最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 中島翔哉

    276

    代表ウィーク明けの週末、ポルトガルではリーグ戦ではなくカップ戦が開催された。現地19日に行われたタッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の3回戦にポルトが登場し、3部のコインブロエスに5-0の貫禄勝ちを収めている。

    ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は格下相手の一戦に、普段出場機会の限られる選手たちを数多く起用した。中島翔哉はベンチスタートだったが、交代でも出番なし。後半途中からは負傷から復帰したばかりの面々が積極的に送り出された。

    試合後、記者会見で「この試合で起用した選手たちは今後に向けてどれほど重要になっていくか?」と問われたコンセイソン監督は、コインブロエス戦での選手選考基準について明確に説明した。

    今日の先発メンバーのうち、今季の公式戦で全くプレーしていなかったのは(ママドゥ・)ルームだけだ。代表ウィークによる中断期間もあったが、その間に90%がチームを離れていた。よって管理しなければならないポジションがいくつかあった。例えばルイス・ディアスと中島翔哉が彼らの代表チームで出場した時間を見て、この試合におけるベストの戦略を選んだ。私はこの試合における最強のイレブンに賭けたんだよ」

    確かにコロンビア代表に選ばれていたルイス・ディアスは、2試合で60分間のみのプレーで、移動もスペインとフランスと負担の少ない欧州圏内で済んでいた。一方、中島はモンゴル戦とタジキスタン戦の2試合で計153分プレーし、日本へ行ってから、タジキスタンを経由してポルトガルに戻る長距離移動があった。

    ともにコインブロエス戦まで2回の練習しかできていない状況は同じだったが、中島に比べてルイス・ディアスの方が良好なコンディションだったことは想像に難くない。そしてルイス・ディアスは2ゴールを決めて大勝に貢献した。

    コンセイソン監督は「選手に自信を与えるために試合で使うわけではない」と、あくまでコンディションを考慮した先発メンバーだったことを強調していた。これで中島の立場が悪くなったわけでは決してない。

    ポルトには24日にヨーロッパリーグのレンジャース戦、27日にはファマリカンとのリーグ首位攻防戦が控えている。その後も厳しい連戦が続くため、中島にはより重要な試合で先発出場の機会が与えられるだろう。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191020-00343773-footballc-socc 

    195

    1: 豆次郎 ★
    9/27(金) 20:14配信
    「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!

     現地時間9月25日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・ダ・リーガ」のグループステージ第1戦が行なわれ、中島翔哉が所属するポルトはサンタ・クララに1‐0で勝利を収めた。


     この試合で、サポーター投票によるマンオブ・ザ・マッチに選出されたのが中島だ。持ち前の打開力を活かして次々にチャンスを演出し、前半アディショナルタイムには、左サイドからのピンポイントクロスでディオゴ・レイテのヘッド弾をアシスト。結局これが、決勝ゴールとなった。
     

     スーパーゴールや珍プレーなど、世界の様々なサッカー動画を公開しているツイッターアカウント『433』が、この試合の中島のキレキレぶりを集めた動画を投稿。「ナカジマがショーを見せている」と題したそれには、鮮やかなターンでスライディングをかわし、即座にフェイトで敵を抜き去るシーンや、2人のマーカーを背負いながらボールをキープし、ヒールパスを味方に通す圧巻のプレーが収められている。

     この投稿に欧州のファンも興奮! 次のようなメッセージが寄せられている。

    「なんてこった!」
    「目が離せない!」
    「ドラゴン(ポルトのホームスタジアム)の大空翼だ」
    「カタールから彼を救い出してよかった」
    「素晴らしいショーだ」
    「才能がある」

     主力として期待されながら、ここまでなかなか本領を発揮できていなかった中島がようやく“らしい”プレーで欧州のファンを唸らせた。レギュラー確保に向け、この一戦がターニングポイントとなるか。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00064647-sdigestw-socc
    no title


    【【動画あり】中島翔哉のドリブルがヤバすぎる!鮮やかターン&エラシコ「大空翼だ」欧州興奮!】の続きを読む

    163

    1: ゴアマガラ ★
    ポルトガル1部リーグ、ポルトの日本代表MF中島翔哉(25)が、セルジオ・コンセイソン監督(44)と“和解”したと、地元メディアが報じた。

     中島は15日の古巣ポルティモネンセ戦に後半26分から途中出場したが精彩を欠き、試合直後のピッチで指揮官から激しく叱責(しっせき)され、ポルトガルでも波紋が広がっていた。

     地元レコルド紙(電子版)は、18日の公開練習中にコンセイソン監督が中島に歩み寄って言葉を交わし、握手をする写真を掲載し「“中島事件”の終わり」と報道。
    オジョゴ紙(電子版)も「叱責は過去のことで、関係が通常どおり戻ったことを示した」と伝えた。

     ポルトは19日に欧州リーグでヤングボーイズ(スイス)と対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000238-spnannex-socc

