最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1136

    1: Egg ★
    プロ野球界の「天才」と言えば、長嶋茂雄、落合博満、イチロー......といった名前が挙がるのだろうか。では、サッカー界の「天才」と言えば、誰か? 今回、サッカー界に精通する識者に、そんなアンケートを実施してみた。結果は、以下のとおりである。

    第3位:久保建英(9ポイント)

    「日本人ナンバー1選手になろうとしているのか、すでに到達しているのか。日本サッカー界にとって、『不世出』と言える選手であることに間違いない。

     子どもの頃から有名だった選手が、その後も順調に育っていくケースは、実は少ない。当初の期待値を下回る選手で終わる場合が大半だが、久保は19歳になった今なお、順調だ。疑心暗鬼になりながら、目を凝らしてきたつもりだが、翳(かげ)りはない。壁に当たっていない。

     何より、日本のどの選手よりも、醸し出す雰囲気がサッカー的。サッカー選手らしい匂いがする。そこに、天才性がうかがえる。本物の匂いを感じる選手だ」(スポーツライター・杉山茂樹氏)

    「"天才"――久保は、その象徴的選手である。

     幼くして名門バルサに才能を見初められ、日本に戻って16歳にしてプロデビューし、もてはやされている。しかし真骨頂は、そこからだろう。17歳のプロ選手としては、凡庸の域を出なかったが、1シーズン後に激変。わずか半年の間にFC東京の主力、エースとなり、18歳で代表に選ばれ、レアル・マドリードに入団。その変化は激しく、"変異"に近い。

     マジョルカでの挑戦1年目も、成長を続けた。活躍により、リーグ5位のビジャレアルへの移籍が決定。19歳になった今、市場価値は30億円以上に高まっている。環境に適応し、劇的に進化していく姿は、まさに天賦の才だ」(スポーツライター・小宮良之氏)

    第2位:釜本邦茂(19ポイント)

    「銅メダルを取った1968年メキシコ五輪。5人のDFで守り、ウイングを経て、釜本にボールを送る。それが、日本の"戦術"だった。

     相手チームのGKを負傷させるほど、強烈で正確な右足のシュート力。しかし、相手DFが右足を抑えにかかると、左足でも決めきる力があった。そして、欧州のDFにも引けを取らない強靭なフィジカルを生かした、強烈なヘディングシュート。右足、左足、そして頭と、どこからでも点が取れる万能型のCFだ。

     運動量は決して多くなかったが、相手DFの視野から消えてからの、一歩、二歩のスピードでフリーになる速さがあった。日本が生んだワールドクラスのストライカーだった」(サッカージャーナリスト・後藤健生)

    「天才? やっぱりガマさん(釜本)だろう。モノが違う。天性のものがある。プレーも、身体的にもワールド級。次いで、ワシ、キンボウ(金田喜稔)、(中村)俊輔といったところ」(サッカー解説者・木村和司氏)

    「まずは日本代表の歴代最多得点記録(75点)を持つ、釜本さんでしょ。カズさん(三浦知良/55点)や岡崎(慎司/50点)もゴールを積み重ねてきたけど、いまだ誰も追いつけないわけだから。あとは、久保建英。そして、中村俊輔かな」(サッカー解説者・名波浩氏)

    no title


    スポルティバ 8/24(月) 6:20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a6344da56cc4ca824fb3c483de8b913ff1bd1e5

    写真

    【<日本サッカー界の「天才」ランキング> 「リアル翼くん」は誰だ?第3位:久保建英、第2位:釜本邦茂、1位は?】の続きを読む

    1128

    1: Egg ★
    リーガ・エスパニョーラ1部のビジャレアルに期限付き移籍した日本代表MF久保建英。新シーズンの活躍も注目される19歳だが、ビジャレアルは久保の練習中の動画を公開。素早いタッチでボールキープした高い技術に対し、国内外のファンからは「ニュー“メッシ”」「ワクワクで期待しかないです」などと反響が寄せられている。

