最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: クリスチアーノ・ロナウド

    1799

    1: 伝説の田中c ★
    アタランタDFロビン・ゴセンスが、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドとの“赤面エピソード”を明かした。

    2017年からアタランタでプレーし、これまで公式戦140試合以上に出場。近年躍進著しいクラブにおいて、左ウイングバックとして欠かせぬ存在となっているゴセンス。昨年にはドイツ代表デビューも果たし、レギュラーポジションを掴みつつある。

    そんな26歳DFは、自身の自伝『Dreams are Worthwhile』の中でC・ロナウドとのエピソードを明かしている。「ユヴェントス戦後、ロナウドのシャツを手に入れるという夢をかなえようとしたんだ」と憧れの存在だったポルトガル代表FWにシャツをねだったが、断られたようだ。

    「試合終了のホイッスルを聞いた後、彼のところに行ったんだ。人前で祝うこともなくね……でも、ロナウドは受け入れてくれなかったよ。『クリスティアーノ、君のシャツをくれないか?』と言ったら、ただ『ノー!』とね」

    「顔が真っ赤になって本当に恥ずかしかった。自分が小さくなったような気がしたよ。何か恥ずかしいことが起きた時、誰かに気づかれていないかと周りを見回すことがあるよね? その時僕はそれを隠そうとしたんだ」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/39d8c4e72e99696ed556360dc7c2d99d5afca549

    【アタランタDF、C・ロナウドとの“赤面エピソード”明かす「自分が小さくなったような気がした」 [伝説の田中c★]】の続きを読む

    1790

    1: 伝説の田中c ★
     現代サッカー界で屈指のスーパースターとして君臨するクリスチアーノ・ロナウド。そんな彼が重ねてきた苦労や努力は並大抵ではない。2003年の夏に18歳で入団したマンチェスター・ユナイテッド時代には周囲からのいじめに遭っていた。

     この衝撃エピソードを告白したのは、当時マンチェスター・Uの下部組織から昇格したばかりだった元デンマークU-20代表FWのマッズ・ティムだ。

     C・ロナウドと同学年で、「お互いに気もあった」というティムがマンチェスター・U時代の経験をまとめた自叙伝『Red Devil』に綴られた内容をまとめたスペイン紙『Marca』の報道によれば、当時まだティーンエージャーだった後の大スターは、“先輩”たちに陰湿ないじめをうけていたという。

     著書に「スポルティングから加入してまもなく、髪型とプレースタイルのせいでベテラン選手からいじめられた」と綴ったティムは、実名を挙げて赤裸々に告白している。

    「僕もそうだったけど、当時のマンチェスター・ユナイテッドにおける派閥みたいなものはかなり厳しかった。だから若手選手たちはかなりひどい扱いを受けたんだ。それはロナウドでも例外ではなかったよ。

     彼は気取った髪型と個人プレーが目立ったことでベテランたちの“標的”になった。ある日のリザーブチームとの練習試合じゃ、ガリー・ネビルやオレ・グンナー・スールシャールから『おい! パスだ、今すぐパスしろ、くそったれ!何やってる!』と怒鳴られ続けていた。傍で見ていてもかなりハードなものだったね」

     普通の十代であれば、気が滅入ってしまいそうなものだが、やはりC・ロナウドは只者ではない。ティムは「選手としても人としても並外れた存在だった」と、重鎮たちに臆せずに立ち向かった後の大スターの振る舞いを回顧している。

    「彼が特別な存在であると周りに知らしめたのは、クラブにあったヒエラルキーに闘いを挑み、そして勝利したことが大きかった。あのマンチェスター・ユナイテッドでね。彼はチームメイトにはまったく無関心だった。他の選手のためにどうこうしようというつもりはなかったんだと思う。

     自分が新たなリーダーになり得る存在であると周囲の選手たちに示したんだよ。彼は常に俺、俺、俺。でも、それこそがクリスチアーノ・ロナウドで、彼があのクラブで生き残った秘訣なんだ」

     ともすれば、エゴとも言えるC・ロナウドの振る舞いだが、強烈なパーソナリティーを持った選手たちが集っていた当時のマンチェスター・Uで生き残るためには、そうするほかになかったのかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ffe0f271ca18a1b9c66b6debc524a895c09ba4d4

    【マンUの元同僚が激白!C・ロナウドが重鎮たちの“いじめ”に勝ち抜いた方法「ひどい扱いを受けた…」】の続きを読む

    1774

    1: 久太郎 ★
    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが疑惑の判定に激高した。

    ポルトガルは27日、カタール・ワールドカップ欧州予選第2節でセルビアと対戦。ディオゴ・ジョタのゴールで2点を先制するが、後半に2ゴールを許して追いつかれてしまう。

    試合終了間際、浮き球のパスに抜け出したロナウドがGKとの鼻先で合わせる。ボールは無人のゴールへと向かったが、相手DFにスライディングでクリアされる。しかし、リプレイで見ると、ボールは明らかにゴールラインを越えており、真横から見えていたロナウドも副審に猛抗議。それでもゴールは認められず、主審は執拗に副審に迫っていたロナウドにイエローカードを提示した。

