最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 久保建英

    1217

    1: Egg ★
    バルセロナ戦、ビジャレアル久保の先発を現地紙予想 「問題を解決できる可能性」

    ビジャレアルは現地時間27日(日本時間28日4時)、リーガ・エスパニョーラ第3節でバルセロナと対戦する。
    スペイン紙は「サイドからダメージを与えるためのチュクエゼと久保?」と注目し、日本代表MF久保建英のスタメン起用を提言している。

    ウナイ・エメリ新監督の下で船出を切ったビジャレアルは開幕2試合を終えて1勝1分の成績を残す一方、期限付き移籍中の久保は開幕戦のウエスカ戦(1-1)で後半32分からプレー。
    続くエイバル戦(2-1)で後半40分からピッチに送り込まれ、途中出場が続いている。

    スペイン紙「VAVEL」はバルセロナ戦に向けたビジャレアルのスタメンを予想。2トップにスペイン代表FWパコ・アルカセルと同FWジェラール・モレノ、そして中盤の2列目右に久保、
    左にナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼと見ている。「サイドからダメージを与えるためのチュクエゼと久保?」と記し、久保の起用について触れている。

    「ウエスカとエイバルとの2試合では、ナイジェリア人のチュクウェゼと日本の久保が一緒にピッチ上でプレーしたのは13分のみだ。ビジャレアルは両試合、とりわけ開幕戦で攻撃に深みを欠いた。
    したがって、エメリがナイジェリア人を左、日本人を右に配置して実験することは不合理ではない。チュクウェゼがその場所に慣れていないのは事実だが、2人を起用することで、ビジャレアルのサイド問題を解決できる可能性がある」

    開幕2試合は、中盤の右でチュクウェゼ、左でMFモイ・ゴメスがスタメン出場を続けてきた。攻撃の深みを加えるという意味で、現地紙は久保とチュクウェゼの“同時起用”を提言した形だ。
    短い出場時間のなかでも存在感を示している久保だが、バルセロナ戦でどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。

    9/27(日) 19:41配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/536ed46a1c829f070232cd4550e642b053d48512

    写真
    no title

    【<久保建英>バルサ戦スタメンで“同時起用”を現地紙が提言 「サイドからダメージを…」】の続きを読む

    1202

    1: 久太郎 ★
     9月19日、ラ・リーガ第2節のビジャレアル対エイバルが開催された。

     ビジャレアルの久保建英は、開幕節のウエスカ戦に続いてベンチスタート。一方、エイバルの乾貴士は2試合連続の先発出場で、4-3-3の左ウイングに入り、3日前に加入したばかりの武藤嘉紀もベンチメンバーに名を連ねた。

     序盤はビジャレアルのペースで進み、開始9分には、モイ・ゴメスのクロスをジャラールが合わせてネットを揺らすが、VAR検証の末にオフサイドとなる。12分にもジェラールの巧みな落としから、チュクウェゼが右足でシュートを放つが枠を外れた。

     迎えた20分、エイバルにビッグチャンスが訪れる。敵のCKをキャッチしたGKドミトロビッチのパントキックを前線に残っていた乾が絶妙のトラップ。ペドラサを振り切ってエリア内に入り、GKアセンホと1対1となるが、シュートは正面を突き、絶好機を逃す。

     ハイラインのアウェーチームは、ビジャレアルの攻撃陣を度々オフサイドにかけ、ペースを握らせない。36分には、ゴール正面からエスポージトが左足でシュートを狙うも、アセンホの好セーブに防がれた。

     後半立ち上がりのピンチを防いだエイバルは、乾のパスを起点に、エスポージトがスルーパス。これを受けたキケ・ガルシアが上手くゴールに流し込み、先制ゴールを奪う。

     再三チャンスを作り出しながらも、最後の局面での精度を欠くビジャレアルは、56分にもマリオのクロスをジェラールがヘッドで合わせるも、ドミトロビッチの好セーブに防がれる。

     しかし63分、チュクウェゼの折り返しを受けたジェラールが巧みなシュートフェイントでDFを翻弄し、右足でシュート。ようやく同点に追いつく。

     さらに72分、ジェラールのスルーパスを受けたパコ・アルカセルがGKとの1対1を制してネットを揺らす。一度はオフサイドと判定されたが、VARでゴールが認められた。

     逆転したビジャレアルは、その直後に裏に抜け出ようとした乾をエリア外でGKアセンホが倒す。レッドカードの対象となるプレーかと思われたが、オフサイドがあったとしてファウルは認められない。

     ビジャレアルは、84分にチュクウェゼに代えてようやく久保を投入。右サイドに入ると、88分にはドリブルでマーカーを翻弄し、エリア内に持ち込むも、中に送り込んだパスは中に合わなかった。

     その後もジェラールへのお膳立て、自らドリブルで運んでのシュートなど、アディショナルタイムも含めた11分間で存在感を発揮した。

     試合はビジャレアルが2-1で逃げ切り、今シーズン初勝利を挙げた。

     ゲームには敗れたもの、終始溌溂としたプレーを見せた乾はフル出場。武藤に出番は巡ってこなかった。 

    久保タッチ集

    【【動画あり】久保建英が11分で存在感、ビジャレアルが逆転で今季初勝利!エイバル乾貴士はフル出場で先制点の起点に】の続きを読む

    1201

    1: Egg ★
    エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、ビジャレアルの久保建英を記者会見で称賛している。

