最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ネイマール

    1207

    1: 久太郎 ★
    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールは、試合中の人種差別的発言などにより、最大20試合という重い出場停止処分を受ける可能性があるという見通しも伝えられている。

     今月13日に行われたリーグアン第3節のPSG対マルセイユ戦では、終了間際の乱闘騒ぎにより両チーム合わせて5人がレッドカードを受ける大混乱が発生。その一人であるネイマールは2試合の出場停止処分を受けた。

     ネイマールはマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴ったことがVARで確認された結果によるレッドカードだったが、それ以前にアルバロから人種差別的な罵倒を受けていたと主張している。実際にアルバロがネイマールに向けて「サル」などと言っていたことが映像の読唇で確認されたとの報道もある。

     だが一方で、ネイマール側もアルバロに向けて同性愛差別的な言葉で罵倒を行っていたとも報じられている。仏紙『レキップ』は、フランスプロリーグ機構(LFP)のレギュレーションにより、両選手がそれぞれ10試合の出場停止処分を受ける可能性があると伝えた。

     しかし、問題はそれだけにはとどまらない。ネイマールはこの試合でたびたびマッチアップしたマルセイユのDF酒井宏樹に向けても人種差別的な罵倒を浴びせていたとして、マルセイユがその映像証拠を保持しているという話も新たに浮上してきた。

     スペイン紙『アス』は、アルバロと酒井に対する2件の処分を合計して、ネイマールが最大20試合の出場停止処分を受けることもあり得ると述べている。LFPの規律委員会は、唾吐き行為が疑われているPSGのMFアンヘル・ディ・マリアに対する処分の可能性なども含めて現在調査を行っており、今後1~2週間で結論を出すことになると見込まれている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c20197469764c4a5676816989c0036ee4fe3c5c

    https://youtu.be/Jojz8ZRcBYE

    no title
    no title

    【ネイマールは最大20試合出場停止も? 酒井宏樹への人種差別疑惑などで厳罰の可能性】の続きを読む

    1190

    1: 幻の右 ★
    no title
    リーグアン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユが現地時間13日に行われた。0-1でパリ・サンジェルマンが敗れたこの一戦では、ブラジル代表FWネイマールらの行為が大きな注目を集めている。

     DF酒井宏樹が先発したマルセイユとの伝統の一戦は、後半アディショナルタイムに両チームが入り乱れての乱闘騒動がぼっ発。ネイマールを含む5人が退場となった。

     ただ、緊張感は序盤から続いていた。37分には、マルセイユDFアルバロ・ゴンサレスと口論になったネイマールが第4の審判に詰め寄り、「人種差別、ノー」と訴えかけた。

     ネイマールと揉めたアルバロは、アンヘル・ディ・マリアにつばを吐きかけられたと主張したようで、こちらも今後問題となるかもしれない。

     後半もヒートアップし続けたが、アディショナルタイムに両チームのうっ憤が爆発。ボールに関係ないところでのファウルがきっかけで乱闘になると、両チームとも2人ずつ退場。さらに、VARでネイマールの愚行も確認。乱闘騒動の中でアルバロの後頭部を殴っていたことがバレて、こちらも退場となった。

     結局、両チーム合わせて5人の退場者を出して試合終了。フランス伝統の大一番は、プレ-以外のところで注目を浴びる形となっている。 

    no title

    【【動画あり】ネイマール大荒れ、相手DFの後頭部に一撃。ディ・マリアにはつば吐き疑惑。フランス伝統の一戦で5人退場】の続きを読む

    887

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ブラジルメディアが特集「日本戦の一撃がネイマールの最も美しいゴールに選定された」

    パリ・サンジェルマン(PSG)に在籍するブラジル代表FWネイマールは、世界最高の名手の1人として知られているが、
    母国ブラジルメディアはネイマールがこれまで記録してきたスーパーゴールに関してアンケートを行い、2013年の日本戦で決めた豪快なダイレクトボレー弾が1位に選出されている。

    ネイマールはサントスで2009年にプロデビューして以降、若きスター候補として世界から脚光を浴びた。
    11年に出場したクラブワールドカップでは、柏レイソルを相手に強烈なミドル弾を叩き込み、日本でも一気に注目を集める存在に。
    13年にバルセロナへ移籍すると、世界的名手として飛躍を遂げ、17年夏には移籍金2億2200万ユーロ(約258億円)でPSGに加入している。

    ネイマールはセレソンでも長年にわたって絶対的エースに君臨しているが、
    ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、ネイマールが代表戦で決めたスーパーゴールのアンケートを募集し、
    「日本戦の一撃がネイマールの最も美しいゴールに選定された」と、2013年に地元ブラジルで開催されたコンフェデレーションズカップの日本戦で決めたゴールが、最多票を得たことを伝えている。

    試合開始早々の前半3分、左サイドからDFマルセロが鋭いアーリークロスを供給すると、FWフレッジが胸で落とし、構えていたネイマールがダイレクトボレーで浮き球を捉える。
    矢のように放たれたシュートは、GK川島永嗣が触れることなくゴール右上隅に突き刺さった。

    ネイマールはこれまでブラジル代表でも数々のスーパーゴールを決めてきたが、
    「エースの最も美しいゴールを募集したところ、日本戦の一撃が優勝した」と、最多となる31.92%の得票率であったことを紹介。
    日本相手に多くのゴールを奪ってきたネイマールだが、1位に選ばれた豪快なダイレクトボレー弾は別格と言えるのかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cbd2669a1cda83b0cd193a5d254f111f3c2bfd98
    5/6(水) 6:05配信

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=PfU-7f1w0nU


    Brazil 3:0 Japan, FIFA Confederations Cup 2013

    【【動画あり】ネイマールのベストゴールは「日本戦の一撃」 ブラジルで再注目「最も美しいゴール」 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    833

    1: 久太郎 ★
    ネイマールの母親ナディーン・ゴンサルベス氏(52歳)が、インスタグラムで交際発表をして話題となっている。

    お相手は、30歳下のティアゴ・ラモス氏(22歳)で、彼はeスポーツチームの『4k Easy Game』メンバーであり、コンテンツクリエイターとしても活動しているようだ。

    また、ゲーマーである他にモデルとしても活動しているようで、ブラジル・パラナ州を本拠地とするサッカークラブオペラリオ・フェロヴィアリオでプレーしていた経歴も持っているようだ。

    母親の交際発表の投稿には3万以上の「いいね!」がよせられており、息子であるネイマールは「お幸せに。愛してるよ」と短いコメントを残している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00010019-sportes-socc
    no title

    【【2ショット画像あり】歳の差30...ネイマール母(52) 22歳ゲーマーとの交際を発表】の続きを読む

    809

    1: 久太郎 ★
     バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの獲得に向けてフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン+金銭の提示を準備しているようだ。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

     ネイマールの復帰を望むバルセロナ。獲得には巨額の資金が必要になるが、バルセロナは今夏獲得したばかりのグリーズマンをネイマールの獲得交渉に組み込む可能性があるようだ。また、バルセロナはインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスにも興味を示していて、同選手の獲得にグリーズマンを差し出す可能性も報じられていた。

     同メディアは、もしPSG側がグリーズマンの獲得を拒否した場合、同選手を他クラブへ売却してネイマール獲得の資金に回すプランもあるという。

     果たして、バルセロナはグリーズマンを売却してネイマールを獲得することになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200403-00369406-footballc-socc

    【バルセロナ、PSGからネイマール獲得へ。グリーズマン+金銭の提示を準備?】の続きを読む

    このページのトップヘ