最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 中島翔哉

    447

    1: 砂漠のマスカレード ★
    1-4で大敗した先のベネズエラ戦。ピッチ上に両軍が交錯する姿をスタンドで俯瞰したとき、違和感として最も目に映ったのは中島翔哉のポジショニングだ。
    4-4-2的な4-2-3-1の3の左にいた時間は半分にも満たなかった。
    与えられた左のポジションを嫌うかのように真ん中に進出。
    そこで少々強引なドリブルを始める場合もあった。

    チーム内でコンセンサスが図られているなら話は別だ。
    中島が内に入ったとき、スッと入れ替わるように外に開く選手がいるなど、監督の指示に基づく連携プレーになっていたのなら構わない。
    しかし中島が動いて空になった左をカバーする選手は見当たらず、監督から指示が出ている様子は見られなかった。

    よって日本の左サイドはサイドバック、佐々木翔ひとりになる時間が多くを占めた。相手が日本の左サイドを突きやすい状態、つまり穴を、日本は自ら作り出していた。

    森保監督の対応は遅かった。中島が左から1トップ永井謙佑の下にポジションを変えたのは、ベネズエラに4点奪われた後半で、古橋享梧を右に投入したことで玉突きのように真ん中に移動した格好である。
    永井と中島が真ん中でコンビを組むサッカーも、お互いゴールを背にしてプレーすることを得意にしないタイプなので、問題といえば問題。いいコンビだと思わないが、それはともかくーー

    真ん中に入り込みたがる中島の癖は、以前から少なからず目に付いた。ここまで放置された状態にあったのだ。
    サイドでドリブルを仕掛けることと、真ん中でドリブルを仕掛けることと、どちらがリスキーか。一般のファンにも判る話だろう。

    こうした、よくいえば奔走な動きはかつて「自由度の高いプレー」と言ってもてはやされた。
    ジーコジャパン時代、メディアが好んで使ったフレーズだ。ジーコは何かと規律が多かったトルシエジャパンに批判的で、その次の代表監督に自らが就任すると、まず「自由」を謳った。
    その結果、ポジションに捕らわれないサッカーこそ自由なサッカーの証だとの雰囲気が形成されることになった。
    ブラジルサッカーの、ジーコが選手だった頃からの嗜好でもあるが、それは用いた布陣にも現れていた。

    中盤ボックス型の4-2-2-2。4人の中盤、特に攻撃的な2人(中田英寿、中村俊輔)が自由に動くことを肯定するサッカーだった。

    言い換えれば、サイドハーフやウイングがいないこのスタイルは、岡田ジャパンにも引き継がれることになった。
    その就任初戦、対チリ戦で岡田監督が採用したのは中盤ダイヤモンド型の4-4-2。
    中盤の4人が真ん中に固まる傾向は相変わらずだった。
    岡田ジャパンは、その後、世界的に主流となっていた4-2-3-1を採用することになったが、実態は表記とは異なる4-2-2-2の匂いが残る「自由度の高いサッカー」だった。
    3の右であるはずの中村俊は、中島のようにその多くの時間を真ん中にポジションを取り、ゲームメーカー然とプレーした。

    それが完全に是正されたのが2010年南アW杯本番だった。
    そこで披露した4-3-3は、まさに穴のない手堅い布陣だった。そのベスト16入りには必然があった。
    しかし岡田監督は、なぜ本番になって急に布陣やメンバーを変更したのかという問いには多くを語らなかった。

    その頃になると日本で4-2-2-2はすっかり消え、その本家であるブラジルでも衰退に向かっていた。
    サイドハーフあるいはウイングのいない4バックは極めて少数派になったわけだが、それはなぜなのか。
    その時代背景や理由を岡田監督のみならず、ほとんどの日本人監督が言及しなかった。
    こちらに対し、そのあたりのことを仔細に渡り雄弁に、教え魔のようにレクチャーしてくれた欧州の監督、指導者、あるいは評論家たちとの最大の違いでもあった。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20191128-00152749/
    11/28(木) 14:39

    【中島翔哉と香川真司に見る「自由度の高いサッカー」の幻影 与えられた左のポジションを嫌うかのように真ん中に進出 】の続きを読む

    298

    レンジャーズのスティーヴン・ジェラード監督は、ポルトとの一戦を前にコメントを残している。

    ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第3節を前に、レンジャーズ、ポルト、ヤングボーイズ、フェイエノールトの4チームが勝ち点3で並ぶなど混戦模様を見せるグループG。そんな中、24日の敵地での一戦を前にジェラード監督はポルトについて言及している。

    「ポルトは威厳のあるクラブ。とても大きなクラブでもあり、我々にとって大きなチャレンジだ。彼らにはグループをトップで通過しなければいけないというプレッシャーがあると思う。しかし、フットボールの世界ではなんだって起こりうる。明日の試合で野心を持って戦えば、勝利かドローを手にできるはずだ」

    ジェラード監督は先週末のハーツ戦で先制点を奪われた食野亮太郎とともに、24日に対戦する可能性のある中島翔哉についても問われ「君たちが挙げた2人(食野と中島)は良い選手だ。メシノは週末に良いプレーをしていたが、これから対戦する選手について話したくはない。私は自分のチームのことだけを考えている」と特定の選手へのコメントを控え、ポルトへの警戒をあらわにした。

    「ポルトには良い選手が揃っていて、ファンタスティックなチームだ。それに、チャンピオンズリーグで戦うために資金を費やしてもいる。どの選手が我々の前に立ちはだかるかわからないが、ポルトの選手たちにクオリティがあることを我々はよく知っている」

