最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > バルセロナ

    1815
    1: 豆次郎 ★
    4/18(日) 6:22
    配信
    SOCCER KING
    バルサ、3季ぶり最多31回目の国王杯制覇! ビルバオにメッシ弾など4発快勝

     コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝が17日に行われ、アスレティック・ビルバオとバルセロナが対戦した。

     バルセロナはリオネル・メッシやアントワーヌ・グリーズマン、ジェラール・ピケといった主力選手を先発で起用。バルセロナは最多30回の国王杯を制覇しており、2017-2018シーズン以来の優勝を狙う。一方アスレティック・ビルバオは、国王杯を23回制覇しており、2シーズン連続の決勝進出となっている。

     試合は5分、DFの裏に抜けたメッシがエリア右でセルヒオ・ブスケツからの浮き球のパスを受け取ると、エリア中央のフレンキー・デ・ヨングに折り返す。デ・ヨングはワンタッチでシュートを放つが、左ポストに当たり得点にはならない。

     アスレティック・ビルバオは11分、右寄りの位置でフリーキックを獲得。アレックス・ベレンゲルがゴール前にクロスを供給すると、イニゴ・マルティネスが左足で合わせるが、わずかに枠の左に逸れる。

     前半をスコアレスで終えると、60分に試合が動く。メッシが右サイドのデ・ヨングに展開すると、デ・ヨングは低弾道のクロスを入れる。このボールを、左サイドから中に走ってきたグリーズマンが左足で合わせてゴール。バルセロナが先制に成功した。

     3分後の63分、クレマン・ラングレからパスを受け取ったジョルディ・アルバが左サイドからクロスを供給。このクロスをデ・ヨングがヘディングで押し込みゴールネットを揺らした。バルセロナが2点目を獲得する。

     さらに68分、メッシが右サイドを縦に上がると、デ・ヨングとのパス連携でエリア右に入る。メッシはエリア内でDFをドリブルでかわすと、左足を振り抜きシュート。GKは一歩も動けず、ボールはゴール左に決まった。

     72分、ジョルディ・アルバがグリーズマンとのワンツーで左サイドを崩す。ジョルディ・アルバは深い位置からグラウンダー性のクロスを入れると、エリア内まで上がってきたメッシが左足で押し込みゴール。バルセロナは4ゴール目を決めた。

     このまま試合は終了して、4-0でバルセロナがアスレティック・ビルバオに勝利を収めた。これにより、バルセロナが31度目の国王杯制覇を果たした。

    【【動画あり】バルセロナ、3季ぶり最多31回目の国王杯制覇! ビルバオにメッシ弾など4発快勝】の続きを読む

    1292

    1: 数の子 ★
    FCバルセロナの顧問弁護士が30日にジョゼップ・マリア・バルトメウ会長辞任後に初めてクラブと面会し、選手やスタッフらの給与減額について話し合った。

    バルトメウが早期退陣したことで、クラブは彼が抱えた負債を引き継ぐことになる。前会長の退陣後も給与面の改善は必至である。

    『RAC1』によれば、経済状況は深刻で、クラブは1億9,000万ユーロ(約232億円)の賃金を削減する必要があるという。さらに、年明けにFCバルセロナが選手を含めた全クラブ関係者と条件面で合意に至らなければ、債務超過の手続きに入る可能性があるようだ。

    バルサは、一人当たり約30%の賃金を削減することを目的として交渉を開始している。すでにジェラール・ピケ(50%)をはじめラングレ、デ・ヨング、テア・シュテーゲン(30%)は減俸を受け入れている。

    交渉の焦点の一つはメッシのポジション。彼はチームの中で最も高給な選手であり、シーズン終盤には相反する状況で退団する可能性もある。メッシが契約を更新しない場合は、ボーナスを支払必要もある。アルゼンチン人は最も稼いでいる選手で年間3億ユーロ(約366億円)の収入がある。

    これらすべての合意がなければ、最終的にはバルサが一方的に自分たちの施策を適用することになる。バルトメウが去った今、経営委員会がFCバルセロナを引き継ぐ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19147476/

    【<バルセロナ>破産手続きも視野に 232億円の給与削減が必至】の続きを読む

    1124

    1: 首都圏の虎 ★
    8月14日に開催されたチャンピオンズ・リーグ準々決勝で、バイエルンに2-8の屈辱的大敗を喫したバルセロナ。その3日後にキケ・セティエンを解任すると、翌日にエリック・アビダルSDとの契約を解除し、立て直しに向け慌ただしい動きを見せている。

     キケ・セティエンの後任として、クラブOBで現在はオランダ代表の指揮を執るロナルド・クーマンの就任が秒読みとされ、レジェンドの下での改革が注目されている。

     そんななか、厳しい批判に晒されているジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、選手の放出について言及した。

