最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: Jリーグ

    1788

    1: 伝説の田中c ★
     J2リーグ第5節のザスパクサツ群馬対ギラヴァンツ北九州(0-2/3月28日)において群馬MF中山雄登に対する主審の判定と選手への処分が物議となった問題で、本人がツイッターを通じ胸中を明かした。「サッカーが皆さんを元気にして、夢を与えられるスポーツであるように、前を向き真摯にプレーしていきます」と決意を綴ったメッセージを公開すると、ファンからは「最高にカッコいい」「漢」「私たちの誇り」といったコメントが寄せられている。

     中山は北九州戦の前半34分、相手CKの場面でFW富山貴光が放った至近距離からのヘディングシュートをゴールライン上でブロック。主審は腕で阻んだハンドの反則とみなし、決定機を阻止したとして中山にレッドカードを提示し退場を命じたものの、実際ボールは左胸に当たっており、波紋を呼んでいた。

     試合翌日にはJリーグ側から中山に対して1試合の出場停止処分を科すことが発表されると、SNS上では物議へと発展。結局判定は覆らなかったもののクラブ側は2日、処分内容の受け入れと「日本サッカー界におけるレフェリングの質の向上」と「Jリーグ全カテゴリーでのVARの早期導入」「審判団のコミュニケーションの徹底」などを求める改善策を提案したことを発表した。

     一方、中山本人は自身のツイッターを通じ「今回の件に対して、色々な思いがありましたがチーム、チームメイト、そして他チームの方、サポーターの皆様、たくさんの方々から励ましの言葉をもらいとても救われました」と、胸中を告白。「個人的には昨年怪我をして、久しぶりにピッチに立つことができプレーできる喜びを感じています」とした上で「サッカーが皆さんを元気にして、夢を与えられるスポーツであるように、前を向き真摯にプレーしていきます」とメッセージを寄せた。

     この投稿に対し、ツイッターの引用ツイートと返信欄には「素敵です」「最高にカッコいい」「素晴らしい」「漢」「拍手で迎えるよ」「応援してますよ」「やったりましょー」「私たちの誇り」といった喝采の声があがり、チームメイトのDF畑尾大翔も「こっからや! やったろうぜ!! みんなで強くなろう!!!」と反応。不本意ながらも処分を受け入れ、前を進もうとする中山に多数のエールが送られていた。

    【【動画あり】不可解ジャッジ&処分が物議、Jリーガーの決意表明にファン喝采 「素晴らしい」】の続きを読む

    1336

    1: 首都圏の虎 ★
    【セルジオ越後の言いたい放題】

    史上最速でJ1リーグ優勝を決めた川崎フロンターレに、セルジオ越後から祝福のメッセージ!
    さらにリーグ優勝に最も貢献したセルジオが選んだMVPも発表!
    「このままいけばカズを超えるかも」その選手とは!?

    セルジオ越後コメント
    川崎フロンターレの皆さん、本当に優勝おめでとうございます!

    新たなJリーグの歴史を作りましたね。こんなに早く優勝を決めるJリーグは今までなかったですね。

    見ていて楽しい、メンバーが代わっても代わっても同じサッカーができるという素晴らしさ。これはやっぱり他のチームのお手本になるし、注目するべき特徴だと思います。

    ーMVPを選ぶとしたら、誰になりますか?

    僕もすごく迷いました。

    フロンターレの今年の活躍は「守りが充実していたから良い攻撃ができた」ことにあると思います。フロンターレはみんなで追いかけて、みんなで守って、みんなでプレッシャーをかけるっていうサッカーをやっていますね。

    谷口彰悟選手はすごい活躍はしたんですよ。僕から見れば、今だったら日本代表にも入れると思いますよ。残念ながら今は国内組になっているけど。だけれども、サッカーはやっぱり点を取っていくら、攻撃が売り物です。記録をつくるくらいの破壊力がある攻撃が魅力があってファンを増やす、サッカーの醍醐味ですよね。

    MVPは、その攻撃面に貢献した家長昭博選手です。歳を取るほど上手くなるね。上手くなるというのは技術的な面だけじゃなくて、要領がすごく良くなって、ポジショニングとかフリーになるとか、ピンポイントで冷静にボールを出せるというところ。その辺りが何年前から見てきている家長から、だんだんと磨かれてきている。カズを追い越せるんじゃないかなというくらいの要領の良いサッカーをしていますね。

    右サイドでフリーになれば、いかに自分がチームに貢献できるかが分かっていて、そういう自分が活きる場所を見つけたんですね。右サイドを僕は“家長の場所”と命名したいくらいです。

