最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 香川真司

    1437

    1: 爆笑ゴリラ ★
    1/16(土) 19:42
    東スポWeb

    MF香川真司の〝妥協点〟? トルコ1部アンタルヤスポルと交渉か 
    MF香川真司
     元日本代表MF香川真司(31)の移籍先として、トルコのチームがあらためて注目されている。

     まだ新天地は決まらないものの、豊富な資金力を持つトルコ1部のアンタルヤスポルから熱い視線を送られている香川。スペインメディア「エル・デスマルケ」も「トルコのメディアによると、最新のオファーはトルコ1部アンタルヤスポルだ。リーグの中位にいるチームで、欧州のカップ戦出場を目指して戦う可能性があるチームだ。さらに「(一昨年までJ1神戸でプレーした)元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(35)や元トルコ代表MFヌリ・シャヒン(32)のような輝かしいベテランを連れて来ており、香川にも興味を持っているだろう」と伝えた。

     その上で「説得力のある提案がない中、香川はスペインでのプレーを継続するという夢は持ち続けているが、少なくとも欧州サッカーとのつながりは継続したい」との意思を示しているという。

     同メディアは、ドイツ1部シャルケや米メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティー、オランダ1部アヤックスも興味を示していると報じているが、果たして次はどこのチームでプレーをするのだろうか。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ee35976e70d574b6af968131320850c704fa338

    【MF香川真司の〝妥協点〟? トルコ1部アンタルヤスポルと交渉か】の続きを読む

    1417

    1: Egg ★
    スペイン2部サラゴサを退団後フリーとなっている元日本代表MF香川真司(31)の去就を巡り、新たな動きが出てきた。

    トルコメディア「TGS」が7日に「アンタルヤスポルがシンジカガワ、FWアレシャンドレ・パト(31)との契約に非常に近づいている」と報じた。
    同クラブの専門メディア「アンタルヤスポルアナリズ」も2人の名前が獲得候補に浮上していると伝えている。

    トルコ1部アンタルヤスポルは中堅クラブだが豊富な資金力をバックに大物獲りを得意としており、
    現在は元ドイツ代表でJ1神戸でもプレーしたFWルーカス・ポドルスキ(35)や元トルコ代表でドイツ1部ドルトムント時代に香川とともに活躍したMFヌリ・シャヒン(31)が在籍している。

    香川は希望するスペインのクラブを中心に移籍先を模索しているが、2019年には半年間ベシクタシュでプレーしておりトルコとの縁もある。
    ドルトムント時代に公私ともに親交が深かった盟友シャヒンの存在も後押しとなりそうなだけに、電撃移籍となるか注目が集まる。

    1/7(木) 22:34配信 東スポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a371d92956fd8742bca9f619c83b85d648bfffc8

    【<MF香川真司> トルコ1部アンタルヤスポル入りか FWポドルスキやMFヌリ・シャヒン在籍】の続きを読む

    1366

    1: 数の子 ★
    現在は多くの日本人選手が欧州で活躍し、リバプールの日本代表MF南野拓実やビジャレアルの同MF久保建英のように、現地でも注目度の高い選手が増えてきた。これまでも多くの才能が欧州で存在を示してきたなか、英サッカー情報サイト「onevalefan」は、「世界的に有名なクラブのリストに名前が挙がった優秀な選手」として、アジアのブックメーカー「JBO」が紹介する史上最高のアジア人選手10人を報じている。


     10位は日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)。「日本サッカー界で最も有名な選手の1人」とし、プレミアリーグのサウサンプトンでプレーした吉田を「印象的な高さと落ち着いたプレー」と評している。

     9位はアジア人として初めてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を成し遂げたパク・チソン(元韓国代表MF)で、8位には元日本代表MF中田英寿が入った。中田は1995年にキャリアをスタートさせ、97年と98年にアジア年間最優秀選手賞を受賞した。その後セリエAで長く活躍。ローマ時代にはリーグ優勝に貢献した。同メディアは「彼はこれまでの日本で最高の選手の1人とみなされている」と称えた。

     7位は元イラン代表FWアリ・ダエイ。そして6位から4位までは日本人選手が占めた。

     6位はMF本田圭佑(ボタフォゴ)で、「世界中のファンから大きな注目を集めている日本のサッカー選手」と紹介。5位のMF香川真司(無所属)は「欧州カップ戦で日本人選手の中で最も多く出場し、ゴールを記録している。優れた技術、敏捷性、創造性を備えたタイプの選手」と称えられている。

     4位はMF中村俊輔(横浜FC)。かつて所属したセルティックでのプレーが印象的なようで、「スコットランドに来た時、才能をさらに促進させた。彼は新しい環境に非常に迅速に適応して、スマートで技術的なプレーを見せ続けた」と、人々を魅了した姿を紹介している。

