最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: リオネル・メッシ

    393
    シュート3.5本に1点の割合は過去最高を上回る 高精度FKが要因か
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間9日のリーガ・エスパニョーラ第13節セルタ戦(4-1)でFK2発にPKの3得点でハットトリックを達成した。ここまで8得点でピチーチ(得点王)争い2位につけているが、今季はキャリア史上最高の“効率性”を見せているのだとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

    セルタ戦でのメッシはPKでの先制点に加えて、前半と後半にペナルティーエリア正面やや右からまるでリプレーを見るかのような弾道で、直接FKをゴール右隅に収めた。ドリブル突破とともに今やメッシの“必殺技”と言えるセットプレーが猛威を振るった一戦で、興味深いデータとして浮かび上がったのは、シュートわずか5本で3ゴールを奪ったことだ。

    ここ10年、メッシはリーガで最少でも26ゴール(2015-16シーズン)、2011-12シーズンには50ゴールを奪う圧倒的な数字を残してきた。「1ゴールを奪うにあたって放ったシュート数」を見てみると、ほとんどのシーズンで4~5本台に収まっている。そのなかで今季ここまでのメッシの数値は「3.5本で1ゴール」となっており、これは2012-13シーズンの「3.54本」(シーズン46ゴール)を上回る効率の良さなのだという。

    これを可能にしている一つの要因は、直接FKの精度にもあるだろう。今季リーガでメッシは直接FKから10回シュートを狙っているが、そのうち4本をゴールに叩き込んでいる。成功率4割という恐るべき数字で、エルネスト・バルベルデ監督も「彼が完璧に手にしたスキルだね」と脱帽するほどだ。

    今季のメッシは負傷でシーズン序盤戦を出遅れた。それでもシュートチャンスを確実に仕留める姿が戻ってきたことは、バルサにとって何よりも心強いだろう。
    予備

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00228372-soccermzw-socc 

    370
    CLでスラビア・プラハと0-0ドロー、メッシもシュートを決めきれず
    バルセロナは現地時間5日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でスラビア・プラハ(チェコ)と本拠地カンプ・ノウで対戦し、0-0の引き分けに終わった。バルサにとってはグループ最下位を相手に不本意な結果となったが、この試合のあるシーンが注目を集めている。

    話題を呼んでいるのは、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、前半35分にドリブル突破からカットインし左足でシュートを放つも、クロスバーを直撃しゴールとはならなかった場面。映像で確認してみると、後方からのボールにハーフウェーライン付近で抜け出したメッシは、右サイドを猛ダッシュしながら縦へとドリブル。ペナルティーエリア手前で中央へと切り込むと、目の前には3人の相手DFがついていた。この時、左サイドにはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが完全にフリーとなって駆け上がっていたが、メッシはパスを出さず、マーカーとの間合いを図りながら左足を振り抜くと、シュートはゴール左上のクロスバーを叩いて相手GKがキャッチした。

    この決定的なチャンスでグリーズマンにパスを出さず自らシュートを放ったメッシのプレーについて、様々な声が上がっている。

    スペイン紙「マルカ」は、グリーズマンが素晴らしいポジションにいたことに触れたうえで、「メッシはバーに当てた。グリーズマンを見なかった?」と報道。英メディア「スポーツ・バイブル」は、「バルセロナのファンはリオネル・メッシがアントワーヌ・グリーズマンを信頼していないと考えている」と見出しを打ち、「もしグリーズマンがスアレスだったら、私たちはメッシが何をするか知っている」「正直なところ、なぜあの場面でメッシがグリーズマンにパスをしなかったのか、理解できない」など、SNS上でのファンの声を拾って紹介している。

    これまで数々のスーパーゴールを叩き込むと同時に、華麗なアシストでチームメートの得点を演出してきたメッシだからこそ、ファンの間では賛否両論が巻き起こっているようだ。

    【動画】左には“フリー”のグリーズマンがいたが…


    【動画】左には“フリー”のグリーズマンがいたが… メッシがカットインから左足一閃、クロスバー直撃弾で得点チャンスを潰した瞬間

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00227503-soccermzw-socc 

    324

    19-20スペイン1部リーグは29日、第11節の試合が行われ、FCバルセロナ(FC Barcelona)はリオネル・メッシ(Lionel Messi)が2ゴール2アシストと完全復活したことを証明するパフォーマンスを披露し、レアル・バジャドリード(Real Valladolid)に5-1で大勝した。

