最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 冨安健洋

    667

    1: 数の子 ★
    「すでにマンチェスター・Uでプレーできる」

    ボローニャのヴァルテル・サバティーニTD(テクニカルディレクター)が10日、地元メディア『E’Tv』のテレビ番組に出演し、日本代表DF冨安健洋について見解を示した。

    ボローニャは、セリエA第23節において敵地スタディオ・オリンピコで強豪ローマに3-2と勝利。リーグ戦3連勝を飾って順位表で7位へと浮上した。そんな中、好調ボローニャのサバティーニTDがボローニャの守備陣について言及。昨夏にシント=トロイデンから加入し、本職がセンターバックでありながら右サイドバックでレギュラーの座をつかんだ冨安を絶賛した。

    「彼はセンターバックの選手だ。リッカルド(ビゴンSD)とボローニャによる勇気ある決断だった。彼はEU圏外の外国人選手でシント=トロイデンでプレーしていたからね。そしてこれがチームの有利に働いた」

    「彼はボローニャに残るだろうが、すでにマンチェスター・ユナイテッドでプレーできるレベルにある選手だと思う。日本人らしく素晴らしい規律があり、何をしたいかなど自分自身でプロジェクトも持っているようだ。彼ならどんな目標でも達成できると考えて良いだろう」

    「私はローマにいた頃、彼と同じ特徴を持った選手に出会った。ローマの右サイドでレジスタの役割を担っていたマイコンさ。トミヤスを見ていると、彼のことを非常に思い出す。トミヤスは21歳。将来、最高レベルまで到達できるだろう」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010010-goal-socc

    【ボローニャ幹部が冨安健洋を絶賛!「マンチェスター・ユナイテッドでプレーできる」】の続きを読む

    656

    1: シコリアン ★
    【スコア】
    ローマ 2-3 ボローニャ

    【得点者】
    0-1 16分 リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)
    1-1 22分 オウンゴール(ステファノ・デンスビル)(ローマ)
    1-2 26分 ムサ・バロウ(ボローニャ)
    1-3 51分 ムサ・バロウ(ボローニャ)
    2-3 72分 ヘンリク・ムヒタリアン(ローマ)

     セリエA第23節が7日に行われ、ローマとDF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は警告の累積により前節出場停止だったが、今節はスタメンに復帰して右サイドバックでフル出場した。

     試合は16分、アウェイの11位ボローニャが先手を取った。ムサ・バロウのアーリークロスをリッカルド・オルソリーニが右足ダイレクトで叩き込み先制点。22分にステファノ・デンスビルの不運なオウンゴールで5位ローマに追いつかれたが、26分にバロウがペナルティエリア左の角から豪快な右足シュートを沈めて勝ち越した。

     1点リードで折り返したボローニャは51分、エリア左に持ち上がったバロウが中央へ切り込み、右足シュートをゴール右隅に沈めて追加点。2点差とされたローマは72分、ブルーノ・ペレスのクロスにニアのヘンリク・ムヒタリアンが頭で合わせて1点を返した。

     しかしローマは80分、ブライアン・クリスタンテがオルソリーニへのファールでレッドカードを提示されて一発退場。数的有利となったボローニャはこのまま1点差を守って3連勝を飾った。ローマは2連敗を喫し、3試合未勝利となった。

     次節、ローマは15日にアウェイでアタランタと、ボローニャは同日にホームでジェノアと対戦する。 


    【【動画あり】冨安健洋はフル出場で貢献…ボローニャ、敵地でローマを破り3連勝!】の続きを読む

    587

    イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、シーズン前半を終えた時点で、今季の新加入選手の中で最も良いパフォーマンスを見せてきた選手として高く評価されている。

     冨安はベルギーのシント=トロイデンから昨夏にボローニャへ移籍。本来のセンターバックではなく右サイドバックに起用されながらも不動のレギュラーに定着し、負傷離脱を強いられた時期を除いて先発出場を続けている。

     クラブ専門メディア『トゥットボローニャウェブ』では18日付記事で、前半戦に最も好プレーを見せた新加入選手は冨安だと評価。「最初の6ヶ月間に良い意味で誰もが驚かされた」「ボローニャはすでに彼のことが大好きになった」と日本人DFを称賛している。

     冨安はボローニャでのデビュー直後から「すぐに素晴らしいプロ意識と献身性を見せた」と同メディアは振り返る。ドイツやイングランドのクラブからの関心もあるとしつつ、現時点ではボローニャでのプレーを続けると予想している。

     ボローニャは前半戦を終えてセリエAで13位。現地時間19日に行われる第20節の試合ではエラス・ヴェローナをホームに迎える。冨安はこの試合にも引き続き先発で出場することが見込まれている。




    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200119-00358557-footballc-socc 

    547

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ベルギー1部のシント=トロイデンからセリエA・ボローニャに移籍し、1年目のシーズンに挑戦している若きディフェンダー、冨安健洋。いよいよ今年開催となる、
    東京五輪で日本代表選手としての活躍が期待される中、ボローニャでもチームの主軸を担っている。
    地元イタリアのメディアでも「ボローニャをけん引する右サイドの矢」として特集が組まれるなど、注目を集める冨安が感じる“カテナチオの国”イタリアのサッカーと日本の違いとは――?

    “カテナチオの国”イタリアでの新たな挑戦
    ――冨安選手が現在所属しているボローニャFCには、どのような印象を持っていましたか?

    冨安:ほぼ全く知らないに等しかったですね。

    ――クラブからは、どういう説明を受けていたんですか?

    冨安:(シニシャ・ミハイロヴィチ)監督と移籍前にビデオ通話で話して、スタッフからの評価や、どのポジションで使おうとしているとか、けっこう具体的に説明してくれました。

    ――事前に丁寧に話があったから、やるサッカーもイメージできた状態で行くことができたんですね。セリエAには、どんな印象がありました?

