最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: Jリーグ

    1270

    1: 首都圏の虎 ★
     川崎フロンターレが、強すぎる。

     8月にリーグ新記録の10連勝を達成したかと思えば、再び連勝街道を突っ走り、今度は11連勝でレコードを塗り替えた。リーグ戦の3分の2にあたる24節が終わった段階で、実に65の勝ち点を積み上げ、2位のセレッソ大阪とは17ポイントの差が開いている。

    さて、フロンターレはどれほどに強いのか。繰り広げているサッカーの質もさることながら、その勝利数の突出ぶりは数字に表してみるとさらに説得力を増す。

    例年ならセレッソ、FC東京も……
     21勝2分け1敗。文字通りの圧倒的独走状態。ここで10月19日時点での順位表を見てみよう。

    <勝ち点>
    65 川崎フロンターレ(24試合消化)
    48 セレッソ大阪(24試合消化)
    47 FC東京(26試合消化)

     2位・セレッソ大阪との勝ち点差は17。2位以下が結果を残せていないんじゃないの? と見る向きもあるかもしれないが、それは違う。

     昨年の第24節終了時点でのトップは勝ち点49のFC東京。鹿島アントラーズが勝ち点45、最終的にチャンピオンに輝いた横浜F・マリノスが同42と続いていた。2018年の同時点を振り返ってみても、サンフレッチェ広島が勝ち点52で首位を走り、川崎が同47で追走。そこからさらに6ポイント離れてFC東京と北海道コンサドーレ札幌が追う展開だった。

     今季のセレッソやFC東京は、十分に優勝争いの主役となり得る成績なのだ。“例年”ならば。

    「負けも分けもしない」恐ろしさ
    J1における最多勝ち点)

     18チームの現行方式になった2005年以降のJ1における1シーズンの最多勝ち点は、2015年に広島が、また翌年に浦和レッズが記録した「74」となっている。一方でガンバ大阪が勝ち点60で頂点に立った2005年を筆頭に、優勝ラインが勝ち点60台中盤に落ち着いたシーズンも少なくない。

     フロンターレがここまで獲得してきた勝ち点「65」は、やっぱり明らかに異常なペースといえる。

     昨年のフロンターレは負け数がリーグ最少の6だったにも関わらず、リーグ最多となる12度の引き分けを経験し、時に勝ち点2を取りこぼしていた。前半戦に記録した15試合連続無敗も、5つの引き分けが含まれている。

     開幕から19試合無敗を続けた2015年のレッズだって、そのうち6試合はドローに終わっていた。それでも十分すぎる数字だった。

     今季のフロンターレがちょっと異常なのだ。いや、圧倒的におかしい。

     「負けない」ではなく、「負けも分けもしない」。そんな常勝軍団が、2020年のJ1を席巻している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae7f82eec825ae81b10f8f59977e2691fe83cea6
    no title

    【強すぎフロンターレの数字をリバプール&マンC、全盛バルサと比べても違和感がない衝撃】の続きを読む

    1215

    1: Egg ★
    【元J得点王・オルデネビッツ氏インタビュー|第1回】盟友リトバルスキー氏の熱心な説得で来日を決意

    今から26年前の1994年、ジェフユナイテッド市原(当時)で強烈な左足のシュートを武器に得点を量産し、Jリーグ得点王に輝いた男がいた。

    フランク・オルデネビッツ。「オッツェ」の愛称で親しまれ、アルシンド(鹿島アントラーズ)やラモン・ディアス(横浜マリノス)、トニーニョ(清水エスパルス)ら並居る強力な外国人選手を押しのけて、得点王のタイトルを獲得したドイツ人ストライカーだ。
    現在は現役時代に奥寺康彦氏らとともにプレーしたブレーメンでスカウトを務めている。創成期のJリーグを助っ人として過ごし、今もスカウトとしてアンダー世代を中心に日本サッカーの動向を追い続けている同氏に、
    来日当時の思い出と現在の日本サッカーについて語ってもらった。

    オルデネビッツ氏が市原に加入したのは、Jリーグ開幕から2カ月ほどが経った1993年7月。プロリーグが発足したばかりであることに加えて、代表チームがワールドカップ(W杯)に出場したことがなかった当時の日本は、
    「サッカー不毛の地」とも言える国だった。ブレーメンでブンデスリーガ優勝を経験し、毎年コンスタントに結果を残してきた選手が新天地として選ぶような場所ではなかったはずだが、
    ケルン時代のチームメートで先に市原でプレーしていたピエール・リトバルスキー氏の熱心な説得によって、来日を決意したという。

    「リティとはケルンで一緒だったし、同じ部屋で生活していたこともある。それである時、彼から『日本に来てみないか』と誘われたんだ。リティは日本についてたくさん話してくれた。素晴らしい親友でもあったし、
    それで単純に『分かった、日本に行くよ』と返事をしたんだ。ただし、自分がジェフでどういう役割を期待されているのかといったことは、全く分からなかったけどね」

    実は市原に移籍する7年前の1986年に、オルデネビッツ氏はキリンカップに参加するブレーメンの一員として来日している。しかし、その時の滞在期間はわずか10日前後であり、
    さらにホテルと練習場や試合会場の往復がほとんどだったこともあって、日本に関する予備知識は実質ゼロ。来日当初は日常生活で苦労することも多かったという。

