最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 堂安律

    1759

    1: アタザナビル(鹿児島県) [US]
    海外で生活しているので、東京五輪に関する日本の温度感はあまり感じ取れていないんですけど、
    「東京五輪は中止でいい」という意見が日本で根強いことはもちろん知っています。ただ、ひとりの
    アスリートとして、あえてこれだけは言わせてください。絶対に東京五輪を開催してほしい――。
    コロナで延期になっても、この気持ちがブレることは一度もなかったし、どうしても譲れない俺の本音です。
    中3の頃から憧れ続けた夢の舞台だし、そこで活躍するために必死でサッカーがうまくなるように
    がんばってるんで。どれだけ世間にバッシングされても、「東京五輪に出たい」と俺はハッキリ言い続けますよ。

    まだまだコロナは終息しないし、世間の風当たりが厳しいのもわかっています。でも、東京五輪に
    出ることを本気でイメージし、準備万端でその日が来るのを今か今かと待ち続けている選手がいることを
    忘れてほしくないんです。日本人選手が自国開催の東京五輪にかける気持ちはどれほどのものなのか。
    どれほど一生懸命なのか。そういう思いが世間に伝わっていないのはすごくもどかしい。

    本音と建前の、建前ばかり言う人が多くてすごくもどかしいんですよ。世論に同調するようなことを言って
    バッシングを避けている人が多いけど、本音はどうなんだと。「東京五輪を開催してほしい」という
    気持ちがあるなら、それを表明すればいいのに。もし中止すべきだと思っていたり、開催することに対して
    葛藤があったりするなら、その意見をそのまま表明すべきだし、貫き通すべきです。中途半端なことしか
    言わない人はどこかで保険をかけているし、世論に負けてしまっていると思う。「それってプロフェッショナルとして
    本当に正しいのか?」ということを問いたいです。

    最近、スケジュールが合わないことを理由に聖火ランナーを辞退する人が増えていますけど、
    もし枠が空いていたら、ぜひ俺を指名してほしいですね。聖火ランナーですよ? こんな名誉なことはないでしょ。
    東京五輪を少しでも盛り上げたいので、もし辞退する人が多いんだったら、600mでも800mでも
    俺がひとりで走りますよ!

    https://wpb.shueisha.co.jp/news/sports/2021/03/18/113267/

    【【動画あり】サッカー日本代表・堂安律 「プロのアスリートとして一言。何の信念もなく“東京五輪中止”とか言うな」】の続きを読む

    1449

    1: 久太郎 ★
    ブンデスリーガ第17節、ビーレフェルトvsシュツットガルトが20日に行われ、3-0でビーレフェルトが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーし、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。

    前節ホッフェンハイム戦をゴールレスドローとした15位のビーレフェルト(勝ち点14)は、堂安が開幕から17試合連続でスタメンとなった。

    一方、前節ボルシアMG戦をラストプレーのPK弾で2-2の引き分けに持ち込んだ10位シュツットガルト(勝ち点22)は、ワマンギトゥカとニコラス・ゴンサレスを出場停止で欠く中、堂安同様に遠藤も開幕から17試合連続でスタメンとなった。

    徐々にポゼッションを高めて押し込む展開としたシュツットガルトが16分に最初の決定機。ソサの左クロスをボックス中央で受けたカラジッチがシュートに持ち込んだが、GKの守備範囲だった。

    その後も最前線のカラジッチを中心にゴールチャンスが訪れたシュツットガルトだったが、27分に先制したのはビーレフェルト。左サイドからのラーセンのグラウンダーのボールに堂安がニアサイドに飛び込み、流れたところをファーサイドのクロスが決めた。

    ハーフタイムにかけてもシュツットガルトが押し込む展開としたものの、チャンスを生み出せず、ビーレフェルトが1点のリードで前半を終えた。

    迎えた後半、開始2分にビーレフェルトがリードを広げる。堂安が右サイドから右足で入れたクロスがケンプフのオウンゴールを誘った。

    理想通りの試合展開としたビーレフェルトは58分、堂安のセンタリングのルーズボールにクロスが押し込みにかかるも、GKの好守に阻まれる。

    3点目とはならなかったビーレフェルトだったが、GKオルテガの好守もあって2-0のリードを保つと86分、堂安に今季3ゴール目が生まれる。ドリブルでボックス右に侵入した堂安が右足でグラウンダーのシュートをゴール左に流し込んだ。堂安が全3ゴールに絡んだビーレフェルトがシュツットガルトに快勝としている。 

