最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1770

    1: 砂漠のマスカレード ★
     視線を落としながら東京スタジアムのピッチを後にする姿が、23歳のMF三笘薫(川崎フロンターレ)の胸中に渦巻く不完全燃焼の思いを物語っていた。放ったシュートが0本のまま後半21分にベンチへ下がった瞬間に、19歳のMF久保建英(ヘタフェ)との初共演は“不発”で幕を閉じた。
     南米予選を1位で突破して東京五輪に乗り込んでくる金メダル候補国、U-24アルゼンチン代表に0-1で苦杯をなめさせられた26日の国際親善試合。フル代表に専念している森保一監督に代わり、東京五輪世代となるU-24日本代表の指揮を執る横内昭展監督(フル代表コーチ)は、主戦システムの[3-4-2-1]ではなく[4-2-3-1]を採用して選手たちを送り出した。
     アルゼンチン戦を前にして、横内監督は「選手たちの特長が生きる布陣にしたい」と話していた。昨シーズンからJ1の舞台で活躍を続ける三笘を念頭に置いたシステム変更であることは、川崎で務める左ウイングと役割がほぼ一致する左サイドハーフでの起用が端的に物語っていた。
     その上でトップ下にすえた久保と、同じピッチ上で初めて共存させた。アルゼンチン戦へ向けたトレーニングのなかで、横内監督の目には三笘と久保の関係が日本の新たな武器になると映っていた。
    「2人ともそれぞれのプレーを尊重し合っている面が強い。そうした意味ではコミュニケーションというか、あうんの呼吸というものが彼らにはある感じがします」
     しかし、ゴールキーパーにオーバーエイジの選手を起用するなど、本番を見すえた陣容で臨んできたアルゼンチンの球際での強さやセカンドボールに対する反応の速さ、そして狡猾さに日本のすべてが封じ込められた。特に期待を込めていた三笘と久保の連携に対して、指揮官はこう言及した。
    「それが効果的に、数多く発揮できたかというと、アルゼンチンになかなかやらせてもらえなかったというところでしょうか」
     本来は攻撃的MFながら川崎のチーム事情で左サイドバックを担い、三笘と縦関係を組んでいる旗手怜央を、U-24代表でも初めて左サイドバックとして先発させた。三笘がプレーしやすい環境がさらに整えられたなかで、左サイドにドリブラーが集まるあまりに、攻撃そのものが左サイドに偏った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f8ca119bd776c62faffed607d99c61e13024bdb
    3/27(土) 6:06配信 【【動画あり】なぜ久保建英と三笘薫の初共演は不発に終わったのか…Uー24代表がアルゼンチンに0-1惜敗の理由】の続きを読む

    1760

    1: 久太郎 ★
    リーガ・エスパニョーラ第28節が21日に行われ、MF久保建英が所属する15位ヘタフェはホームで17位エルチェと対戦した。前節出場のなかった久保は6試合ぶりの先発復帰を果たし、今季リーグ戦で初となるアシストを記録。72分までプレーした。

     試合は20分にエルチェが先制する。左コーナーキックの流れからクロスが送られると、ボールは相手DFの頭に当たってファーサイドのゴンサロ・ベルドゥに渡る。ベルドゥはダイレクトでシュート性の折り返しを供給すると、ペレ・ミジャが押し込んだ。

     追いかける展開となったヘタフェは40分、右サイドからペナルティエリア内に侵入したフアン・イグレシアスが相手を剥がして強烈なシュートを放つが、これは相手GKのセーブに阻まれる。すると、その直後のプレーでエナス・ウナルが倒され、ヘタフェにPKが与えられる。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)との交信後にオンフィールド・レビューを行った主審は、判定を覆してノーファウルとした。

     1点ビハインドで折り返したヘタフェは55分、ペナルティエリアの手前でフリーキックを獲得。久保がキッカーを担当すると、シュートは壁の左脇を通過して枠を捉えたが、相手GKにセーブされた。すると60分、ヘタフェが試合を振り出しに戻す。右サイドでボールを受けた久保は、緩急をつけた縦突破で相手DFを揺さぶると、相手の股が開いた瞬間を狙ってグラウンダークロスを供給。エナス・ウナルがゴール前でボールを収め、反転しながらシュートを左下隅に突き刺した。なお、久保は今季のリーグ戦で初アシストを記録した。

     すると83分、ヘタフェは主審のオンフィールド・レビューによって相手のハンドが認められ、PKを獲得する。キッカーを務めたアンヘル・ロドリゲスはゴールの左を狙ったが、相手GKエドガル・バディアにコースを読まれてしまい、逆転とはならなかった。

     試合は引き分けで終了。ヘタフェは2試合連続のドローで3戦未勝利、エルチェは8試合ぶりのドローで3戦未勝利となり、両クラブの勝ち点差は「4」のままとなった。次節は代表ウィーク明けに行われ、ヘタフェは4月3日にオサスナと、エルチェは同月4日にベティスと対戦する。
    https://youtu.be/QNd2UO_YUKo
     

    【スコア】
    ヘタフェ 1-1 エルチェ

    【得点者】
    0-1 20分 ペレ・ミジャ(エルチェ)
    1-1 60分 エナス・ウナル(ヘタフェ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb8e27dff1b157e1598421b94642bb1312dc076

    【【動画あり】久保建英が同点弾アシスト!…ヘタフェはPK失敗響いてエルチェとドロー】の続きを読む

    1747

    1: 砂漠のマスカレード ★
     スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)の今後に現地メディアが危機感を示した。

