最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > レアル・マドリード

    843

    1: 空気を切り裂きジャック ★
    ジダン氏が久保建英ら4人のR・マドリード復帰を検討か 「節約」のため

    スペイン紙『AS』の電子版は4月16日、マドリーの今夏の補強プランについて報じた。

     新型コロナウイルスの影響によりクラブは経済的打撃を受けているため、比較的な“質素な”動きになるだろうと予測。トップターゲットはドルトムントのFWアーリング・ハーランドで、パリ・サンジェルマンのFWキリアン・エムバペの獲得は2021年夏になるだろうと伝えている。

     記事によると、新戦力の補強の代わりにジネディーヌ・ジダン監督が考えているのが、MFマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)、MFダニ・セバジョス(アーセナル)、DFアシュラフ・ハキミ(ドルトムント)、そして久保建英(マジョルカ)のレンタルバックだという。4人の推定市場価格の合計は1億4500万ユーロ(約181億円)で、トップチームの戦力として組み込めれば、その分の補強費を“節約”できると報じている。

     同時に、ガレス・ベイル、ハメス・ロドリゲス、ルーカス・バスケス、マリアーノ・ディアスの放出を検討しており、合わせて1億ユーロ(約1億2500万円)以上の売却益を得られる可能性があると指摘。この節約により、来夏の“本命”エムバペの引き抜きに本腰を入れられるとしている。

     リーガではEUパスポートを持たない選手が3人しか登録できないため、久保はヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、エデル・ミリトン、そして今冬にカスティージャに加入したレイニエールというブラジル人選手たちとその枠を争わなければならない。

     ただ、マジョルカでの活躍により、ジダン監督がその実力に注目しはじめているのは確かなようだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18139861/

    【ジダン氏が久保建英ら4人のR・マドリード復帰を検討か 「節約」のため】の続きを読む

    599

    1: 砂漠のマスカレード ★
    1月20日、レアル・マドリーが新たな才能を獲得した。

    その前日に18歳の誕生日を迎えたばかりのフラメンゴの大型アタッカー、レイニエール・ジェズスの入団を発表したのだ。

    契約期間は2026年6月末までの約6年半で、移籍金は推定3000万ユーロ(約37億円)。
    現在、コロンビアで行われているU-23南米選手権(上位2カ国に東京五輪出場権が与えられる)に出場しており、“白い巨人”に合流するのは大会終了後の2月となる。

    本人は、「世界一のクラブに入団できてとても幸せ」と満面の笑顔。「クラブの歴史に名前を刻みたい」と抱負を語っている。

    2018年のビニシウス・ジュニオール、2019年のロドリゴに続いて、3年連続で18歳のブラジル人アタッカーがこの超名門クラブの門を叩く。

    ただし、レイニエールは基本的にドリブラーである先輩2人とは少しタイプが異なる。ピッチの中央でプレーすることを好み、主として攻撃的MF、セカンドストライカー、あるいはCFのポジションを担う。

    身長185cmと大柄にして屈強。その反面、繊細なテクニックを備え、敏捷で、なおかつ決定力が高い。

    3000万ユーロ程度はバーゲン。

    縦方向への鋭いドリブルはカカ(元ミラン、レアル・マドリー他)を、トリッキーなドリブルやヒールキックはロナウジーニョ(元バルセロナ、ミラン他)を、
    パワーと決定力はロナウド(元バルセロナ、レアル・マドリー他)を、そして抜け目なさはロマーリオ(元バルセロナ他)を彷彿とさせる。ヘディングによる得点も多い。

    状況判断も優れており、ゴールから逆算して最適のプレーを選択できる賢さがある。

    昨年7月に彼をトップチームでデビューさせたフラメンゴのポルトガル人指揮官ジョルジ・ジェズスは「素晴らしい才能とインテリジェンスの持ち主。
    同世代の選手より5年先を行っている」と称賛。「これほどの逸材が3000万ユーロ程度とは安い。バーゲンだろう」と冗談交じりに語っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200122-00842263-number-socc
    1/22(水) 19:01配信

    no title

    no title


    【【動画あり】レアルが獲得した18歳レイニエール(身長185cm)ドリブルはカカ、決定力はロナウド級。移籍金は推定約37億円】の続きを読む

    561
    12日にスペイン・スーパーカップ決勝レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーがサウジアラビアのジェッダで行われ、スコアレスドローの末PK戦を4-1制したレアル・マドリーが優勝を果たした。MFフェデ・バルベルデは試合後、自身の退場と引き換えにアトレティコの決定機を阻止した場面について「やらなくちゃいけなかった」と振り返っている。

    バルベルデは延長戦後半にFWアルバロ・モラタの決定機を阻止するため、危険なアフターチャージを仕掛けて一発レッドを受けた。アトレティコにとっては決勝点を逸し、レアル・マドリーにとっては九死に一生を得た場面だった。