    スペイン紙『MARCA』によると、『バルサTV』のインタビューで、「売りに出さない選手は?」と問われたバルトメウ会長はまず「メッシだ。彼は世界最高の選手だ」とコメント。続いて、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、MFフレンキー・デヨング、FWアントワーヌ・グリエーズマン、FWウスマンヌ・デンベレ、DFクレマン・ラングレ、DFネウソン・セメドの6人の名を挙げた。

     バイエルン戦で守備崩壊の戦犯となったセメドや、加入以降さっぱり結果を残せていないグリエーズマンやデンベレが含まれているのは、意外とも言えるだろう。

     また、記事によれば、ここでは名前が出なかったものの、17歳のアンス・ファティも“非売リスト”に含まれているという。

     逆に言えば、これまで主軸を担ってきた、FWルイス・スアレス、MFセルヒオ・ブスケッツ、MFイバン・ラキティッチ、DFジェラール・ピケ、DFジョルディ・アルバなどは、もはや放出候補となったということだ。

     もちろんクーマンの意向も汲むことになるだろうが、大刷新の夏になる可能性は十分にある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cb22527269b1b9f70fe465f327e0c71625bead1

    【“激震”バルサが公表した「放出しない選手7人」がまさかの顔ぶれ!リストから漏れた主力は売却候補に… [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1101

    1: Egg ★
    現地時間8月8日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16第2レグで、ナポリをホームに迎えたバルセロナは3-1で勝利。アグリゲートスコア4-2で、13シーズン連続のベスト8進出を決めた。

    この試合で驚愕のゴールが生まれたのが、バルサがクレマン・ラングレのヘッド弾で1点をリードして迎えた23分だ。
    ルイス・スアレスからのパスを右サイドで受けたリオネル・メッシが、ドリブルを敢行。対峙したロレンツォ・インシーニェとマリオ・ルイの間をすり抜け、さらにカバーリングに入ったカリドゥ・クリバリもかわす。

    この時に一度は倒されるも、すぐに起き上がると、ゴール前を固めるディエゴ・デンメとコスタス・マノラスの間から、倒れ込みながらも正確なシュートを放ち、ゴール左隅に突き刺したのだ。
     この圧巻のゴールにファンは興奮。バルセロナの公式ツイッターには、次のようなコメントが殺到した。

    「なんというゴールだ!」
    「まさにゴラッソ」
    「言葉がない」
    「神というほかない」
    「やはり天才だ」
    「クレバーなフィニッシュ!」
    「これぞキング」
    「誰もこの男には近づけない」
    「信じられない感度と速さで決めた」
    「世界ナンバーワンだ」
    「魔法のゴール」
    「なんて美しい!」
    「人間業じゃない」

    これがCLでは35チーム目から奪ったゴールとなったメッシ。前半終了間際には、果敢なプレスから(スアレスが決めた)PKを誘発するなど、
    その後もナポリの守備陣を苦しめた。やはり、この男が乗った時のバルサは手がつけられない。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

    【動画】「やはり天才だ」メッシが決めた衝撃の3人抜き弾はこちら! 
    https://youtu.be/uUPCeMxuHYw


    8/9(日) 12:32配信  サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e04c8be85969f1ce323b147791ebccefeeb167e6

    写真
    no title

    【【動画あり】<メッシ>驚愕3人抜き&倒れ込み弾にファン衝撃!「人間業じゃない」「やはり天才だ」バルセロナ】の続きを読む

    1017

    1: 数の子 ★
    スペインのラジオ局『カデナ・セル』が、リオネル・メッシが2021年6月にバルセロナを退団する可能性について報じた。

     メッシとバルセロナの現行の契約は2021年6月までとなっており、双方は先月、契約更新に向けた話し合いをスタートさせていた。

     しかし、キケ・セティエン監督をはじめとするチームスタッフと選手たちの間の確執が報じられるなど、クラブに関する様々な問題がリークされる現状を鑑み、また彼には無関係の問題まで責任を負わされることに心を痛め、メッシ自身の意向により交渉が一時ストップしているという。

     メッシは常々「バルセロナが望む限り、このクラブでプレーする」と語っていたが、最近はロッカールームの自身に近しい関係者に「自分がクラブにとっての問題になりたくない」と漏らしているという。また、タイトル獲得に向けたプロジェクトを描けていないクラブに対しても不満を抱きつつあるそうだ。

    『カデナ・セル』は「現時点におけるメッシの考えは、クラブとの契約を2021年に終了させ、バルセロナを退団することだ」と結論付けている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d81057f62b902108cbe3d90e299697879dc909
    no title

    【<メッシ>バルサの現状に嫌気が差し2021年6月に退団か】の続きを読む

    このページのトップヘ