    相手から少し離れた場所にピンポイントでパスをして、何点もお膳立てをしているところが、フロンターレの一つの戦術のキーマンじゃないかと思います。タメもできてフリーになって周りを活かせるという、素晴らしい戦術と技術を持って今シーズンを過ごしたなという感じがします。

    僕のMVPですよ。今年はJリーグアウォーズがないかもしれないから、そしたら俺があげるよ!今年のMVPはあなたです!本当にご苦労様でした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5984802fbd26047070da19e86d7d17f860c175f
    no title

    no title
    no title

    【セルジオ越後「右サイドは“彼の場所”と命名したい」川崎FのMVPを称賛】の続きを読む

    1332

    1: 久太郎 ★
    川崎が4試合を残して、J1史上最速Vを達成!

     29節の川崎フロンターレ対ガンバ大阪は11月25日、等々力陸上競技場で行なわれ、5-0で川崎が勝利を収め、2シーズンぶり3度目の優勝を決めた。

     試合は川崎が序盤からペースを握り、22分には登里享平のクロスにレアンドロ・ダミアンが飛び込み、豪快に右足ボレーで蹴り込み先制。その後も川崎が押し込む展開となり、前半終了間際にはCKからL・ダミアンがヘッドで落としたボールを家長昭博が蹴り込み、追加点を奪った。

     前半を2-0とリードして折り返した川崎は後半も攻撃の手を緩めず、49分に三苫薫のラストパスから家長が3点目をゲット。さらに73分にも三苫のアシストから家長がハットトリックとなる4点目を挙げ、ダメを押した。
     川崎は86分に今季限りで引退する中村憲剛を投入。そして90分には斎藤学が5点目をゲット。川崎がG大阪を5-0で圧倒し、ホームで3度目の優勝を決めた。

     川崎はこの試合の勝利で、4試合を残してのJ1リーグ史上最速Vだけでなく、シーズン最多勝点(75)、同最多勝利(24)も更新している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7defc9050d55dd64915983be04d17949e653c00c

    川崎 5-0 G大阪
    [得点者]
    22'レアンドロ ダミアン(川崎)
    45'家長 昭博     (川崎)
    49'家長 昭博     (川崎)
    73'家長 昭博     (川崎)
    90'齋藤 学      (川崎) 
    https://youtu.be/v20KWKZdQwQ 


    スタジアム:等々力陸上競技場
    入場者数:11,360人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/112503/live#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    【【動画あり】川崎、4試合を残して史上最速V! 家長ハット、憲剛も登場でガンバ圧倒、2年ぶり3度目の優勝】の続きを読む

    13233

    1: 征夷大将軍 ★
    J1鳥栖は20日、約10億円の赤字が見込まれる2020年度決算で、約10億円の債務超過に陥ると発表した。公式ホームページに竹原稔社長による「経営状況のご報告とお願い」とする文書を掲載。J1昇格以来初めて負債総額が資産総額を上回り「(来季)無観客試合などが続き興行収入が見込めない場合は、資金難に陥り存続の危機を迎えてしまう」と説明し、支援を呼び掛けた。

    地元の金融機関などからの融資によって資金をまかなっているが、新型コロナウイルス禍での来季の収益が不透明。「こうした状況を招いた経営責任を深刻に受け止めている。鳥栖の未来を守るために、私の辞任を含めて検討している」と自身の進退についても言及した。

    サンスポ 2020.11.21
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20201120/jle20112019440008-n1.html 
    【J1鳥栖、10億円債務超過 「存続の危機」と社長文書掲載】の続きを読む

    1318

    1: 砂漠のマスカレード ★
    国際親善試合 日本ーパナマ ( 2020年11月13日 オーストリア・グラーツ )

     森保監督がパナマ戦に向けたオンライン会見に臨み「10月の活動より全ての面でレベルアップし、ベースの部分を徹底したい」と話した。

     10月の2試合で1得点に終わった攻撃面は速攻と遅攻を使い分け、遅攻ではマイボールを大切に好機をつくり、守備ではいつどこでプレスをかけるか共通理解を持ち、敵が困る守備を徹底する。来年3月のW杯予選前最後の遠征、選手の起用法は「2試合を含めて考え、より多くの選手を起用したい」と話した。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/11/13/kiji/20201113s00002014070000c.html
    2020年11月13日 05:30

    【森保監督、パナマ戦へ「全ての面でレベルアップしてベースの部分を徹底したい」フジテレビ系列:23:00~25:13(LIVE)】の続きを読む

    このページのトップヘ