最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 冨安健洋

    1768

    1: 砂漠のマスカレード ★
    3失点の完敗を喫したなか、冨安を流血させたシーンに韓国メディア注目「恥晒しだ」

     森保一監督率いる日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0と圧勝した。センターバック(CB)で先発フル出場を果たしたDF冨安健洋(ボローニャ)は無失点に貢献したが、後半23分に相手選手が振り上げた手が顔面に直撃し、口を裂傷する場面があった。韓国メディアは「マナーすらなかった」と取り上げている。

    【画像】韓国メディアが公開、冨安健洋の顔面に韓国代表MFの手が直撃…流血の瞬間

     欧州組も招集される日韓戦は、2011年8月の国際親善試合(3-0)以来、約10年ぶりとなった。冨安はDF吉田麻也(サンプドリア)とCBでコンビを形成して先発出場。試合は前半17分にDF山根視来(川崎フロンターレ)、同27分にFW鎌田大地(フランクフルト)、後半38分にMF遠藤航(シュツットガルト)がゴールを奪い、クリーンシートで完勝した。

     そんななか、0-2で迎えた後半23分の場面に韓国メディアが注目。韓国が日本陣地に攻め込んだ際、MFイ・ドンジュン(蔚山現代)の振り上げた手が冨安の顔面に当たり、冨安は口を抑えながら転倒。流血が確認されたため、一時的にピッチを離れることになったが、大事には至らず、数分後にピッチへと戻った。

     この場面を受け、韓国メディア「WIKITREE」は「マナーすらなかった。韓国選手のパンチで日本選手が負傷」と見出しを打ち、「冨安はイ・ドンジュンの腕が当たって倒れた。血を流し、歯が折れていないか確認する素ぶりも見せていた」と、状況を説明した。

     また、「このシーンはすぐさまネットで拡散され、韓国国民が激怒した。『マナーすらなかった』『恥晒しだ』『なんであんなことするのか』『親善試合でこれはなんだ』と怒りを吐き出していた」と言及。対戦相手を負傷させる振る舞いに、母国サポーターからも批判が寄せられているという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e44732043c18b698b624e67def35bf9187602204
    3/26(金) 6:35配信

    https://www.youtube.com/watch?v=6OslYP_rbsQ

    冨安に韓国人選手が肘打ち攻撃! 歯をへし折るも何故かノーファール

    【【動画あり】「マナーすらない」韓国MF、冨安顔面流血の“ラフプレー”を母国批判「国民が激怒」】の続きを読む

    1493

    1: 首都圏の虎 ★
    イタリア紙がボローニャ冨安を特集、「安売りすべきでない」と指摘

     ボローニャの日本代表DF冨安健洋に対する現地メディアの評価が高まっている。セリエA挑戦2年目の今季も、ここまで最終ラインの軸として堂々たるプレーを見せているが、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は「無限のクオリティー」を持った選手だと絶賛している。

     22歳の冨安はアビスパ福岡の下部組織で育ち、2016年に高校3年生でトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦全21試合にフル出場(計1890分)して2ゴールを記録。右サイドバック(SB)、不慣れな左SBでの起用にも対応するなか、昨年12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

     元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)ら世界トップクラスのストライカーとも対峙してきた冨安。これまでユベントスやACミランというイタリアの名門が獲得に興味を示していると噂されたが、イタリア国内での“冨安人気”は着実に上昇しているようだ。

    「コリエレ・デロ・スポルト」は移籍市場で注目度が高まっている存在として冨安を特集。昨季のボローニャ加入時を振り返り、「このフクオカ出身のディフェンダーは信じ難い選手だ。リッカルド・ビゴン強化部長が2019年の夏に、ベルギーリーグのシント=トロイデンから獲得したが、イタリアのサッカーに慣れるのに1カ月も必要としなかった。トミヤスはピッチに入って最初の試合から、無限の可能性を示した」と、加入直後から輝きを放っていたと伝えている。

    ユーティリティー性を高く評価「トッププレーヤーになれるすべてを持っている」
     そして今季前半戦でDFミッチェル・ダイクスとDFアーロン・ヒッキーを欠いた際に、左SBもこなしたことを評価。「トミヤスはトッププレーヤーになれるすべてを持っている。戦術的な知性、偉大な実践力、優れた走力、優れたスピード、無限のクオリティー」と絶賛した。

     ビッグクラブからの関心が高まるなか、ボローニャに対して「安売りすべきでない」とも指摘された冨安。前途有望な万能DFとして、“守備大国”イタリアで着実に評価を高めているようだ。

