最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 長友佑都

    1511

    1: 征夷大将軍 ★
    サンスポ2021.2.21 09:45
    https://www.sanspo.com/soccer/news/20210221/fra21022109450001-n1.html

    サッカーのフランス1部リーグで20日、マルセイユの長友佑都はアウェーのナント戦で0-1の後半23分に同点ゴールをアシストし、終了間際に交代した。酒井宏樹は後半ロスタイムに退場処分となり、試合は1-1で引き分けた。(共同

    【【動画あり】長友佑都はアシスト、酒井宏樹は退場】の続きを読む

    1505

    1: 愛の戦士 ★
    サッカーダイジェスト
    代理監督がチームに欠けていたものをもたらした
    2人退場者を出したボルドー戦で奮闘した長友。厳しい批判にさらされていたが、この試合では平均点以上の評価となった。(C)Getty Images
     身も心も傷だらけになったオランピック・ド・マルセイユの壮絶な戦(いくさ)が、現地でじんわりとした感動を呼んでいる。日本代表DFの長友佑都も2月15日付『L’EQUIPE』紙で採点「6」を獲得、ついに本領を発揮した。

    【動画】ボルドー戦で立て続けにマルセイユ選手ふたりが退場! 衝撃の瞬間はこちら

     マルセイユはここまで激動の時間を過ごしている。1月6日を最後にリーグ・アンで勝てなくなり、順位もずるずる下降し始めると、選手間に確執が噴出。次いでクラブ上層部に怒ったサポーターが練習場に乱入し、最後にはアンドレ・ヴィラス・ボアス監督が突然辞任を表明するにまでなってしまった。

     それからは、まるで日本の大河ドラマのような世界になった。

     将軍に見捨てられ、城には反乱軍が押し寄せ、それでも戦に赴き、負けても引き分けても満身創痍で戦い続ける侍たち――。しかも軍を率いた経験など一度もない代理将軍のもとで団結し、一時的かもしれないが平穏さえ取り戻した今、フランス人もその勇敢さに感動している様子だ。

     代理将軍の名はナセル・ラルゲ。「ナセル」はパリSGのナセル・アルケライヒ会長を思い出させるうえ、「ラルゲ」は綴りこそ違うが「(交際相手に)ふられた」というときの発音と同じになるため、人々は思わず失笑したものだった。

     だが、これまでマルセイユ育成センター責任者を務めてきた、いわば教育者の代理監督は、今のマルセイユに最も欠けていたものをもたらした。穏やかさである。

     ラルゲ代理監督が初めて指揮をとったのが、上昇気流に乗るランス戦。だが選手たちは傷だらけの心で堂々の戦いをみせ、勝てなかったがドロー(2-2)をもぎとった。

     次いで相まみえたのが、王者パリ・サンジェルマン。国中が注目する“フランス版クラシコ”だった。結果は0-2の力負けだったが、ここでも選手たちの多くは、満身創痍ながら恥じない戦いをした。

     酒井宏樹もそのひとりだ。ヴァランタン・ロンジエがこぼしたボールからパリの高速カウンターに襲われ、時速36kmのキリアン・エムバペに振り切られてしまったが、酒井も時速30km近いスプリントで追ったのではないだろうか。その後も最後まで諦めず、チームにエネルギーを注入していた。

    【【動画あり】満身創痍のマルセイユで、長友佑都が奮闘!ボルドーのエースを封じ込め、ついに本領を発揮【現地発】】の続きを読む

    1433

    1: 爆笑ゴリラ ★
    1/14(木) 19:05
    東スポWeb

    マルセイユDF長友佑都のプレーに地元メディア酷評「何の貢献もできなかった」 
    苦境が続くDF長友佑都
     フランス1部マルセイユの日本代表DF長友佑都(34)に厳しい評価が下されている。

     長友は、フランススーパーカップ(13日=日本時間14日)のパリ・サンジェルマン戦に左サイドバック(SB)で先発出場。しかし、目立ったパフォーマンスを見せることができず、後半20分に途中交代。チームも1―2で敗れた。

     フランスメディア「ラ・プロバンス」は、長友について「若手を信頼せずに、34歳を迎えた日本人でキャリアの終盤にいる選手を使うことに何の意味があるのだろうか」と疑問を投げかけた。

     その上で「昔はインテル(イタリア)で左SBをやっていたが、イタリア時代のレベルとはかけ離れた存在となっている。昨日の試合でも彼は攻撃的には何の貢献もできなかった」と苦言を呈した。

     長友は昨年9月の入団会見で「チーム内のスタメン争いもそうだし、CL(欧州チャンピオンズリーグ)やリーグ戦なども含めて、厳しい戦いが始まるので、しっかりチームに貢献できるように頑張りたい」と決意を語っていたが、思うような活躍ができていない。

     次こそはベテランらしいプレーでアピールしたいところだ。 


    【【動画あり】マルセイユDF長友佑都のプレーに地元メディア酷評「何の貢献もできなかった」】の続きを読む

    1382

    1: ゴアマガラ ★
    フランス1部リーグ・リーグアン第15節が現地時間19日に行われ、マルセイユはランスをホームに迎え、1-1で引き分けた。フランスメディアは、長友佑都に厳しい評価を付けている。

    酒井宏樹とともに先発で出場した長友は、20分にオウンゴールでランスに先制点を献上。その後も目立った活躍はできず、56分に交代となっている。

    『フランス・フットボール』は長友について、「このレベルにない。攻撃面でほぼ出てこず、ピッチでの安心感がわずか」とし、負傷離脱中の「(ジョルダン・)アマヴィの復帰が待たれる」と記した。

    各メディアの選手採点も低評価が目立った。5段階で評価する『actufoot』は、長友に単独で最低評価を付け、「あり得ないヒールでランスを完全に軌道に乗せた」と寸評を掲載している。

    10点満点で採点する『Le Phoceen』は、長友に「3」を付けてワーストに選出。立ち上がりは良かったとしながらも、オウンゴールに言及するなどしている。

     なお、フル出場で同点弾に絡んだ酒井についても現地メディアは低めの評価。『actufoot』は長友より1段階上の評価で、『Le Phoceen』は「4.5」を付けている。 

    【【動画あり】長友佑都、オウンゴールで現地メディア最低評価連発の酷評。レギュラーの復帰を待望する声も】の続きを読む

    1236

    1: Egg ★
    コンディション不良で日本代表への参加を辞退したマルセイユのDF長友佑都だったが、緊急入院していたようだ。フランス『オンズ・モンディアル』が伝えた。

    今夏フリーの状態からマルセイユへと加入した長友。自身初となるフランスでのプレーとなったが、ここまで2試合に出場していた。

    しかし、4日に行われたリーグ・アン第6節のリヨン戦ではメンバー入りせず。そして、その後にコンディション不良として日本代表活動への不参加が発表されていた。


    試合後にアンドレ・ビラス=ボアス監督は、不在の長友について言及しなかったが、どうやら胃腸炎を発症し、緊急入院していたとのことだ。

    『オンズ・モンディアル』によれば、長友の痛みは相当だったようで、緊急入院を余儀無くされるほどだったとのことだ。

    これからインターナショナル・マッチウィークに入るため、回復の時間は取れる状況。17日にはボルドーとの第7節が控えている。

    10/5(月) 23:25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/748a4a6093f6086071c257a520f7063689842a8b

    【<マルセイユのDF長友佑都>緊急入院!】の続きを読む

    このページのトップヘ