    試合はアディショナルタイム3分台に入っていたが、ロナウドはホイッスルが鳴る前にピッチを後に。アームバンドを投げ捨て、怒りをあらわにした。

    なお、近年のメジャー大会ではゴールラインテクノロジーが採用されていたため、今回のような事例は起きてこなかったが、ワールドカップ予選では導入されていない。そのため、ロナウドのゴールは認められず、ポルトガルも開幕連勝を逃す結果となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8af44975db656f07fc54ca866fa52a76f04ced9f


    【動画】怒り心頭のロナウド
    https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1375926016238088201


    【【動画あり】C・ロナウド、明らかな得点認められずブチ切れ…試合終了待たずにピッチを後に】の続きを読む

    1746

    1: 砂漠のマスカレード ★
    セリエA第27節が14日に行われ、カリアリとユヴェントスが対戦した。

     リーグ戦2連勝中のユヴェントスが17位カリアリのホームに乗り込んだ。消化試合が1試合少ないユヴェントスと首位インテルの勝ち点差は13ポイントとなっており、勝利して縮めたいところだ。

     試合を動かしたのはユヴェントスだった。右サイドのCKからクリスティアーノ・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

     さらにユヴェントスは24分、エリア内へのスルーパスに反応したC・ロナウドが先にボールに触り、飛び出してきた相手GKに倒されてPKを獲得する。25分、C・ロナウドが自らゴール左に決め、2点差とした。GKは反応したが、強烈なシュートを止めることはできなかった。

     試合を支配するユヴェントスは32分、追加点を奪う。左サイドでボールを受けたフェデリコ・キエーザがスピードのあるドリブルで縦に突破し、エリア内右のC・ロナウドに預けると、カットインから左足を振り抜く。強烈なシュートはゴール左上に突き刺さった。C・ロナウドが前半でハットトリックを達成した。

     3点ビハインドで後半へ折り返したカリアリは61分、1点を返す。右サイドでスルーパスに抜けたガブリエレ・ザッパが中央へ折り返すと、エリア内後方でフリーとなっていたジョバンニ・シメオネが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

     試合はこのまま終了。ユヴェントスは後半はゴールを奪えなかったが、C・ロナウドのハットトリックでカリアリに快勝。リーグ戦3連勝を収め、3位を維持している。カリアリは2連敗で3戦未勝利となり、17位に沈んでいる。また、C・ロナウドは今季公式戦の得点数を30に、リーグ戦の得点数は23に伸ばし、セリエA得点ランキング首位に立っている。

     次節、カリアリは20日にアウェイでスペツィアと、ユヴェントスは21日にホームでベネヴェントと対戦する。

    【スコア】
    カリアリ 1-3 ユヴェントス
    https://youtu.be/cHoSl5WvR58
     

    【得点者】
    0-1 10分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
    0-2 25分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/ユヴェントス)
    0-3 32分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)
    1-3 61分 ジョバンニ・シメオネ(カリアリ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/89165e835b3c4f3de27b67d89ab1f6d7e95a2ec7
    3/15(月) 5:06配信

    C・ロナウドが前半でハットトリックを達成した!ユーヴェ、カリアリを破りリーグ戦3連勝...カリアリ 1-3 ユヴェントス 3月15日

    【【動画あり】C・ロナウドが前半でハット達成!…ユーヴェ、カリアリを破りリーグ戦3連勝 23試合23得点】の続きを読む

    1464

    1: ネギうどん ★
     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに新型コロナウイルス対策の規制に違反した疑いがあるようだ。イタリアメディア『スカイスポーツ』やイギリスメディア『BBC』が28日に報じた。

     C・ロナウドは26日にパートナーであるジョージナ・ロドリゲスさんの誕生日を祝うために、イタリア北西部に位置する山岳リゾート地のクールマイユールで休日を過ごした模様。だが、州をまたいだ移動であったため、新型コロナウイルス対策の規制に違反した疑いで、イタリア国家治安警察が捜査に乗り出しているという。違反が確認された場合、2人には罰金処分が科されるようだ。

     2人の小旅行は、27日に27歳となったロドリゲスさんが自身のSNSに動画を掲載して発覚した模様。現在その動画は削除されているが、2人が雪山でスノーモービルを楽しむ姿が写っていたようだ。ロドリゲスさんはその後、自宅で4人の子供も含む家族と誕生日を祝っている写真を掲載している。

     イタリアでは現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各州が感染状況に応じてレッド、オレンジ、イエローの3段階に区分され、そのゾーンごとに措置が取られている。ユヴェントスの本拠地のトリノがあるピエモンテ州と、クールマイユールがあるヴァッレ・ダオスタ州は現在、オレンジゾーンに指定されており、仕事や第2の家があるといった理由がない場合、州をまたぐ移動は禁止されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d63f9dbefc88a9e4a28d0b0c37b98c8397cc436
    no title

    【C・ロナウド、新型コロナ規制違反の疑いで警察が捜査…恋人の誕生日で小旅行か】の続きを読む

    このページのトップヘ