     新天地で早速テクニックを披露した。ミニゲームで、白いビブスを付けた久保はボールを持つと、自身を挟むように寄せてきた相手2人に対して軽やかなタッチを披露。ボールを失わず、素早く足裏を使って反転し、浮き球で味方にパスを送る。その後も味方と流れるようなパスワークを披露した。

     久保が披露した素早いボールタッチの実際の動画を、マジョルカは公式インスタグラムに「オーマイガー! クー――――ボ―――――!」などとつづって公開。海外ファンからは「クボのプレーを楽しもう」「天才」「ニュー“メッシ”」「完成されたプレーメーカーだ」「すげえ」などと反響が寄せられていた。

     また、コメント欄には日本人ファンからも「うまっ! えぐっ!」「さすがタケ」「日本を盛り上げてくれてありがとう」「もう支配してる」「ワクワクで期待しかないです」「連携ばっちり」「まじか!! 凄すぎて鼻血出そう」とコメントが集まっていた。

    8/18(火) 9:54
    https://news.yahoo.co.jp/articles/711a2a276ed4311c3e76aa5b8d6e1a66db989d96

    【動画】「ニュー“メッシ”だ」と反響! 新天地で披露した軽やかなタッチとは…久保のテクが光る練習風景の実際の動画 

    写真
    no title

    【【動画あり】<久保建英>は「ニュー“メッシ”」練習で披露の高速タッチに国内外反響「うまっ!」】の続きを読む

    1120

    1: ネギうどん ★
     W杯予選が来年に再延期になり、この先の活動の見通しがまだ不透明なサッカー日本代表チーム。もし今すぐに試合があるとしたら、2020年8月時点で選ばれるべきベストメンバーはどんな顔ぶれになるのか、識者たちが選出した。前回の活動から8カ月が経ち、所属クラブでの状況から状態のいい選手、悪い選手が誰なのか。また、現在適任がいないポジションもわかってきた。

    海外組で活躍した選手は使いたいところ

     ヨーロッパではシーズン途中で打ち切りになったリーグもあり、海外組に関しては現状をつかめないところもあるが、概ね充実したシーズンを送った海外組に加え、Jリーグで好調の選手を選んだ。

     何と言っても、まずは久保建英だ。ラ・リーガ再開後は際立ったパフォーマンスを披露していた。現状において海外組のなかでも最高のプレーを見せている。使わない手はない。

     久保につづくのは、フランクフルトでの活躍が目覚ましい鎌田大地。本来は1トップ向きではないとは思うが、2列目は人材豊富なこともあり、鎌田がハマってくれれば先々の見通しが明るくなる。同じく、ブンデスリーガのシュツットガルトで右肩上がりに調子を上げた遠藤航も、今使いたい選手だ。

     南野拓実はリバプールへの移籍で、さすがに出場機会は減らしたが、彼自身のパフォーマンスは悪くない。久保や鎌田にはない日本代表での実績もあり、外す理由にはならないだろう。

     DFラインでは、冨安健洋、酒井宏樹が所属クラブで安定したプレーをつづけた。経験もあり、彼らが守備陣の中心となる。

     一方、国内組だが、まずはJ1でのパフォーマンスが際立つ古橋亨梧を抜擢したい。中島翔哉、堂安律らが物足りないシーズンを過ごした今、新戦力を試すチャンスだ。

     ボランチでは大島僚太を、同じリオ五輪組の遠藤と組ませたい。これまでケガが多く、再三日本代表招集を棒に振ってきたが、現在の川崎フロンターレでのプレーは出色で、まさに充実期を迎えている印象だ。

     GKには中村航輔。ケガがなければ、すでに日本代表の主力にもなれたはずで、今季も出場機会を得てからはいいプレーを見せている。

     難しいのは、左サイドバック(SB)と左センターバック(CB)の選択だ。国内外を問わず、正直、これといった決め手がない。長友佑都、吉田麻也への回帰も視野に入れつつ、新たな顔を加え、選択の幅を広げたい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb60cad3cf7f9c276451de70bb38f3a8e8d6797d

