最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: クリスチアーノ・ロナウド

    992

    1: 久太郎 ★
    セリエA第27節、ボローニャvsユベントスが22日に行われ、0-2でユベントスが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。

    【動画】サッリ、コッパ・イタリア決勝に向けて会見

    中断前、1分け2敗と3戦勝利のなかった10位ボローニャ(勝ち点34)は、今季のユベントスとの1stマッチを負傷欠場していた冨安が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。

    一方、再開後のコッパ・イタリア2試合で低調な試合を演じ、ナポリ相手に優勝を逃した首位ユベントス(勝ち点63)は、2位ラツィオに1ポイント差とされている中、ナポリ戦で負傷したアレックス・サンドロが欠場。3トップは右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドで形成した。

    冨安がC・ロナウドとマッチアップした中、まずはユベントスに決定機。7分、ボックス左から中に切れ込んだC・ロナウドがオンターゲットのシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

    オープンな立ち上がりとなった中、ユベントスは21分にPKを獲得する。左CKの流れでデ・リフトがデンスウィルに倒され、VARの末にPKとなった。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが先制した。

    先制後はユベントスが敵陣でのプレーを増やした中、36分に加点する。ベルナルデスキのパスを受けたペナルティアーク中央のディバラが左足を一閃。パーフェクトなシュートがゴール左上に突き刺さった。

    ユベントスが2点をリードして迎えた後半、開始7分に決定機。冨安の背後でスルーパスを受けたボックス左のC・ロナウドがシュートに持ち込むも枠を捉えきれなかった。

    1分後にもベルナルデスキのミドルシュートが左ポストに直撃したユベントスは、65分に負傷したデ・シリオに代えてダニーロを投入。

    前がかるボローニャに対し、終盤にかけては守備に徹したユベントスがダニーロの退場があったものの、シャットアウト。リーグ再開初戦を制し首位をキープしている。

    https://youtu.be/NO_-kbql5v8

    https://news.yahoo.co.jp/articles/074fab93d66108be3743823d350ef98b786df8ab

    【【動画あり】冨安健洋がC・ロナウドとマッチアップ! ユーベがC・ロナウド&ディバラ弾で首位キープ!《セリエA》 [久太郎★]】の続きを読む

    966

    1: 砂漠のマスカレード ★
    新型コロナの影響でリーグ中断、ユベントスの財政状況に大きな影響

     ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新型コロナウイルスによるクラブの苦しい財政状況を和らげるため、今夏に退団する可能性があるようだ。英紙「デイリー・スター」が報じた。

     2009年にスペインの強豪レアル・マドリードに加入したロナウドは絶対的エースとしてゴールを量産し、2017-18シーズンには前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇達成に大きく貢献した。

     偉業を置き土産に18年夏、9年間にわたり在籍していたレアル退団を決断。イタリアへ渡ると、セリエAでも決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点を挙げて前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。

     ロナウドはユベントスと4年契約を結んでいる。しかし新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、ユベントスの財政状況に大きな影響を与えており、今後は不透明のようだ。イタリア「Radio Rossonera」のディレクターでもあるピエトロ・バルツァーノ・プロタ記者は、クラブの財政難の影響を緩和するため、ロナウドが今夏に退団する可能性があると伝えている。

     ロナウドは以前、「ユーベの全てが好きだ。良い文化があるし、イタリア最高のクラブ。素晴らしい歴史もある。ここで幸せだ。ユーベでもっとタイトルを手にしたい」と、ユベントス愛を語っていた。「トロフィーを獲得すること、良いプレーをすることが最優先。18年もプレーすると楽しむことだけを考えるよ。しかし、モチベーションは変わらない。私はハッピーだし、あと数年はプレーしていたい」と気力を漲らせていた。

     その一方、ユベントスでチーム一の高給取りであるロナウド。新型コロナウイルスの影響で各クラブが厳しい財政状況に陥るなか、果たして電撃退団もあるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eec54a095654b1f9078f71491b1a7963fa6d9daf
    6/11(木) 20:40配信

    【<クリスティアーノ・ロナウド>ユーベ電撃退団か!コロナ余波…クラブの財政難が影響か】の続きを読む

    956

    1: 久太郎 ★
    ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドが生涯収入10億ドル(約1100億円)に到達した初めてのフットボール選手になった。

    ビジネス誌『フォーブス』によると、ロナウドは昨年、税引き前の収入が1億500万ドル(約115億円)を記録。同誌の2020年セレブ長者番付で、カイリー・ジェンナー、カニエ・ウェスト、ロジャー・フェデラーに次いで4位にランクイン。なお、フットボール界からは、バルセロナのリオネル・メッシが1億400万ドル(約114億円)で5位、パリ・サンジェルマンのネイマールが9550万ドル(約105億円)で7位に入った。

