最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    596

    1: 久太郎 ★
    21日に行われたコパ・デル・レイのベスト32、レアル・サラゴサ対マジョルカは3-1でサラゴサの勝利に終わった。サラゴサのMF香川真司、マジョルカのMF久保建英はともに先発フル出場を果たしている。

    日本語で国王杯と訳されるスペインカップ戦でマジョルカと2サラゴサ、久保と香川の対決が実現。残留争い真っ只中のマジョルカは会心の勝利を挙げたリーガ1部前節バレンシア戦からスタメンを総入れ替えし、またリーガ2部前節ミランデス戦が豪雨で延期となった昇格争う真っ只中のサラゴサも多くの主力を温存したことで、日本人の両選手はどちらもスタメンで出場を果たしている。4-4-2のマジョルカで久保は2トップの一角を務め、4-2-3-1のサラゴサで香川はトップ下に位置した。

    試合はサラゴサがボールを保持して攻め込み、マジョルカが堅守速攻で応戦と、陣容こそいつもと違えど両チームともそれぞれの色を出す。が、やはり連係不足は否めず、サラゴサはアタッキングサードでの打開のアイデアを欠き、マジョルカはボールを奪ってもうまくカウンターにつなげることができなかった。

    停滞する状況において、日本人の2選手はしっかりと技術を際立たせ、両チームにとって前半最大のチャンスを生み出した。

    まず見せ場をつくったのは、憧れのスペインで2部から這い上がる道を選んだ香川。23分に迎えたペナルティーエリア手前のFK、サラゴサの背番号23が右足インサイドで叩いたボールは急激なカーブとともに壁を超えたが、クロスバーを直撃してゴールとはならなかった。そして前半終了間際の44分にはレアル・マドリーを所属元とする久保が魅せる。右サイドに位置したマジョルカの26番は、ドリブルで一人をかわしてゴールライン際まで進みグラウンダーのクロスを送った。が、シュートを狙ったババはボールをミートできなかった。

    スコアレスドローで迎えた後半、スタートから3分後にスコアが動いた。ゴールを決めたのは、サラゴサ。ゴールのきっかけを、アシストを記録したのは、やはりと言うべきか香川だった。ペナルティーアークで左サイドからのパスを受けた香川は、トラップとともに流れるように反転してペナルティーエリア内右のアレックス・ブランコにパス。アレックス・ブランコはそこから内に切れ込んでシュートを放ち、マジョルカのGKファブリシオを破った。

    リードを得たホームのサラゴサは53分、今度は速攻から加点。フリーでペナルティーエリア内までボールを運んだリナレスの折り返しから、プアードがループシュートでネットを揺らした。その後は2点のビハインドを負うマジョルカが積極的に攻撃を仕掛けるが、守備に比重をかけ始めたサラゴサのゴールまでは容易に近づけず、久保は個人技から打開を目指したが孤立気味の状況が続くことに。対して香川はマジョルカが前がかりになったことでアタッキングサードのスペースを謳歌し、鋭いスルーパスなどでチャンスを創出していった。

    すると74分、サラゴサが前がかりになったマジョルカの隙を突いて、ソロのアシストからリナレスが3点目を記録。マジョルカは85分にコーナー付近での久保のボールキープからポソ、フェバスとボールを繋いでフェバスがミドルレンジからシュートを決めて1点を返したものの、反撃はそこまで。サラゴサが2点のリードを維持したまま試合終了のホイッスルを聞き、ベスト16へと歩を進めた。日本人対決は、香川に軍配が上がっている。 


    【【動画あり】スペイン日本人対決は先制点アシストした香川真司に軍配!サラゴサが久保建英のマジョルカを3発で下す】の続きを読む

    595

    1: ばーど ★
    「日本人選手が来れば来るほど…」

    昨年6月にレアル・マドリーと契約を交わし、現在はレンタル先のマジョルカでプレーしている久保建英。ここまでラ・リーガで16試合に出場して1ゴール・2アシストを記録している。

