターラインとなるDF吉田麻也(31=サンプドリア)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)も有力候補だ。

     森保監督は、2月の欧州視察時に面談した選手に対し「OAの要請があった場合には協力してほしい」と直接訴えたというが、その中にはA代表を長年支えてきた長谷部らベテラン組も含まれており、GK川島永嗣(36=ストラスブール)やスペイン2部で好調のMF香川真司(31=サラゴサ)、FW岡崎慎司(33=ウエスカ)も可能性があり、ピッチ内外での貢献が期待できそうだ。

    3/17(火) 16:45配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000032-tospoweb-socc

    写真
    no title

    【<本田圭佑>ブラジルデビュー戦で見えた東京五輪OA出場!】の続きを読む

    このページのトップヘ