最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    011



    1: 豆次郎 ★
    8/4(日) 19:02配信
    久保建英はモドリッチの控え? スペイン全国紙がマドリーの「最新序列」を掲載!

    プレシーズンマッチ5試合の出場時間を元に作成

     約150億円を費やしたエデン・アザールをはじめ、ルカ・ヨビッチ、フェルラン・メンディ、エデル・ミリタン、ロドリゴと5人の新戦力を加える大型補強を行なったレアル・マドリー。だが、ここまで5試合を戦ったプレシーズンマッチでは、1勝1分け3敗/11得点・16失点とまったく結果が出ていない。


     8月17日に行なわれるセルタとのラ・リーガ開幕戦まで、残されたテストマッチは2試合。7日のレッドブル・ザルツブルク戦と11日のローマ戦で、ジネディーヌ・ジダン監督はスタメン11人、そしてトップチーム登録の25人を絞り込むことになる。

     そんななか、スペインの全国紙『MARCA』が、5試合のプレシーズンマッチの出場時間を元に作成した、マドリーの最新序列を掲載した。

     あくまで強化試合の結果であり、もちろん出場時間が長い選手が必ずしも先発の座を勝ち取れるわけではない。しかも、コパ・アメリカに出場したカゼミーロやミリタン、同じくコパ組で去就が注目されているハメス・ロドリゲスなど、まだ試合に出場していない選手はここに含まれていない。

     とはいえ、少なくともジダン監督がどの選手を主力として考えているのかは、窺い知ることができるだろう。

     ちなみにフォーメーションは、アンカーのカゼミーロが不在だったこともあって、この5試合で多く採用された4-4-2をベースにしている。

    ―――◆―――◆―――◆―――◆―――

     
     ティボー・クルトワ(出場時間135分。以下同)が左足首の怪我で途中離脱したGKは、ケイラー・ナバス(270分)がチャンスを得て、好セーブを連発している。U-20ワールドカップでウクライナを初優勝に導いたアンドリー・ルニン(45分)は、フェネルバフチェ戦の後半にピッチに立った。

     最終ラインは、右から、ダニエル・カルバハル(218分)、ナチョ(259分)、セルヒオ・ラモス(260分)、マルセロ(290分)。ナチョはアーセナル戦で退場したものの、ここまで2ゴールを決めるなどモチベーションの高さが感じられ、ラファエル・ヴァランヌ(229分)よりも長く出番が与えられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00062401-sdigestw-socc
    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564921862/

    【久保建英はモドリッチの控え スペイン全国紙がレアル・マドリーの「最新序列」を掲載! 】の続きを読む

    009


    1: Egg ★
    今夏、海外に移籍したのは久保建英だけではありません Photo:NurPhoto
     今夏の移籍市場で、Jリーガーたちが続々とヨーロッパへ新天地を求めている。7月末の時点で、森保ジャパンや年代別の日本代表に名前を連ねた11人が移籍を決断した。今年1月の移籍市場でも多くの選手が海を渡るなど、ここにきて海外移籍が一気に活況を呈している。日本サッカー界で何が起こっているのか。目まぐるしく変化する舞台裏の動きを追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

    ● レアル・久保建英だけじゃない わずか半年で18人が欧州へ移籍

     Jリーガーの海外移籍ラッシュが続いている。今夏の移籍市場がオープンになるや、FC東京から世界一のビッグクラブ、レアル・マドリードの一員になった久保建英をはじめとして、7月末の時点で実に11人がヨーロッパに新天地を求めた。顔ぶれは下記のようになっている。

     シュミット・ダニエル GK 27歳 ベガルタ仙台→シントトロイデンVV(ベルギー)
    鈴木優磨 FW 23歳 鹿島アントラーズ→シントトロイデンVV(ベルギー)
    安西幸輝 DF 24歳 鹿島アントラーズ→ポルティモネンセSC(ポルトガル)
    安部裕葵 FW 20歳 鹿島アントラーズ→FCバルセロナ(スペイン)
    久保建英 MF 18歳 FC東京→レアル・マドリード(スペイン)
    天野純 MF 28歳 横浜F・マリノス→ロケレン(ベルギー2部)
    前田大然 FW 21歳 松本山雅FC→CSマリティモ(ポルトガル)
    北川航也 FW 23歳 清水エスパルス→SKラピード・ウィーン(オーストリア)
    菅原由勢 DF 19歳 名古屋グランパス→AZアルクマール(オランダ)
    中村敬斗 FW 19歳 ガンバ大阪→FCトゥエンテ(オランダ)
    小池龍太 DF 23歳 柏レイソル(J2)→ロケレン(ベルギー2部)
     
