最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    806

    1: Egg ★
    レアルの外国籍枠の事情について分析「オーバーブッキングの問題を抱えることになる」
     
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、世界最高峰のリーグと言われるリーガ・エスパニョーラ挑戦1年目で24試合に出場して3得点3アシストと及第点の結果を残している。
    シーズン終了後には、保有権を持つ名門レアル・マドリード復帰やレアル・ソシエダへの再レンタルが囁かれるが、スペイン紙「マルカ」はレアルの外国籍枠の事情についてレポートしている。

    2019年夏にFC東京と契約満了となり名門レアル入りした久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。
    昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点3アシストをマークしている。

    当然気になるのは、1年間のレンタルを終えた後の去就だ。マジョルカでのレンタル延長、レアル・ソシエダへの期限付き移籍、レアル復帰など様々な報道が飛び交っているが、
    「マルカ」紙は「マドリードでの“エクストラ”な問題と、クボにとってのミッション・インポッシブル」と題し、3人分しかない外国籍枠に対して6人の選手がいるとして分析を展開している。

    「ジネディーヌ・ジダン監督は来季単に12選手を除外しなくてはならないだけではなく、最終25人のリストの中で何人かの選手の身分証明書を見なければならない。
    それぞれの年齢をチェックするのではなく、国籍を見るということだ。ヴィニシウス、ロドリゴ、ミリトン、ヘイニエル、クボ、さらに来季から外国籍扱いとなるベイルのこと。
    クラブ・ブランコがチーム構成でオーバーブッキングの問題を抱えることになる」

    記事によれば、ブラジル代表のFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトン、U-23ブラジル代表MFヘイニエル、日本代表MF久保の5人に加え、
    イギリスのEU離脱により、「EU外」の扱いとなることが濃厚(英国政府とEUの交渉が年内に合意しなければ、21年1月1日に正式決定)なベイルがその対象だという。

    「日本人は二重国籍が取得できず、現時点の序列でブラジル人選手、ベイルよりも後方」
     
    また、「マルカ」紙は久保の個人寸評に「クボにとってのミッション・インポッシブル」と小見出しを添え、現時点の立ち位置をレポートしている。
    「マドリードでのプレーが限りなく不可能なのがタケ・クボだ。日本人選手は二重国籍の取得ができず、現時点の序列でブラジル人選手、ベイルよりも大きく後方にいる。

    選手にとって唯一のオプションは1年マドリード以外のチームと契約を結び、そこでエキポ・ブランコでの位置を勝ち取ること。
    その値段(無料)、ブラジル人選手たちの活躍も彼にとっては役に立たない。自身が再評価されればすぐにクボはその売却でクラブに利益をもたらすことになる。
    ブラジル人選手の減価償却はそれよりもっと複雑なものになる」

    二重国籍が取得できないハンデも背負い、来季の陣容に残るうえで劣勢の久保だが、果たしてどのチームでプレーすることになるのだろうか。

    4/2(木) 20:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200402-00255027-soccermzw-socc&p=1

    写真
    no title
    【<久保建英>レアルでのプレーが「限りなく不可能」 厳しい“国籍問題”をスペイン紙指摘】の続きを読む

    801

    1: 牛丼 ★
     スペイン1部マジョルカに所属する日本代表MF久保建英にイングランド1部の強豪アーセナル移籍の可能性が浮上している。スペインメディア「Don Balon」は「ロンドンのクラブは久保建英に狙いを定めている」と伝えた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200401-00254742-soccermzw-socc

    【<久保建英>強豪アーセナル移籍!スペインメディア報道「ジダン監督も同意」】の続きを読む

    793

    1: Egg ★ 2020/03/30(月) 08:00:50.80
    イタリア代表MFザニオーロらとともに“期待の若手”として海外も注目

    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、世界最高峰のリーグと言われるリーガ・エスパニョーラ挑戦1年目で24試合に出場して3得点2アシストと及第点の結果を残している。シーズン終了後には、保有権を持つ名門レアル・マドリード復帰やレアル・ソシエダへの再レンタルが囁かれるが、英メディアは久保を21歳以下のトップタレントの1人として紹介している。

    「まだ耳にしていない、クラブが契約すべきヨーロッパの21歳以下のタレントTOP5」

     このように特集したのは、英紙「デイリー・スター」だった。記事では、「欧州5大リーグの20歳以下で1000分以上プレーした選手は46人いる。そのなかには、あまり世に知られていない宝石がいくつかある」と言及。デヤン・クルゼフスキ(パルマ/スウェーデン代表MF/19歳)、ドゥシャン・ヴラホビッチ(フィオレンティーナ/U-21セルビア代表FW/20歳)、ラファエル・レオン(ACミラン/U-21ポルトガル代表FW/20歳)、ニコロ・ザニオーロ(ローマ/イタリア代表MF/20歳)とともに18歳の久保に触れた。

     2019年夏に名門レアルと契約した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。

    「クボはまだ18歳だが、すでに日本代表として7キャップを刻んでいる。レアル・マドリードは昨夏に彼をFC東京から獲得し、マジョルカへローンに出ている。端的に言えば、彼はドリブルの魔法使いだ。90分ごとのドリブル成功数は6.54回。欧州5大リーグでこれ以上の数値を残しているのは13人だけだ。ゴールに絡む成績(3得点2アシスト)は向上させる必要があるが、一度ボールを受け取ったらファンを確実に興奮させる」