    【【写真あり】中島翔哉 監督と“和解” 監督と中島の握手する写真がヤバすぎると話題に!】の続きを読む

    161

    1: ゴアマガラ ★
    現地時間9月15日、ポルトガルリーグの第5節が行なわれ、ポルティモネンセとポルトが対戦。2-3でアウェーのポルトが勝利した。

     今夏にポルトに加入した中島翔哉にとって、ポルティモネンセは昨季まで所属していた古巣にあたる。このゲームで、
    ポルトの中島はベンチスタート、一方のポルティモネンセでは、今季に鹿島アントラーズから新加入した安西幸輝が右SBで先発、権田修一はベンチスタートだった。

     試合はアウェーのポルトが主導権を握る展開となるが、ゼ・ルイスやムサ・マレガがフィニッシュの精度を欠く。しかし22分、ポルティモネンセDFジャジソンがスライディングしたプレーがハンドと判定され、
    PKが与えられる。25分、これをポルトのアレックス・テレスがきっちり決め、ポルトが先制した。

     その後、勢いづくポルトに対し、ポルティモネンセは守備に追われながらも、数少ないチャンスで前線に食らいつく。安西はコロンビア代表のルイス・ディアスと対峙し、激しい駆け引きを繰り広げた。

     しかし強さを見せたポルトは45分、ゼ・ルイスの今季5点目となるゴールで、前半だけで2点をリードする。

     後半に入り、ホームのポルティモネンセが攻勢を強めて流れを引き寄せ始める。そんななか、72分、ポルトは中島翔哉が左サイドハーフのルイス・ディアスと交代してピッチに登場。
    古巣のサポーターからも拍手が送られるなか、東京ヴェルディユース出身のふたりがポルトガルの地で対峙した。

     それでも勢いに乗ったのはホームチームだった。74分、右サイドから崩したのちデネルが頭で押し込んで1点を奪い返すと、
    77分には安西が中央に切り込みながら左足を振り抜き、鮮やかなミドルシュートを決め、2-2の同点に追いつく。

    おせおせのポルティモネンセに対し、ポルトは前半の躍動が嘘のように足が止まり、中島も試合の流れに乗り切れない状態が続く。

     90+2分、アレックス・ペレスがポルティモネンセのモレノの決定機を阻止したプレーで一発退場となると、残り少ないプレー時間でポルトが数的不利な状況に陥る。
    これで与えたFKはゴールには結びつかなかったものの、ポルトとしては冷や汗もののプレーだった。

     90+8分、強さをみせ、勝ち越したのはポルトだった。CKからイバン・マルカーノが頭で押し込み決勝点。試合はそのすぐ後に終了し、ポルトが劇的な勝利を収め、リーグ戦4連勝を飾っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190916-00064225-sdigestw-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568589753/

    【【動画あり】ポルティモネンセ安西幸輝が移籍後初ゴール、中島翔哉と日本人対決も実現!】の続きを読む

    156

    1: Egg ★
    ポルトガルリーグのポルティモネンセvsポルトの一戦では、安西幸輝と中島翔哉の日本人対決が実現。

    この試合では77分に安西がポルトガル初ゴールを決め、2-2で迎えた後半ATの98分にイバン・マルカーノが劇的ヘッドを決め、ポルトがアウェーゲームを制している。

    日本でも注目を集めたこの一戦で、ポルト中島は72分から途中出場したが、ポルトガルでは試合後の一幕について、大きく報じられている。

    ポルト指揮官セルジオ・コンセイソンは試合後、中島に挨拶をかわした後、中島を追いかけて大声で一喝する場面があった。同僚のヘスス・コロナ、オタビオらが間に入って指揮官をなだめたものの、このシーンはポルトガルメディア『Record』、『tvi24』などでもピックアップされ「コンセイソンは中島に怒り、腹を立てている」と伝えた。

    試合後にコンセイソン監督は会見の場で「監督はチームをいつだって助けるためにベンチから指示を送っているものだ。だが、それはときに試合を難しくすることもある。おそらくサッカーを愛する方なら、私が何を言いたいか、ご理解いただけるんじゃないかな」と述べている。

    また、一喝した中島について問われると指揮官は「これはあくまで私たちが話し合うべき問題だ」と述べ、多くを語らなかった。

    77分、安西に同点弾を決められた際は左ウイングの中島が自陣まで戻っていたものの、プレスが機能せず、安西にカットインから左足のミドルを決められ、2-2に追いつかれることとなってしまった。なお、ポルトファンの間ではSNSで「この場面のナカジマに監督が怒っていたのでは?」「ショウヤは途中出場なんだから、あの場面でしっかり寄せるべき」「この場面に限らず、今夜はボールロストが目立った」といった議論が交わされている。

    コンセイソン監督が明言を避けていることもあり、中島のどのプレーに不満を持っていたのか現時点で不明だ。だが今夏ポルトに加わったばかりの中島は、まだコンセイソン監督の信頼を完全に勝ち取るまで至っていないようだ。

    9/16(月) 9:40配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00010012-goal-socc

    写真
    no title


    no title

    【【動画あり】<ポルト中島翔哉>勝利した試合後、監督に激ギレされた理由】の続きを読む

    このページのトップヘ