最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    13240

    1: ゴアマガラ ★
    日本代表MF久保建英(19)が来年1月にビリャレアルを退団する可能性が出てきた。

     スペイン紙「エル・ペリオディコ・メディテラネオ」は「久保は(来年1月に)冬の移籍市場が開くのに伴い、ビリャレアルからの退団を検討している。
    メンバーの中で少しずつ彼の役割は薄れていき、先発できるのが欧州リーグ(EL)だけということに満足していない」とし、他クラブに移ってプレーすることで、さらなる成長を望んでいると報じた。

    ここまでELは全試合で先発しているものの国内リーグでの先発はわずか1試合。途中から出場はしているものの、
    プレー時間は徐々に短くなってきている。久保の本所属となるレアル・マドリードと対戦した21日の試合も後半44分からの出場だった。

    同紙は、久保がビリャレアルでスタメンになれない理由について「創造性と才能を兼ね備えた攻撃性と戦術的な規律のサッカーをするにはフィジカルが欠けている。
    (ウナイ)エメリ監督(49)も、そのことを尋ねられたとき、敬意を持って認めた」と説明したと伝えているが、久保はあくまで現状を打破したいと考えを持つわけだ。

    その上で「ビリャレアルは契約破棄を拒否するかもしれないが、彼らが不満を持った選手をチームに入れたいとは思わないだろう。
    選手が退団を主張しても何の問題もないはずだ」とし、来年1月の移籍市場の解禁を前に久保の去就が「不透明な状態にある」としめくくった。

    久保の本所属となるRマドリードでは昨季、武者修行のため、同国1部バリャドリードにレンタル移籍させたウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(21)に出番がなかったため、
    シーズン中に2部オビエドに移籍させた〝実績〟がある。それだけに、ビリャレアルで出番の限られている久保を他クラブに移す可能性も十分にありそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e2f99c972553c36b1310a3c401910d7e1e8263ba

    【ビリャレアル・久保建英に退団報道 プレー時間わずか「フィジカルが欠けている」】の続きを読む

    1322

    1: 砂漠のマスカレード ★
    聞いてみたい。クラブでレギュラーでもなく、代表でも10試合のチャンスを与えたのに、得点できない攻撃的な位置の選手に、それでもチャンスを与えるべきなの? 0-0の場面でファウルされ、すぐに起き上がってプレーを再開せず、倒されて笛が吹かれた時にも、さらに両手を挙げて審判に相手ファウルをアピールする選手はどうなの? もし自分が監督なら、この選手はしばらくは代表に呼ばないね。

    誰だか、分かるでしょう? 久保のこと。日本ではずいぶん騒がれている若手筆頭株だが、彼は代表では結果を残せていない。それでも呼び続けるのは、将来への期待も含め、代表で育てたい気持ちがあるのかな。さらに来年の東京五輪に向けて経験を積ませたい気持ちもあるだろうね。それよりも、代表から外すのが、最も確実な強化だと思うよ。代表に戻りたいから、クラブで必死にレギュラーを取ることの方が、彼の成長のためには必要だろうね。

    対照的なのが、遠藤だね。クラブできちっと結果を出して代表に復帰した。パナマ戦では後半から入り、横パスばかりだったチームに変化をもたらした。彼の縦パスから、何度チャンスをつくることができたか。彼が高いポジションを取ったことで、どれだけ攻撃陣が楽になったか。日本が、前半と後半でまったく違うチームになったのは、遠藤の存在があったからこそだね。

    最後に森保監督。一体、いつまで試せば気が済むの? 4バックだ、3バックだ、2シャドーだ。もうシステムの話を聞くだけでうんざりだね。就任して2年も立っているのだから、もうシステムの試しではなく、質を上げることに専念すべき時期じゃないのかな。おそらくメキシコ戦は4バックに変えるだろうね。強い国、W杯で上位に食い込む国は、システムはコロコロ変えないよ。(日刊スポーツ評論家) 

    no title

    【不発の久保建英、代表外すのが確実な強化/セルジオ越後】の続きを読む

    1309

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【ヘタフェ 1-3 ビジャレアル リーガ・エスパニョーラ第9節】

     リーガ・エスパニョーラ第9節、ヘタフェ対ビジャレアルが現地時間8日に行われた。アウェイのビジャレアルが3-1の勝利を収めた。

     ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英は、公式戦2試合連続のスタメン入りとはならず。この試合はベンチスタート。86分から途中出場となった。


     11分、ビジャレアルが幸先良く先制に成功する。パレホの左サイドからのボールに対してファーサイドでガスパールがヘディングで折り返す。中央でアルカセルが胸トラップから右足のシュート。GKの股を抜いてゴールに吸い込まれた。アルカセルはこれでリーグ戦5点目となった。

     先制に成功したビジャレアルだが、すぐに同点に追いつかれる。16分、GKからのロングフィードに対してアルビオルがヘディングでクリア。しかし、それをアランバリが拾い、胸トラップから右足一閃。これがゴールに突き刺さり、ヘタフェが同点。だが直後の17分にトリゲロスがゴールを決め、ビジャレアルがすぐに勝ち越しに成功した。

