最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1485

    1: 砂漠のマスカレード ★
    2人を起用することで自慢の守備力が…

    現地時間2月6日に開催されたラ・リーガ第22節のセビージャ戦で、ヘタフェの久保建英は4試合連続のスタメン出場を果たした。

     開始数分は4-2-3-1の左サイドハーフ、以降は得意の右サイドでプレーした久保は、セビージャに押し込まれる展開のなか、なかなかチャンスを作り出せず。前半終了間際に、ドリブルでゴール前に持ち運んでパスを送り、MFネマニャ・マクシモビッチの惜しいシュートに繋げたのが唯一の見せ場だった。

     59分には、敵MFルーカス・オカンポスの足を踏み付ける危険なファウルで一発退場となったCBジェネの位置にDFエリック・カバコを補填するため、久保はベンチに下がった。数的不利となったチームはその後に3点を奪われ、0-3の完敗を喫している。

     データサイト『Whoscored.com』によれば、この日の久保のタッチ数は、「23回」のみ。59分で退いたとはいえ、驚くほど少ない。もっとも、セビージャにポゼッションで圧倒されたヘタフェは、ボールを奪っても前線にロングボールを放り込む形に終始したため、他のチームメイトも軒並みタッチ数は少なかった。


     ただ、久保はボールプレーヤーであり、ボ―ルを持てなければ、そのテクニックや創造性の活かしようがない。空中戦で競り合ったり、敵のボールを追ったりする仕事なら、もっと適した選手がいるだろう。いったい何のために獲得したのか。

     直近3試合のヘタフェは、久保や同時期にバルセロナから加入したMFカルレス・アレニャを先発で使っているにもかかわらず、足下でボールを繋ぐことを放棄し、2人を起用することで自慢の守備力が弱まるという、中途半端な状態に陥っている。

     9日には、久保の保有元であるレアル・マドリーとの一戦が控えている。果たして、ホセ・ボルダラス監督は日本代表MFを再び先発で起用するのか。またロングボールに頼るのであれば、切り札としてベンチに置いておくほうが得策かもしれない。

    https://youtu.be/rq-XYgd-KSQ


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b1cd8e956ecdd20c91b7ca2f2ce3ce05172dd220
    2/8(月) 11:51配信

    【【動画あり】タッチ数「23回」の衝撃…ヘタフェは何のために久保建英を獲得したのか 18試合0得点 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    1478

    1: ネギうどん ★
    ヘタフェのアンヘル・マルティンSD(スポーツディレクター)は、久保建英らレンタル移籍組の完全移籍を目指していることを認めた。スペイン『COPE』が伝えている。

     ヘタフェは1月の移籍市場で、久保とカルレス・アレニャーを獲得。いずれも加入後すぐにスタメンに定着し、攻撃陣の軸となっている。それぞれ所属元はRマドリード、バルセロナとなっており、トップチームでポジションを確保するまでは茨の道。マルティンSDは完全移籍を目指していることを明かしつつ、難しいオペレーションになると認めている。

     「移籍市場は、特に各チームの経済状況を考えると、難しいものだった。アレニャーと久保はただのレンタルだ」

     アレニャーについては「バルサとの契約は残り1年だし、話した数字が手の届く範囲内にあり、選手が満足している場合であれば…。だが、数字が手の届かないところにある場合は、我々は彼の幸運を祈るしかないだろう」と話している。

     さらに、久保の完全移籍についてはより悲観的な見方をしていると、マルティンSDはコメントした。

     「久保は不可能だ。マドリーは購入オプションすら与えてくれない、彼らは彼に多くの希望を持っている」(Goal.com)

    https://www.sanspo.com/soccer/news/20210205/spa21020506410004-n1.html

    【久保建英らの完全移籍求めたヘタフェだが…クラブSD「不可能。マドリーは彼に多くの希望を持っている」】の続きを読む

    1470

    1: 砂漠のマスカレード ★
     リーガ・エスパニョーラ第21節が31日に行われ、MF久保建英が所属する13位ヘタフェはホームで18位アラベスと対戦した。今冬からヘタフェでプレーする久保は、加入から4試合連続で出場を果たし、3試合連続の先発となった今節は79分までプレーした。

     ヘタフェは32分、左サイドから切り込んだマウロ・アランバリがグラウンダーで折り返し、久保が中央で受ける。しかしファーストタッチは大きくなり、シュートもカバーに入った相手DFに当たってGKに難なくキャッチされた。前半はヘタフェ3本、アラベス1本のシュートにとどまり、スコアレスで折り返した。

     アラベスは64分、ルイス・リオハの高速グラウンダークロスにマルティン・アギレガビリアが合わせて押し込もうとしたが、スライディングでカバーに入った相手DFマルク・ククレジャに阻まれる。78分には左から中央に切り込んだリオハが左足を振り抜いたが、シュートは相手GKに正面でキャッチされた。