    冨安:ざっくりですけど、やっぱり「守備の国」というイメージでした。

    ――実際は?

    冨安:やっぱり細かいし、戦術的だし、イメージどおりではありました。

    ――その前にプレーされていたベルギーと比べても、戦術的な部分は細かいですか?

    冨安:そうですね。ベルギーでは、守備の時はマンツーマンでやったり、チーム全体の戦術という感じではなかったので。
    イタリアでは練習の段階から、その週の対戦相手をイメージして準備するので、そういうところはベルギーとは違うなと感じています。

    ――対戦相手に合わせたサッカーをするというのも、イタリアの場合はやりますよね。世界でも一番やると言ってもいいかもしれない。
    僕も20年くらいセリエAの解説をやってきましたが、サッカーについての考え方が別物っていうくらい日本とは違いますよね。考え方から違う。

    冨安:そうですね。それは、サッカーに限らず違うなと感じています。

    ――サッカー以外だと?

    冨安:ベルギーの時も感じてはいましたけど、日本人が思っている当たり前と、ヨーロッパの人の当たり前って違うじゃないですか。
    ベルギーの時以上に、今のイタリアのほうが感じます。日本人ってやっぱりお互いに気を遣い合って、何も言わなくてもわかるというか。
    でもイタリアでは、全くそういうのがないし、そこにストレスを感じることも正直ありますね(苦笑)。

    ――「言いたいことがあるなら、言わなきゃわからないだろう」という感じですか。

    冨安:そうですね。しかも、相手はこっちが気を遣っていることにも気づいてないじゃないですか。そういう価値観の違いに慣れていく必要はあるかな、というのはあります。

    ――でも、そういう日本人ならではの思考回路も、セリエAみたいなところだと生きると思います。
    長友(佑都)選手もそうでしたけど、試合を見ていても、首を振っている回数がチームメートの中でも冨安選手が一番多いなと思いました。

    冨安:僕もボローニャでは主にサイドバックをやっていますが、逆サイドにボールがある時に日本人のセンターバックは後ろも気にするじゃないですか。
    それがこっちの選手にはなくて。ずっと「見ろ」と言っているので、今はちらっと気にしてくれるようになりましたけど、最初は全然見てくれなかったですね。

    ――そういう意味では、日本のサッカーで育ってきた中での、特徴的な部分での優位性はありますよね。

    冨安:そうですね。でも、日本のサッカーのほうがレベルが高いとは思わないし、むしろ成長するためには海外に出て挑戦しないといけないと感じているので。
    日本で学んだことも生かしながら、チャレンジャーとしてここに来ているので、いろんなことを学びながら成長していかないといけないと思っています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00010002-realspo-socc
    1/8(水) 16:30配信

    【冨安健洋「ユベントス入りは夢」 カテナチオの国で磨く「日本人らしさ」で世界に挑む】の続きを読む

    520

    1: Egg ★
    日本代表DF冨安健洋はセリエAのボローニャに加入してシーズン半分が経過した。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、「この日本人は今リーダーとなった。右の矢となって、ロッソブルーを高く押し上げる」と絶賛している。

     冨安はプレシーズンのキャンプに途中合流すると、開幕からスタメン出場を重ねた。途中、日本代表戦での負傷で約1カ月の離脱があったが、復帰後もレギュラーポジションを奪還して順調なシーズンを過ごしている。

     その冨安に対して、「10試合の後、この選手はチャンピオンなのか、ゴミ箱行きかが分かる」という尺度で新加入選手を見るイタリアメディアは賛辞を惜しまなかった。

    「ボローニャのユニフォームを着て、12試合に出場して、タケ・トミヤスは、よりよくやった選手だった。彼の積極性とポジティブな才能で、みんなを納得させた。今やボローニャの柱の一人となった。よりチームを代表する選手となった。夏の移籍メルカートでこの日本人の獲得は一番的中した。より活躍し、よりいいプレーをした選手だった」

     そして記事では、クラブのテクニカル・ディレクターを務めるワルテル・サバティーニ氏の「トミはマンチェスター・ユナイテッドでプレーできる選手だ」というコメントも紹介している。

    “想定外”のSB起用にも適応「攻撃力のクオリティーが高く、押し上げるのも上手い」

     冨安はボローニャで右サイドバックを務めているが、それは当初の構想とは違ったものだという。

    「日本代表の一人であっても、すぐに落ち着いて、実力を発揮するには、相当肝が据わっていなければならない。サイドバックとしてプレーしたが、やったことがあったポジションにせよ、ボローニャの構想ではなかった。トミはセンターバックとして入団した。攻撃のクオリティーが高く、押し上げるのも上手いので、サイドバックが適性に合っているとみんなが納得した」

     記事では、想定以上に攻撃への貢献度があったと高く評価している。

     イタリアでのプレーは初めてになる冨安だが、「言葉は障害となるが、トミはイタリア語を学んでいる。ボローニャの市民としても溶け込んでいる。サポーターから愛されている。彼のユニフォームはより売れているユニフォームの一つ。ボローニャでは持続性を持った、安定的な存在となった」と、環境への順応にも問題はなさそうだ。

     シーズン後半戦に入るイタリアだが、冨安が前半戦で見せたパフォーマンスは現地メディアでの評価も上々。シーズン終了後には東京五輪での活躍も期待されるだけに、さらなる飛躍の時期を過ごしたいところだ。
    no title

    12/29(日) 9:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00237343-soccermzw-socc

    【<ボローニャDF冨安健洋は「今やリーダー」>辛口の伊紙も称賛!TD「マンチェスター・ユナイテッドでプレーできる選手」】の続きを読む

    このページのトップヘ