最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 堂安律

    204

    1: 久太郎 ★
    【ズヴォレ 0-4 PSV オランダ・エールディビジ第8節】

     オランダ・エールディビジ第8節、ズヴォレ対PSVが現地時間29日に行われた。試合はアウェイのPSVが4-0で勝利を収めた。

     PSVに所属する堂安律は、ベンチスタート。51分から途中出場し、移籍後初ゴールを記録している。ズヴォレのDFファン・ウェルメスケルケン・際は、この日も先発入りし、4試合連続のスタメンフル出場を果たした。DF中山雄太はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

     序盤は、ズヴォレがサイドから積極的に仕掛け、ペースを握る。だが、PSVも徐々にリズムを掴み、ズヴォレゴールに襲いかかる。39分にロサリオがゴールを決め、PSVが前半終了間際にリードを奪った。

     1点リードのPSVは51分、ナ・バンニャに代え堂安を投入。堂安はこれで2試合連続の出場となった。右ウィングに入った堂安は、左サイドバックのファン・ウェルメスケルケン際とマッチアップとなった。

     すると、PSVが追加点を奪う。68分、ペナルティエリア外の左でベルフワインが仕掛け、マレンにバックパス。マレンは右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

     続く72分、堂安に待望の瞬間が訪れる。ペナルティエリア中央を抜け出したベルフワインが、右にいた堂安にパスを供給。すると堂安は、ワントラップから左足を振り抜き、ゴールを陥れた。ファン・ウェルメスケルケン際がプレスをかけるも、堂安の移籍後初ゴールが決まった。

     終了間際にもPSVが追加点を奪い、4-0で勝利を収めた。PSVは無敗を維持している。

    【得点者】
    39分 0-1 ロサリオ(PSV)
    68分 0-2 マレン(PSV)
    72分 0-3 堂安律(PSV)
    90+4分 0-4 グティエレス(PSV)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340455-footballc-socc

    【【動画あり】堂安律が移籍後初ゴール!左足で巻いたシュートが上手すぎる。】の続きを読む

    071

    1: ゴアマガラ ★
    現地時間27日にPSVは日本代表MF堂安律の獲得でフローニンゲンと合意に至ったことを発表。移籍金は750万ユーロ(約8億8000万円)と伝えられ、
    メディカルチェックを通過すれば、今夏オランダでは最大規模の国内移籍が実現する。

    PSVがクラブ史上初の日本人選手の獲得に踏み切ったというニュースはもちろん国内でも大きな話題に。
    オランダ紙『アルゲメン・ダグブラド』も特集記事を掲載し、そのなかでアヤックスやPSV、
    1999年には浦和の監督を務めた経歴を持つ現在72歳のア・デモス氏が堂安についての意見を寄せている。

    「PSVはこれからもっとユース選手に頼ると考えていた」と古巣が他クラブからの補強を選択したことに多少の戸惑いをのぞかせるデモス氏は、
    「彼らは“買うクラブ“のイメージを追い払いたかったはずだ。だが、先週には(ガラタサライからのレンタルで)コンスタンティノス・ミトログルを迎えると、今度はドウアンだ。
    この2人は(コーディ)ガクポ、(モハメッド)イハッタレンの道を塞ぐ。それともベンチスタートさせるつもりなのかね」と補強の若手の成長への影響を懸念しているようだ。

    さらに同氏は「ヨーロッパリーグに出場するにあたって、たくさんの選手が必要だ。もちろん、競争は悪いことではない。
    ただ、PSVには今話した2人に加えて、(ステーフェン)ベルフワインや(ガストン)ペレイロ、(サム)ラマースと大勢の選手がいる」と攻撃陣は飽和状態になりつつあることを指摘。
    「マルク・ファン・ボメルは組織のマネジャーとして大変な仕事に臨むことになる」とも予想している。

