最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 安部裕葵

    671

    1: 久太郎 ★
    バルセロナは11日、バルセロナBに所属する日本代表FW安部裕葵が右大腿二頭筋のハムストリングを修復するための手術を実施したことを発表した。なお、全治には5カ月を要すると発表している。

    安部は、2日に行われたセグンダB(スペイン3部)第23節のプラート戦に68分から途中出場。しかし、79分にドリブル突破を試みた際に右太もも裏を抑えながら転倒し、プレー続行不可能に。その後、チームスタッフの力を借りながら、ピッチを去った。

    2019年7月に鹿島アントラーズからバルセロナに加入した安部は、これまでバルセロナBで公式戦20試合に出場し4ゴールを記録していた。また、現在21歳の安部は7月から行われる東京オリンピックに出場するU-23日本代表候補に名を連ねていたが、今回のケガにより出場は絶望的となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00370008-usoccer-socc

    【日本代表FW安部裕葵が手術を実施…全治5カ月で東京五輪出場は絶望か】の続きを読む

    645

    2日のプラット戦で途中出場するも、試合中に右足ハムストリングを痛めて負傷退場
    バルセロナは現地時間5日、Bチームでプレーする日本代表MF安部裕葵が右ハムストリング断裂のため、11日に手術を受けることを公式サイトで発表した。

    12試合連続でスタメン出場していた安部は、現地時間2日のセグンダ・ディビジョンB(3部相当)リーグ第23節プラット戦(2-1)でベンチスタート。前半27分に先制を許したバルセロナBは、後半早々に退場者を出して数的劣勢を強いられる。さらに負傷者も出てしまい、後半23分に安部がピッチに立った。

    しかし、同点に追いついた直後の後半34分、対峙したマーカーに股抜きを決めてギアを上げた瞬間、安部は顔をしかめて転倒。右足ハムストリングを押さえて立ち上がれず、スタッフに抱えられてピッチを退き、最後はおぶわれてロッカールームへ下がっていった。

    「怪我の程度は検査が必要」とされていたなか、バルセロナは公式サイトで負傷状態をアップデート。右足ハムストリングの断裂だと発表した。また、10日にフィンランドへ渡り、翌11日に手術を受けるという。

    全治は明かされていないが、バルセロナはフランス代表FWウスマン・デンベレが同じく右足ハムストリングの完全断裂で今季絶望とも言われており、安部にとっては夏に行われる東京五輪出場に向けて暗雲が立ち込める事態となっている。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00245117-soccermzw-socc 

    484

    1: Egg ★
    チーム2位の4ゴールを挙げる
    鮮烈な2発に、目の肥えたファンも感心しているようだ。

     現地時間12月15日に開催されたスペイン2部B(実質3部)の第17節で、安部裕葵が所属するバルサBは、ホームでラ・ヌシアと対戦。3-1の逆転勝ちを飾り、無敗記録を「10」に伸ばしている。

     その立役者となったのが、4‐3‐3のCFで先発した安部だ。1点をリードされて迎えた36分、味方のシュートのこぼれ球に反応し、エリア外から右足を一閃。自身3試合ぶりとなる、強烈な同点ゴールを決めてみせた。

     さらに54分、カウンターから司令塔リキ・プッチの見事なラストパスを受けると、またもエリア外から今度は左足で豪快にネットを揺らし、勝ち越し点をゲット。移籍後初の1試合2ゴールを叩き出し、今シーズンの通算得点をチーム2位の4ゴールとしている。
     
     この鮮烈なゴラッソ2発に、スペインのファンも感嘆。SNS上では、次のようにコメントが飛び交った。

    「素晴らしいゴールだ」
    「よくやった日本人」
    「久保よりいいじゃないか」
    「スペクタクル!」
    「ボールの扱い方を知っている」
    「トップチームで使えないか?」

     新境地のCFで躍動する20歳のサムライ戦士に、ますます注目が集まっている。
    no title

    【動画】衝撃の活躍!安部裕葵のゴラッソ2発! 




    12/17(火) 6:43 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00067855-sdigestw-socc

    【【動画あり】<バルサB安部裕葵>ゴラッソ2発!現地の目の肥えたファンも感嘆!「よくやった日本人!」「久保よりいいぞ」 】の続きを読む

    436

    1: ぜかきゆ ★
    バルサBの安部裕葵が2試合連続弾。敵地での勝ち点1に貢献

    【ジェイダ・エスポルティウ 1-1 バルセロナB スペイン2部B第14節】

     スペイン2部B(実質3部)リーグ第14節のジェイダ・エスポルティウ対バルセロナBが現地時間23日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。バルセロナBのFW安部裕葵が2試合連続のゴールを記録した。バルセロナの公式サイトなどが伝えている。

     17日に行われたコルネジャ戦で初ゴールを記録した安部は、この日も先発で出場。前半終了間際、クロスボールにヘディングで合わせて同点弾を記録している。

     後半はスコアが動かず、時間が経過。安部は終了間際の92分に交代となり、試合は1-1のまま終了した。

    【得点者】
    38分 1-0 リベルト(ジェイダ)
    44分 1-1 安部裕葵(バルセロナB)

    フットボールチャンネル編集部 11/24(日) 6:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00349555-footballc-socc

    【バルサBの安部裕葵が2試合連続弾。敵地での勝ち点1に貢献 】の続きを読む

    417

    第13節コルネージャ戦の前半22分、こぼれ球を押し込みバルサB初ゴール
     バルセロナBに所属するMF安部裕葵は現地時間17日に行われたセグンダB(3部相当)第13節コルネージャ戦(3-3)で先発出場し、移籍後初ゴールをゲットした。記念すべき初ゴールについて地元紙「ムンド・デポルティーボ」も取り上げられている。

     安部にとって歓喜の瞬間が訪れたのは、1-0のリードで迎えた前半22分のことだった。MFリキ・プイグの後方からのフィードに対してFWカルラス・ペレスと安部が反応。相手マーカー3人を背負いながらペレスがボールコントロールしシュートを放つ。これを一度は相手GKに弾かれたものの、こぼれたボールは必死のスプリントを見せた安部のもとへ。身体ごと投げだすスライディングシュートで、ゴールネットを揺らした。

     ゴールが決まるや否やコーナーフラッグの方へ走り、両手を広げて喜びをあらわにした安部。同紙は「Bチームの開始30分間は素晴らしい出来だった。カルラス・ペレスとヒロキ・アベのゴールがあったが、コルネージャの力強い反撃にあった」と3-3のドローに終わった試合を振り返るとともに、安部の2点目についてこう記している。

    「リキからのペレスへの素晴らしいパス。ペレスのシュートは防がれたものの、それはヒロキ・アベにチャンスを与えることになった。そして日本人アタッカーにとって待望の初ゴールとなった」

     安部は先週のミッドウィークに行われたチャリティーマッチでトップチームに初招集され、非公式戦ながらトップチームでのプレーも初めて経験した。順調に出場機会を得ている日本人アタッカーには、現地でも徐々に注目が集まっているようだ。


    安部裕葵ゴール1:55~

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00229802-soccermzw-socc

    このページのトップヘ