最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ネイマール

    789

    1: Egg ★ 2020/03/27(金) 20:41:20.39
    フットボール界のレジェンドである元ブラジル代表DFカフー氏が、パリ・サンジェルマンFWネイマールについて語った。

    現役時代にローマやミランなどで活躍し、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグやブラジル代表として2度のワールドカップを制したカフー氏。フットボール史上最高の右サイドバックの一人と評されるセレソンのレジェンドは、『Fox Sports』で同胞のネイマールについて、「技術面に関して言えば世界一」との認識を示した。

    「今日のフットボール界において、技術面でネイマールに勝る選手はいない。メッシでも彼には敵わないよ。私はメッシのファンだけどね。でも、技術面のクオリティにおいては彼でもネイマールを凌ぐことはできない」

    一方でカフー氏は、ネイマールが精神面で成熟さを欠いていると強調。セレソンには彼に輝きを放たせるようなリーダーシップを持つ人物が欠けていると見解した。

    「今ネイマールに、『そんなことするな』『こうやれよ』と言えるような選手はいないよね。ブラジルは一時、ネイマール自身にその役割(代表主将に任命)を担わせたが、それは彼の性格には合わなかった。望んだものでもなかったようだしね」

    「チアゴ・シウバやチッチ(監督)がネイマールを納得させることができるかと言われれば、それもできない。ネイマールはそういう選手じゃないからね」

    3/27(金) 19:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00010030-goal-socc

    写真
    no title

    【<カフー>「技術面で言えばネイマールはメッシよりも上」】の続きを読む

    764

    1: 砂漠のマスカレード ★
    “バーゲンセール”の理由とは――。フランス1部パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマール(28)の移籍金を2億2200万ユーロ(約261億円)から値引きし、1億5000万ユーロ(約178億円)に変更した。

    米メディア「ESPN」によると、パリSGはフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)へのオファーをすべて拒否する一方、ワガママ放題のネイマールを放出要員とする方針を固めたという。
    そこで確実に売却するために、昨季設定した移籍金から7200万ユーロも値下げしたわけだ。

    今季開幕前にはネイマールが移籍を直訴。古巣のスペイン1部バルセロナが獲得に乗り出したものの、移籍金で折り合いがつかずに破談していた。
    再びバルセロナが動き出すかは不明ながらも、今回の値下げによって、マンチェスター・ユナイテッドなど資金力のあるイングランド勢が名乗りを上げる可能性も指摘されている。
    同メディアによると、パリSGは今後、エムバペ中心のチームに再構築をしたい考えと報じているが、ブラジルのスーパースターはどこに向かうのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000007-tospoweb-socc
    3/16(月) 11:37配信

    【<ネイマール>PSG放出要員に ワガママ放題で移籍金85億円も値下げ】の続きを読む

    757

    1: Egg ★
    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールの“煽り”パフォーマンスが物議を醸している。

    11日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのPSG vsドルトムントが開催され、2-0でPSGが勝利。この結果、2戦合計3-2で、PSGが逆転突破を決めた。

    この試合、先発したネイマールは28分にCKからゴールを記録。ベンチ方面までセレブレーションに行った際、座禅を組んで瞑想するハーランドのパフォーマンスを真似した。

    試合後には、MFアンヘル・ディ・マリアやMFユリアン・ドラクスラーら10名以上がハーランドのゴールパフォーマンスを真似して笑顔で喜びを示していた。こういった一連の行動について現地を含むほとんどのメディアは、ネイマールが19歳ハーランドの真似をしたのは、リスペクトからではなく嘲りであるとみている。

    一方で、PSGがこういった行動に移ったのはあくまでも“報復”であったと伝えられている。ハーランドはSNSのスナップチャット上でパリという都市について「君たちのではなく、僕の街だ」とコメントしていたため、PSGの選手たちが応じたとみられている。なお、ハーランドのコメントは本物かどうか、第三者によって編集されSNSで公開されたかどうかは不明である。