     いずれも各クラブで主力を担い、小池を除けば、森保ジャパンや年代別の日本代表に選出された選手ばかりだ。さかのぼれば今年1月の移籍市場でも、次の選手たちが海を渡っている

    ダイヤモンドオンライン8/2(金) 6:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00210588-diamond-socino title

    【<日本人サッカー選手の前例なき「海外移籍」ブーム>わずか半年で18人が欧州へ移籍!2つの理由】の続きを読む

    008


    1: 幻の右 ★
    レアル・マドリーに加入したFW久保建英は、スペインでも大きな注目を浴びている。
    スペインのスポーツ新聞『アス』は14日付の1面で、「クボマニア(久保の熱狂)」との見出しとともに久保の写真を掲載した。

    日本人のフットボール選手が、同スポーツの本場スペインの新聞でついに1面を飾る日が訪れた。
    スペインのスポーツ全国紙では『マルカ』に次ぎ2番目の発行部数を誇る『アス』が、久保の姿を同国の隅々にまで届けることを決めたのだ。

    久保が1面を飾った理由、それはレアル・マドリーのトップチームとともに臨んでいるカナダ合宿で、そのポテンシャルが認められたため。
    今季はレアル・マドリーのBチーム、カスティージャに所属する久保だが、『アス』曰くカナダ合宿ではトップチームのコーチ陣を「驚かす」プレーを見せているとのこと。
    コーチ陣は久保が「考えられていたよりもトップチームに近い存在」と捉えているようだ。

    その一方で『アス』は、久保がレアル・マドリーに加入する前に交渉していた、バルセロナの下部組織コーチングスタッフのコメントも紹介。

    過去に久保が在籍しながらも再獲得を控えたバルセロナだが、下部組織のコーチたちは
    「バルサにとって尾をひくことになる最大級の過ち」「彼は一時代を築くはずの選手だった」と、自クラブの判断に嘆きを入れたとのことだ。

    7/14(日) 9:04配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00010010-goal-socc

    写真
    no title


    スペイン紙 AS
    https://as.com/

    【サッカー】<久保建英>振る舞いにスター選手も驚き…レアル関係者は高評価も序列は一番下
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563021475/

    【サッカー】<久保建英>ベンゼマとの“ホットライン”開通にスペインメディア称賛 「贅沢なパス」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562978898/

    【サッカー】<ジーコとブッフバルトの久保建英評>「日本のメッシと呼んではいけない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562732350/

    1 Egg ★ 2019/07/14(日) 11:12:27.98
    ※前スレ
    【サッカー】<FW久保建英>スペイン紙『アス』の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563085509/

    【【画像あり】<FW久保建英>スペイン紙『アス』の1面飾る!「考えられていたよりトップチームに近い」】の続きを読む

    007

    1: 豆次郎 ★
    7/14(日) 6:45配信
    レアル久保、総勢12名の“集合ショット”に登場 ベンゼマは筋肉ポーズ、マルセロは咆哮

    守備の要の1人であるヴァランが集合写真公開、久保は前列でポーズ

     スペインの名門レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は、北米遠征に臨んでいるトップチームに帯同し、スター選手たちとともにカナダで汗を流している。そんななか、最終ラインの要の1人であるフランス代表DFラファエル・ヴァランが自身の公式ツイッターを更新。日本が誇る18歳のレフティーも豪華メンバーに顔を出している。


     久保は日本代表の一員として参加したコパ・アメリカ(南米選手権)の期間中に、レアルへの電撃移籍が決定した。7日にスペインの首都マドリードへ出発すると、始動日には同じく新加入のフランス代表DFフェルランド・メンディやスペイン代表FWルーカス・バスケスと握手を交わしながら挨拶。翌日にはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスら錚々たるメンバーとともに、北米遠征のために一路カナダヘ向かった。

     合宿初日のミニゲームでドイツ代表MFトニ・クロースから縦パスを受け、華麗なターンから元フランス代表FWカリム・ベンゼマのゴールをアシストするなど、存在感を発揮。12日にはリーダー格のS・ラモスがインスタグラムにアップした総勢13名集結の豪華ショットにも登場していた。