    同大会のMVPにも輝いたウルグアイ代表MFは、その場面について次のように語っている。

    「やってはいけないプレーで、モラタには謝った。ああしたタックルには心苦しさが残るけど、でもやらなくちゃいけなかったんだ。彼はとても速くて、ほかに手段はなかった」

    「本当に難しいことだったが、チームメートもアトレティコの選手たちも励ましてくれた。シメオネが言葉をかけてくれたことも強調したい。誰にでもできることじゃないから」

    今季レアル・マドリーでブレイクを果たしたバルベルデは、現状への大きな満足感も表している。

    「実際、これ以上何かを望むことはできない。出場機会を得られて、勝利をつかんでいるわけだからね。僕はもうすぐ父親になるし、今あるものをできる限り楽しんでいけたらと思う。ピッチ内外で自分が大切な存在だと感じているし、今後も集中して取り組んでいきたい」



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00010000-goal-socc 

    430

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/22(金) 06:40:08.66 ID:j2Oa6hIi9
    「才能があり、謙虚で、頭もいい。レアル・マドリードとセレソン(ブラジル代表)、両方の未来を担う選手だ」

    クラブでも代表でもチームメイトであるMFカゼミーロの言葉だ。

    ロドリゴ・ゴエス、18歳。名門サントスの下部組織育ちで、ネイマールに憧れ、少年時代はプレースタイルから髪型まですべて真似していた。
    決して体格に恵まれているわけではないが、傑出したスピードと高度なテクニックを持ち、常にゴールに直結するプレーを選択する。
    右利きだが左足も同様に使えるウィンガーで、決定力も高い。

    6月中旬、ロドリゴは日本代表FW久保建英とほぼ同時期にレアル・マドリードへ入団している。
    久保は移籍金なしでの入団で、プレシーズン期間中に懸命にアピールしたものの、トップチームには残れず、8月下旬、スペイン1部マジョルカへ期限付き移籍した。
    一方、ロドリゴの移籍金は4500万ユーロ(約54億円)。
    ジネディーヌ・ジダン監督の判断でクラブに残り、カスティージャ(レアル・マドリードB)を経て、9月、トップチームに昇格した。

    9月25日、ラ・リーガ(スペインリーグ)のオサスナ戦の後半26分にデビューを果たすと、
    その直後、左サイドで斜め後ろからのロングパスを見事にコントロールしてすぐに前を向き、マーカーを抜き去って右足でゴールを決めた。

    その後、10月30日のレガネス戦で初めて先発出場すると、右からの折り返しを左足ボレーで決めている。
    圧巻だったのは、11月のチャンピオンズリーグ(CL)、ガラタサライ(トルコ)戦だった。
    ロドリゴは右ウイングとして先発し、日本代表の左SB長友佑都と対峙した。

    前半4分、左後方からのロングパスを受けると、驚異的な加速で内側へ切れ込んで長友ら2人を外し、左足でファーサイドへ蹴り込んだ。
    その3分後には、左からのクロスを頭で決め、後半のアディショナル・タイムには巧みにゴール前へ走り込んでスルーパスを引き出し、GKのタイミングを外して右足で流し込んだ。

    CLにおける18歳と301日でのハットトリック達成は、史上2番目の若さ。左足、頭、右足を用いた「完全ハットトリック」達成は史上最年少だと、世界中のファンを驚嘆させた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00878320-sportiva-socc
    11/22(金) 6:20配信

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=v1cLb7xi0gA


    久保建英と同期の18歳ロドリゴが怪物過ぎる 2018/19 プレー集

    https://www.youtube.com/watch?v=uuwqVtat1Jo


    【ラ・リーガ|ハイライト】18歳ロドリゴが鮮烈デビュー弾!|レアル・マドリード×オサスナ|ラ・リーガ第6節 2019-20

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10031331
    成績

    FW ロドリゴ・ゴエス
    背番号27
    身長/体重173cm/64kg
    生年月日2001年1月9日
    国籍/出身地ブラジル

    【久保建英のライバル 移籍金54億円 ロドリゴ・ゴエス18歳 セレソンでもデビュー】の続きを読む

    358

    レアル・マドリーは、FWガレス・ベイルの放出と同時に大型補強を実現させたい考えかもしれない。英『スカイ・スポーツ』は4日、レアル・マドリーがマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングを狙っていると伝えた。

    357

    今年夏に移籍の噂があったものの最終的に残留したベイルは、冬に再びレアル・マドリーから去ることを希望している様子。ジネディーヌ・ジダン監督との関係も良くないと伝えられており、再び去就に注目が集まりそうだ。

    そこで、レアル・マドリーはベイルの放出と、戦力補強を関連付けることを検討しているという。『スカイ・スポーツ』によると、そのターゲットがスターリング。今月行われるイングランド代表の試合にレアル・マドリー関係者が視察に訪れる予定となっているとのことだ。

    レアル・マドリーは以前からスターリングに注目している。ベイルの放出と絡めることで、移籍金の節約とチームの若返りを同時に実現させたい考え。レアル・マドリーはベイル+7000万ポンド(約98億円)という条件を用意したそうだ。

    ただ、シティ側の思惑は異なる。ジョゼップ・グアルディオラ監督はベイルの獲得を望んでいない。スターリング本人がスペインでのプレーに興味を持っている模様だが、シティがチームの中心選手を手放す可能性は低そうだ。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00346015-footballc-socc 

    このページのトップヘ