     ヘタフェは79分、カルレス・アレニャと久保を下げて、アンヘル・ロドリゲスとフランシシコ・ポルティージョを投入する。右シャドーの位置でプレーした久保はシュート1本、タッチ数36回、パス成功数12本(総数15本)、ドリブル成功数3回(ドリブル試行数4回)というスタッツを残した。

     ヘタフェは89分、ダビド・ティモールが右サイドから左足で供給したフリーキックにアランバリが頭で合わせたが、シュートは枠を捉えられない。試合終了間際にはアランバリが近い位置から直接フリーキックを狙ったが、枠には飛ばせなかった。

     結局、試合は得点が生まれることのないまま終了。ヘタフェは今季6分目で連敗を回避し、アラベスは今季7分目で4連敗を止めた。次節、ヘタフェは6日にアウェイでセビージャと、アラベスは5日にホームでバジャドリードと対戦する。

    https://youtu.be/JDqPMkvRjPo

    【スコア】

    ヘタフェ 0-0 アラベス

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87db2bf1b2cdbe9557ec056e3381909c7155fd27
    1/31(日) 23:51配信


    【【動画あり】リーガ第21節 3戦連続スタメンの久保建英は79分までプレー…ヘタフェ、アラベスとスコアレスドロー 17試合0得点】の続きを読む

    1457

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【アスレティック・ビルバオ 5-1 ヘタフェ リーガエスパニョーラ第20節】

     リーガエスパニョーラ第20節、アスレティック・ビルバオ対ヘタフェの試合が現地時間25日に行われた。ヘタフェが1-5の敗戦を喫している。

     ヘタフェに所属する久保建英は先発出場を果たした。1分、久保が相手のパスをカットしたところから攻撃が始まり、最後はカルレス・アレニャのクロスにマルク・ククレジャが頭で合わせてヘタフェに先制点が入る。しかし13分、ビルバオのラウール・ガルシアに同点ゴールを決められた。


     29分にはヘタフェにPKのチャンスが訪れるが、ハイメ・マタのPKはビルバオのGKウナイ・シモンに止められてしまう。すると50分、ビルバオのイエライ・アルバレスに逆転ゴールを決められた。61分には、ビルバオのガルシアがチーム3点目。75分と82分にも失点し、ヘタフェは1-5の敗戦を喫している。

    【得点者】
    1分 0-1 ククレジャ(ヘタフェ)
    13分 1-1 ガルシア(ビルバオ)
    50分 2-1 アルバレス(ビルバオ)
    61分 3-1 ガルシア(ビルバオ)
    75分 4-1 ベレングエル(ビルバオ)
    82分 5-1 オスカル・デ・マルコス(ビルバオ) 

    【【動画あり】リーガ第20節 久保建英のパスカットが起点で先制点も…ビルバオの逆転許しヘタフェは1-5敗戦 16試合0得点】の続きを読む

    1454

    1: ネギうどん ★
    欧州サッカーで攻撃系選手が評価を上げるには「プレー内容よりも<目に見える結果=ゴールを決める>のが早道」と言われている。そのデンでいけば、所属しているレアル・マドリードからレンタル移籍したビリャレアル、8日に再レンタル移籍したヘタフェでノーゴールの日本代表MF久保建英(19)は<評価に値しない>選手ということになる。しかし、どの世界にも例外は存在する。久保は「プレー内容で高い評価を受けている」(サッカー関係者)というのである。

     日本時間21日のウエスカ戦。久保が「欧州のサッカー通をうならせた」(前出の関係者)プレーが2つある。

     まずは前半38分だ。ピッチ中央付近で<相手ゴールを背にした状態>の久保の足元に自陣からパスが送られた。背後には相手選手がいる。久保は、わざとトラップを大きくすることでスルッと入れ替わり、いとも簡単にマーカーを置き去りにしてみせた。

     もうひとつは、前半終了間際のプレーだ。

     相手選手2人に囲まれた久保。巧みなステップでボールをキープしながら、相手選手の先にいた味方MFアレニャに<敵の股間を通して>正確なパスを送った。屈辱的な股抜きパスを決められた選手の苦り切った表情が印象的だった。

    「久保の高い技術、独創的なアイデアは折り紙付き。ヘタフェのようなリーグ中位以下のクラブではなく、個々の選手のレベルが際立って高いレアル・マドリード、バルセロナなどでこそ光り輝くと思います。レアル幹部は今すぐ、久保を引き戻してトップチームでプレーさせるべきでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

     早期復帰を期待する! 


    【【動画あり】久保建英はヘタフェでは「役不足」!レアルへの早期復帰がベターの指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