最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1507

    1: 砂漠のマスカレード ★
    上手いから活躍できるわけではない

    内田篤人氏(C)DAZN

    元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで毎週木曜に配信している冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』に出演。ヘタフェで出番が減っているMF、久保建英の現状について「厳しい」と率直な印象を述べた。

    野村明弘アナウンサーから「2戦連続でスタメン落ち…」と振られると、「厳しい。正直、厳しい」と回答。手で下り坂になっている様子を示しながら「こうなってるよね。サッカー選手ってこうなったら、結構行くのよ、下まで。僕も怪我を含め、ありましたけど。こっからグって(上に)持っていくのは本当に大変」と話した。

    また、久保がなかなか活躍できない理由について、独自の見解を示している。

    「久保くんって、上手いじゃない。上手いって、選手としての一要素でしかない。速いとか、強いとか(と同じ)。日本人ってどうしても上手いから活躍できるって思っているけど、そういうわけではない。それ一本でいくのはなかなか難しい。全体的な、五角形なり六角形なり、選手としての幅を広げていかないと。やっぱりある程度のレベルのところまでしかいけないよね」

    降格圏に勝ち点3差の14位に低迷し、現在5戦連続で未勝利と大苦戦しているヘタフェ。その中で出番が減った久保について、現地紙『マルカ』のフアン・カストロ編集長は「ホセ・ボルダラス監督が守備的な戦術を採用しており、これが久保の出場機会が減った要因」と説明している。

    チームも自身も波に乗れない中、久保はどんなプレーを見せるのか。ヘタフェは20日5時(日本時間)、アウェーで7位ベティスと対戦する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f1567b963c7831e63f54517e61b0b0bfe0194bf
    2/19(金) 11:50配信
    no title

    【内田篤人氏が考える久保建英に足りないもの「上手いだけではある程度のレベルまでしか…」|】の続きを読む

    1499

    1: 砂漠のマスカレード ★
    また監督退席のヘタフェ、R・ソシエダに敗れて3連敗

     リーガ・エスパニョーラ第23節が14日に行われ、MF久保建英が所属する13位ヘタフェはホームで6位レアル・ソシエダと対戦した。久保は2試合連続のベンチスタートとなり、58分から出場した。

     こう着した試合展開が続くなか、レアル・ソシエダは一瞬の隙を突いて30分に先制する。右サイドのホセバ・サルドゥアが鋭く曲がるクロスをDFとGKの間に供給すると、ファーサイドのミケル・オヤルサバルがダイレクトで合わせる。シュートはクロスバーに弾かれたが、こぼれ球に詰めたアレクサンデル・イサクが頭で押し込んだ。前節に2得点を挙げたイサクは5試合連続のゴールとなった。

     ビハインドで折り返したヘタフェは、攻め手に欠くなか、58分にカルレス・アレニャと久保を投入。久保は67分、右サイドでキレのあるドルブルを見せて相手を翻弄し、左足でゴール方向に向かうクロスを投入。クチョ・エルナンデスが頭で合わせたが、枠を捉えられなかった。その後はヘタフェがロングボールを中心に攻撃を構築しようとしたこともあり、オープンプレーで久保にボールが渡る機会はほとんど訪れない。

     ヘタフェは後半アディショナルタイム、相手選手と口論を起こしたホセ・ボルダラス監督にレッドカードが提示されて退席処分に。前々節のセビージャ戦でも相手監督と口論の末に退席処分となったボルダラス監督は、次節のベンチから外れることになった。

     試合はこのまま終了し、ヘタフェは3連敗で5戦未勝利となり今季11敗目、レアル・ソシエダはリーグ戦2連勝で今季10勝目となった。次戦、ヘタフェは19日にアウェイでベティスと対戦。レアル・ソシエダは18日にヨーロッパリーグでマンチェスター・Uとホームで戦い、21日にリーガ第24節でアラベスとホームで対戦する。

    【スコア】
    ヘタフェ 0-1 レアル・ソシエダ

    【得点者】
    0-1 30分 アレクサンデル・イサク
    【【動画あり】リーガ第23節 久保建英は58分から出場もボールに絡めず…ヘタフェ、R・ソシエダに敗れて3連敗 20試合0得点】の続きを読む

    1496

    1: 砂漠のマスカレード ★
    9日のラ・リーガ第1節延期分、ヘタフェは敵地アルフレド・ディ・ステファノでのレアル・マドリー戦に0-2で敗れた。ホセ・ボルダラス監督は試合後、後半途中から出場させたMF久保建英について、まだ成長が必要な選手であることを強調している。スペイン『アス』が伝えている。

    ボルダラス監督は4試合連続で先発起用してきた久保、さらにはMFカルラス・アレニャーと、この冬に加えた攻撃的2選手をベンチスタートとして、後半途中から起用した。試合後、彼らを途中出場させた理由を問われた同指揮官は、次のように返答している。

    「私たちは攻撃面でうまくいかず、前線にボールを送るためにアレニャーを2列目に置いた。久保については1対1の場面や、より縦に速く攻めることを求めたためだった。私たちはより良い攻撃を見せたが、その際に0-1にされてしまい、チームは落ち込むことになった」

