最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    761

    1: 豆次郎 ★
    Number Web3/15(日) 11:51配信

     逆足で、あそこまで冷静に蹴り込めるのか――。

     7日に行われたラ・リーガ第27節マジョルカvs.エイバルでの久保建英のゴールである。

    【秘蔵写真】かわいすぎる12歳のバルサ久保と17歳の南野、ロン毛時代の長谷部&本田、ニコニコ話す俊輔&ヒデ…名選手たちの若き日を写真で見る!

     右からのパスを受けて、左足で一瞬持ち込むと見せかけて切り返し、右足シュート。グラウンダーのボールは反応が送れたマーカーの足先、そして必死に手を伸ばした相手GKをあざ笑うようにゴールラインを越えた。

     久保の活躍で2-1とマジョルカが制したこの試合、30分遅れでキックオフされたリバプールvs.ボーンマス戦と並行して観ていた。リバプールのエースであるモハメド・サラーが相手マーカーが足を出すと読み切り、その股の間を通して相手GKの反応を遅らせた技ありの一撃の直後に、まるでプレイバックを見ているかのようだった。

     その技術と駆け引きの巧みさに驚いたのだろう。バルセロナの一般紙「ラ・バングアルディア」で、久保はこんな風に絶賛されていた。

     「まるでマンガのような動きで主人公みたい。『オリベル&ベンジー(キャプテン翼のスペインでの名前)』の登場人物のように左足にボールをくっつけて、ピッチを自在に動き回った」

     記事ではきっちり「バルサの下部組織にいた」ことなどにも触れている。

     バルサよ、ほら言わんこっちゃない。レアル・マドリーに取られたの痛かっただろ? ……というニュアンスが行間からにじみ出るのはご愛嬌だが、ここまで大きく報じられるとやはり嬉しくなってしまう。

    現時点で「6得点」に絡む久保。

     エイバル戦のゴールで久保の今季リーグ戦成績(移籍情報専門サイト『transfermarkt』による)は以下の通りとなった。

     24試合3得点3アシスト。

     まだ18歳の選手がリーガ1部でレギュラーを奪うこと自体すごいことだが、結果もしっかりと残している。やはり今後の日本サッカーにとっての希望であることは間違いない。

     さて現時点で「6得点」に絡んでいる久保だが、過去の先輩たちは1年目にどのような成績を残したのか。

     以下、歴代欧州組アタッカーの「1部での1年目」の数字を見てみよう。『transfermarkt』のデータからゴールとアシスト数を調べてみた(アシストは判明分のみ)。まずは久保の所属するラ・リーガから。※は1月加入での成績だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00842865-number-socc

    【久保建英のリーガ奮闘ぶりを検証。ヒデ、香川の欧州1年目と比べると……。】の続きを読む

    756

    1: Egg ★
    現地時間3月7日に開催されたラ・リーガ第27節のエイバル戦で、マジョルカの久保建英は、1-0とリードして迎えた78分に右足で今シーズンの3ゴール目をゲット。チームに今季アウェー初勝利をもたらした。

     マジョルカがここ3試合で奪った全5ゴールに関与するなど、ここにきて一気に評価を高めている日本代表MFに現地も注目。スペイン紙『AS』は「クボの未来」と題して、来シーズンの“処遇”について展望している。

     周知の通り、久保は現在レアル・マドリーからマジョルカにレンタルされている。来シーズン、マドリーに復帰するのか、マジョルカでレンタルを継続するのか(1部残留が条件となるだろうが)、それとも他のクラブに貸し出されるのか、関心を集めている。

    『AS』紙は、「ルカ・モドリッチの去就と、復帰が取り沙汰されているマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダにレンタル中)の処遇次第」としつつ、「クボにとって最も理にかなった選択肢は、スタイルが合い、かつ欧州カップ戦に出場するチームで武者修行をすることだろう」と綴っている。