    「日本に来る前に、リティから日本で使うサッカー用語が書かれた4ページぐらいの量の単語集をもらった。それを飛行機の中で見て覚えながら日本に来たんだけど、日常生活で使う言葉は全然知らなかったから、
    最初は買い物に行っても砂糖と塩の区別がつかなくて困ったよ。日本食はほとんど試してみたし気に入ったけど、納豆だけは難しかった。あと、ドイツ風のパンが手に入らないのも問題だった。
    あちこち探し回って、舞浜市内にドイツの製法でパンを作っている店をようやく一軒見つけたなんてこともあったね」 


    【【動画あり】<“元得点王”の大物助っ人が語るJリーグ>「日本最高のストライカー」と絶賛した選手は?】の続きを読む

    1209

    1: Egg ★
    ◆明治安田生命J1リーグ第17節 G大阪2―1名古屋(23日、パナスタ)

    名古屋のフィッカデンティ監督が、上位生き残りをかけた試合での手痛い逆転負けに怒りを爆発させた。

    指揮官が怒りの矛先を向けたのは、後半8分にG大阪MF山本に直接FKを決められて同点に追いつかれたシーン。
    FKの壁が割れ、その間を通ったシュートにネットを揺らされた。

    「バカなんじゃないかと。そういった表現しかできないような失点の仕方。あんな取られ方をしてしまったら、
    壁が割れてしまう、ということをやっていたら、どんなにいいプレーをするチームでも勝てない」とまくしたてた。
     
    9/23(水) 21:46配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e5aebd25f86ca867f7daeec31902fa08ece8b03

    写真
    no title


    動画
    no title

    【【GIF動画あり】<名古屋グランパス>FKで壁が割れるミスにフィッカデンティ監督が大激怒!「バカなんじゃないかと」】の続きを読む

    1200

    1: ネギうどん ★
     サッカーJ1仙台などを運営するベガルタ仙台(仙台市)が、2020年度決算で約3億5000万円の債務超過に陥る見込みであることが17日、分かった。新型コロナウイルスの影響で入場料収入とスポンサー収入が大幅に減少し、営業収益が前年度比9億円減の約18億円まで落ち込むため。経営改善策の一環として、サポーターらに近く運営資金の募金を呼び掛ける。

     河北新報社の質問に菊池秀逸社長が書面で明らかにした。入場料収入は予算比5億4000万円減の1億5000万円、スポンサー収入は同3億円減の9億8000万円にとどまると試算。最終赤字は現チーム名となった1999年以降最大の約7億円を見込み、純資産3億5600万円を上回る。
     Jリーグの規定では、債務超過に陥るとリーグ参加資格となるクラブライセンスをはく奪されるが、今期は新型コロナによる特例措置で適用されない。菊池社長は「来期も特例措置を継続するかはリーグが今、検討中」と説明した。
     今後は経営改善を進める。19年度に約13億円を計上したチーム人件費は「リーグで最低の水準にあり、J1で戦い続けるには最低でも現在の金額が必要」と来期も維持する方針。経費削減に向け、1日にはマイナビベガルタ仙台レディースの経営権譲渡を発表したが、他の支出項目も「聖域を設けずに予算を削減する」とした。
     収入面では、感染予防による試合の入場制限が続き入場料収入の回復は見通せない。19年度並みの営業収入を達成するには「少なくとも15億円のスポンサー収入が必要」と強調。新規協賛の獲得や既存分の増額に力を注ぐという。
     募金活動は今月下旬から始める予定。クラウドファンディングや口座振り込み、ホームのユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)などで協力を求める。
     菊池社長は「債務超過の解消が最大の課題。自助努力で赤字額の圧縮に努めていく」とした。
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202009/20200918_14022.html


    【<ベガルタ仙台>3億5000万円の債務超過 サポーターらに募金呼び掛け】の続きを読む

    1196

    1: Egg ★
    [9.16 J1第25節 神戸-C大阪 ノエスタ]

    ヴィッセル神戸のGK前川黛也が接触プレーで頭部から出血するアクシデントがあった。

    前半33分、セレッソ大阪にカウンターを許した神戸は、FW都倉賢にドリブルからのシュートを許す。しかし前川が落ち着いてセーブ。弾いたボールを抑えに行った。

    しかしこのときにこぼれ球に詰めようとした都倉と激しく接触。前川がボールを抑えたところにアフター気味に都倉の左足が入った。前川はおでこ付近から出血。都倉にはすぐにレッドカードが出され、前川はその場ですぐに治療が施された。

    出血があることで心配されたが、前川の意識ははっきりしているようで、テーピングを頭部に巻く処置が施される。約5分後にプレーが再開されると、すぐのプレーでFW柿谷曜一朗の強烈シュートが前川に飛んだが、しっかりと正面でキャッチした。

    9/16(水) 19:55配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86a5c64e70499cb839947402b73667427fd81985

    写真
    no title

    【【動画あり】セレッソ大阪FW都倉のラフプレーが酷すぎると話題に!左足が神戸GK前川の顔面に…前川は流血、都倉は一発退場】の続きを読む

    このページのトップヘ