    マジョルカを率いるビセンテ・モレーノ監督が、「試合を重ねるにつれ、あらゆる局面においてプレーに関わる頻度を高めている。着実に成長を遂げているのは間違いない」と語るように、18歳のニューカマーは上々の結果を残していると言えるだろう。

    いまや右サイドハーフのレギュラー格となり、注目度もますます上がっているこの日本代表MFの独占インタビューを、ラ・リーガが1月17日に公式ツイッターで公開した。

    流暢なスペイン語でインタビューに応じた久保は、「海外リーグを観始めた頃からラ・リーガも観ていました」とコメント。そして、当時好きだった選手に「バレンシアが強かった時のダビド・シルバとダビド・ビジャ」を挙げた。

    “日本のメッシ”とも呼ばれる久保について、「メッシよりもシルバにタイプが近い」という識者の意見もあるが、その元スペイン代表MFが憧れの存在だったようだ。
     
    また、その幼少期についてこうも語っている。

    「小さい頃は、日本ではリーガというよりサッカー自体がまだそれほど人気ではありませんでした」

    さらに、日本でのリーガ人気については、「日本人選手が来れば来るほど、日本でのTV観戦は増えます。リーガの試合が深夜開催だったとしても」と言及。自身を含め、1部、2部、2部B(実質3部)を合わせて計7人のサムライ戦士がプレーするスペイン・サッカーへの注目度が高まっていることも紹介している。

    なかでも、久保に対する期待がひときわ高いのは間違いない。後半戦のパフォーマンスに大きな注目が集まっている。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    1/18(土) 12:55
    SOCCER DIGEST Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200118-00068925-sdigestw-socc
    no title

    【久保建英の独占インタビューをリーガ公式が公開「日本ではサッカーの人気がなかった」\】の続きを読む

    589

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【マジョルカ 4-1 バレンシア リーガ・エスパニョーラ第20節】

    リーガ・エスパニョーラ第20節、マジョルカ対バレンシアが現地時間19日に行われた。試合はホームのマジョルカが4-1で勝利を収めた。

    マジョルカに所属する日本代表MF久保建英はベンチスタート。9試合ぶりの先発落ちとなった。対するバレンシアも韓国代表FWイ・ガンインがベンチスタートとなっている。

    マジョルカが早い時間帯に先制に成功する。7分、ペナルティエリア手前の右からセビージャがFKを蹴ると、ライージョがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

    さらに22分、マジョルカが追加点を奪う。カウンターから相手ペナルティエリア内に侵入したマジョルカ。一旦は奪われるも、ロドリゲスがエリア内右で奪い返し、中央に早いグラウンダーのクロスを供給。
    これをダイレクトでブディミルが合わせ、ゴールネットを揺らした。

    その後もバレンシアを攻め立てるマジョルカ。41分にはブディミルがペナルティエリア左から左足を振り抜き、ゴールに突き刺した。マジョルカがバレンシアから3点のリードを奪う。

    後半開始早々にバレンシアのパレホがこの日2枚目のイエローカードで退場処分。マジョルカは1人多い状況で試合を進めていく。すると79分、ブディミルの落としを受けたロドリゲスが中央でダイレクトシュート。
    これがゴール右に決まり、マジョルカが4点のリードとなった。直後に久保が投入され、いきなり相手にプレスに行くと、イエローカードを受けた。

    その後、マジョルカは82分に1点を失うが、4-1で勝利となった。勝利したマジョルカは7試合ぶりの勝利。中1日でコパ・デル・レイベスト32のサラゴサ戦に臨む。

    【得点者】
    7分 1-0 ライージョ(マジョルカ)
    22分 2-0 ブディミル(マジョルカ)
    41分 3-0 ブディミル(マジョルカ)
    79分 4-0 ロドリゲス(マジョルカ)
    82分 4-1 トーレス(バレンシア)




    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200119-00358577-footballc-socc