    しかし、ネイマールは個人でも返答しており、試合後には自身のインスタグラムを更新。瞑想パフォーマンスを行う自身の写真とともに、「パリは君たちのではなく、僕らの街だ」とコメントしている。







    3/13(金) 14:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010022-goal-socc

    写真no title

    【【動画あり】<ネイマールらパリSG一同>“怪物”ハーランドを侮辱? 試合後の“挑発行為”に非難殺到!「なんて無礼な」「いじめか!」】の続きを読む

    635

    モンペリエ戦の試合前にPSGの特別ユニで登場。「なんで髪ピンク?」の声も
    海外サッカーのフランスリーグ1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが1日(日本時間2日)のモンペリエ戦の練習に背番号24で登場。1月26日にヘリコプター事故で急逝したNBAのスーパースター、コービー・ブライアント氏を追悼する様子を米メディアが画像付きで公開し、「どこでそのユニ買えるの??」「ネイマールのこの行動に感謝する」と反響を呼んでいる。


    サッカー界のスターがバスケ界のレジェンドに思いを馳せた。試合前の練習に登場したネイマールはPSGのユニホームを前後逆にして出陣。胸には「BRYANT 24」と記され、コービー氏の現役時代の背番号をつけ、故人をリスペクト。この試合から髪をド派手なピンクに染めており、一段と目を引いている。

    コービー氏の母国、米国のスポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式インスタグラムは「ネイマールがコービーに敬意を表して、マンバ(コービー氏の愛称)仕様のPSGのユニフォームを着用した」と記し、実際の写真を公開。目の当たりにした米ファンも反響を寄せている。

    かねてからバスケ好きを公言し、コービー氏をリスペクトしていたネイマール。コメント欄では「コービーはみんなの心の奥に!」「ネイマールをリスペクトします」「どこでそのユニ買えるの??」「ネイマールのこの行動に感謝する」と関心を集め、一方で「なんて髪型なんだ!!」「なんで髪の毛をピンクにしているの?」と奇抜なピンクヘアも視線を集めていた。

    【画像】「どこでそのユニ買えるの?」と米反響! 奇抜なピンク髪に「なんて髪形」の声も…ネイマールがコービー追悼で着用した“24番ユニ”の写真

    この投稿をInstagramで見る

    Neymar honors Kobe in a custom PSG kit for the Mamba 🙏

    Bleacher Report(@bleacherreport)がシェアした投稿 -



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00103251-theanswer-socc 

    105

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ネイマールJrのクレブロン(メロドラマ)はPSG残留で終止符が打たれた。
    そして、PSG幹部は同選手の態度に怒りを露わにしている。

    Yahooのジャーナリスト、ホルヘ・ニコラはPSGの会長、ナーセル・アル=ケライフィがネイマールの退団に反対していた事、その理由が彼に対する怒りだった事を説明した。
    「ナーセルはネイマールに苛立っていた。
    何故ならPSGは天文学的な給料を受け入れたり、彼が関わっていたいくつかの訴訟のサポートも行うなど彼に尽くしていたからね。
    ナサールの望みは(罰として)彼の契約が切れるまでピッチを走らせる事だった」

    無数の選手達の名前(ラキティッチ、デンベレ、トディボ etc…)や経済的条件(一括、分割払い、買取義務付きのローン移籍 etc..)が出てきた後、最終的に全てがそのまま残った。
    トレード要員の候補として浮上した3選手はバルサに残り、ネイマールはPSGに残った。
    しかし、その雰囲気は彼を味方していない。

    ネイマールは2017年夏に市場最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(約260億円)と引き換えにPSGに加入した。
    ネイマールはこの2年間でリーグ1に37試合出場し、34ゴール21アシストをマークしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00010006-sportes-socc
    9/5(木) 11:57配信
    no title

    【PSG会長のネイマールへの罰 「契約が切れるまでピッチを走らせる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