最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 香川真司

    812

    1: 久太郎 ★
    MF香川真司が所属するサラゴサ(スペイン)は2日、クラブ選手側との合意の上で、非常事態宣言が続く間で給与を減額させることを発表した。併せて、職員には関しては期間限定での一時解雇条例(ERTE)を申請したことも発表している。

     新型コロナウイルスの混乱により試合中止が相次ぐ中、クラブ側の財政面は次第に苦しくなってきている。すでにバルセロナはフロントやトップチームの選手たちと給与削減について同意。その削減分で一時解雇条例(ERTE)の対象者の給与を100%保証する対応を取った。サラゴサも2日、同様に給与削減の措置を発表。スペイン『マルカ』によると、20%から30%の給与削減だという。

     サラゴサの育成組織出身であるパリSGのMFアンデル・エレーラは2日、自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新した。自身も古巣に対して支援を行っている中、かつてマンチェスター・ユナイテッドでチームメートだった香川について言及。昨夏に加入した元同僚の働きに感銘を受け、その内容を明かしている。

    「香川にはとても感謝している。彼にとっての地元でもなく、まだ加入から日が浅い。それにも関わらず、彼は多額の寄付をしてくれたんだ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-43479375-gekisaka-socc

    【サラゴサを支援する香川元同僚「香川は地元出身でもないし、最近加入したばかりなのに…」】の続きを読む

    803

    1: Egg ★
    -新型コロナウイルスの影響による外出禁止の中での生活

    自宅待機なので、家でやれることを見つけて過ごしている。まずはトレーニングというところにフォーカスし、この時だからやれるトレーニングを徹底的にやりながら、家でやれることを自分の中で考えて生活するようにしている。

    -日本の状況

    日本も感染者数がここ数日で急激に伸びている。ここ数週間、ヨーロッパ、特にスペインやイタリアの感染者が拡大する中、日本人や日本という国は危機感がかなり薄れている。
    そういうのが影響して、いま少しずつ感染者が増えている状況になっている。だからこそ僕自身もスペインの現状を含めて、こういうことが起きているということを日本の人たちに伝えていきたいし、
    まず何をやるべきかを明確に示し、感染者が世界中で出ないことを止めるために、1人1人がやれることを僕自身、発信していきたいと思う。

    4/1(水) 20:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-24010675-nksports-socc

    香川が公式インスタグラムに日本語で投稿「止めるのは、皆さん次第です」
     
    現在、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、リーガ・エスパニョーラを含む欧州全域のリーグが中断している。
    今季からスペイン2部サラゴサに加入したMF香川真司が日本語で警鐘を鳴らしたことを受け、海外メディアは「香川が日本人への警告メッセージ」と注目を寄せている。

    【動画】「同胞に警鐘を鳴らした」 サラゴサMF香川が日本人に送ったメッセージ


    2010年に加入したドルトムントではブンデスリーガ連覇の立役者となった香川は、12年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。
    しかし、思うように本領を発揮できずにドルトムントへ出戻りし、ベジクタシュを経て、サラゴサへと加わった。序盤はトップ下で主力を担っていたものの、徐々に出番を失い、ベンチを温める日々が増えていた。

    そんななか、現在世界で猛威を振るう新型コロナウイルスがスペインでも爆発的な感染を見せているため、リーグ戦が中断。長期延長の可能性も取り沙汰されているが、
    スペインメディア「El Desmarque」は「香川が日本人への警告メッセージ」と見出しを打ち、新型コロナウイルスの感染拡大予防策のため、香川が日本語で投稿した動画に注目している。

    公式インスタグラムを更新した香川は、新型コロナの爆発的な感染者増加に「スペインも苦しんでいる。僕自身も自宅待機が3週目に入り、最低でもあと2週間続くと言われている」と語ったうえで、
    「日本もおそらく、感染が拡大されていくでしょう。それを止めるのは、皆さん次第です」と外出自粛の必要性を強調していた。

    記事では、「香川は日本で最も重要なサッカー選手の1人と言える。彼はSNSで何百万人もの日本人のフォロワーを抱え、メッセージを届ける影響力を備えている」と指摘し、
    「スペインを襲ったコロナウイルスの危険が、日本にもまもなく訪れる可能性について、同胞に警鐘を鳴らした」と説明している。

    スペインでは新型コロナウイルスの感染者が8万5000人を越え、死者も7000人以上となっている。東京でもここ数日で感染者が増幅していることからも、予断を許さない状況を迎えている。

    4/1(水) 13:50配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200401-00254642-soccermzw-socc

    【【動画あり】<香川真司>スカイプで語る!「日本人や日本という国は危機感がかなり薄れている」】の続きを読む

    794

    1: Egg ★ 2020/03/29(日) 23:03:36.08
    ソン・フンミンやパク・チソンらに加えて香川と中田が選出
     
    新型コロナウイルスの影響で各国リーグが中断されるなか、スペインサッカーメディア「fichajes.net」は「サッカーはないが、歴史はたくさんある」として
    「アジアサッカー史上最も重要な5人の選手」を紹介。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを筆頭に、日本代表MF香川真司(サラゴサ)や元日本代表MF中田英寿らが取り上げられている。

    日本の「小さな魔法使い」――香川真司が決めた伝説の「凄絶ループ」弾

    最初に取り上げられているのは、トッテナムのソン・フンミンだ。「27歳にして世界で最も価値のある選手の1人」と紹介されているアタッカーは、ここまでハンブルガーSVやレバークーゼン、
    トッテナムで活躍。3度のAFCアジア年間国際最優秀選手を受賞するなど、アジア最高の選手の1人と言っていいだろう。年齢的にもさらなる活躍が期待されており、これからどんな記録を作り出していくかが楽しみだ。

