最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > バルセロナ

    551

    スペイン・スーパーカップ(Spanish Super Cup 2020)は9日、サウジアラビア・ジッダ(Jeddah)で準決勝が行われ、FCバルセロナ(FC Barcelona)はアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)に2-3で敗れた。まさかの逆転負けで敗退となったバルセロナのリオネル・メッシ(Lionel Messi)は試合後、「子供じみた」プレーをしたことが敗因だと指摘した。

    アトレティコを相手に81分まで2-1とリードし、勝利に向けて順調に進んでいるように思われたバルセロナが敗退したことで、12日に行われる決勝はレアル・マドリード(Real Madrid)とアトレティコのマドリードダービーとなった。

    メッシは「集中力が切れた時間がわずかにあり、子供じみたミスを犯してしまったから残念だ」とコメントした。「試合を終わらせておくべきだった」「特に自分たちの方が優勢だったから、この敗戦は痛い。ミスの代償は高くついた」

    後半開始早々、ハーフタイム明けから途中出場したコケ(Jorge Resurreccion Merodio 'Koke')に先制点を許したバルセロナは、メッシとアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)のゴールで逆転に成功したが、81分にアルバロ・モラタ(Alvaro Morata)にPKを、86分にはアンヘル・コレア(Angel Correa)に決勝点を決められ、試合をひっくり返された。

    計5点が生まれる荒れた展開となった後半では、バルセロナはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定によって2点が取り消された。さらに2-2の時には、明らかにボールがジェラール・ピケ(Gerard Pique)の手に当たったように見える場面があったが、アトレティコにPKは与えられなかった。

    グリーズマンは「相手は自分たちよりも体力が残っていて、それが最後に勝負を分けた」と語った。「自分たちはあらゆる部分でミスがあったし、僕のサム(サムエル・ウムティティ<Samuel Umtiti>)へのミスパスが失点につながったと思う。ああいった小さなことで敗れ得る」

    去就が注目されることになるバルセロナのエルネスト・バルベルデ(Ernesto Valverde)監督は、「どのようにして試合をものにするか決めかねていた時に、2-2となる同点弾を喫した」と述べた。「負ける時はいつでも不安定さが存在する」

    この敗戦がリーグ戦の優勝争いをするバルセロナにどう影響するかは分からないが、レアルとアトレティコはスーパーカップのタイトルを獲得し、精神的に勢いをつけることができるかもしれない。

    アトレティコのディエゴ・シメオネ(Diego Simeone)監督は「クラブにとって重要な勝利だ。われわれは世界で最も攻撃に秀でたチームを下した」と話した。「闘志や信念、野望を見せられた。それこそ、このクラブが最も大切にしているもの」

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000011-jij_afp-socc 

    431

    練習でセンターサークルからミニゴールを射抜く クラブも脱帽「ちょっと待ってくれ」
     現在リーガ首位に立つバルセロナは、現地時間23日に第14節でレガネスと対戦する。クラブ公式ツイッターは、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが練習で見せた針の穴を通すようなピンポイントシュートの動画を公開。「神のキック」「罪深いレベル」と反響を呼んでいる。

     メッシは今季、負傷で開幕こそ出遅れたが、ここまでリーグ戦7試合で8ゴールと、レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマに次ぐ得点ランク2位につけている。

     アルゼンチン代表の一員として、11月シリーズのブラジル戦(1-0)、ウルグアイ戦(2-2)に出場したメッシは、ハードな移動と日程にもかかわらず、調子はいいようだ。

     バルセロナ公式ツイッターが、「ちょっと待ってくれ…」と綴った一本の動画は、メッシがチームに戻って行った練習のワンシーンを収録。センターサークルから左足を振り抜いた一撃は、アタッキングサード手前付近でバウンドすると、勢いを抑えるようにバックスピン気味の回転とともにゴールへ一直線。ゴール内の両ポスト内側に設置されたミニゴールのど真ん中に突き刺さった。

     約50メートルの完璧なコントロールショットに、海外ファンは「彼は怪物だ」「パーフェクト」「もはや罪深いレベル」「神のキック」と興奮。ポルトガル紙「A BOLA」も、「メッシの秘密」と題して「リオネル・メッシは練習中に中盤からミニゴールにシュートを決め、依然として鋭い感覚を備えていると証明した」と伝えた。