    バルセロナは2分、クレマン・ラングレ(Clement Lenglet)の得点で先制に成功するも、GKマルクアンドレ・テル・シュテーゲン(Marc-Andre ter Stegen)の珍しいミスからキコ(Francisco Jose Olivas Alba 'Kiko')にゴールを許し、バジャドリードに同点とされた。

    しかしその後、メッシが華麗なパスでアルトゥーロ・ビダル(Arturo Vidal)の勝ち越し弾をお膳立てすると、直接FKなどで自ら2得点を奪い、さらに終盤にはルイス・スアレス(Luis Suarez)のゴールもアシストした。

    しかし、2ゴール2アシストは始まりにすぎず、相手をあざ笑うかのような2度の股抜きに加え、随所でフリックやパス、ドリブルを見せるなど、メッシは多芸多才なパフォーマンスで魅了した。

    バルセロナのエルネスト・バルベルデ(Ernesto Valverde)監督は「これ以上何を望めるだろうか」とコメントし、バジャドリードのミチェル(Miguel Alfonso Herrero Javaloyas 'Michel')も「彼の脚から繰り出されたのは驚くべきものだった」「ただ拍手を送り、楽しむしかない」と話した。

    先に行われた試合では、アトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)が敵地でアラベス(Alaves)と1-1で引き分けた。

    この結果、バルセロナは首位に浮上。消化試合数が一つ多い3位アトレティコはバルセロナと2ポイント差となり、勝ち点で2位グラナダ(Granada CF)と並んでいる。



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000013-jij_afp-socc.view-000 


    316

    1: Egg ★
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、これまでに見てきた中で最高のストライカーは元ブラジル代表FWロナウドであると語った。スペイン『アス』などが伝えた。

    欧州挑戦1年目の1994-95シーズンにPSVで公式戦35試合33試合の記録を残したロナウド氏は、1996-97シーズンにはバルセロナで公式戦49試合47得点をマーク。圧倒的なスピードと決定力を誇った同氏は、世界最高FWの名を欲しいままにし、その後に度重なる負傷に苦しみながらもインテルやレアル・マドリーで活躍した。

    『TyC Sports』で過去最高のストライカーについて問われたメッシは、「ロナウドはフェノメノン(驚異的)だった。僕がこれまでに見てきた中で最高のストライカーだよ。本当に信じがたい選手だった」と、2002年のワールドカップで得点王となって母国を優勝に導いた怪物を称賛。さらに、前線のパートナーについて、バルセロナの先輩だった元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の話を交えて以下のように口にした。

    「ロナウジーニョにはとてもお世話になった。16、17歳でバルサのトップチームに入り、ドレッシングルームでは凄い選手たちに囲まれている気分だった。でも彼は、そんな僕が落ち着けるように手助けしてくれたんだ。ピッチ上で僕は常に彼を探していた。多くのシーズンで一緒にプレーできたわけではない。もっと多く時間、ロナウジーニョとプレーしたかったね」

    メッシは2004-05シーズンにバルセロナでトップチームデビュー。当時のエースだったロナウジーニョ氏とは、4シーズンにわたってプレーを共にした 


    【【動画あり】<メッシ>「これまで見てきた中で史上最高のストライカーはロナウド」】の続きを読む

    240

    バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)が、過去にクラブ退団を検討していたことを認めた。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

     13歳でバルセロナに加入し、ここまで公式戦692試合で604ゴールを記録するなど、クラブの歴史を塗り替え続けるメッシ。バロンドールも最多の5度受賞し、バルセロナの絶対的エースとして君臨しているが、過去に同クラブからの退団を検討したことがあったという。

     それは2013年のことだ。スペインで2007~09年にかけて420万ユーロ(約5億円)の脱税容疑によりスペイン税務当局に告発された。そこからおよそ4年の審理を経て、2017年に21か月の禁固刑と200万ユーロ(約2億3500万円)の罰金を命じられた。だが、スペインでは禁錮2年未満の初犯では執行猶予がつくため、罰金25万ユーロ(約3000万円)を支払って収監は回避された。

     スペインのラジオ局『RAC1』でメッシは「ひどい扱いを受けた」と当時を振り返ると、「僕はその時、バルセロナを去ることを考えた。バルセロナのせいではない。スペインから去りたかった。とてもひどい扱いを受け、もうここにはいたくなかった」と語り、退団の意思があったことを認めた。

     だが、正式なオファーはなかったという。「多くのクラブに対して扉を開いていた。だけど、どのクラブも僕がバルセロナに留まりたいとわかっていたから、公式なオファーはなかった」と、赤裸々に語った。 

    引用元:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?287396-287396-fl 

    このページのトップヘ