    これにより、ポルトガル代表FWのキャリアを通じての収入が10億ドルを突破。フットボール界だけではなく、チームスポーツ界で初めてこの大台を突破した同選手は、スポーツ界でもゴルフ界のレジェンド、タイガー・ウッズ、元ボクシング世界王者のフロイド・メイウェザーに次ぐ3人目の快挙だ。

    ロナウドのこれまでの収入の内訳は、17年間のキャリアでクラブから支払われたサラリーだけで6億5000万ドル(約710億円)。その他は、2016年から契約を結ぶナイキをはじめ、数多くのブランドからのエンドースメントによる収入とされている。

    ただし、2020年の収入は減少することが決定的。新型コロナウイルスの影響を受けるユヴェントスは、所属選手と30%の減給で合意していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b261070c726416329ee949de0bff0e777c40757
    【C・ロナウドの生涯収入が10億ドル突破!サッカー界初&スポーツ界3人目の快挙 [久太郎★]】の続きを読む

    932

    1: 久太郎 ★
    自身のツイッターで新ヘア披露「賛成してくれる?」

     海外サッカーのイタリア1部セリエA、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドが自身のツイッターを更新。2003年から所属したマンチェスター・ユナイテッド時代と似た髪型を披露した。米メディアはマンU時代との髪型を対比した画像を公開。ファンからは「格好いいね!」「年を取らない男だな!」などと反響が集まっている。

     若かりし頃と遜色ない。ロナウドが懐かしの髪型を披露した。パーマをかけた前髪を後ろに流し、右側のみ下したヘアスタイル。キリっとした表情によく似合っている。最近は“ちょんまげヘア”を披露していたが、雰囲気が一変している。

     ロナウドは自身のツイッターに「賛成してくれる?」とつづって新ヘアを公開。これがマンUに所属していた頃の髪型と似ていると話題になっている。米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー版公式インスタグラムは、マンU時代のロナウドの髪型と対比した写真を「クリスティアーノが過去に戻る」とつづって公開。ファンからは様々な反響が寄せられている。

    「年を取らない男だな!!!!」
    「30歳を過ぎているように見えない」
    「ちょんまげをやめてくれれば、この髪型に賛成」
    「格好いいね!」
    「マンU復帰の可能性があるってこと?」
    「昔の写真の方が老けて見える」
    「ユナイテッドに戻ってこい!」

     現在35歳のロナウドだが、2009年夏まで所属したマンU時代と比較しても大きく変わらない様が髪型以上に反響を呼んでいるようだ。

    画像インスタグラム
    https://www.instagram.com/p/CAqPq4XF_Pq/

    この投稿をInstagramで見る

    Cristiano is throwing it back ✂️ (via @cristiano)

    ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿 -


    https://news.yahoo.co.jp/articles/239ce0180d25c4c9f06268f1558a15e2a81679d1

    【【画像あり】C.ロナウドの新ヘアが話題 マンU時代との対比が反響「昔の方が老けて見える」 [久太郎★]】の続きを読む

    851

    1: 砂漠のマスカレード ★
    元ブラジル代表FWのロナウド氏が20日、インスタグラム上で広州恒大の指揮官ファビオ・カンナヴァーロと対談し、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドに言及した。

    ロナウド氏は現役時代、バルセロナやインテル、レアル・マドリーなどビッグクラブで活躍して数々のタイトルを獲得。
    ブラジル代表としても2度のワールドカップ制覇を果たし、バロンドールにも輝いた経験を持つ。
    そんなロナウド氏を同年代の元イタリア代表DFカンナヴァーロは絶賛。
    現在、世界最高峰と謳われるC・ロナウドを上回るほどの評価を与える人も多いことを指摘した。

    「私は同世代の中で数多くの強い選手と対戦してきた。しかし、君がその中で一番強かった。君との対戦は難しかったよ。
    イタリアには強い選手がたくさんいたが、君との対戦となると観念しなければならなかった。
    現在はC・ロナウドが話題に上るが、人々は近年の彼の活躍を見ても、君こそが本物のフェノーメノ(怪物)だと思っている」

    するとロナウド氏は冗談を交えつつ、ポルトガル人スーパースターに対する自身の考えを明かした。

    「それはクリスティアーノにとって本当に不快なはずだ。彼は並外れた功績を残してきた。
    (リオネル)メッシとともに偉大な選手の1人として歴史に刻まれるはず。
    2人が残してきた仕事は本当に素晴らしい」

    カンナヴァーロはこれに対し、それぞれの時代にスーパースターが存在したと説明。
    「どの時代にもフェノーメノがいたと思う。
    我々の世代では君だったが、その前には(ディエゴ)マラドーナ、さらにその前にはペレがいた。
    現在はC・ロナウドとメッシだが、それぞれを比較するのは不可能だ」と締めくくっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00010027-goal-socc
    4/21(火) 19:32配信

    【ロナウド氏が語る「私が本物と言われるのはC・ロナウドにとって不快なはず」】の続きを読む

    このページのトップヘ