最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1038

    1: 久太郎 ★
    12日のラ・リーガ第36節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのセビージャ戦を0-2で落とした。

    ヨーロッパリーグ出場権を確保して、チャンピオンズリーグ出場を目指すセビージャをソン・モッシュに迎えたマジョルカ。久保は12試合連続の先発出場を果たし、セビージャ同様のシステムである4-3-3の右ウィングに据えられている。

    試合は、互いに消耗が感じられ、ところどころで雑さが見える試合に。その中で主導権を握ったのは地力で勝るセビージャで、一方でマジョルカの久保にはほとんどボールが回ってこず、パスを受けても疲労の影響で前節同様かそれ以上にプレーの精彩を欠いていた。

    先制点を決めたのは、セビージャ。39分にペナルティーエリア内でポソのハンドによってPKを獲得し、キッカーのオカンポスがこれをきっちりと決め切った。マジョルカはビハインドを負っても依然低調で、ほとんど存在感がない久保はアディショナルタイム5分にペナルティーエリア内右で頭でボールを折り返したが、これはGKボノにキャッチされている。

    後半、マジョルカは51分にこの試合初の決定機を迎える。久保も少し絡んだ左サイドの展開からクチョがヘディングシュートを放ったが、これはボノのファインセーブに遭った。その後には前半と同じくセビージャのゲーム支配が始まり、久保も守備に追われ続ける。

    マジョルカは選手交代とともに少しずつ攻勢を見せるようになるが、それでも同点弾を獲得するまでには至らない。そして84分、GKのロングキックからエン=ネシリにシュートを決められて、セビージャにリードを広げられた。

    マジョルカのビセンテ・モレノ監督は86分、チャバリアとの交代で、最近の輝かしい存在感をついに発揮できなかった久保をピッチから下げる。結局マジョルカは、一矢を報いることもできぬまま試合終了のホイッスルを迎えて、残留争いで厳しい状況に立たされた。

    連勝ならなかったマジョルカは勝ち点を32から伸ばせず、同日に勝利したレガネスに抜かれて19位に順位を落とした。残留圏16位セルタとの勝ち点差は4、翌日にヘタフェ戦に臨む17位アラベスとの差は暫定3となっている。4位セビージャは5位ビジャレアルとの勝ち点差を暫定で9に広げている。

    https://youtu.be/SjKMs36koJc

    【【動画あり】マジョルカ、セビージャに敗れて残留が危うく…12試合連続で先発の久保建英は存在感を失う】の続きを読む

    1037

    久保建英が左足を大きく振り上げたシーンに13万件大反響「クボ、最高だよ」

     海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が活躍しているが、人気漫画「キャプテン翼」のワンシーンを切り取ったような画像に注目が集まっている。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムが実際の画像を公開。海外ファンから「ツバサはお前だったのか?」などと興奮した様子のコメントが相次いでいたが、「ツバサのドライブシュートだ」「まるで少林サッカー」と反響が広がっている。

     強烈なシュートが飛んできそうだ。久保は右足一本で立ちながら顔を前に向け、左足は大きく後ろに振り上げている。現実の試合では、なかなか見られない体勢。たまたま撮られた何気ないワンシーンのようだが、大空翼がシュートを放つ瞬間にそっくりだ。

     リーガ公式は「クボが踊っている」と投稿した。海外ファンからは「ツバサはお前だったのか?」「リアル・キャプテン翼」などと漫画になぞらえるコメントが殺到していたが、反響はさらに拡大。「リアル・ツバサ」「ツバサのドライブシュートだ」「ツバサ・クボ」「クボ、最高だよ」「まるで少林サッカー」「イナズマイレブンのシュートを打つところだ」と注目を浴びている。

     久保は9日のレバンテ戦で独走ドリブル後に今季4ゴール目を決めて勝利に貢献。投稿には13万件を超える「いいね!」が押され、評価上昇中の19歳が話題を集めているようだ。

    【画像】「ツバサのシュートみたい」と海外反響! 大空翼にそっくり? 久保建英を撮影した“キャプ翼風の1枚”の実際の画像




    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d6efb2a6c138077a030722a5d6928fe5b88b398c

    1036

    1: Egg ★
    スペイン1部リーグ、マジョルカのビセンテ・モレノ監督が日本代表のMF久保建英に待つ明るい将来に太鼓判-。近い将来レアル・マドリードで成功をつかむのを確信しているとした。スペインラジオ局カデナ・セールのサッカー番組、エル・ラルゲーロとのインタビューで語った。

     モレノ監督は、前節レバンテ戦で勝負を決める2点目を決めるなど最近数試合でチームを引っ張る活躍を見せている日本人選手について「久保がレアル・マドリードで勝利を手にするかって?間違いない」と即答した。