    【代表ベストメンバーを考える 今試合をしたら久保建英が中心か 続いて鎌田大地】の続きを読む

    1105

    1: Egg ★
    レアル・マドリードに所属する日本代表MF久保建英のビジャレアルへのレンタル移籍がいよいよ正式発表となりそうだ。スペイン『アス』が現地時間9日に報じた。

    今季はマドリーからマジョルカへレンタル移籍した久保。マジョルカはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格となったものの、久保はリーグ戦35試合に出場4得点5アシストを記録し、強烈なインパクトを残した。

    そんな久保にはパリ・サンジェルマン(PSG)やACミランなどスペイン以外の強豪クラブからもオファーが届いた。

    しかし、久保本人がスペインでのプレーを望み、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を有するビジャレアルへのレンタル移籍が決定的となっている。今季からビジャレアルを指揮するウナイ・エメリ監督が熱望しているという。

    同メディアは久保のビジャレアル移籍正式発表は「間も無く」と報じている。また、「彼は月曜日か火曜日にビジャレアルに合流する。その間にメディカルチェックを通過することになる」と具体的な日にちを伝えている。

    同メディアによると、ビジャレアルとマドリーは先週、すでに久保のレンタル移籍で合意に達したという。ビジャレアルはレンタル料として250万ユーロ(約3億1000万円)を支払うことになるようだ。

    8/9(日) 23:46配信 フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b103c8f32a4b039ef3e1904bb794d4af2b04622a

    写真
    no title


    ビリャレアル監督、久保建英に練習初日の参加希望か

    日本代表MF久保建英(19)が来季ビリャレアルでプレーと、スペイン紙アス電子版が9日にあらためて報じた。

    ビリャレアルは10日にメディカルチェックを開始し、12日よりプレシーズンの練習をスタートする予定になっている。
    ウナイ・エメリ監督は久保のプレシーズン初日からの参加を希望しており、ビリャレアルがメディカルチェック期間中に、久保入団を正式発表できることを望んでいると同紙は伝えている。

    ビリャレアルは先週、久保の加入でレアル・マドリードと合意に達しており、1年間の期限付き移籍の手数料として250万ユーロ(約3億1250万円)支払うことになっているとしている。
    久保はエメリ監督とビリャレアルに信頼を寄せられており、退団したベテランMFサンティ・カソルラの抜けた中盤の穴を、サムエル・チュクウェゼ、ハビエル・オンティベロス、モイ・ゴメスとともに埋めることを期待されている。

    8/9(日) 23:25配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3a2b562d2ca62ffdf74e82e6fec1f42f42211624

    【<久保建英>いよいよビジャレアル移籍へ。『月曜か火曜日に合流』 監督、練習初日の参加希望かとスペイン紙】の続きを読む

    1106

    1: 梵天丸 ★
    8/11(火) 1:24
    配信
    スポニチアネックス

     スペイン1部ビリャレアルは10日(日本時間11日)、同レアル・マドリードから日本代表MF久保建英(19)を期限付き移籍で獲得したことを正式発表した。

     クラブは公式SNSの動画で久保の“第一声”を公開。黄色いビリャレアルのユニホームを着た久保はスペイン語で「こんにちは、タケ・クボです。ビリャレアルに来ることができてとても嬉しく思います。一緒に素晴らしい1年にしましょう(Hola.Soy Take Kubo. Estoy muy contento de llegar a Villarreal. Ojala podamos hacer un gran ano juntos.)」とサポーターにあいさつした。

     地元サポーターからはSNSで「タケ、偉大なクラブに来てくれてありがとう」「才能、成熟度、クオリティーなど成功する全てを持ち合わせている」「クボは技術的に信じられないほど素晴らしい」「メッシ、ジョルディ・アルバよりスペイン語が上手で驚いた」など、多くの歓迎と期待のメッセージが寄せられた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee56e8da1daec730cebc05feb74d2b621ab69622

    【【動画あり】久保建英 ビリャレアル 公式SNSで“第一声” 地元サポーター驚き「メッシよりスペイン語が上手」】の続きを読む

    このページのトップヘ