     念頭にあるのは、攻撃的スタイルで現在4位と好調を維持するR・ソシエダへのレンタルだろう。ウーデゴーがマドリー復帰となれば、同じレフティーで技巧派の久保を迎え入れられれば、ソシエダにとっても願ったりかなったりだ。

     また記事は、クボがEUパスポートを持っていないことも「状況を複雑にしている」と伝えている。ラ・リーガではEU外選手は3人しか登録できず、マドリーでは、エデル・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、そしてロドリゴのブラジル人3選手がそれに該当。

    さらに今夏にはブラジル五輪代表候補のMFヘイニアルの獲得も決定している。同紙は、シーズン終盤のパフォーマンス、とりわけ4月のマドリー戦でのそれが、久保の今後に影響すると報じている。

     そして、東京五輪については、「クボは日本で歴史的な大会と見なされている東京オリンピックの象徴的な存在であり、本人も出場を望んでいる」としたうえで、「(マドリーの)ジネディーヌ・ジダン監督がプレシーズンキャンプへの参加を望めば、五輪に参加できない可能性もある」と指摘し、こう続けている。

    「レンタル移籍であれば、その貸出し先の判断となる。いずれにしても、マドリー上層部の計画と新型コロナウイルスの問題もあり、クボの未来は宙に浮いている」

     コロナウイルスの影響で、28節と29節の2節分が延期になるなど、先が読めないラ・リーガの終盤戦。久保にとっては、来シーズンにマドリーでプレーできるかどうかの試金石となる重要な11試合となりそうだ。

    3/13(金) 19:37配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00070791-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【<久保建英のマドリー復帰の可能性>鍵はモドリッチ】の続きを読む

    748

    1: Egg ★
    新型コロナウイルスの流行に伴い、リーガ・エスパニョーラでは10日以降、2週間にわたる全公式戦の無観客開催が決まった。中でも大きな打撃を受けたのがMF久保建英所属のマジョルカ。大入りが予想される本拠地でのバルセロナ戦を週末に控えるなか、普段よりはるかに高いチケット料金を設定していたが、約5300万円という入場料収入が一挙に消えてしまった。

     14日に予定されているバルセロナ戦は、残留を争うクラブにとっても、古巣に挑む久保にとっても重要な一戦。クラブは今月3日にチケット発売を開始して以降、偽造チケットや子供用チケットで入場しようとするファンへの警戒強化を公表するなど、普段とは異なる体制で販促に取り組んでいた。

     入場料も普段と大きく違った。バルセロナ戦の設定料金は安い席から70€(約8300円)、140€、170€、240€、290€(約34400円)。中位~下位が相手であれば最高額席でも70€程度だが、それぞれ4~5倍の値段だ。また同じく名門クラブのR・マドリー戦でも、最も高い席は250€で売られていた。すなわち、バルセロナ戦は1年で最も大きなビッグマッチと言える。

     今回、リーグ側が発表した無観客試合の対象期間は2週間。リーグ戦の第28節、第29節が組まれている。この期間中、平時以上の大入りが期待できるバルセロナとR・マドリーのアウェーゲームは1試合のみ。R・マドリーは2試合ともホームゲームのため、最も大きな損失を被ったのはマジョルカだと言える。

     地元紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』によると、チケットはほとんど売り切れていたといい、入場料収入の損失額は1試合で約45万ユーロ(5300万円)。『マジョルカ・デイリー・ブリティン』は損失金額だけでなく「この試合に向けて、何ヶ月も前からカレンダーを赤く塗っていた地元ファンを失望させた」と地元ファンの悲しみも伝えている。

    3/11(水) 5:30ゲキサカhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-43478892-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【<久保建英所属のマジョルカ>次節バルセロナ戦の無観客決定で“大損失”】の続きを読む

    741

    1: Egg ★
    7日のリーガ第27節、敵地イプルーアでのエイバル戦(2-0)で今季3ゴール目を挙げたマジョルカMF久保建英は、スペインメディアの間でも大きな話題となっている。