     勢いに乗り、レガネス戦でも自慢の左足が火を噴きそうだ。

    【動画】「もはや罪深いレベル」とファン脱帽 エースFWメッシのミニゴールを射抜く“神キック”




    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00230626-soccermzw-socc 

    413

     J1の
    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、今季限りでの現役引退を発表した。輝かしいキャリアを過ごした同選手がスパイクを脱ぐというニュースは、世界中で報じられている。

     ビジャがキャリアで最も多くのゴールを挙げたクラブは、2005年から2010年まで過ごしたバレンシアで108得点だ。ニューヨーク・シティでは117試合に出場して77得点を記録し、最も高い得点率を誇った。最も多くのタイトルを手にしたのは、2010年から2013年まで過ごしたバルセロナ時代である。

     ビジャはバルセロナでチャンピオンズリーグ1回、リーガエスパニョーラ2回、スペイン国王杯1回、FIFAクラブワールドカップ1回といった主要タイトル獲得に貢献した。

     UEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッターは、ビジャがタイトル獲得に貢献したシーンを紹介。2011年5月28日、ロンドンのウェンブリーで行われた同大会の決勝戦の様子だ。

     マンチェスター・ユナイテッドと対戦したバルセロナは、54分にリオネル・メッシのミドルシュートで勝ち越しに成功すると、69分にメッシのドリブルをきっかけにビジャがゴールを決めた。バルセロナにビッグイヤーをもたらした値千金弾となっている。


    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00010002-footballc-socc.view-000

    410

    1: 伝説の田中c ★
    バルサの歴史の中で最も重要な選手の一人であるアシス・モレイラのロナウジーニョは、クラブの軌道に戻るようだ。

    これは選手自身が発表した情報であり、今週火曜日に彼はクラブへの復帰を発表するコメントと共に、代理人を務める弟のロベルトとの写真をインスタグラムに投稿した。

    「私はホームにいる。神に感謝している...とても多くの愛情と敬意を表したい。常に信じられないほどのエネルギーがある。クラブの会長や関係者らと会合し、すぐにこのニュースを発表した」と元バルサ選手はコメントしている。

    2017年2月にバルサは、“ロニー”のクラブ復帰をすでに発表していた。

    「ブラジルのスターが今後数年間の様々なイベントにおいて、クラブの大使および代表者になる」との合意のおかげで、今回の彼の復帰が円滑に進んだとみられる。

    さらに、「ロナウジーニョは世界中の試合を通じてバルサブランドとその価値のグローバル化に貢献し、クリニックやトレーニングセッション、クラブ主催のイベントに参加し、元バルサ選手らのチームによる“レジェンド”プロジェクトに参加します」との決定が下された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00010009-sportes-socc
    no title

    【ロナウジーニョ、バルサへの復帰を発表 】の続きを読む

    405

    背番号22を背負い、トップチームデビューを果たす

     スペイン1部のバルセロナは現地11月13日、2部B(実質3部)のカルタヘナとのチャリティーマッチを行なった。バルセロナBに所属する安部裕葵も、ベンチ入りを果たした。

     バルサのトップチームは、代表ウィークのためにリオネル・メッシら11人が抜けているうえ、イバン・ラキティッチら負傷者も続出していることから、安部らBチームのメンバーが招集の対象となった。

     この試合の先発には、ジェラール・ピケ、ウスマンヌ・デンベレなどが名を連ね、安部はベンチスタートとなった。

     試合はバルサが主導権を握りつつも、カルタヘナの堅い守備に手を焼き、前半はスコアレスで折り返す。

     ようやく先制点が生まれたのは64分、リキ・プッチが細かいステップで持ち込みながらゴール前でDFを引き付けると、フリーになったカルレス・ペレスがシュート。Bチーム所属のふたりのコンビネーションで、ようやく1点をもぎ取る。

     1点をリードしたバルサは、76分にスコアラーのC・ペレス交代して安部を投入。そのまま左サイドハーフにはいった安部は、ボールを散らしながら自ら切り込むなど積極的な姿勢を見せる。

     そして89分、安部が投入されてリズムが生まれた左サイドから度々展開していたなか、セルヒオ・ロドリゲスのクロスにアレハンドロ・マルケスが足で流し込み、追加点を挙げた。

     試合はそのまま2-0で終了。デンベレら主力とともにプレーすることはなかったが、安部にとっては初のトップチームでの“デビュー戦”を勝利で飾った。




    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00066615-sdigestw-socc

    このページのトップヘ