     さらに、13日にはS・ラモスと並ぶ守備の要であるヴァランも自身の公式ツイッターを更新。「#TeamVarane」と題した一枚の写真には、ヴァランやベンゼマのほか、ブラジル代表DFマルセロ、ベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表DFダニエル・カルバハル、スペイン代表MFマルコ・アセンシオらが揃うなか、久保は若手中心の前列に立て膝をついて対応。ベンゼマは両腕に力こぶを作る“筋肉ポーズ”、ヴァランとマルセロはこれから格闘するかのように咆哮しているのに対して、久保は最前列で堂々と収まっている。

     マドリード出発前は、年齢の近いフベニールA(U-19以下)に所属するスペイン人GKアルトゥーベのツイッターに登場していたが、S・ラモスやヴァランと主力組とも触れ合いの場が増えており、久保がトップチームでプレーする姿を想像するファンも多いに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190714-00203498-soccermzw-socc
    no title

    【【画像あり】レアル久保建英、総勢12名の“集合ショット”に登場】の続きを読む

    004



    1: 豆次郎 ★
    2019年07月12日 05:30
    久保、レアル伝統10番デビューあるぞ!ボールを使った練習を初公開

     レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が、公式戦初陣で背番号10をつける可能性が浮上した。現在、カナダのモントリオールで合宿中のトップチームに同行している久保は今季、3部所属のBチームでプレーする予定。クラブ関係者によれば8月25日に予定される開幕戦(カード未定)で久保は、トップチームでは7番と並んで伝統のある10番を託される可能性が高いという。11日は初めてボールを使った練習を公開した。  1年目の今季、3部所属のBチームでプレーする予定の久保の初陣は、カード未定ながら、8月25日に予定されるリーグ開幕戦が有力となっている。3部は背番号が登録制ではなく、試合ごとに変わる可能性があるものの、チーム関係者は「久保が開幕戦で10番をつける可能性は十分にある」と語った。04年から番記者を務めるマルカ紙のララ記者も「その可能性は高いと思う」と話した。

     ララ記者によればレアルの伝統の番号は主に7と10。7番は過去、今季Bチームの指揮官に就任した元スペイン代表FWラウル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらがつけ、今季は新加入のベルギー代表MFアザールが背負う見通し。一方の10番も固定制となった95~96年シーズン以来、フィーゴ、ロビーニョ、ハメス・ロドリゲスら名だたる名選手が背負い、現在は昨年バロンドール受賞のモドリッチがつけている。久保が10番を背負うことになれば、トップチームではないものの、クラブ史上初のアジア選手として栄誉であることには違いない。

     10番は歴代ファンタジスタ系の攻撃的MFがつけることが多いようで、ララ記者は「(U―20ブラジル代表の)ロドリゴが7で久保が10なのでは」と予想。ともにプレシーズンはトップチームに同行しており、11日の午前練習ではボールを使った練習を初めて公開。雷雨の中、久保は同じBチームの若手らとパス交換を行った。銀河系軍団の一員としてまずはレベルアップを図り、2部昇格を目指すBチームでの注目の公式戦初陣へとつなげる。

     【ペレス会長が合宿地訪問も】フロレンティーノ・ペレス会長(72)が、近日中にもモントリオールを訪問する可能性が浮上した。チーム関係者が示唆 した。00年に会長選に初当選した同会長はジダン、フィーゴ、ロナウドら次々にスターを獲得した銀河系軍団生みの親。久保は始動日の8日に初対面を果たした可能性もあるようだが、合宿地訪問となれば話す機会がより増えそうだ。

     ▽スペイン3部 セグンダ・ディビジョンBと称され、上位リーグのBチームやアマチュアチームなども所属するリーグ。全80チームが20チームの4グループに分かれてホーム&アウェー方式の全38節で対戦。各グループ1位同士の対戦で勝った2チームなど計4チームが昇格。降格は各組の最下位4チーム。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/07/12/kiji/20190711s00002020454000c.html?amp=1&__twitter_impression=true
    no title

    【【サッカー】久保建英、開幕戦でレアル・マドリード伝統の10番をつけてデビューの可能性!! 】の続きを読む

    このページのトップヘ