    また、「ドウアンはビジネス面においては魅力的だ。彼を見るために多くの日本人たちがPSVにやってきて、
    試合は日本でも放映されるだろう」と獲得のメリットに言及。「でも一番大事なのはサッカーだ。
    ドウアンは優れたプレーヤーだとは思うが、飛び抜けたカテゴリーの選手ではない。私は浦和レッドダイヤモンズで指揮を執ったときにチームにはシンジ・オノがいた。
    彼は本当にドウアンより3段上の選手だった」と過去にはフェイエノールトでプレーした現FC琉球所属の小野伸二を引き合いに出している。

    デモス氏はその一方で「ただ、PSVでは今までより良い選手がドウアンの周りにいることになるからね。
    もしかしたら、“爆発”するかもしれない」ともコメント。新天地となった強豪クラブで飛躍する可能性を否定しなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00010005-goal-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567032029/

    【「小野伸二は堂安律より3段上」元浦和監督のデモス氏の厳しい言葉 】の続きを読む

    066


    1: ゴアマガラ ★
    PSVは、フローニンゲンと日本代表MF堂安律の移籍で合意したと発表した。

    2017年夏にフローニンゲンに加入して以降、オランダ・エールディヴィジでインパクトを残す堂安。
    この活躍を受け、移籍市場が開く度にステップアップの噂が後を絶たない同選手だったが、今夏に強豪へ新天地を求めるのではないかと頻繁に報じられている。

    中でもオランダの強豪PSVが堂安の新天地の有力候補に浮上。しかし、フローニンゲンが1400万ユーロ(約16億円)を求める一方で、
    PSVは800万ユーロ(約9億4000万円)を提示するなど両者の希望額には大きな溝があり、交渉は長期化する。一部では破談の可能性も取り上げられていた。

    そんな中27日、PSVは堂安の獲得でフローニンゲンと合意したことを公式ウェブサイトで発表。なお、メディカルチェックは今週中に行われるようで、その後に移籍が正式に完了するようだ。

    また、PSVのツイッター上では堂安と日の丸とともに「ようこそ」と日本語で書かれた写真に加え、「PSV史上初の日本人選手になる」と綴られている。

    なお、気になる移籍金だが、『Eindhovens Dagblad』は移籍金は現段階ではっきりしてはいないが、フローニンゲンの希望額よりも安価と報道。
    一方、『Dagblad van het Noorden』は移籍金750万ユーロ(約8億8000万円)に、250万ユーロ(約2億9000万円)のボーナスが付帯する計1000万ユーロ(約11億7000万円)で交渉がまとまったと報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00010000-goal-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566938674/

    【PSVとフローニンゲンが堂安律の移籍でついに合意!メディカル後に移籍完了へ】の続きを読む

    026


    1: 久太郎 ★
    アタッカーを求めるPSV
    オランダの1部名門クラブ、PSVがフローニンゲンの日本代表MF堂安律獲得へ動き出しているようだ。オランダ『VTBL』が報じた。

    堂安は移籍市場が開くたび、ステップアップが噂されてきた。しかし、昨シーズンは後半戦の不調で価値を落とし、いまだビッグクラブへの移籍は果たしていない。そんな中、国内のビッグクラブであるPSVが興味を示しているという。

    PSVは負傷により、ガストン・ペレイロが離脱。加えて、チームの中心選手であるイルヴィング・ロサノもナポリへ去ることが濃厚なため、新たなアタッカーの獲得を求めている。そこで、エールディビジでも実績のある堂安に目をつけたようだ。

    フローニンゲンも適切なオファーがあれば、放出も辞さない構え。昨年、拒否されたCSKAモスクワからのオファーは1000万ユーロ(約11億9000万円)であったため、最低でもこのラインを超える額の提示が必要となりそうだ。

    なお、堂安は今シーズン開幕から2試合続けてフル出場。第2節では強烈なミドルシュートで、今季初ゴールをマークしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010020-goal-socc
    no title

    【オランダ強豪PSV、堂安律獲得へ本腰か…移籍金は12億円超えへ 】の続きを読む

    このページのトップヘ