    また、イギリス『BBC』はこの一戦を前に、レンジャーズの相手であるポルトについて特集。この中でポルトの注目選手を挙げ、ペペ、ゼ・ルイスとともに中島の名前がピックアップされる。

    同メディアは、日本代表MFについて「1000万ポンド以上を掛けて獲得した今夏の最高額の選手は、(セルジオ)コンセイソンの下で定位置をつかめていない。しかし、日本人ウィンガーは最高のテクニックを持ち、出場すれば不調のジェームズ・タヴェルニエの脅威になるだろう。フェイエノールト戦では途中交代したが、本拠地でポルトのファンを興奮させる可能性がある」と評価している。

    276

    代表ウィーク明けの週末、ポルトガルではリーグ戦ではなくカップ戦が開催された。現地19日に行われたタッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の3回戦にポルトが登場し、3部のコインブロエスに5-0の貫禄勝ちを収めている。

    ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は格下相手の一戦に、普段出場機会の限られる選手たちを数多く起用した。中島翔哉はベンチスタートだったが、交代でも出番なし。後半途中からは負傷から復帰したばかりの面々が積極的に送り出された。

    試合後、記者会見で「この試合で起用した選手たちは今後に向けてどれほど重要になっていくか?」と問われたコンセイソン監督は、コインブロエス戦での選手選考基準について明確に説明した。

    今日の先発メンバーのうち、今季の公式戦で全くプレーしていなかったのは(ママドゥ・)ルームだけだ。代表ウィークによる中断期間もあったが、その間に90%がチームを離れていた。よって管理しなければならないポジションがいくつかあった。例えばルイス・ディアスと中島翔哉が彼らの代表チームで出場した時間を見て、この試合におけるベストの戦略を選んだ。私はこの試合における最強のイレブンに賭けたんだよ」

    確かにコロンビア代表に選ばれていたルイス・ディアスは、2試合で60分間のみのプレーで、移動もスペインとフランスと負担の少ない欧州圏内で済んでいた。一方、中島はモンゴル戦とタジキスタン戦の2試合で計153分プレーし、日本へ行ってから、タジキスタンを経由してポルトガルに戻る長距離移動があった。

    ともにコインブロエス戦まで2回の練習しかできていない状況は同じだったが、中島に比べてルイス・ディアスの方が良好なコンディションだったことは想像に難くない。そしてルイス・ディアスは2ゴールを決めて大勝に貢献した。

    コンセイソン監督は「選手に自信を与えるために試合で使うわけではない」と、あくまでコンディションを考慮した先発メンバーだったことを強調していた。これで中島の立場が悪くなったわけでは決してない。

    ポルトには24日にヨーロッパリーグのレンジャース戦、27日にはファマリカンとのリーグ首位攻防戦が控えている。その後も厳しい連戦が続くため、中島にはより重要な試合で先発出場の機会が与えられるだろう。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191020-00343773-footballc-socc 

    195

    1: 豆次郎 ★
    9/27(金) 20:14配信
    「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!

     現地時間9月25日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・ダ・リーガ」のグループステージ第1戦が行なわれ、中島翔哉が所属するポルトはサンタ・クララに1‐0で勝利を収めた。


     この試合で、サポーター投票によるマンオブ・ザ・マッチに選出されたのが中島だ。持ち前の打開力を活かして次々にチャンスを演出し、前半アディショナルタイムには、左サイドからのピンポイントクロスでディオゴ・レイテのヘッド弾をアシスト。結局これが、決勝ゴールとなった。
     

     スーパーゴールや珍プレーなど、世界の様々なサッカー動画を公開しているツイッターアカウント『433』が、この試合の中島のキレキレぶりを集めた動画を投稿。「ナカジマがショーを見せている」と題したそれには、鮮やかなターンでスライディングをかわし、即座にフェイトで敵を抜き去るシーンや、2人のマーカーを背負いながらボールをキープし、ヒールパスを味方に通す圧巻のプレーが収められている。

     この投稿に欧州のファンも興奮! 次のようなメッセージが寄せられている。

    「なんてこった!」
    「目が離せない!」
    「ドラゴン(ポルトのホームスタジアム)の大空翼だ」
    「カタールから彼を救い出してよかった」
    「素晴らしいショーだ」
    「才能がある」

     主力として期待されながら、ここまでなかなか本領を発揮できていなかった中島がようやく“らしい”プレーで欧州のファンを唸らせた。レギュラー確保に向け、この一戦がターニングポイントとなるか。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00064647-sdigestw-socc
    no title


    【【動画あり】中島翔哉のドリブルがヤバすぎる!鮮やかターン&エラシコ「大空翼だ」欧州興奮!】の続きを読む

    163

    1: ゴアマガラ ★
    ポルトガル1部リーグ、ポルトの日本代表MF中島翔哉(25)が、セルジオ・コンセイソン監督(44)と“和解”したと、地元メディアが報じた。

     中島は15日の古巣ポルティモネンセ戦に後半26分から途中出場したが精彩を欠き、試合直後のピッチで指揮官から激しく叱責(しっせき)され、ポルトガルでも波紋が広がっていた。

     地元レコルド紙(電子版)は、18日の公開練習中にコンセイソン監督が中島に歩み寄って言葉を交わし、握手をする写真を掲載し「“中島事件”の終わり」と報道。
    オジョゴ紙(電子版)も「叱責は過去のことで、関係が通常どおり戻ったことを示した」と伝えた。

     ポルトは19日に欧州リーグでヤングボーイズ(スイス)と対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000238-spnannex-socc

    【【写真あり】中島翔哉 監督と“和解” 監督と中島の握手する写真がヤバすぎると話題に!】の続きを読む

    このページのトップヘ