     “ドリブルの使い手”として海外でも注目を集める久保。スペインリーグは新型コロナウイルスの影響でシーズンを無期限で中断しているが、再びピッチで躍動する久保の姿をファンは心待ちにしている
    no title
    3/29(日) 19:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00254196-soccermzw-socc

    【<久保建英>英紙「契約すべき欧州のU-21タレントTOP5」選出!「欧州5大リーグでこれ以上の数値を残しているのは13人だけ」】の続きを読む

    792

    1: Egg ★ 2020/03/29(日) 08:10:14.90
    スペイン大手メディアの『アス』が、レアル・マドリーの来季の予想陣容に日本代表MF久保建英を含めている。

    『アス』電子版は「多くの新顔とともに期待を取り戻させるチーム。2020-21シーズン、レアル・マドリーの考え得るイレブン」という見出しの動画を公開。チーム刷新の必要性が指摘されるレアル・マドリーの来季イレブンを予想した。4-3-3のシステムで選ばれた11人は、以下の通り。

    GK
    ティボ・クルトワ

    DF
    アクラフ・ハキミ(ドルムントにレンタル中)
    ラファエル・ヴァラン
    セルヒオ・ラモス
    セルヒオ・レギロン(セビージャにレンタル中)

    MF
    久保建英(マジョルカにレンタル中)
    カゼミロ
    マルティン・ウーデゴール(レアル・ソシエダにレンタル中)

    FW
    マルコ・アセンシオ
    カリム・ベンゼマ
    ロドリゴ or ヴィニシウス

    このイレブンでは34歳MFルカ・モドリッチ、30歳MFトニ・クロースとマドリーを支え続けたインサイドハーフ2選手が外れて、そこにウーデゴール、そして久保が入った。ただしレアル・マドリーファンの中には、MFフェデ・バルベルデではなく久保が選ばれたことに疑問を呈する声もある。

    『アス』によれば、この来季イレブンの市場価値は合計5億1800万ユーロとのこと。なおドイツ『トランスファーマルクト」は、久保の市場価値を1500万ユーロと見積もっている。

    3/29(日) 7:59配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00010005-goal-socc

    写真no title

    【<スペイン大手メディア>「レアルが希望を取り戻すための来季イレブン」に「久保建英」を含める!】の続きを読む

    785

    1: 砂漠のマスカレード ★
    マドリーの意向は「ワンランク上のチーム」?

    現在、レアル・マドリーからマジョルカにレンタルされている久保建英。レギュラー落ちする時期もあったものの、新型コロナウイルスの影響で中断する前の直近3試合でチームが奪った全5ゴールに関与するなど、ここにきて一気に評価を高めている印象だ。

    来シーズン、マドリーに復帰するのか、マジョルカで武者修行を継続するのか、それとも他のクラブに貸し出されるのか。その動向は現地でも関心を集めている。

    3月25日には、マドリー専門のウェブサイト『Defensa Central』が、「もう1年レンタル移籍をすることで、マドリーと久保側が合意した」と報道。「現時点で久保がマドリーのトップチームのスカッドに入る余地はなく、クラブはベンチに座らせて成長を止めたくないと考えている」と伝えた。

    では、ローン先はどうなるのか? 「久保はマジョルカ島での生活にもチームにも順応し、ファンの信頼も掴んで快適に過ごしている。だが、マドリーは久保には欧州カップ戦に出場するようなワンランク上のチームでプレーするクオリティーがあると考えており、クラブの意向に従うことになるだろう」と記事は綴っている。
     
    そして、これまでも現地で報じられてきたように、レアル・ソシエダで覚醒したマルティン・ウーデゴーが良いモデルになるとしている。そのノルウェーの“神童”は、今シーズンの活躍により、マドリー復帰が取り沙汰されている。その後釜として、同じ技巧派レフティーの久保が “ラ・レアル”にレンタルされる可能性は十分に考えられる。

    もうひとり、“好例”として挙られたのが、マドリーからドルトムントに貸し出されているアシュラフ・ハキミだ。21歳のモロッコ代表DFは、ローン2年目の今シーズンに大ブレイク。左右両SB/WBだけでなく、一列前でも起用され、その攻撃性能を遺憾なく発揮している。

    マドリーは、レンタルバックを検討中のこのハキミのように、まだ18歳の久保を2~3年は武者修行させたいと考えており、スペイン国内が理想だが、国外も除外されないと記事は伝えている。

    EU外選手枠の問題も考えても、やはり久保は来シーズン、レンタル移籍をすることになりそうだ。マジョルカなのか、ソシエダなのか。スペインなのか、他の国なのか。日本の至宝は、はたして何色のユニホームも着てプレーすることになるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00071136-sdigestw-socc
    3/26(木) 6:01配信

    【「マジョルカのクオリティーではない」久保建英が来季もレンタル移籍で合意と現地報道!マドリーが望む武者修行先は…】の続きを読む

    このページのトップヘ