    「日本代表は最高の経験」「理想的な社会」「息子はぜひ日本代表に…」“日本”の虜になったスター選手たち

    エイバルは19日、ラ・リーガ第2節でビジャレアルと対戦する。ビジャレアルには久保が所属しており、乾貴士との日本人対決となるが、メンディリバル監督は久保を警戒しているようだ。

    「久保と乾の違いはピッチ上での生意気さだ。ボールを持つと、フィールドを支配する。それは私が乾に求めていることだ。久保はボールを受けると、まず1対1を仕掛け、ゴールを目指す。体格も技術も似ているけどね」

    一方で、乾にも言及。「練習で私が説明したことをよりよくやってくれる」と評価しつつ、注文もつけた。

    「とてもいいプレーをするときもあれば、必死になるときもある。複雑なことができて、簡単なことで失敗したり、ボールを奪われてしまうときがある。それがタカなんだ」

    9/19(土) 11:41配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6321620f701436d23a13d93076ee2ac96acbc58d

    写真
    no title
    【<エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督>久保建英を評価…乾貴士との違いは「生意気さ」】の続きを読む

    1191

    1: 豆次郎 ★
    9/14(月) 3:28
    配信
    SOCCER DIGEST Web
    久保は途中出場でピッチへ

    久保建英が77分から途中出場、岡崎慎司は先制弾に絡む!リーガ1部初の日本人対決は1-1のドロー
    (C)Mutsu FOTOGRAFIA,Getty Images
     現地時間9月13日に開催されたラ・リーガ開幕節で、久保建英が加入したビジャレアルが、岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームに迎えた。


     注目の久保がベンチスタートとなった一方、昨シーズンにチーム最多の12ゴールを挙げて1部昇格の立役者となった岡崎は、4-2-3-1のCFでスタメン出場。ラ・リーガ1部デビューを飾った。

     立ち上がりはウエスカがアグッレシブに前に出たものの、地力に勝るビジャレアルが徐々にボールを支配。26分には、CKからジェラールが渾身のヘッドを放つが、昨シーズンまでビジャレアルでプレーしていたアンドレス・フェルナンデスが好セーブで防ぐ。バーに当たったボールをアルビオルが押し込んだが、これはオフサイドとなった。

     なかなかチャンスを作れないウエスカは35分、ここまでいつも通り献身的な守備が光っていた岡崎がセットプレーから得意のヘッドで狙うも、惜しくもゴール右に外れた。

     迎えた42分、岡崎のポストプレーからファン・カルロスが右サイドに展開。駆け上がってきた右SBのマッフェオがカットインから左足を振り抜き、鮮やかな先制ゴールを奪う。ジローナ時代に、メッシへの執拗なマンマークで名を揚げた新戦力が、いきなり結果を残した。

     この1点でペースを掴んだウエスカはこのままリードして折り返すと、53分にフェレイロのクロスを岡崎がヘッドで狙うも、枠を捉えられない。さらにその2分後には、パスワークで崩し、ファン・カルロスが至近距離からシュートを放ったが、岡崎に当ってしまう。

     なかなか決定機を作り出せないビジャレアルだったが、68分にビッグチャンスが訪れる。ラッキーな形でマッフェオのハンドを誘発し、PKを獲得すると、これをジェラールが決めて同点に追いつく。

     そして77分、ビジャレアルは3枚を交代。パコ・アルカセル、ルベン・ペーニャ、コクランに代えて、久保、マリオ、イボーラを投入する。これで、リーガ1部では初めて日本人選手が同時にピッチに立つ“直接対決”が実現した。

     トップ下に入った久保は、ボールを持つと積極的に仕掛けるも、シュートに持ちことはできず。フル出場の岡崎も終盤は守備に終われ、存在感が徐々に低下していった。

     試合はこのまま1-1で終了。勝点1を分け合う形となった。

    https://youtu.be/F29UzIX-gNo

    【【動画あり】久保建英が77分から途中出場、岡崎慎司は先制弾に絡む!リーガ1部初の日本人対決は1-1のドロー】の続きを読む

    1173

    1: ゴアマガラ ★
    スペイン1部・ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は、レバンテとの練習試合(ホーム)にフル出場したが、得点に絡むことはできなかった。チームは1-2で敗れた。
    リーグ戦は11日(日本時間12日)に開幕し、ビリャレアルは13日(同14日)の初戦で、元日本代表FW岡崎慎司(34)の所属するウエスカと対戦する。

    ◆シュートわずかに外れる

    リーグ開幕前最後のテストマッチ。新加入のMF久保は初めてフル出場し、最後までゴールを狙い続けたが、無得点に終わった。

     「ここまではチームに適応できている」

     2日(日本時間3日)に行われた練習試合後、久保は手応えを口にしていたが、この試合はいいところがほとんどなく、ゴール前での効果的な動きが封じられた。

    最大の見せ場は後半21分。左サイドでボールを受けると、前線へドリブル。左足でシュートを放ったが、わずかにゴール右へ外れた。試合は1-2で敗れた。
    この日の久保のプレーに現地メディアから、開幕スタメンについて「厳しいのでは」と指摘する声もあがった。

     トップ下の候補には、現在スペイン代表に招集されているMFジェラール・モレノ(28)がいる。リーグ戦開幕まで1週間。久保が開幕スタメンへ、練習からアピールする。




    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3239751d8282e62acbbf33eb7cdcfb2eed97dcc

    【【動画あり】久保建英、開幕スタメン「厳しい」練習試合フル出場も不発】の続きを読む

    このページのトップヘ