     62分、ビジャレアルがリードを2点に広げる。アルカセルの左からのボールにモレノが合わせ、ゴールネットを揺らした。すると86分、モレノに代わって久保が投入された。久保は出場時間が短かったものの、バッカへのパスを通し、チャンスを作るなど積極性を見せた。

     試合はこのまま終了。ビジャレアルが3-1の勝利を収めた。勝利したビジャレアルはリーグ戦2連勝。公式戦4連勝となった。

    【得点者】
    11分 0-1 アルカセル(ビジャレアル)
    16分 1-1 アランバリ(ヘタフェ)
    17分 1-2 トリゲロス(ビジャレアル)
    62分 1-3 モレノ(ビジャレアル) 

    【【動画あり】リーガ第9節 久保建英、終盤に途中出場。ビジャレアルはヘタフェに3-1勝利で公式戦4連勝】の続きを読む

    1305


    1: ゴアマガラ ★
    ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英は、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ3試合を終えた時点でアシスト数、キーパス数ともに大会最多タイとなっている。

    今季加入したビジャレアルで、国内リーグではベンチスタートが続いていた久保だが、EL初戦のスィヴァススポル戦で初先発に起用されると1得点2アシストの活躍で勝利に貢献。
    その後もELでは先発起用され、今週行われた第3節のマッカビ・テルアビブ戦でも1アシストを記録した。

    欧州サッカー連盟(UEFA)公式ウェブサイトが公開しているスタッツによれば、3アシストは現時点で大会最多タイ。レスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョと並んでいる。

    また、決定的チャンスに繋がる「キーパス数」も同じく大会最多の本数を記録している。
    大手データサイト『Whoscored』のスタッツによれば久保のキーパス数はレアル・ソシエダのスペイン代表FWミケル・オヤルサバル、
    CSKAモスクワのクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチと並ぶ1試合平均4本(計12本)となっている。

    ELでは着実に出場機会を得て結果に繋がるプレーを見せている久保。次はリーガでもゴールやアシストを期待したいところだ。


    https://www.footballchannel.jp/2020/11/07/post396547/
    no title

    【久保建英、ELでは3試合終えてアシスト最多タイ。キーパス数も最多】の続きを読む

    1302

    1: 久太郎 ★
     ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節が5日に行われ、MF久保建英が所属するビジャレアルはマッカビ・テル・アビブと対戦した。久保はEL3試合連続でスタメン入りし、4-3-3の右ウイングでフル出場。追加点のアシストを記録した。

     ビジャレアルはトルコのスィヴァススポルとアゼルバイジャンのカラバフに勝利して連勝スタート。今節は同じく連勝を飾ったイスラエル王者のマッカビ・テル・アビブをホームに迎えた。試合は開始直前に豪雨に見舞われてピッチコンディション不良によりキックオフが延期となったが、スタッフの懸命な水かき作業もあり、約1時間遅れでスタートした。

     試合は開始4分、ビジャレアルが幸先よく先制に成功した。ダニエル・パレホの左CKからニアのカルロス・バッカが頭でゴール右隅に流し込んで先制点を挙げた。その後も主導権を握るビジャレアルは14分、久保がペナルティエリア右でアレックス・バエナとのワンツーから左足シュートを放ったが、GKにセーブされた。

     17分頃から再び一時的に雨が振り始め、試合も膠着状態に。ビジャレアルは37分、バッカの落としを受けた久保がエリア内へ仕掛けるが、最後のタッチが大きくなり、シュートまで持ち込めず。試合はビジャレアルの1点リードで折り返した。

     後半に入ってビジャレアルは52分にリードを2点に広げた。久保が右サイドで対峙した相手2人をかわしてクロス。これにファーポストのバッカが相手GKと交錯しつつも頭で合わせて追加点を挙げた。

     ビジャレアルは終盤に若手が躍動。71分、久保が右サイドでキープして中央のバエナにパス。バエナはバッカとのワンツーでエリア内中央に抜け出し、左足シュートを沈めて3点目を奪った。久保と同い年の19歳FWバエナはこれがトップチーム初得点となった。

     さらにビジャレアルは81分、ペルビス・エストゥピニャンがエリア左から折り返すと、ゴール前に滑り込んだ20歳のフェルナンド・ニーニョが合わせてダメ押しゴールを決めた。試合はこのまま終了し、ビジャレアルがホームで快勝し、3連勝でグループIの首位をキープ。マッカビ・テル・アビブは今季EL初黒星となった。

     26日に行われる次節はマッカビ・テル・アビブがビジャレアルをホームに迎える

    【スコア】
    ビジャレアル 4-0 マッカビ・テル・アビブ

    【得点者】
    1-0 4分 カルロス・バッカ(ビジャレアル)
    2-0 52分 カルロス・バッカ(ビジャレアル)
    3-0 71分 アレックス・バエナ(ビジャレアル)
    4-0 81分 フェルナンド・ニーニョ(ビジャレアル) 



    【【動画あり】久保建英が先発で追加点アシスト!…ビジャレアル、イスラエル王者に4発快勝でEL3連勝】の続きを読む

    このページのトップヘ