     さらに「今の時点で彼はマジョルカへ来た時よりずっと良い選手。そして良くなる余地はたくさんある。偉大な選手になる可能性が垣間見える」とコメント。スペインリーグ初年で大きく成長した選手が今後もこれまで以上のペースで大きな存在になるとの見方を示した。

    7/11(土) 18:19 ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4b3b56504ef550e06e2452b36fc9aa93cb7777e

    【<マジョルカ・モレノ監督>久保建英に太鼓判!「レアルで成功するのは間違いない」】の続きを読む

    1034


    1: しじみ ★
    レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英には、約30クラブが獲得に興味を持っているとされている。

     その中には、レアル・ソシエダやミランのようにすでに具体的な動きをしているクラブもある。かつて元日本代表FWの城彰二がプレーしたバジャドリーも、そのひとつのようだ。

     スペイン・メディア『Todofichajes』が伝えたところによると、バジャドリーは、オーナーを務める元ブラジル代表FWのロナウドを通じて、獲得の打診をしているという。

    ロナウドは現役時代にプレーしたマドリーと良好な関係を築いており、昨夏にも、GKアンドリー・ルニン、カスティージャ(Bチーム)所属のDFハビ・サンチェスとMFホルヘ・デ・フルートスの3人をレンタルで借り受けている。

     ただ、マドリーは久保をマジョルカよりワンランク上のチームにレンタルしたい意向を持っている。残留が目標のバジャドリー(現在は13位)はその条件に当てはまらないが、はたして――。

    no title


    サッカーダイジェストWeb
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=75920

    【「ロナウドがクボの獲得を打診している」久保建英の来季去就に新たな動き!現地メディアが報じる】の続きを読む

    1033

    1: Egg ★
    ・「クボが素晴らしい個人技を披露」今季4点目の久保建英をスペイン全国紙が絶賛!「偉大な若き日本人」

    待望の今シーズン4点目を決めた久保建英を、スペインのメディアも絶賛している。

     現地時間7月9日に開催されたラ・リーガ第35節で、18位のマジョルカは、12位のレバンテとホームで対戦し、2-0と2試合ぶりの白星を挙げた。

     4-4-1-1の右サイドハーフで11試合連続の先発出場を飾った久保は、30分に際どいシュートを放つなど、随所に存在感を放つ。

     そして、40分にクチョ・エルナンデスのゴールで1点をリードして迎えた84分だった。自らドリブルで持ち込んだ久保が右足のシュート。これは敵GKに防がれるも、その流れからMFサルバ・セビージャが右足で狙う。再びGKが弾いたこぼれ球を、日本代表MFが左足で詰めて、貴重な追加点を奪った。

     後半はレバンテのペースだっただけに、勝負を決めるこの1点は非常に大きかった。
     
     スペイン全国紙『MARCA』は、このゴールを「クボがドリブルを加速させ、いくつかのリバウンドの後、最終的にネットを揺らした。この偉大な若き日本人の素晴らしい個人技で、この島は息を吹き返した。ゲームは終わり、マジョルカは生き残った」と絶賛。採点では、守備で奮闘したマルティン・ヴァリエントの最高点(3点)には及ばなかったものの、クチョとともに「2点」の評価を受けている。

     8試合ぶりのゴールで降格目前のチームを救った久保。まだ崖っぷちの状態は続くが、現地12日に行なわれる次節のセビージャ戦でも、目に見える結果を残せるか。

    7/10(金) 6:01 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0493fd07d9aec3a4a79e86bf0982c37453073e2d

    レバンテ戦勝利に貢献
    no title


    今季4ゴール目を奪った、マジョルカの日本代表MF久保建英が現地メディアで高評価を獲得している。

    マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテと対戦。マジョルカは前半に先制点を奪うと、終盤の84分には久保がドリブルから仕掛け、最後は自ら左足で押し込み、2-0に。試合はそのまま終了し、マジョルカが3ポイントを獲得している。

    スペイン紙『アス』では久保に3点満点の評価を与え、「タケ・クボが決着をつけた」と記してこのように続けている。

    「誰もフィニッシュまで持ち込みたくないような状況で、日本人はエリア内でボールを拾って黄金の勝利を決定づけた。残り3節で降格圏から脱出する自信を与えている」

    また、ゴールシーンに関しても「久保の完璧さを表すゴール」と題し、「彼がプレーをスタートさせ、エリア内におけるGKのセーブからの混乱の中で集中を切らさなかった。マジョルカの希望はまだ生きている」と称賛した。

    https://youtu.be/00wYgeprV4o

    【<久保建英>称賛止まらず!スペイン全国紙が絶賛!「トップレベルでエリートの仲間入りは間違いない」 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