     3位は元韓国代表FWチャ・ボムグン。2位には元日本代表でブンデスリーガ優勝を経験した奥寺康彦が選出された。「ブンデスリーガでサッカーをした最初のアジア人選手。日本サッカーのプロとして支援することに多大な貢献をした人物。日出ずる国で伝説になるに値する」と、ブンデスで結果を残した奥寺氏が日本人で最高位につけた。

     1位は1910~20年代に名門バルセロナで活躍し通算369ゴールを記録した、フィリピン出身のスペイン系フィリピン人FWパウリーノ・アルカンタラが選ばれた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/70a5dbc671ae0695e8e2f816b11e06b0c6174597

    【「史上最高のアジア人選手トップ10」を海外選出 “日本人最高位”につけた名手は?】の続きを読む

    1359

    1: Egg ★
    英メディアが、現在フリーとなっている元日本代表MF香川真司(31)のイングランド・プレミアリーグのニューカッスル移籍の可能性を報じた。

     10月上旬にスペイン2部サラゴサを退団した香川は無所属のまま移籍先が決まらない状態が続いている。そんな中、英メディア「ニューカッスルトゥーンズ」は来年1月の移籍市場で現在リーグ戦で13位と低迷するニューカッスルが再建策として獲得の可能性がある選手を特集し、香川の名を挙げた。

    「ニューカッスルはゲームメーカーを必要としており、1月にフリーで獲得可能な一人が元マンチェスター・ユナイテッド、ドルトムントのシンジカガワだ」と同メディアは〝推薦〟。欧州屈指の強豪である両クラブで58ゴール53アシストを記録した実績を紹介しながら「ドイツとイングランドのゲームメーカーとして名をはせた」と、その実力を高く評価した。

     ニューカッスルは中盤の司令塔が補強ポイントになっているため「香川という労働力を確保することは賢明な動きになる。彼は信頼できるオプションになる」とすぐにチームにフィットする点を強調。

    そのうえで「チームが求めることができる最高の掘り出し物だ。ニューカッスルは創造性と経験を必要としており、香川はその基準に合致する」と獲得を猛プッシュした。

     注目される新天地はイングランド再上陸となるのか――。少なくとも需要はありそうだ。

    12/8(火) 14:11 東スポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/315d2565c93f39fffcb7ab8d90e91454c85cf441

    写真
    no title

    【<香川真司>イングランド・プレミアリーグのニューカッスル移籍の可能性!地元メディアが報じる...】の続きを読む

    1357

    1: 首都圏の虎 ★
    サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、現在フリーとなっているMF香川真司を獲得することをクラブに提案している。伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』によるインタビューでのコメントをイタリア複数メディアが伝えた。

    昨季所属したスペイン2部のレアル・サラゴサを10月に退団して以来フリーとなっており、新たなクラブが決まっていない香川。冬の移籍市場に向けてサンプドリアに推薦したい選手を聞かれた吉田は、日本代表で長年チームメートとして戦ってきたその香川の名前を挙げた。


    「元ボルシア・ドルトムント、(マンチェスター・)ユナイテッドの香川。彼と一緒にここでプレーしたいと思います。サンプドリアで一緒にプレーできれば、クラブにとってもスポンサーにとっても大きな意味があります。あまり費用はかからず、経験豊富で、まだ若いですので」と吉田は語る。

     香川は現在31歳、吉田自身も32歳だが、「イタリアの水準ではまだ若い」と語る。「セリエAには僕より年上の選手たちもたくさんいます。プレミアではこの年齢でクラブを見つけるのは大変ですが、イタリアでは32歳や35歳くらいでプレーしてリスペクトされている選手も多い」と吉田。チームメートであるFWファビオ・クアリアレッラ(37歳)や、ズラタン・イブラヒモビッチ(39歳)、クリスティアーノ・ロナウド(35歳)、エディン・ジェコ(34歳)を例として挙げた。

     また吉田は、53歳で現役生活を続けている横浜FCのカズことFW三浦知良についてもコメント。「サンプドリアに来る前にメッセージを送って、ジェノヴァはすごく美しい街だと返事がありました。僕にとってはお手本です」と、サンプのライバルクラブであるジェノアでプレーしたセリエA初の日本人選手について語っている。

     少年時代の憧れの選手としては元名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ氏を挙げたほか、過去に指導を受けたイタリア人監督であるアルベルト・ザッケローニ氏についてもコメント。また、C・ロナウドに対して日本への移籍を勧め、「日本のサッカーにとっても経済にとっても素晴らしいことになると思いますし、CR7にとっても新しい世界で異なる文化を体験できる。(アーセン・)ヴェンゲルやストイコビッチ、ザッケローニのように、日本は外国人に良いインスピレーションを与えられると思います」とコメントしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f405646609847b4e2c756ea1ff55ad6d50ec58d
    no title

    【吉田麻也、サンプドリアに香川真司獲得を推薦。「フリーで経験豊富でまだ若い」】の続きを読む

    このページのトップヘ