    その他には、イランサッカー界のレジェンドで国際試合149試合109ゴールを記録した元イラン代表FWアリ・ダエイ、マンチェスター・ユナイテッドで205試合に出場した元韓国代表MFパク・チソンが入っている。

    日本からは2人。「アジア人選手史上最高の成績を残している」と紹介された香川は、ドルトムントやユナイテッド、ベジクタシュなどで活躍。ドルトムント時代には現リバプールのユルゲン・クロップ監督の下でプレーし、
    多くのタイトル獲得に貢献している。また最後には、イタリアを中心にイングランドでも活躍した中田の名前も。
    「FIFA史上最高の100人の選手の歴史の中に日本人選手としては唯一、名前を残している」として、史上最も重要な5人の1人に名を連ねた。

    現役でプレーしているのはソン・フンミンと香川のみ。この5人に食い込んでくる次なるアジア人選手は誰なのだろうか。

    3/28(土) 6:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200328-00253611-soccermzw-socc

    【<アジア史上最も重要な5人>」香川真司、中田英寿が選出 海外メディア特集「最高の成績」】の続きを読む

    744

    1: Egg ★
    今シーズンからスペイン2部のサラゴサに活躍の場を求めた日本代表MFの香川真司が、米メディア『The Athletic』のインタビューで約2年間在籍したマンチェスター・ユナイテッド時代を回想した。

     大きな期待を背負っての移籍だった――。

     2010年の夏にセレッソ大阪からドルトムントへ完全移籍した香川は、ユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の薫陶を受け、瞬く間にチームにフィット。中盤の絶対的なレギュラーとして君臨し、ブンデスリーガ2連覇に大きく貢献した。

     その活躍が名将アレックス・ファーガソンの目に留まり、香川は12年の夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。世間から大きな注目を浴びることになった日本代表MFは、初年度で公式戦26試合に出場して6ゴール・6アシストと1年目としてまずまずの結果を残し、プレミアリーグ制覇に少なからず貢献した。

     その状況が一変したのは、さらなる飛躍が期待された2年目だった。

     監督生活にピリオドを打ったファーガソンの後を受けたデイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム)が、フィジカルに重視したサッカーを採用したため、技巧派の香川の出場機会は激減。そのモイーズが成績不振で解任され、OBのライアン・ギグスが暫定監督に就任してからも、満足のいく出場機会を得られず……。

     結局、ルイス・ファン・ハール監督が就任した14-15シーズンの開幕直後に古巣ドルトムントへの復帰を決断した。

     ユナイテッドの2年間を振り返った香川は、「僕は常にプレーしていたかったけど、試合に絡めなくなってそれができなかった」と語り、自身のパフォーマンスに度重なる監督交代が影響したことを明かした。

    「モイーズが解任され、次々と監督が変わり、たった2シーズンで4人の監督と一緒になった。加入した時は25年間にわたり、チームを率いた(ファーガソン)監督がいたけど、その後、モイーズ、ギグス、ファン・ハールが指揮を執った。

     僕自身、ブラジルでのワールドカップでうまくプレーできず、日本代表もグループステージ最下位で敗退してしまっていた。だから、自分のベストを取り戻すために、新たな挑戦の必要性を感じていた」

     そんな香川にユナイテッドを去ろうと決断させたのは、当時、指揮を執っていたファン・ハールの事実上の“戦力外通告”だった。

    3/9(月) 6:05配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00010002-sdigestw-socc

    写真no title

    【<香川真司>マンU退団の舞台裏を赤裸々告白! 名将からの戦力外通告で「君はプレー出来ないと言われて…」】の続きを読む

    669

    1: スタス ★
     サッカーJ1のセレッソ大阪が、スペインでプレーする乾貴士(エイバル)と香川真司(サラゴサ)を今夏にも獲得する意思であることが報じられた。2人はセレッソ出身で、チームは2人が所属していた時につけていた背番号を空けて受け入れ態勢が整っているという。2人とも現所属チームとの契約を残しているため、獲得するには移籍金を支払わなければならない。
    「セレッソはそれを承知の上で獲得を目指しています。香川は現在2部リーグのサラゴサに所属しているので、日本に復帰する可能性は十分あるでしょう。一方、乾はエイバルに復帰しチームの中で自分の立ち位置をなんとか作り出していますが、チームが下位に沈んでいるため、2部に降格すればセレッソ移籍もありそうです」(スポーツ紙記者)
     ただ、乾に関しては別の問題もある。タレントの木下優樹菜との間に降ってわいた不貞疑惑だ。2人がインスタグラムで投稿した文章が、縦読みすると相手へのラブメッセージになると指摘されている。スペインで女性週刊誌記者の直撃を受けた乾は、木下を仲のいい友人の1人とするも、不貞関係は否定した。
     騒動そのものは沈静化しておらず、もし乾が日本に帰ってくるとなれば、マスコミの追及を受けることは避けられそうにない。
    「それを嫌って日本復帰をあきらめるのではないかという見方もあります。ただし、好感度が仕事に直結するタレントと違い、スポーツ選手は実力さえあれば問題なく試合に出られる。マスコミの攻撃を気にしなければいいだけです」(前出・スポーツ紙記者)
     乾貴士は日本に復帰するのか。カギを握るのは木下優樹菜ということはないはずだ。

    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12277-557623/

    【乾貴士と香川真司、Jリーグ復帰へ セレッソ大阪が今夏に獲得へ】の続きを読む

    このページのトップヘ