    【冨安健洋は「信じ難い選手」と伊紙絶賛 「無限のクオリティー」に名門も熱視線】の続きを読む

    1487

    1: 風吹けば名無し
    ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋にインテルとユベントスが興味を示しているようだ。伊メディア『milan live』が現地時間8日に報じた。

     2019年7月にシント=トロイデンVVからボローニャへ移籍した冨安。今季はここまで公式戦全23試合に先発出場で2得点を記録している。ボローニャでなくてはならない存在となっている。


     そんな冨安にはACミランが興味を示していた。開幕戦でボローニャがミランと対戦した際、ミラン側は冨安の状態をチェック。
    マルディーニSD(スポーツ・ダイレクター)も冨安を気に入っていたという。

     伊メディア『カルチョメルカート』は冨安にインテルとユベントスが興味を示していると伝えている。
    果たして、冨安はイタリアトップレベルのチームへ移籍することになるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/11a511d14716d8e78b024c01ee7d053bf335aeb0

    【サッカー日本代表DF冨安健洋、インテルorユベントスに電撃移籍へ wwywwywwywwyww】の続きを読む

    1416

    1: Egg ★
     ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が、6日のセリエA第16節ウディネーゼ戦で今季2点目をマークした。

     開幕から16試合連続の先発出場を果たした冨安は、右サイドバックでの起用となった。0-0で迎えた19分、ボローニャは右サイドでフリーキックを獲得し、リッカルド・オルソリーニがキッカーを担当する。左足でゴール方向に向かうボールを供給すると、高く跳んだ冨安が頭で合わせてゴール右隅に突き刺した。

     昨シーズンからボローニャでプレーする冨安は、昨年7月18日に行われた昨シーズンのセリエA第34節ミラン戦でリーグ初ゴールをマーク。昨年12月23日に行われた今季のセリエA第14節のアタランタ戦では、FW顔負けの鮮やかなループシュートで今シーズン初ゴールを決めていた。 


    【【動画あり】<DF冨安健洋(ボローニャ)>今季2点目!FKに頭で合わせて先制点マーク】の続きを読む

    1397

    1: 首都圏の虎 ★
    セリエAを代表する若手に

    セリエAで13位につけるボローニャは、ここまで14試合を消化して27失点と守備面で苦労しているところがある。ボローニャより失点が多いのは17位スペツィアと19位クロトーネ(29失点)、最下位トリノ(32失点)の3チームのみ。ボローニャの守備は決して褒められたものではない。

    しかし、それでも日本代表DF冨安健洋の評価は変わることなく高い。すっかりボローニャの守備を束ねる存在になった冨安は今季も全試合にフル出場。インテルFWロメル・ルカクなど一部の大型ストライカーへの対応に苦言を呈されることもあったが、それでも評価は安定している方だ。

    冨安の奮闘は数字にも表れている。データサイト『FBref』の数字によれば、冨安はここまでボールリカバリー数はリーグ7位となる142回。インターセプト数は全体6位の21回、空中戦勝利数は2位となる57回だ。セリエAには屈強なアタッカーが多いが、その中で188cmの冨安はエアバトルでもしっかりと戦えている。

    ミレンコビッチと同じくセリエAを代表する若手DFに

    似たような数字を記録している選手として、フィオレンティーナDFニコラ・ミレンコビッチが挙げられる。ミレンコビッチといえばビッグクラブからも注目されている195cmの大型センターバックだが、ミレンコビッチも冨安と同じ57回の空中戦勝利数を記録している。もっとも冨安が空中戦の勝率69.5%なのに対し、ミレンコビッチは86.4%と高い。とはいえ身長差を考えると冨安の勝率も十分に高い。

    ミレンコビッチの方はボールリカバリー数も冨安より17回多い159回を記録しており、セリエAを代表する若手センターバックの1人として注目されるだけのことはある。23歳と冨安より1つ年上のミレンコビッチがビッグクラブに引き抜かれる日もそう遠くはないのだろう。

    それに近い数字を残している22歳の冨安もビッグクラブに向かうチャンスがあるはず。サイドバックで戦えることを証明しているのも大きく、冨安も現セリエAを代表する若手DFの1人と言っていい。日本だけでなく、アジア史上最高のDFの称号を得るのも不可能ではない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4204729c83297499ac1fb8bc175c8b43975238d9
    no title

    【日本人がセリエA空中戦勝利数“2位” アジア史上最高のDFへの道】の続きを読む

    このページのトップヘ