    【【動画あり】堂安律が今季3点目!全3ゴールに絡む大活躍でビーレフェルトが快勝】の続きを読む

    1354

    1: 久太郎 ★
     ブンデスリーガ第10節が5日に行われ、MF堂安律が所属するビーレフェルトはホームでマインツと対戦した。堂安は開幕から10試合連続でスタメンに名を連ね、右サイドハーフとしてプレー。

     ホームのビーレフェルトは21分に先制点を奪う。堂安の落としを受けたマヌエル・プリートルがエリアの外から右足を振り抜くと、シュートは相手に当たってコースが変わってゴールに吸い込まれた。

     すると31分、堂安がビーレフェルトに追加点をもたらす。ドリブルでペナルティエリア手前まで運んだ堂安は、数人の相手に囲まれながらも自力で打開し、最後は得意の左足でゴール右下隅に流し込んだ。堂安は第4節のバイエルン戦以来、自身2得点目を記録した。

     ビーレフェルトは67分、堂安が供給したフリーキックにファビアン・クロスが頭で合わせたが、これは枠を捉えられず。78分には相手のクリアを高い位置でカットした堂安のスルーパスからアンドレアス・フォクルザマーが左足を振り抜いたが、これは相手GKに正面で弾かれた。

     マインツは82分、ジャン・パウル・ボエチウスの折り返しをケヴィン・シュテーガーが押し込んで1点を返す。それでもビーレフェルトがリード守り切ったまま試合は終了した。

     ビーレフェルトは8試合ぶりの勝利で連敗を「7」で止め、マインツは4試合ぶりの黒星で今季7敗目を喫した。なお、ビーレフェルトはマインツと入れ替わり、16位に浮上している。次節、ビーレフェルトは12日にアウェイでフライブルクと、マインツは同日にホームでケルンと対戦する。 
    https://youtu.be/OcxE7kJr8uE


    【スコア】
    ビーレフェルト 2-1 マインツ

    【得点者】
    1-0 21分 マヌエル・プリートル(ビーレフェルト)
    2-0 31分 堂安律(ビーレフェルト)
    2-1 82分 ケヴィン・シュテーガー(マインツ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/19767943d5024da0607cfd7c3992a019cba002f9

    【【動画あり】堂安律が1ゴール1アシストの大活躍! ビーレフェルト、下位対決制して7連敗ストップ】の続きを読む

    1170

    1: 久太郎 ★
     ドイツ1部ビーレフェルトは4日、オランダ1部PSVアイントホーフェンから日本代表MF堂安律(22)を期限付き移籍で獲得したと発表した。移籍期間は2021年6月30日までの1年間で背番号は8となる。

     兵庫県出身の堂安はG大阪の下部組織から16年にトップチーム昇格。17年夏にオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍し、18年4月に完全移籍へ移行した。昨夏に2024年6月末までの5年契約、移籍金推定750万ユーロ(約9億4千万円)でPSVに完全移籍。公式戦27試合で3得点3アシストを記録した。だが、今季就任したドイツ出身のロジャー・シュミット監督(53)の信頼を得るまでに至らず、来夏の東京五輪出場を視野に出場機会を求めて移籍を決断したとされている。

     ビーレフェルトは昨季ドイツ2部で優勝し、12季ぶりに1部昇格を果たした。19日の開幕戦では敵地でMF長谷部誠(36)、鎌田大地(24)が所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e5971cedab9ae0509d94a6b352af39915839f96

    【堂安律がドイツ1部ビーレフェルトに1年間の期限付き移籍 背番号8】の続きを読む

    1062

    1: 爆笑ゴリラ ★
    7/23(木) 21:05
    スポーツ報知

    日本代表MF堂安律、東京五輪まであと1年の日にYouTubeチャンネル開設!
    堂安律
     オランダリーグ・PSVの日本代表MF堂安律(22)が、東京五輪まで1年となった23日、YouTubeチャンネルを開設した。第1回は「Going Back to Eindhoven」のタイトルで、日本からオランダ・アイントホーフェンに戻る機内の様子などをアップした。

     同チャンネルではプライベートやCM撮影の裏側、練習風景、試合後の車中の様子など、ファンにとってのお宝映像を投稿していく予定。

     昨夏にフローニンゲンから、オランダ屈指の強豪・PSVへと移籍した堂安。PSVでは19試合2得点と不完全燃焼のまま、新型コロナウイルスの影響によりシーズン終了を迎えた。現在はオランダで新シーズンに向けたトレーニングを再開。東京五輪を目指すU―24日本代表の中心として期待がかかるレフティーは、レベルの高いチーム内競争を制し、さらなる飛躍を目指す。 


    【【動画あり】日本代表MF堂安律、東京五輪まであと1年の日にYouTubeチャンネル開設!】の続きを読む

    このページのトップヘ