     13日のアトレチコ・マドリード戦で加入後初めて出番なしに終わった久保。出場機会が減る一方の現状について、保有元であるレアル・マドリードの専門メディア「デフェンサセントラル」は「マドリードの我慢は限界に達し、腹を立てている。ヘタフェが期限付き移籍を要求したのに、出場時間を与えることが再び理解されていないからだ。ビリャレアルと同じ話が繰り返されるのか」と報道。Rマドリードが久保の現状を危惧していることが浮き彫りになった。

     ただ、Rマドリード側もすでに久保を今夏の放出リストに入れているとみられており、このままアピールの機会がないようならば、あっさり〝見切る〟可能性もある。

     同メディアは「久保はヘタフェでストレスを感じている。彼は定期的にプレーしておらず(Rマドリードの)ジダン監督が彼をチームに入れたくないのではないかと恐れている。来季マドリードでプレーするという彼の夢は明らかにしぼみ始めている」と指摘しており、来季の復帰は赤信号が灯りつつある。

     窮地からの逆襲はあるのか。日本の至宝が正念場を迎えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b010d26be9a352d83d7a74a8f1dd54f65d274293
    3/15(月) 17:44配信

    【久保建英の来季レアル復帰は絶望 出番なければ今夏放出も 23試合0得点0アシスト】の続きを読む

    1730

    1: ゴン太のん太猫 ★
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?325660-325660-fl
    [3.6 ラ・リーガ第26節 バリャドリー2-1ヘタフェ]

     ラ・リーガは6日、第26節を各地で行い、MF久保建英所属のヘタフェはバリャドリーに1-2で敗れた。
    久保は後半45分間のプレータイムを与えられたが、決定機で放ったシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、得点に絡むことはできず。互いに残留を争う両チームの勝ち点差は2に縮まった。

     久保は5試合連続のベンチスタート。この日は左サイドの主力を担ってきたMFマルク・ククレジャが出場停止となったが、
    同じく今冬加入も控えが続いていたMFカルレス・アレニャに出番が与えられた。

     先手を取ったのはホームのバリャドリー。前半14分、右サイドを攻め上がったFWセルジ・グアルディオラが左足のキックで対角線にロングフィードを送ると、
    ペナルティエリア左に走り込んだMFファビアン・オレジャーナが頭で折り返し、MFオスカル・プラーノがワンタッチで押し込んだ。

     さらにバリャドリーは前半24分、DFルーカス・オザラとのワンツーで抜け出したオレジャーナがクロスを送ると、GKダビド・ソリアが弾いたボールをFWション・バイスマンが押し込んで追加点。
    ヘタフェも同37分、アランバーリのパスを受けたFWハイメ・マタが決めて1点を返したが、ビハインドでハーフタイムを迎えた。

     すると後半開始時、ホセ・ボルダラス監督はDFダミアン・スアレスに代わって久保を投入。
    ベンチスタート5試合目で最長のプレータイムを与えられた。もっとも、内容はそれでも改善せず、同9分にはアフタータックルを行った久保にイエローカードが提示された。

     だが、後半16分、ようやく久保にビッグチャンス。
    右サイドの崩しに参加し、MFマウロ・アランバーリからのスルーパスをペナルティエリア右で受けると、うまくボールを左側に置いてシュートを狙った。
    だが、相手の足に当たったボールは軌道を変えてゴールに向かうも、GKロベルト・ヒメネスがビッグセーブ。移籍後初ゴールはまたしてもお預けとなった。

     久保は後半24分、中央に絞ってフリーでボールを受け、自身もシュートを打てる位置からラストパスをペナルティエリア内に送ったが、
    フリーになっていたアレニャのシュートは相手に当たって枠外。

    次々に決定機を逃したヘタフェは終了間際にJ・マタが一発退場処分を下されるアクシデントもあり、1-2で敗れた。


    【【動画あり】久保建英、ベンチ5試合目で最長プレーも決定機決め切れず…ヘタフェが残留争いのライバルに痛い敗戦】の続きを読む

    1526

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【ヘタフェ 3-0 バレンシア ラ・リーガ第25節】

     ラ・リーガ第25節のヘタフェ対バレンシアが現地時間27日に行われた。試合は3-0でホームのヘタフェが勝利した。ヘタフェの久保建英はベンチスタートとなり、85分から途中出場している。

    13位バレンシアと勝ち点3差で15位のヘタフェの下位対決。先制したのは4連敗中のヘタフェだった。39分、アランバリが右足のロングシュートを狙うと、アウトにかかったシュートがゴール右隅に決まってリードを奪った。


     後半に入ってヘタフェがさらに勝利に近づいていく。51分、バレンシアは最終ラインのディアカビがハイプレスで追い詰められると、バックパスをしようとした足でマクシモビッチを蹴ってしまい、決定機阻止でレッドカード。ヘタフェが数的優位となる。

     すると55分、ヘタフェはGKのロングパントからチャンスをつくり、ハイメ・マタが決めてリードを2点に広げた。

     2点リードで数的優位ということで、久保の出番もやや遅め。この日は85分からピッチに立った。

     ヘタフェは87分、久保と同じタイミングで投入されたアレニャがゴールを決めて勝負あり。90分の久保のシュートはGKに阻まれて惜しくも続くことはできなかったが、ヘタフェは3-0でバレンシアを下し、連敗を4でストップしている。
    https://youtu.be/iLmMPd5FATk 


    【得点者】
    39分 1-0 アランバリ(ヘタフェ)
    55分 2-0 ハイメ・マタ(ヘタフェ)
    87分 3-0 アレニャ(ヘタフェ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a682e90f9c76be421ab0bf935be8b90a5c8f273
    2/28(日) 6:55配信
    【【動画あり】久保建英 強烈シュート&イ・ガンイン完封!ひさびさ勝利に貢献…】の続きを読む

    このページのトップヘ