    【【動画あり】<久保建英>途中出場。マジョルカはバレンシア相手に4発…7試合ぶりの勝利!】の続きを読む

    588

    マジョルカに所属する日本代表FW久保建英がレアル・マドリーへ移籍した経緯について語った。リーガ・エスパニョーラの公式ツイッター(@LaLigaJP)がインタビュー動画を投稿している。

     バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から制裁を受け、2015年に退団。帰国してFC東京や横浜F・マリノスで経験を積み、昨年6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、レアルと正式に契約をかわした。

    「母国語でない外国に行くのはいつだって難しいことです」と語った久保は「幸いにも大久保選手のFC東京ラストシーズンにチームメイトだったので、『リーガはとても困難な舞台だけど、最高の経験だった』と語ってくれました」とコメント。マジョルカでのプレー経験があるFW大久保嘉人(現東京V)の言葉がスペイン移籍のきっかけの一つになったことを明かした。

     また、古巣バルセロナではなく、宿敵レアルを選択したことについては「僕の将来のプランを説明しに日本まで来てくれました」と明かし、「行く気満々だったのと同時に、何が起こるか分からない多少の不安もありました。18歳の若さでトップレベルを体感できる最高のチャンスと受け止めました」と決断の理由を語った。

     当初はレアルのカスティージャ(Bチーム/スペイン3部)でプレーする予定だったが、プレシーズンでの活躍により1部クラブからオファーが舞い込み、「他のクラブと比べて関心度が高く、熱望されていたことが分かった」マジョルカへの期限付き移籍を選択した。

     ここまでリーガで16試合1ゴール1アシストを記録している久保。「(レアルの)練習や試合を観ていると、今のサッカー界のトップレベルが目に見えて分かります。それが世界トップレベルの基準だとして、いつそこに辿り着けるか計算しています。今だけでなく、将来役に立つ教えも多く学びました」と語ると、「全ては僕次第ですが、成長していくにつれ、(レアルで)プレーするチャンスは自ずと来ます。このままブレずに続け、より上手くなるほかありません」とレアル復帰、そしてその後の活躍へ意欲をみせた。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-43477388-gekisaka-socc 

    584

    スペイン1部リーグ・マジョルカの日本代表MF久保建英(18)が同リーグの独占インタビューに応じ、17日に公式ツイッターで公開された。

     流暢なスペイン語で質問に回答。日本時代のラ・リーガ(スペインリーグ)の印象について聞かれると「海外のリーグで最初に見たのがスペインだった。当時はバレンシアがとても強くて、ダビド・シルバ(現マンチェスターC)、ダビド・ビジャ(前J1神戸)が好きだった」と子供の頃に憧れていた選手を明かした。

     昨夏にJ1FC東京から名門レアル・マドリードへの移籍を決断したことについて「彼ら(Rマドリード)は日本に来てくれて、自分を含めたプロジェクトのプランを話してくれた。全ては自分次第だが、成長すれば(Rマドリードで)よりチャンスを得られると思った」と理由を明かした。

     Rマドリード加入後にマジョルカへ期限付き移籍したことについては「最初はカスティージャ(Bチーム)に残るつもりだったが、プレシーズンの後、自分が1部リーグでプレーできると考えた」と説明。「マジョルカは他のチームより自分に興味を示してくれた。自分のことが大好きだと言ってくれた」と笑顔を見せながらも「チームメート、コーチングスタッフに助けてもらいながら少しずつ慣れてきたが、新人としてチームのルールにピッチ内外で適応するのは大変だった」と率直な感想を語った。

     自身のポジションについて「自分の理想は攻撃的MFだと思う。今はサイドでプレーしているが、とても合っていると思う」。特長については「ラインの間でボールを受けてドリブルをすること」とした一方で「ゴールを決めるためには、より落ち着きが必要」と課題も挙げた。

     最後に野望について聞かれると「チャンピオンズリーグやワールドカップの決勝のような大きな試合でプレーしたい。そして勝ちたい」。欧州CL優勝、そして日本代表としてW杯制覇という大きな目標を掲げた。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000221-spnannex-socc 

    このページのトップヘ