    【試合ハイライト動画】久保、今季3ゴール目!巧みなステップからコントロールショット

    42分に先制点のきっかけとなるFKを獲得した久保は、78分に自らもゴール。ペナルティーエリア手前で前を向いてボールを受けると、利き足とは逆の右足でシュートを放った。このボールが左ポストの内側を叩いてから、枠内に収まっている。

    レアル・マドリーが所属元の日本人MFのゴールは、スペインメディアでも大きく取り上げられた。スペイン『マルカ』の電子版はこのゴール動画を「成長を続ける久保。ゴール前でフェイントをかけ、利き足ではない右足でシュートを決めた」との見出しで紹介。また『アス』の電子版も同様にゴール動画を紹介して「今後のマドリーで、彼に居場所を与えるべき。久保がエイバル相手に創造的なゴラッソ」との見出しを打っている。

    なお選手採点(3点満点)で、『マルカ』は久保に両チーム最高タイとなる2点、『アス』はこの試合単独最高となる3点満点をつけた。また以上のスポーツ2紙のほか、一般紙『エル・パイス』の電子版の試合レポートでは「マジョルカの攻撃は久保のインスピレーション頼りで、彼がボールを持てば(エイバルにとって)悪夢だった」と記載されている。

    3/8(日) 8:31配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00010009-goal-socc

    3試合連続先発で結果を残した久保について指揮官は「最近良いプレーを続けている。今日は彼の一貫性が表れた」と評価し、「ゴールは美しかった」と述べた。
    https://youtu.be/_Ju1CTj4QYc


    【【タッチ集動画あり】<久保建英の今季3点目をスペインメディア絶賛!>「レアルは居場所を用意すべき」監督「最近良いプレーを続けている」】の続きを読む

    740

    1: 久太郎 ★
    久保の3ゴール目が決勝弾に!
    リーガ・エスパニョーラ第27節、エイバルvsマジョルカが7日に開催された。

    ここまで勝ち点27で16位のエイバルと、勝ち点22で18位に沈むマジョルカによる、残留に向けて重要なシックスポインター(※勝ち点6の価値がある試合)。エイバルのMF乾貴士が招集メンバー外となった一方、マジョルカの久保建英は3試合連続での先発入りを果たした。

    11分にホセ・アンヘルにバー直撃の直接FKを放たれて冷や汗をかいたマジョルカだが、ハーフタイムにかけては押し気味に試合を進める。3-4-2-1の2列目右サイドに入った久保は攻撃時、比較的自由に動いて逆サイドまで顔を出す。その久保は、ショートコーナーからの良質なクロスや、右サイドからの鋭い仕掛けなどでチャンスを演出する。

    すると、先制したのはマジョルカだった。42分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーのダニ・ロドリゲスがインスウィングに巻いたクロスを供給。味方に合わせたボールだったが、これがそのまま流れてファーサイドのネットに収まり、マジョルカがリードして前半を終えた。

    迎えた後半はエイバルの反撃を受けるマジョルカ。久保も右サイドで守備に奔走する時間が増える。それでも、日本の至宝は78分に魅せる。ハーフウェーラインでポゾがボールを奪うと、ペナルティアーク付近の久保にパス。久保はDFに対応されながらもマークをずらし、右足を振る。コントロールシュートが左ポストの内側を叩いてゴールインし、久保の今季3得点目でマジョルカがリードを広げた。

    その後、久保は82分にキ・ソンヨンとの交代でお役御免。先月にマジョルカ入りしたキ・ソンヨンはこれがデビュー戦となった。

    マジョルカはアディショナルタイムに1点を返されるも、そのまま逃げ切り。久保の活躍もあり、敵地での重要な一戦で3試合ぶりの白星を手にした。 


    【【ハイライト動画あり】久保建英、右足での今季3ゴール目が決勝弾に! 残留に向けて重要な一戦でマジョルカを3試合ぶりの勝利に導く】の続きを読む

    このページのトップヘ