    ボルダラス監督はさらに、久保の今後の課題についても言及した。

    「久保は成長しなければいけない選手で、フィジカルのレベルも改善されなくてはならない。彼は若く、成長の余白がある。ピッチのほかのエリアにも顔を出して、連係を見せる必要があるね。少しずつチームに貢献し、助けとなってくれるはずだ」

    【ヘタフェ監督ボルダラス、レアル戦でベンチスタートとした久保建英について…「フィジカルの改善が必要」 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    1494

    1: 爆笑ゴリラ ★
    2/11(木) 14:32配信
    東スポWeb

    久保建英

     スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)が、チーム低迷の〝戦犯〟としてヤリ玉に挙げられている。

     直近4試合で3敗1分けで残留争いに巻き込まれ、ホセ・ボルダラス監督(56)の解任論も浮上するなど深刻な危機にあるヘタフェ。そうした中、スペインメディア「クレマニア」が低迷の原因として1月に加入した久保とMFカルレス・アレニャ(23)を〝指名〟した。

    「ヘタフェの危機は、アレニャと久保がアルフォンソペレス・コロシアム(本拠地)に到着したのと同時期に発生した」と酷評。久保の加入直後こそ下位のエルチェ、ウエスカ相手に連勝したが、その後は相手の強化につれてプレー内容も不振に陥りチームも下降。

    「ヘタフェは悪い結果を経て、ボルダラスは、2人がより快適に感じるように従来の4―4―2のシステムを4―3―3に変更した。しかし現実には、彼らは働いていない」と新加入のコンビのために戦術まで変えながら全く機能していないと分析。そして「アレニャは2つのアシストを記録しているが、久保はまだ何の数字も残していない」と目に見える結果を残していない久保を厳しく糾弾した。

     同メディアは「ヘタフェがシーズン最悪の瞬間を迎えているのは事実。この悪い時をできるだけ早く逆転させなければならない」とチーム方針の変更の必要性を強調しており、このまま低迷が続くようならビリャレアルでの日々と同じようにベンチを温めることになりそうだ

    【久保建英を糾弾「何の数字も残していない」スペインメディアがヘタフェ低迷の戦犯に】の続きを読む

    1488

    1: 砂漠のマスカレード ★
    [2.9 ラ・リーガ第1節延期分 R・マドリー2-0ヘタフェ]

     ラ・リーガは9日、第1節延期分を行い、MF久保建英所属のヘタフェはレアル・マドリーに0-2で敗れた。久保は後半10分から右サイドハーフでピッチに立ったが、守備のゆるさが失点につながった一方、攻撃では持ち味を発揮できずに終わった。

     久保にとってはビジャレアル時代の第10節に続いて今季2度目のR・マドリー戦。ヘタフェ加入後は直近4試合連続で先発が続いていたものの、終盤わずか5分間の出場に終わった前回と同じくベンチでキックオフを迎えた。対するR・マドリーは3-4-2-1の新布陣にトライ。Bチーム所属のMFマルビン・パクが初スタメンを果たし、右ウイングバックの位置に入った。

     試合は序盤からR・マドリーが一方的にボールを支配し、ヘタフェは自陣深くに撤退して守勢を強いられる展開。だが、R・マドリーもFWカリム・ベンゼマがサイドに流れてプレーする機会が多く、なかなか有効な攻撃を繰り出せない。前半35分過ぎにはようやく大きな展開からMFルカ・モドリッチが強烈なシュートを放ったが、これはGKダビド・ソリアがファインセーブ。スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

     後半は打って変わって攻め合う形でスタート。ヘタフェは開始直後、FWアンヘルのボレーによるファーストシュートが枠を外れると、R・マドリーはFWマルコ・アセンシオのスルーパスからベンゼマが抜け出して右足で狙う。だが、またもD・ソリアのスーパーセーブに阻まれた。

     そうして迎えた後半10分、前節で退場処分を下されたホセ・ボルダラスに代わって指揮を執るヘタフェのパトリコーチが動いた。2トップと右サイドハーフの3人を一気に入れ替え、FWハイメ・マタ、MFカルレス・アレニャ、久保を投入。すると12分、さっそく久保が右サイドを駆け上がってループパスでアレニャにつなぎ、左サイドのMFマルク・ククレジャが惜しい突破シーンを見せた。

     それでも後半15分、久保の守る左サイドを攻略したR・マドリーが右に展開した攻撃からFWビニシウス・ジュニオールがクロスを送り込むと、ニアで反応したベンゼマがヘディングシュート。エースの一撃で先制点を奪った。さらにR・マドリーは22分、DFフェルラン・メンディが単独突破から攻撃参加を見せると、DFマルセロのアーリークロスにニアで反応。ダイレクトで押し込み、リードを2点に広げた。

     失点時に自らのサイドを崩されてしまった久保は後半26分、縦パスを受ける際にメンディのファウルを受け、相手のイエローカードを誘発。しかし、その後はR・マドリーに主導権を握られる中で見せ場をつくることはできず、0-2でタイムアップを迎えた。ヘタフェは直近3試合連続の無得点で、4試合勝ちなし(1分2敗)となった。

    【得点者】
    61分 1-0 ベンゼマ(マドリー)
    67分 2-0 メンディ(マドリー)
    【【動画あり】リーガ第1節 ヘタフェ久保建英、レアル・マドリー相手に途中出場も見せ場少なく2失点完敗 19試合0得点】の続きを読む

    このページのトップヘ